★阿修羅♪ > 経世済民111 > 380.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米資産バブル、再び崩壊の恐れ 米利回り曲線、リセッションの予兆ではない理由日銀の「ヘリマネ」観測、ドル円トレーダーを翻弄
http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/380.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 7 月 28 日 19:16:39: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

米資産バブル、再び崩壊の恐れ
ENLARGE
米国の事業用不動産相場が過去最高値をつける中、中国の安邦保険グループはニューヨークのワルドーフ・アストリア・ホテルを米ホテル史上最高の19億5000万ドルで購入したPHOTO: SPENCER PLATT/GETTY IMAGES
By
GREG IP
2016 年 7 月 28 日 15:40 JST
 過去2回のリセッション(景気後退)は、資産価格の崩壊が先触れとなった。同じことを繰り返す危険性が高まりつつある。
 米国株は、英国が欧州連合(EU)からの離脱を決めた影響で急落したが、その後過去最高値を更新した。不動産市場もひそかに同じような動きをみせている。住宅価格は2007年につけた最高値までわずか2%の水準にあり、商業用不動産は最高値をつけている。
 この結果、米国の純資産は国民所得の5倍を上回っている。不吉なことに、純資産がこの水準に達したのは1999年から00年のハイテク株バブル期と、04年から08年の住宅バブル期の2回しかない。
 資産価格が高いからと言っても、過大評価とか相場が崩れようとしているなどと言う意味ではない。だが、これは経済が構造上、金融市場の心理が突然変わった場合に一段と崩れやすくなっている兆候だ。各中央銀行が低金利やマイナス金利まで動員して成長にてこ入れしているため、資産相場が膨らみ続ける中、この崩れやすさが増している。資産相場が水ぶくれしたため、金利の正常化は一段と怪しくなっている。
 いつも資産がこれほど問題だった訳ではない。投資顧問会社ゲイルフォスラー・グループのゲイル・フォスラー社長によると、1952年から96年にかけては、米国の純資産は国民所得のおよそ4倍程度で推移していた。金融は厳しく規制され、金融政策は銀行がどの金利水準でどれだけ融資するかを操作することでほぼ機能していた。
 そして90年代に強気相場が始まるとともに資産が増加した。フォスラー氏の言葉を借りるならば、モノやサービスへの支出を左右する要因として、資本が目立つようになり所得の影は薄くなった。資産価値とそれに伴う債務が高まるにつれ、企業と家計の資産は金融市場との結びつきを一段と深めた。
https://si.wsj.net/public/resources/images/NA-CL012_CAPACC_16U_20160727120310.jpg
米国の株価(左)と住宅価格(中)は過去最高値を回復し、所得に対する純資産の倍率(右)は過去のバブル前の水準に迫っている。
 これは90年代のハイテク株バブルと00年代の住宅バブルの崩壊で明らかになった。いずれの場合にも、従業員向けストックオプションから債務担保証券(CDO)に至るまで新たな金融商品が横行した。
 フォスラー氏によると、今回の景気拡大期においては、資産バスケットを取引する上場投信(ETF)が、産業部門や資源(コモディティー)、債券に投資する主な手段となり、これらの市場動向がより幅広い影響を及ぼす新たな経路となっている。
 フォスラー氏は顧客向けリポートで、「資本経済の変化は常に所得経済に対して大きく影響してきたが、現在はこうした影響が甚大だ」として、「国民所得に対する資産の増加に伴い、著しく不安定になっている」と指摘した。
 富を主体とする経済は定義上、資産価格の揺れに一段と左右されやすい。米連邦準備制度理事会(FRB)は04年から06年にかけて、経済を減速させてインフレを抑え続けるために利上げした。経済が落ち込んだのはそうした利上げが原因ではなく、住宅価格の暴落とそうした住宅の不透明な融資債権がデフォルト(債務不履行)に陥ったことによる金融の混乱がきっかけだった。
 今回の局面は、これまでとは重要な違いがある。規制が強化されたため、資産インフレに対する貸し付け金融手段の関わりは限定されている。だが、金利は関わりを増している。FRBは昨年12月まで金利をゼロ近くに据え置き、その後の引き上げも段階的なものにとどめることを約束している。英国が欧州連合(EU)離脱を決めたことで利上げ期待が一段と後退したため、このところの株式相場の高値更新につながった。その結果、経済全般よりも今回の景気回復期における資産相場の回復ははるかに目覚ましいものになっている。
ENLARGE
米国の住宅価格は2007年につけた最高値にあと2%の水準に迫り、商業用不動産は最高値をつけている PHOTO: DAVID PAUL MORRIS/BLOOMBERG
 資産価格がこれほど高いと言っても、自動的にバブルが形成されているというわけではない。現在の所得を生む資産価値の拡大は低金利がもたらしている。過去最高水準にある株価収益率は、現在のように金利が低くとどまることで正当化できる。同様に、過去最低水準にある住宅ローン金利は、住宅価格が07年の水準を回復しても、自家所有のコストが07年当時ほど賃貸コストからかけ離れないことを意味している。
 だが、このように正当化できても、計算上の現実からみて資産評価水準はあまりに高く、リスク許容度や利益ないし金利の予想が少し変化するだけで、大幅な下落のきっかけになるだろう。米財務省金融調査局は今週、現在の株式相場が「過去1世紀における3回の最も大きな株式相場の下落の前にしかなかった」水準に達したと指摘した。
 フォスラー氏によると、過去においては資産の伸びが所得の伸びを下回ったときに、不安定な動きが生じる。これは既に起きていることだ。株価は最高値を付けたものの、1年前の水準を大幅に上回ってはおらず、企業の利益も減っている。
 だからといってリセッションが訪れるということではないが、FRBは不安定さを念頭に置き続けるべきだろう。
関連記事
• 米株市場の高値更新、バブルの気配は感じられず

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiV0vPC85XOAhXLI5QKHfI2CnYQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fjp.wsj.com%2Farticles%2FSB11625300680616714172704582216443393643540&usg=AFQjCNGmoXDgLwrFFRvpgQ2CVV6T_ivDiQ


 
米利回り曲線、リセッションの予兆ではない理由 
By IAN TALLEY
2016 年 7 月 28 日 15:22 JST

 米国債の記録的な低利回りは何十年もの間、米国経済の低迷を示唆し、リセッション(景気後退)の予兆となってきた。だが今回は違うようだ。

 一部のエコノミストは、いわゆる利回り曲線(長短金利差)が新たな景気減速の前触れになると指摘している。30年物と10年物の米国債利回りは今月過去最低をつけ、30年に及ぶ低下の流れにおいて新たな記録を打ち立てた。

 利回りはその後最低からはやや持ち直している。だが、債券利回りの低下に事業投資の弱さや企業利益の縮小、自動車販売の落ち込みが重なり、一部の投資家は過去にリセッションにつながった利回り差の縮小傾向からみて、リセッション入りの確率を60%とするに至っている。

ドイツ証券が米国債の利回り曲線から予想するリセッション入りの確率

%
THE WALL STREET JOURNAL
Source: Deutsche Bank Securities
Recession
Contraction Ahead?
Deutsche Bank Securities's assessment of the probability of aU.S. recession implied by the bond-yield curve
1980
’85
’90
’95
2000
’05
’10
’15
0
20
40
60
80
100
 だが過去とは異なり、景気縮小を招く可能性が最も高い圧力は今回、米国以外のところに存在する。海外の混乱や弱さから、投資家は米国債の安全性に引き寄せられ、価格の上昇(利回りの低下)につながっている。

 ドイツ証券のチーフ国際エコノミスト、トルステン・スロック氏は「低水準の米金利は、米経済の健全性を反映するものではない」とした上で、「他国の利回り追求動向と英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る国民投票の結果を反映している部分が大きい」と指摘した。

 過去の米国債利回りの平たん化はおおむね、米経済の悪化を示す他の兆候と同時に見られた。1990年と2001年のリセッション、そして07〜09年のグレートリセッションはいずれも、始まる前に雇用水準が急激に低下した。米サプライ管理協会(ISM)がまとめる指数によれば、製造業活動も同じように、これらのリセッションに先立ち著しく減速した。

 利回り曲線が最後にこれほど平たん化したのは07年12月で、当時は金融市場の混乱が世界経済に大打撃を与えようとしていた。米国の新規雇用は月平均5万5000人程度にとどまり、製造業景況指数は業況の縮小を示していた。

 米経済は現在、近代で有数の長期拡大局面にあり、加速の兆候を示している。ISMの指数によると、製造業とサービス業の景況感は上向いている。賃金インフレは今にも加速しそうだ。6月の雇用統計は大幅に持ち直し、過去6カ月間の非農業部門就業者数の増加幅は平均21万8000人となった。

 債券利回りは三つの要素で動いている。今後の物価上昇でどの程度価値が目減りするのか、予想される金利の道筋、そしてタームプレミアム(期間に伴う上乗せ金利)だ。

 かつて国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミストを務めたピーターソン国際経済研究所のシニアフェロー、オリビエ・ブランシャール氏は、足元の利回り曲線の動きの大部分はタームプレミアムの変化が原因だと指摘した。つまり、利回り曲線とリセッションの相関性に関する古い解釈が「引き続き有効である理由はない」という。

 08年は住宅市場に不均衡があったため、リセッションの可能性はより高かった。ブランシャール氏は「今はそうした明確な不均衡がない。いかなるマクロ経済の規模で見てもバブルは見当たらない」と語った。

 だが、世界に問題が生じていないというわけではない。

 投資コンサルタント会社720グローバルの共同創設者、マイケル・レボウィッツ氏は「債券市場は何かが間違っていると叫んでいる。注意を払った方がいい」と述べた。

関連記事

米利回り曲線平たん化に注目すべき理由−2006年の教訓
米利回り曲線、FRBに送るメッセージとは

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiX_7q885XOAhUGHZQKHR8sCeEQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fjp.wsj.com%2Farticles%2FSB11625300680616714172704582216430198411566&usg=AFQjCNGVdG0IKQKy6iQVIgU-4GSClG-vlg

 
日銀の「ヘリマネ」観測、ドル円トレーダーを翻弄
円はドルに対し年初来14%近く上昇している
By CHELSEY DULANEY
2016 年 7 月 28 日 14:41 JST

 日本銀行が新たな刺激策を導入するとの観測を受け、投資家は今年の金融市場で最も波乱に富んだ関係の一つ、すなわちドル円相場への注目を強めている。

 日銀は29日、2日間にわたる金融政策決定会合を終えた後、インフレと経済成長を再び加速させるための積極的な緩和政策を新たに打ち出す見通しだ。日銀の政策判断が期待外れなものに終われば、円安進行を見込む投資が圧倒的に多い市場は大きく揺らぎかねないと投資家は言う。

 円はドルに対し年初来14%近く上昇しており、主要通貨の中で上昇率トップだ。このため、日本の当局が進める経済成長てこ入れ策はなかなか奏功しない。多くのアナリストが「ヘリコプターマネー」に類似したものになるとみる政策を当局が検討中という観測も含め、今週は日本当局の計画について相反する報道が相次ぎ、相場は乱高下している。ヘリコプターマネーとは、政府が大規模な財政出動を打ち出し、中央銀行が政府から直接に長期債を買い入れることで財源を賄う前例のない刺激策のこと。

 シティグループのG10外為戦略部門責任者、スティーブン・イングランダー氏は「失望が広がる余地は極めて大きい」とした上で、「(政策決定が)市場の期待に届かなければ、日銀は一連の緩和措置から丁重に身を引こうとしていると市場は言うだろう」と述べた。

 投資家が抱く懸念の一つは、トレーダーがキャリー取引と呼ばれる人気の外為戦略を解消し始めれば、円相場の動きはすぐさま雪だるま式に増幅する可能性があることだ。

 キャリー取引とは、円やユーロといった低金利の通貨を売ってオーストラリアドルなどの高金利通貨を買い、両通貨の金利差から利益を得ようとする取引。

 過去最低の債券利回りや先進国の大半に広がる追加緩和見通しを背景に、ここ数カ月は高利回りの投資先を探す動きが復活している。

 キャリー取引を使う上場投資信託(ETF)への資金注入が急増している。モーニングスターの推計によると、こうしたETFの一つであるパワーシェアーズDB G10通貨ハーベスト・ファンドは、6月に1880万ドル(約19億7000万円)の資金流入超となった。この流入額は同ファンド史上2015年3月以来の大きさだ。

 パイオニア・インベストメンツの通貨戦略ディレクター、パレシュ・ウバダヤ氏は「キャリー取引を行うにあたりファンメンタルズ(経済の基礎的諸条件)はここ何年もの間で最も健全だ」と述べた。過去3年間キャリー取引を避けてきた同氏は最近、円やユーロ、ドルを売ってブラジルレアル、インドネシアルピア、インドルピーを買う取引を行っている。

 同氏はこれらの取引には、中国経済成長を巡る懸念から米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ姿勢に至るまでさまざまなリスクが伴うことを認めている。

 「『全てのキャリー取引は涙に終わる』という言い習わしがある。相場が大きく変動するや否や、苦労してためたキャリーが1日か2日で全て吹き飛んでしまうこともある」と指摘した。

 FRBや米財務省に勤務していた経歴を持つピーターソン国際経済研究所のシニアフェロー、ジョセフ・ギャノン氏は「レバレッジは(利益とリスクの両方の)増幅係数のようなものだ」と述べた。

 キャリー取引は外為市場のボラティリティー(変動率)を上昇させる可能性もある。投資家がキャリー取引の解消に動いた場合、相場変動が一段と増幅されるからだ。一例が1998年10月に起きたドルの急落だ。投資家がドル買い・円売りのキャリー取引を解消したのに伴い、2日間でドルは円に対し約15%下落した。

 同氏によれば、円安が進むと利益が出る持ち高の解消、すなわち円の買い戻しが進んだことで、「通貨が向かっていた方向にさらなる圧力がかかった」。

 オプション取引のデータは、日銀の政策会合を控え投資家が慎重に行動していることを示している。オプション価格から計算されるドル円相場の1週間物インプライド・ボラティリティー(予想変動率)は今週、25%まで上昇した。トムソン・ロイターによると、これは2008年11月以来の高水準だ。

 日銀は、1月に意表を突いてマイナス金利政策の導入を発表したほか、4月と6月の金融政策決定会合で追加緩和を見送るなど、これまでも投資家を当惑させてきた。

 ロンドンに拠点を置くヘッジファンド、ハーモニック・キャピタル・パートナーズの最高投資責任者(CIO)、パトリック・サフベンブラード氏は年初からの日銀の動きについて、「われわれにとって痛手だった。追加の刺激策の導入を予想していたからだ」と明かした。アルゴリズム取引を駆使する同社は、日銀が近いうちにヘリコプターマネー政策を導入するかもしれないとの観測をどう織り込めばよいか決めかねている。政策担当者らが刺激策を拡大する上でまだ試されていない方法を押し進める恐れがあることが浮き彫りとなっている。

 「当社にはこうした政策に見合うモデルはない」と話す同氏は代替策として、市場がヘリコプターマネーにどう反応し得るかを知る手掛かりがないか、利回り曲線やボラティリティーを注視している。

関連記事

日銀、金融緩和の新境地に踏み込むか
日銀の円安誘導、財政出動が足かせとなる恐れ
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjCkKO185XOAhXHspQKHft0CFwQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fjp.wsj.com%2Farticles%2FSB11625300680616714172704582216370612489442&usg=AFQjCNElWCi7bsbuB5ilAM5MRq9S0mOyAg


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月28日 19:20:22 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2088]

トランプ大統領誕生とともに、バブル崩壊なら、できすぎているなw

保護主義の蔓延によるコストプッシュインフレが拡大していけば

中銀にも打つ手は無い

日本にとっては、前回以上に厳しい状況になるだろうな


2. 2016年7月28日 19:21:22 : OO6Zlan35k : ScYwLWGZkzE[552]

焦点:英EU離脱で財政健全化「リセット」、政府借入れ増大へ

[ロンドン 26日 ロイター] - 英国の景気は欧州連合(EU)離脱派が勝利した国民投票のショックで悪化が見込まれるため、政府は景気対策と税収不足穴埋めのために資金手当てが必要になる。ハモンド新財務相は前任のオズボーン氏が進めてきた財政緊縮策を「リセット」し、2010年以来初めて大幅に政府借り入れを増やすとみられる。

ハモンド財務相は既に政策変更の必要性を表明しており、エコノミストは借入額がどの程度増加するか、そろばんを弾き始めた。財務相は24日記者団に対し、景気対策を打つ場合の規模について、通常11月か12月初めに行われる秋季予算演説までにどの程度景気が減速するか次第で決まる、と話した。

英国の2015/16年度の公的借入額は750億ポンドと、国内総生産(GDP)の4%に上った。英予算責任局(OBR)が3月に示した見通しでは、本年度はこれを555億ポンド、17/18年度は388億ポンドに抑えるはずだった。

英財政研究所(IFS)のディレクター、ポール・ジョンソン氏は、税収の落ち込みと社会保障費の増加だけでも借入額は計画から数百億ポンド上振れると見る。

複数のエコノミストの予想を平均すると、景気後退を免れたとしても本年度と来年度の借入額は合計で計画を650億ポンド上回る見通しだ。

ハモンド財務相は、まずはイングランド銀行(英中央銀行)が景気刺激策を講じるべきだと述べているが、国債利回りと政策金利は既に過去最低まで下がっており、金融緩和による効果は限定的だろう。

<景気対策の選択肢>

財政政策を講じる場合、財務相は資金の使い方を選択する必要がある。

OBRによると、成長押し上げに最も効率が良いのは長期間の公共投資で、1ポンド当たりの効果は減税に比べて3倍、一般的な公共支出に比べて5割増しとなる。難点は、すぐに効果を発揮する減税や公務員の給与引き上げに比べてプロジェクトに時間を要することだ。

しかしIFSのジョンソン氏やロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のエコノミスト、サム・ヒル氏は、EU離脱交渉が何年にもわたって不透明感をもたらし、景気を圧迫しそうなことから、公共投資の方が妥当だと見ている。

差し迫った景気浮揚が必要な場合には、2009年に実施したような付加価値税の一時的な引き下げよりも、企業投資をめぐる税制優遇の方が選択肢としては良いだろう。現在は消費者心理よりも企業の設備投資の方が大きな打撃を被っているからだ。

<財政ルールの見直し>

どこまで政府借り入れを増やせば行き過ぎになるのか、ハモンド氏と財務省が具体的な数字を念頭に置いている様子はない。同氏は先週議会で、妥当な時間軸で「財政均衡」を達成するための明確な枠組みが必要だ、と述べた。

財務相は今月、国債利回りが下がっているため投資に向ける資金調達には「大いに魅力がある」と述べたが、金融市場に与えるシグナルには注意を払っていく必要があるとも釘を刺した。

オズボーン前財務相が2010年に考案した財政ルールに立ち戻る手もある。これは5年以内の財政収支の黒字化を目指すものだが、投資のための支出は勘案されない上、景気が弱い場合には期限を先送りすることも可能だ。

RBCのヒル氏によると、この除外規定を利用すれば年400億ポンドの支出余地が生まれ、年2%の成長押し上げ効果をもたらせる。しかもハモンド財務相は、前任者同様に財政タカ派として振舞うことが可能だ。

ただIFSのジョンソン氏は、政府借り入れの拡大はEU離脱の影響が明らかになるまでの一時的措置になる、と指摘。「現在借り入れを増やしても、最終的には返す必要がある。つまり、緊縮措置は継続せざるを得ないが、休憩を挟むということだ」と述べた。

(David Milliken記者)
http://jp.reuters.com/article/brexit-budget-rules-reset-idJPKCN10707F


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民111掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民111掲示板  
次へ