★阿修羅♪ > 経世済民110 > 545.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
親に搾取される子どもたち 家庭への支援どうすれば 親から最低限の食事や金銭、教育の機会を与えられず、困窮「子どもと貧困」
http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/545.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 7 月 04 日 16:35:46: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

親に搾取される子どもたち 家庭への支援どうすれば
2016年6月27日05時00分
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160624004229_comm.jpg
親による養育が難しい子どもの主な受け皿
写真・図版 
 親から最低限の食事や金銭、教育の機会を与えられず、困窮する子どもたちの現状を報告した5月の連載「子どもと貧困 頼れない親」には、多くの反響がありました。こうした状況にある子ども、家庭をどう支援すればいいのか。投稿や専門家の意見をもとに考えます。

特集:子どもと貧困
フォーラムページ
■母子生活支援施設長 廣瀬みどりさん(59)

 「頼れない親」の背景を知りたいというご意見を多くいただきました。困難を抱える母子に20年間寄り添い、自立を支援してきた母子生活支援施設の廣瀬みどり施設長(59)に聞きました。

     ◇

 「頼れない親」は確かにいます。その多くが、貧困の中で大人になり、虐待やDVを受けたり、障害などを抱えたりしています。子育て、家事、金銭管理、人付き合い……。苦手なことが多くあります。「常識」で判断すると「ダメ親」と思われてしまう人もいます。

 ですが、よくよく関わっていくと、私たちと大きくは変わらない。ただ、大切にされた経験がなく、人間不信でSOSの出し方を知らないのです。家庭でも学校でも「問題児」という扱いを受け、社会的なチャンスを奪われ、ひどい場合は身体的、金銭的な搾取の中で育っています。善悪の区別を教えてもらった経験もない。自尊心が低く、極端に心を閉じるか、攻撃的になるか。振れ幅が大きく、孤立しがちです。

 私たちはまず、「あなたも大事な存在なのよ」とメッセージを送り続けます。そして、料理、掃除、節約の仕方、子どもとの遊び方、人との関わり方などを、悩みを受け止めながら一緒に体験し伝えていきます。そうすると、少しずつ親も心を開き、子どもほど早くはないですが、変わるのです。

 2年前から、公民館で子どもに勉強を教える会を地域の人たちと始めました。家はごみ屋敷、親は子育てが苦手。厳しい状況の子もいて、地域の人たちは「あんな親なら、子どもは離れて暮らした方が幸せなのでは」と心配します。でも、子どもはママやパパが「一番好き」って言うんです。だから私たちは地域の人にこう言います。「親なんだけど経験がないだけ。排除しないで、子どもたちのために、見かけたらあいさつしてもらえませんか」と。すると、近所の人も少しずつ関わってくれるようになりました。親の態度も柔らかくなり、地域がその家庭を気にかけるようになりました。

 子どものため、排除しない。貧困の連鎖を断ち切るためには、SOSを出せない親の背景を理解し、子どもを通して親も心を開いていけるような地域づくりが大事だと思います。(聞き手・山内深紗子)

■立教大教授(社会福祉学) 湯沢直美さん

 子どもの貧困に詳しい立教大の湯沢直美教授(社会福祉学)にこうした子どもや親への支援のあり方を聞きました。

     ◇

 困っていることを自覚していない親もいれば、相談窓口に行かない親もいます。その前提で支援の仕組みを作らなければなりません。

 親に対しては、寄り添い、信頼できる第三者が必要です。子どもを通して出会う保健師、保育士、教員らはキーパーソン。特に乳幼児期から専門家に「困りごとに付き合ってもらえた」という経験があれば、その後も頼ろうと思えるものです。

 子どもには、事情を話せる大人が不可欠です。学校でSOSをつかむ方法として神奈川県立田奈高校の「ぴっかりカフェ」が参考になります。図書館でお茶を飲みながら外部の支援者らとおしゃべりする中で、気づきや相談につなげます。

 高校に行かない10代後半の子は、行政に存在を十分に把握されていません。「子どもシェルター」は18歳を過ぎた子も逃げてこられる。広がればより多くの子を支援できます。

 親子を丸ごと支援する場として、母子生活支援施設のような機能がもっと評価されてよいと思います。母親の親の代から困難を背負っていることにも気づけます。在宅ではわからない暮らしも把握でき、柔軟に支援しやすい。

 産前産後に入れる施設はほとんどありません。職員の手を借りて、頼れる人がいない親や、虐待や貧困を経験した親の「困難の連鎖」を断ちきる場として設置を急ぐべきです。海外にある若い親向けの母子施設や、両親のいる家庭でも入れるケアがセットになった住宅もつくっていきたいものです。

 施設を出た後も、子どもが学習支援を受けたり、親が話を聞いてもらえたりする居場所があれば、親子丸ごと支援につながります。傷ついた親にも信頼できる他者が必要です。(聞き手・中塚久美子)

■寄せられた提案は

 寄せられたご意見の中から、親を頼れず苦しんだ経験を持つ人や子どもの支援に携わってきた人からの提案を紹介します。

 ●東京都の主婦(39) 小学生のとき家計を支えていた祖父母が相次いで亡くなり、母と2人の暮らしになって困窮しました。担任に給食費を払えないと言えず、「忘れた」と言ってはびんたをされていました。

 母は収入が低いのに金遣いが荒く、借金を重ねていました。生活力も乏しく、市営住宅の減額手続きをせずに家賃を滞納。児童扶養手当も面倒くさがって請求していませんでした。生活保護は「そんな情けないことはできない」と嫌がり、もらいもののジャガイモで1週間、水だけで3日間過ごしたこともあります。

 家が散らかっても、洗濯物が雨にぬれても私のせい。周囲の大人には「お母さんは仕事して大変なんだから、あなたがしっかり家のことしないと」と言われました。なぜ子どもの私が大人以上の我慢を求められるのか、納得できませんでした。

 プログラマーになろうと、アルバイトして学費を払いながら高校に通っていました。でも母に使い込まれ、通えなくなって中退しました。借金まみれの親をみており、返すあてのない奨学金は申請する気になれませんでした。面接やテストなどの壁があってもいいから、給付型の奨学金が欲しかったです。

 普通の家で育つと、「親は正しい」という価値観を持つのでしょうが、育てる資格のないような親もいることを知ってほしい。「親の言うことを聞け」と言われて、苦しむ子どももいるのです。そんな子どものSOSをすくってくれるスクールカウンセラーのような存在が、もっと増えてくれたらと思います。

 ●宮城県のパート女性(52) 実家は造船業を営み、幼い頃は羽振りがよかったのですが、両親とも家庭を顧みず、つましい生活ができない人たちでした。事業が傾いてもそれは変わりませんでした。

 兄と姉は大学進学を諦め、働いて家にお金を入れていました。私も高校からアルバイトをして家にお金を入れました。親戚も「親の面倒をみるのは当然」と言い、私もお金を渡すことが親孝行と信じていました。何より、お金を渡したときの母の喜ぶ笑顔が見たくて従っていました。

 結婚後もお金の無心は続きました。職場に電話してきて「税金を滞納しているから明日までに20万円用意して」「友だちに2万円貸して」などと頻繁に要求されました。兄は借金の保証人にされ、姉はクレジットカードを使われ続け、姉が嫁いでも親の借金の請求が来ていました。

 親の奴隷のように感じながらも、誰に相談していいかわからず生活していました。よく当たるという占師や宗教を頼り「5年耐えたら何とかなる」と言われて心の支えにしたこともあります。知識がなく、弁護士に頼むといった考えも浮かびませんでした。

 母親が今年3月に亡くなり、改めて考えてみると、親こそ、誰かの助けが必要だったのではないかと思うようになりました。気づいた段階で、行政などが経済観念のない親の生活指導に入るなど、親をサポートする仕組みがあれば違ったのではないか、私たちのような人をもっと減らせるのではないか、と思っています。

 ●北海道のソーシャルワーカーの女性(54) 数年前まで自立援助ホームなどの施設で働いていました。入所している子のアルバイトの給料を搾取する親、ふだんは来ないのに、お金がなくなった時だけ子に会いに来て、「借りる」と言いながら結局返さない親がいました。

 職員は子どもがお金を渡すのを止められませんでした。子どもは親をあきらめきれないのです。ひどい虐待を受けていても、一度でも優しくされた経験を覚えていて、親が目を覚ましてくれるのではと、お金を渡してしまう。職員が「きっと返ってこないよ」と言いたくても、渡すのを止めれば親を否定させることになり、子どもが反発します。親とそのような関係が続いたまま子どもが退所し、もどかしい思いをしました。

 子に対する親の依存は、家族だけでは解決できません。

 周りの人には、その子が自ら親と距離をとり、自分のために生活や幸せを築こうと思える環境をつくることができると思います。

 子どもは社会で育てるべきです。施設を出た後も含め、20歳になるまで横断的に子どもを見守る仕組みや、何かあってもここに行けば助けにつながれるというワンストップの支援があればいいと思います。子どもにとってのあたたかい居場所が必要ではないでしょうか。

■子どもの貧困、学校で把握しやすくする仕組みを

 読者のおたよりと取材から、親に搾取される子どもは少なくないと実感します。子どもが助けを求めるならどこか。一番に思い浮かぶのは学校です。苦境に気づき、解決能力のある機関につなぐ役割が期待されます。でも、今の人員配置では余力はなさそうです。問題に気づいても、親の理解を得られず支援が届かない場合もあります。子どもの6人に1人が貧困という時代。人と予算を手厚くし、学校で把握しやすくするとともに、解決にあたる専門機関や仕組みが必要だと思います。(後藤泰良)

 ◆ほかに丑田滋、畑山敦子が担当しました。

     ◇

 ご意見はメールasahi_forum@asahi.comメールするか、ファクス03・5541・8259、〒104・8011(所在地不要)朝日新聞オピニオン編集部「フォーラム」係へ。

こんなニュースも
「高齢者に3万円、バカにするなよ」 民進・野田前首相
「何であそこだけ爆弾降ったみたいに」 熊本・9人犠牲
プーチン氏に安倍首相から贈り物「これでシンゾウを…」
阿蘇の「ラピュタの道」崩落 ライダー「聖地だった」

http://www.asahi.com/articles/ASJ683DMVJ68PTIL009.html

シリーズ「子どもと貧困」
写真
「お金貸して」母の無心断れず 生活費稼ぐため風俗店へ(05/10)
■子どもと貧困 頼れない親 昨年12月、北関東の女性(21)の携帯電話に母親から電話がかかってきた。 「車が壊れて、車検も切れちゃう。お金貸して」 女性は出産を控え、生活保護で一人で暮……[続きを読む]
写真
中学時代、5千円で売春 「これで上履きが買える」(05/09)
■子どもと貧困 頼れない親 「それ、奴隷だよ」 北関東の定時制高校のベテラン教員の言葉を、3年の女子生徒(18)はすぐにはのみ込めなかった。 生徒は2013年から、自動車部品の加工工場……[続きを読む]
写真
3歳児、おなかすいて盗んだ 両親は借金背負い不在(05/08)
■子どもと貧困 頼れない親 万引きで補導されたのは3歳の保育園児だった。2012年春、西日本のスーパーマーケット。ズボンとシャツのポケットにあめとチョコを詰め込み、背中にロールパンの袋……[続きを読む]
■学校で
アルバイト先に向かう少女。「高校で卒業生の制服を借りていること、今も友だちに言えません」=内田光撮影

埋もれた貧困の声、つなごう 泣く母を学校・地域で支援(02/26)
昼食後の5時間目。少女(手前)は眠気をこらえてペンを握った=内田光撮影

放課後バイト、家計を支える 通学・進学諦めて就職も(02/25)
中学時代、教諭チームに支えられた少年。「一緒にいてくれたから、高校に行けた」=内田光撮影

くすんだ服「お風呂、入れてる?」貧困のSOS拾う教諭(02/24)
午後9時過ぎ、一日の診療を終えて生徒の健康相談票に目を通す女性医師=内田光撮影

思春期の不調、潜む貧困 校医が聞いた100人の悩み(02/23)
子の貧困率、日本11番目 OECD34カ国中(2015/10/14)
  経済協力開発機構(OECD)は13日、加盟34カ国の子どもの貧困率ランキングを公表した。日本は2009年時点の15・7%が用いられ、平均の13・7%を上回り11番目に高かった。厚生労働省が昨年公表した12年時点の数値(16・3%)が用いら……[続きを読む]
■シングルマザー編
普段は仕事などで親子の時間が短い分、休日は公園などでゆっくり過ごす=京都市、内田光撮影

DVの元夫「養育費払えない」 母と娘、洗面台ない生活(12/22)
保育園が閉まる直前に駆け込む北海道の女性。「おなかすいた。早くおうち帰ろう」と息子たちは車へ急いだ=内田光撮影

「うちはこれ以上無理」母子家庭、諦めさせたバスケの夢(12/20)
小学校からの帰り道、姉妹は母の手をぎゅっと握った=18日、長野県、内田光撮影

「ティッシュって甘いんだよ」幼い姉妹、母と空腹の日々(12/19)
この日の風俗店での仕事を終えた短大生=大阪市、筋野健太撮影

「貧乏なのに進学した罰」 風俗で働く短大生(10/15)
歯磨きする男児。顔には難病治療のための器具が着けられていた=筋野健太撮影

3年間放置、乳歯10本が根だけに 母子家庭の9歳(10/14)
母親に見送られ、旅立つ少年。前夜は少年のリクエストで一緒にうどんを食べた=羽田空港、筋野健太撮影

友達ほしさに万引き重ね 母子家庭の19歳、保護観察に(10/12)
新しい自宅に帰り、洗濯物を取り込む少年=大阪府、筋野健太撮影

成人までの2年「福祉の空白」親失踪の兄妹、施設頼れず(10/11)
ブロック遊びをする姉妹。「子どもたちがのびのび遊べるようになったのが何よりうれしい」と母は話す=筋野健太撮影

保護された姉妹、1カ月ぶり入浴 親子が月4万円で生活(10/10)
養育費についての相談先(2015/12/22)
母子家庭の主な就労相談窓口一覧(2015/12/20)
孤立を防ぐために 母子家庭の主な相談窓口一覧(2015/12/19)
写真
傷ついた母子、抱きしめて 生活支援施設長・しぶちゃんの35年(2016/04/13)
  親からの暴力や貧困などで心身に深い傷を抱えた子どもたちに35年間向き合ってきた都内の母子生活支援施設=キーワード=の施設長が、この春退職した。甘いと批判されても、まず子どもたちを抱きしめ、一緒にジタバタ苦労してきた。児童福祉の後進を育てた……[続きを読む]
写真
無戸籍児童、3割が生活困窮 文科省、142人初調査(07/10)
 小中学生にあたる6〜15歳で戸籍を持たない「無戸籍の子」が全国で少なくとも142人おり、文部科学省は、その実態を初めて調査した結果を発表した。就学している141人のうち生活保護を受け……[続きを読む]
写真
格差社会で育った子どもたち 上と下、2人の人生(01/13)
 格差社会には、上と下がある。ふたつの世界で育った子どもは、何がどう違うのだろう。お金、教育、考え方……。同じ東京に住みながら、互いの存在をほとんど知らない。専門家がふたつの世界の「分……[続きを読む]
写真
夕食は「おにぎりパーティー」 子どもの貧困6人に1人(12/09)
 給料日前の月末になると、夕食の食卓に連日、おにぎりだけが数個並ぶことがある。 都内の母親(50)は、小6の長女(12)に「さあ、おにぎりパーティーの始まりよ」と声をかける。 「だって……[続きを読む]
写真
生まれながらの境遇、乗り越えろ 性別で地域で学びに差(11/26)
 性別や地域、民族など、生まれながらの境遇で、受けられる学びに差があっていいのか。乗り越える動きが広がっている。■短大3部、女子の受け皿に 男の子に比べて、受けられる教育に格差があると……[続きを読む]
写真
脱・貧困のための進学が… 授業料高騰、重い奨学金返済(11/25)
 「貧困と東大」 大手メーカーに勤める朝倉彰洋さん(25)は東大生だった2009年、そんなテーマで調査した。 東大が行った「学生生活実態調査」では、東大生の親の年収は「950万円以上」……[続きを読む]
■連載「いま子どもたちは」
高校進学後も「寺子屋」に通い、勉強する少年=岐阜市、高橋雄大撮影

(いま子どもたちは)高校に行きたい:下 自分で働いて暮らすために(05/10)
夕暮れ前、勉強をひとやすみ=飯塚悟撮影

(いま子どもたちは)高校に行きたい:中 医師になる、弱音は吐かない(05/09)
通学カバンには好きな漫画やアニメのキャラクターグッズがびっしりと付けられている=岐阜市、細川卓撮影

(いま子どもたちは)高校に行きたい:上 夢、自分で切り開くんだ(05/08)
■特集「誰も知らない子どもたち」
写真
学校に通うふりした無戸籍少女 児童館員ら支援で短大へ(09/06)
 日本最大の日雇い労働者の街、大阪・釜ケ崎にある児童館「こどもの里」は、カトリック団体の学童保育を前身に1980年開館した。まもなく常連になった女の子は、来館すると決まって国語のドリル……[続きを読む]
写真
無戸籍20年、学校に一度も通えず 夜間中学で再出発(09/05)
 7年前の夏、埼玉県鳩ケ谷市(現・川口市)の市立教育研究所長だった宮原重則(70)は、研究所の一室に当時21歳の男性を迎えた。 男性は出生後も親が戸籍を作らず、学校に一度も通ったことが……[続きを読む]
写真
父と車で生活、学校も知らず…22歳、僕は翔太になった(07/08)
 物心ついたころには父と車上生活を送り、各地を放浪していたという男性が2012年の冬、広島で保護された。半年前に父が姿を消し、独りさまよっていたという。父の身元は分からず、昨年22歳で……[続きを読む]
写真
無戸籍17年、誰も知らない 親に隠された子どもたち(07/08)
 生後、親に隠され戸籍がなく、学校に通えず、社会から存在を認知されないまま育った子どもたちが日本にいる。どこに、どれほどいるのか、誰も知らない。 あ い う え お 鉛筆を握りしめ、小……[続きを読む]
写真
元教師、私財投じ「支援ハウス」 子どもに学習支援や夕食 若者に住まい(2016/04/08)
  貧困や格差から子どもや若者を守ろうと、小学校の元教師が私財を投じて民家型の「支援ハウス」を建てた。小中学生の勉強や食を支える場として、生きづらさを抱えた若者の住まいとして、今月11日から支援活動を始める。 東京都西東京市の岸田久惠さん(6……[続きを読む]
最新ニュース
「アジア砒素ネットワーク」が設置した水道を利用するバングラデシュの少女=2013年2月、バングラデシュ・ジョソール、坂本進撮影
対テロ戦「日本も当事者に」 バングラ援助、一部で中止(2016/07/04)
 日本人7人がダッカのレストランで殺害された事件。かつて「アジア最貧国」と呼ばれたバングラデシュの人たちを援助してきた日本の団体の間には、活動を一部中止するところも出てきた。「日本人も『対テロ戦』の当[続きを読む]
市役所を訪れ、国民年金と国民健康保険の保険料減免を相談する女性(左)=6月13日、埼玉県内、仙波理撮影社会保険料、低所得者に重い負担 「つらいけど払う」(2016/07/04)
 年金や医療など社会保険の負担は低所得の人ほど重い現状がありました。社会保障は集めた税や保険料で所得の偏りをただすはずなのに、この「再分配」が機能していないように映ります。どうなっているのでしょうか。…
市役所を訪れ、国民年金と国民健康保険の保険料減免を相談する女性(左)=6月13日、埼玉県内、仙波理撮影(にっぽんの負担)公平を求めて 保険料、低所得者に重く(2016/07/04)
 6月中旬。雨のなか、埼玉県に住む元派遣社員の女性(42)は地元の市役所を訪れた。「保険料の減免措置をうけたいのですが……」。窓口で緊張気味に切り出した。 海運会社に派遣されていたが、3月末で雇い止め…
ダッカで2日、立てこもり事件の後に現場の近くを歩く兵士ら=AP自慢の息子が…無念 父「煮えくりかえる思い」 バングラ、日本人7人死亡(2016/07/03)
 日本人もよく訪れるバングラデシュのレストランが、武装グループに襲われた。治安部隊との激しい銃撃戦で、現地には衝撃が走った。「日本人7人死亡」。2日深夜に入った連絡に、無事を祈っていた家族や国際協力機…
この日のメニューはトマトカレーやサラダ=相模原市南区、池永牧子撮影「食」の支え合い、各地で手探り 「子ども食堂」急増(2016/07/02)
 全国で開設が相次ぐ子ども食堂。朝日新聞の調査では、活動資金をどう確保するか、困っている子に足を運んでもらうにはどうすればいいかを課題に挙げるところが多かった。貧困対策というイメージから抵抗感を持たれ…
都道府県別の子ども食堂の数子ども食堂、300カ所超す 貧困・孤食、広がる地域の支援(2016/07/02)
 家で十分な食事が取れない地域の子どもらに無料か安価で食事を提供する「子ども食堂」=キーワード=や同様の取り組みをする場所が、5月末時点で少なくとも全国に319カ所あることが朝日新聞社の調査でわかった…
子ども食堂でグラタンを食べる子どもたち=大津市、内田光撮影(子どもと貧困)「食」の支え合い、手探り 子ども食堂、急増(2016/07/02)
 全国で開設が相次ぐ子ども食堂。朝日新聞の調査では、活動資金をどう確保するか、困っている子に足を運んでもらうにはどうすればいいかを課題に挙げるところが多かった。貧困対策というイメージから抵抗感を持たれ…
奨学金返済、非正規の半数超「苦しい」 34歳以下2千人調査(2016/07/02)
 奨学金を受けた34歳以下のうち、非正規労働者の5割超が返済を苦しいと感じている――。労働者福祉中央協議会の調査で、そんな実態が浮き彫りになった。 労働組合員や福祉事業団体職員らに昨年7〜8月、アンケ…
名古屋大学では4月に奨学金説明会が開かれた。担当者は「卒業後の返済のこともよく考えて」と呼びかけた=細川卓撮影中退者5人に1人「経済的に苦しくて」 大学・短大703校、14年度調査(2016/07/02)
 大学や短大を2014年度に中退した学生のうち、経済的な理由によるのは5人に1人。そんな実態が東京大の小林雅之教授らの調査で明らかになった。「奨学金制度などをもっと充実させる必要がある」と小林教授はみ…
子ども食堂でグラタンを食べる子どもたち=大津市、内田光撮影「子ども食堂」全国に300カ所 開設急増、半数が無料(2016/07/01)
 地域の子どもに無料か安価で食事を提供する「子ども食堂」や同様の取り組みをする場所が、5月末時点で少なくとも全国に319カ所あることが朝日新聞社の調査でわかった。子どもの貧困への関心が高まり、今年に入…
【18歳の?】若い世代 負担ばかりでは (2016/07/01)
 ◇質問◇ 高齢者向けに偏っている政策を、若者向けの政策に変えられないでしょうか。参院選の前後には低年金者向けの給付金が配られるそうですが、バイト先の飲食店で接する高齢のお客様は裕福な方が多いよ…
ニュースでQ(2016/07/01)
 最新ニュースからのクイズです。Q1の( )は貧困の深まりを示す指標。Q2の( )は新規移民ではないテロ実行犯らを形容するときに使われる言葉です。 Q1 最貧困層の子どもが、標準的な子どもに比べどれぐ…
北九州市が9月から「子ども食堂」 ひとり親家庭支援(2016/06/30)
 北九州市は29日、経済的な事情で1人で夕食をとる日が多い小中学生らに無料で食事を提供する「子ども食堂」を、9月から2カ所に設けると発表した。ひとり親家庭の子どもたちのよりどころにする考えだ。 日明(…
ペルー北西部の町アルミランテグラウのアルベルト・フジモリ通り。家々の屋根にはケイコ氏を支持するオレンジ色の旗が立っていた=田村剛撮影(@リマ)ペルーに根付く「フジモリ神話」(2016/06/30)
■特派員リポート 田村剛(サンパウロ支局長) 1人の人物を巡り、これほどまでに評価が二分し続けることも珍しいのではないか。南米ペルーで1990年から10年間にわたり大統領を務めた日系2世のアルベルト・…
大阪・難波にある「大阪マザーズハローワーク」。専用スタッフに子どもを預けて求職相談ができる=大阪市(脱・一極集中)「家守る妻」変化の兆し 夫の年収減で(2016/06/29)
■女性の活躍:上 堺市の閑静な住宅街。築8年の一軒家に暮らす主婦(42)は、夫(39)と長女(10)、長男(7)、次男(3)を送り出した後、家事や学校の行事に忙しい。11年前の結婚後、専業主婦の日々を…
子の貧困解消、支援団体公募(2016/06/29)
 子どもの貧困解消に取り組むNPO法人などを支援する「子供の未来応援基金」が支援する団体の公募を始めた。子どもの学習支援や生活支援などを行う団体が対象で、今年度中に事業を始めて半年以上継続することが条…
カレーを食べる子どもたち=佐賀市唐人2丁目佐賀)こども食堂開催 佐賀市で初(2016/06/29)
 佐賀市初の「こども食堂」が19日、同市唐人2丁目の「TOJIN茶屋」で開かれ、子どもたちに無料(大人は300円)で食事が提供された。 子どもたちや住民を集め、地域のつながりを深めようと「TOJIN茶…
朝日新聞のアンケートに協力してくれた京都産業大の学生たち=北区【18歳の?】若い視線 何思う?(2016/06/28)
 18歳以上が投票し、選挙運動をできるようになった今回の参院選。若い世代は何に興味を持ち、何に不安を感じているのか。今回はアンケートとインタビューで探ります。29日からは、彼らが日々感じている疑問を記…
子ども食堂を始めるには(いちからわかる!)「子ども食堂」、全国に増えてるって?(2016/06/28)
 ■地域の人が運営し、料金安く。居場所作りをめざしている ホー先生 「子ども食堂」が各地でオープンしているそうじゃな。 A 子どもが一人でも入れる「食堂」のことだね。おなかをすかせたり、家で一人でごは…
大内裕和氏(WEBRONZA)ブラックバイトは社会全体の問題(2016/06/28)
 過重労働を始め、理不尽な働き方を学生アルバイトらに強いる「ブラックバイト」。「高校生と大学生に蔓延(まんえん)するブラックバイト」(21日)で、中京大教授の大内裕和氏はブラックバイトがなぜ広がったか…
埼玉)奨学金返済の社員を支援 川越の企業が補助制度(2016/06/28)
 フッ素樹脂コーティング業の「フロロコート」(本社・川越市、諏訪部充弘社長)は今月から、学生時代に借りた奨学金を返済している社員に、返済支援金を支給する制度を始めた。奨学金返済の負担が社会問題化するな…
NPO法人「八王子つばめ塾」理事長の小宮位之さん東京)声(2)学習塾理事長・小宮位之さん(2016/06/27)
 ◇学費返済 免除の道を 母子家庭や多子世帯など、親が塾代を出せない小学6年から高校3年までの約70人を無料で教えています。経済的に厳しい家庭の子も安心して学べる制度を国は整えるべきです。 都立高校に…
子どもの貧困対策 「学校で朝食」紹介 (2016/06/27)
  深刻さを増す「子どもの貧困」対策で、中学校で朝食を提供している全国初の取り組みを紹介する学習会「学校で朝食?!の可能性」が7月2日、伊勢市の皇学館大で開かれる。事前申し込みは必要なく、だれでも無料…
親による養育が難しい子どもの主な受け皿親に搾取される子どもたち 家庭への支援どうすれば(2016/06/27)
 親から最低限の食事や金銭、教育の機会を与えられず、困窮する子どもたちの現状を報告した5月の連載「子どもと貧困 頼れない親」には、多くの反響がありました。こうした状況にある子ども、家庭をどう支援すれば…
消費増税で予定されていた主な社会保障充実策/社会保障費と国債残高の推移社会保障、示されぬ将来像 与野党論戦、当面の対応に終始 参院選(2016/06/27)
 7月10日投開票の参院選に向けて、与野党は社会保障政策をめぐり論戦を交わしている。26日の街頭演説や討論番組でも、消費増税延期に伴う社会保障充実策の優先順位など、各党幹部が当面の対応を訴えた。だが、…
親による養育が難しい子どもの主な受け皿/母子生活支援施設(フォーラム)頼れない親 子どもと貧困(2016/06/27)
 親から最低限の食事や金銭、教育の機会を与えられず、困窮する子どもたちの現状を報告した5月の連載「子どもと貧困 頼れない親」には、多くの反響がありました。こうした状況にある子ども、家庭をどう支援すれば…
遊びにきた元利用者の男子高校生と話す村井琢哉さん=京都市山科区子どもの貧困、地域支援のススメ 京都のNPOが手引(2016/06/26)
 子どもの貧困対策に取り組む京都のNPO法人が、支援者向けの手引を作った。「子ども食堂」などの支援が広がる中、「みんなの気持ちがバラバラ」「お金ってどう集めるの?」といった疑問が出てきたとき、考えるた…
選挙ポスターが貼られた掲示板の前を通学する学生たち=22日、大阪府東大阪市(ひもとく)参院選の争点 憲法の幸福追求権を守れるか 宮本太郎(2016/06/26)
 参議院選挙が公示された。安倍晋三首相は当初、改憲勢力で憲法改正を発議できる3分の2の議席の確保を目標に掲げていた。だが、世論調査などで有権者が9条改正には慎重であることが示されると、改憲論議は封印さ…
寄付された株の配当を活用、奨学金に 名大と名工大(2016/06/25)
 名古屋大学(名古屋市千種区)と名古屋工業大学(同市昭和区)は24日、寄付された株の配当を活用した給付型奨学金を創設したと発表した。「ものづくりを志す学生に」と、業務用冷蔵庫大手のホシザキ電機(愛知県…
カイラシュ・サティヤルティさんは、講演を聴く人たちに問いかけ、返事を促し、一体感を醸し出していく=仙台市青葉区(フロントランナー)カイラシュ・サティヤルティさん 「児童労働は我々全員の責任なのです」(2016/06/25)
 (1面から続く) 「娘が売春宿に売られる?」 児童労働との闘いを始めたカイラシュ・サティヤルティさんは、工場から逃げてきた父親の話を聞き、いてもたってもいられなくなった。 「これが自分の娘だったら……
7月10日オープンに向けて話し合いをする野村美穂さん(右)や協力する「松戸くらしの助っ人」の松下明子代表(左から2人目)ら=松戸市千葉)「子ども食堂」7月10日 松戸にオープン(2016/06/24)
 子どもたちに無料か低額で食べて心休まる居場所を提供する「子ども食堂」が7月10日、松戸市新松戸で始まる。共働きや一人親世帯など様々な理由で「孤食」が増えている現状に心を痛めた子育て世代を中心に約20…
平田オリザ(中央)。後ろでは役者たちが稽古していた相談窓口、ニッポンの縮図 構想10年、平田オリザ新作 貧困・DV、日常通し描く(2016/06/23)
 生活困窮やDV被害、就労支援など、様々な相談や一時避難を一カ所で引き受けるNPOのワンストップセンターを描いた、平田オリザの新作「ニッポン・サポート・センター」が、平田主宰の劇団「青年団」の公演とし…
東京)参院選公示 31人立候補(2016/06/23)
 ◇未来築く 一票 誰に 参院選が22日公示され、18日間の選挙戦がスタートした。改選数が1増えて全国最多の6となった東京選挙区には31人が立候補し、「アベノミクス」や安全保障政策などをめぐり候補者が…
演説するサンダース氏に拍手を送る支持者たち=4月26日、ウェストバージニア州ハンチントン、金成隆一撮影病める米国、サンダース旋風生む 格差歯止めへの希望(2016/06/23)
 米大統領選で民主党から立候補し、クリントン前国務長官(68)を脅かしたサンダース上院議員(74)。撤退表明はせず7月の党大会まで活動を続けるが、事実上敗北を認めた。ただ、「政治革命」を唱えた上院議員…
国による給付型奨学金制度の創設を望む島田了輔さん=東京都目黒区の東京大学駒場キャンパス「貧困世帯でも安心して進学を」参院選、声上げる10代(2016/06/23)
 参院選で初めて投票する18、19歳は、国政にどんな施策を期待するのか。各地で意見を聞いた。 「(返済不要の)給付型奨学金制度をつくり、貧富の差が固定するような社会を変えてほしい」。東京都の大学2年、…
前川幸月さん10代、声上げたい 参院選公示(2016/06/23)
 参院選で初めて投票する18、19歳は、国政にどんな施策を期待するのか。各地で意見を聞いた。 ■大学生@東京 返済不要の奨学金制度、創設を 「(返済不要の)給付型奨学金制度をつくり、貧富の差が固定する…
数字で考える2016年参院選暮らしの政策、総点検 参院選公示(2016/06/23)
 参院選が公示された。第2次安倍政権の発足から3年半。選挙の論点は経済政策「アベノミクス」と「憲法改正」だけではない。暮らしに密接にかかわる社会保障、雇用、教育など様々な分野で、いくつもの課題がある。…
自民党の安倍晋三総裁=22日午前9時19分、熊本市中央区、林敏行撮影参院選、各党首らの第一声(2016/06/22)
 ■経済政策を力強く前へ 自民・安倍晋三総裁 私は第一声を熊本から発しようと考えた。震災後、一生懸命復旧に向けてがんばっておられる熊本の皆様を少しでも励ませれば、熊本の復興に対する私たちの強い意志を全…
「3分の2」をめぐる攻防経済・憲法、攻防 改憲4党、3分の2焦点 参院選公示(2016/06/22)
 第24回参議院選挙が22日公示され、7月10日の投開票日へ18日間の選挙戦が始まった。安倍晋三首相が掲げる経済政策「アベノミクス」や安全保障関連法など、政権が約3年半の間に進めてきた政策の是非が争点…
「3分の2」をめぐる攻防攻防、「経済」「憲法」… 参院選公示、各党アピール(2016/06/22)
 第24回参議院選挙が22日公示され、7月10日の投開票日へ18日間の選挙戦が始まった。安倍晋三首相が掲げる経済政策「アベノミクス」や安全保障関連法など、政権が約3年半の間に進めてきた政策の是非が争点…
第一声を上げる民進・岡田代表=22日午前9時42分、甲府市、葛谷晋吾撮影分配と成長、両立させる 民進・岡田代表(2016/06/22)
 安倍政治の暴走を止め、新しい政治の風を吹かせるために頑張ろうじゃないか。まず改憲に必要な3分の2の議席数をとらせないこと。もしここでとらせたら、安倍さんは必ずや憲法改正、特に9条を変え、集団的自衛権…
討論会に臨む各党の党首=21日午後、東京都千代田区、越田省吾撮影9党首討論会 主な発言(2016/06/22)
 21日の党首討論会では、各党党首が記者の質問にも答えた。 ■<経済政策> 税収、21兆円増やした 安倍氏/社会保障改革は破綻 片山氏/金融政策、異常な事態 岡田氏/年金運用の損失重大 小沢氏 志位和…
素粒子(2016/06/21)
 40年働いても引退させてくれない。疲れた体に膏薬(こうやく)を貼って動けと。原発の運転を延長。倒れれば列島もろとも。    ☆ 2年4カ月の働きに2200万円。都知事の退職金。ホテルの明細書も出さず…
【2016参院選】選挙区 4人が準備(2016/06/21)
 ▽あす公示 2議席争う 参院選は22日に公示される。京都選挙区(改選数2)では、自民の二之湯智(71)、民進の福山哲郎(54)の現職2氏に加え、いずれも新顔で共産の大河原寿貴(39)、諸派の大八木光…
安全保障関連法の廃止を求めてデモ行進する人たち=5日、伏見区【2016参院選】6:安保法制(2016/06/21)
  ▽政策大転換 危うい無関心  憲法学者の木村草太・首都大学東京教授が5日、伏見区の龍谷大で講演会を開いた。 「根拠となる規定が日本国憲法の中に見つけられない」。約400人の参加者を前に、木村さんは…
サンダース氏の登場に大歓声を上げる支持者たち=4月26日、ウェストバージニア州ハンチントン、金成隆一撮影(2016米大統領選)サンダース旋風、米の苦悩映す 貧困・格差問い、熱狂的な支持(2016/06/21)
 米大統領選で民主党から立候補し、クリントン前国務長官(68)を脅かしたサンダース上院議員(74)。撤退表明はせず7月の党大会まで活動を続けるが、事実上敗北を認めた。ただ、「政治革命」を唱えた上院議員…
(社説)参院選 あす公示 若者よ黙ってないで(2016/06/21)
 参院選があす公示され、7月10日の投票日に向けて、各党や候補者の論戦が本格化する。 今回から約240万人の18、19歳の有権者が投票できるようになる。これを機に、若者の政治参加について考えてみる。 …
公明党のポスター参院選公約(要旨) 公明党(2016/06/21)
 ◆給付型奨学金や商品券 ■希望が、ゆきわたる国へ。 いま日本に必要なのは、景気に力強さを与え、その実感を「家計」に届けること。この国の隅々にまで、「希望」の実現をゆきわたらせる。 1 景気に力強さを…
民進党のポスター参院選公約(要旨) 民進党(2016/06/21)
 ◆格差是正へ「分配と成長」 ■国民との約束 1 ふつうの人から豊かになる経済 3年半にわたる経済政策を変える時。格差が拡大し、富とチャンスが偏り、人々の能力の発揮や個人消費が阻まれている。必要なのは…
町中心部の商店街。まちづくり会社は、にぎわいの復活を目指す=笠置町【2016参院選】4:少子高齢化(2016/06/20)
  ▽出生ゼロ 町再生への挑戦  2013年11月以降、出生ゼロ――。昨年1月に流れたニュースは、笠置町民に大きな衝撃を与えた。 昨年の国勢調査(速報値)で町の人口は1369人。ピーク時(1947年)…
貧困率をコトバンクで調べる
コトバンク
所得が低く経済的に貧しい状態にある人が全…[続きを読む]
デジタル大辞泉の解説
http://www.asahi.com/topics/word/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E8%B2%A7%E5%9B%B0.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月04日 17:26:37 : aHn9rEtexk : K_AUkbOHri4[56]
別に貧困が増えたわけではなく、昔と何も変わらない。
隠すことができるだけ、まだしも豊かになっている。

昔は子供のために親が犠牲になっていた。
自分が我慢しても子供に与え、子供の笑顔を喜びとしていた。

今の親はまず自分の笑顔だ。
自分が満足してから、余れば子供に分けてやる。
その余りも、満足するまで貪った余りに他ならないからほとんど子供には回らない。

それで貧困貧困言うのは少々おかしくはないか。
スマホで遊びながら子供の給食費が払えないと言う。
実は親としての資格を満たしていない者が子供を作ったことによる問題なのではないか。


2. 2016年7月04日 17:51:50 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1796]

昔の日本もそうだし、世界を見れば明らかだが。親が子供を搾取するのは普通のこと

だから労働力が必要な、労働生産性が低く、社会保障が未発達な貧困国では、皆、子供をどんどん産むのだ

先進国のように、子供の養育に大きな経済的・心理的負担がかかり、親族や社会からのサポートが減るほど、当然、避妊もできない底辺層以外は、子供は産まなくなる

ヒトもまた利己的な動物に過ぎない


3. 2016年7月04日 19:21:57 : jX8Mbet08g : 72sl_N6E0Kg[11]
IQの低い親の子は、だれからも理解されない多様な苦しみを味わいつつ生きるのだろう。
子どものほうがIQが高い場合、じっと暴力や粗雑な扱いに耐えながら、時々刻々と変わる与えられた厳しい条件の中で、最適解を探し出しつづけなければならない。

これはきつい。導き手が必要だ。


4. 2016年7月05日 23:26:07 : Yoya6pNF1U : nDTmJplhVmg[4]
母子家庭が問題と言うが、父親側から養育費を取り上げるのは難しくはないだろう。
脱税と同じやり方で税務署が取り上げればよい話だ。もしくは債権だと認めて売買できれば税務署なんかよりももっとキツイ取り立てだってありうる。

それをやらないのは、ひとえに政府の意思である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民110掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民110掲示板  
次へ