★阿修羅♪ > 経世済民114 > 720.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本はいかにしてわずか20年で世界第二の経済大国になったのか?「日本は底が厚い」「中国が日本に賠償を求めなかったからだ」
http://www.asyura2.com/16/hasan114/msg/720.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 24 日 23:06:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本がわずか20年で世界第二の経済大国になった秘訣について分析したテレビ番組を紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。


日本はいかにしてわずか20年で世界第二の経済大国になったのか?「日本は底が厚い」「中国が日本に賠償を求めなかったからだ」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a153298.html
2016年10月24日(月) 1時20分


2016年10月22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本がわずか20年で世界第二の経済大国になった秘訣について分析したテレビ番組を紹介する動画記事を掲載した。

動画は、「大国の台頭」と題したドキュメンタリー番組の一部で、日本が戦後の廃墟からわずか20年あまりで世界第二の経済大国となった理由を分析。それは、明治維新以降積み重ねてきた科学技術や人材、西洋に学んだ工業化があったためで、戦後物質的には何もなかったものの、こうした基礎があったおかげで素早く経済発展できたほか、平和憲法のもとで戦争を禁じたことも発展に寄与したとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は底が厚いからだ」
「教育こそ根本の理由だ」
「日本の紙幣を見ればその秘訣はすぐに分かる。みんな科学者だ」

「米国との関係が大きいと思うな。それと国民性もあるだろう」
「教育制度、管理が良く、敗戦したから武器にお金を使う必要もなく、経済発展だけに頭を使えたからだ」

「日本は本当に、貧しい出身ながら冷酷無情で毅然としていて、全面的に発展した優等生だ」
「民主、自由、人権、法治、教育、民族精神はどれも民族復興の前提だ。これらがなければ何を言っても無駄」

「でも今は中国が世界第二の経済体だけど」
「主な理由は中国が日本に賠償を求めなかったからだ」(翻訳・編集/山中)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[4625] koaQ7Jey 2016年10月24日 23:48:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[5036]
日本の秘密は日本語、2000年間かけて改良を続けて世界で断然No.1の言語になった

中国語も漢文も秦の始皇帝の時代で進歩が止まってしまったから、中国人は科学的で論理的な思考ができないんだ

中国人が専門書を読むのに使う英語も書き言葉に向かない原始的言語だから いくら勉強しても進歩する可能性はゼロ

中国の時代なんか永遠に来ないんだよ


2. 2016年10月25日 07:41:42 : MiR2JaQdPA : niAf4py_ivA[68]
賠償は、中国が払うべきなんでないか?

戦争は中国が望んでいた、アメリカと組んで、、、。

日本は巻き込まれたのだ。

戦争のおかげで中国共産党が躍進したのです。


3. 2016年10月25日 11:53:06 : e4ayiTTb7E : 1zBUfPjnUJ4[6]
戦後日本の大企業トップを見ると、ほとんどが戦時中に高等教育を受けた人たちです。
つまり国家存亡のために教授も必死になって教鞭に励んでいた、手を抜けば軍部から非国民のレッテルを張られかねない。そんな状況下で教え子たちが戦後のパージによって組織のトップに立ち日本経済を引っ張って行ったのです。

また、日本は敗戦時に中国大陸にあった軍民の財産を全て無条件で中国側に渡しています。さらに日本が50年間資源を費やして建設し比較的戦争の被害を受けていなかった台湾を賠償としてもらいました。当時の台湾はアメリカの空母機動部隊ですら近づくのを恐れるほどの強力な軍事基地だったので中国側にとってはまさに天からの恵みです。


4. 2016年10月25日 15:48:14 : EIRV2GGBqg : b9MUgs79llg[10]
>20年で世界第二の経済大国になったのか?
>「中国が日本に賠償を求めなかった


この手の話題は「日本だけ侵略されなかった云々」の類の話と一緒で、そもそも前提自体が現状を正確に表していない。実際には、

日本は、アメリカ合衆国軍により、戦後以来継続して侵略を受け続けている。
日本は、ODAや円借款その他諸々のカネを、(事実上の賠償金として)中国に支払い続けている。
日本が、「世界第二の経済大国」は、数字上の気休めみたいなものであり、実際にはアメリカの犬の政治家や財務官僚その他諸々の連中が、私腹を肥やしたり、血税を外国に垂れ流しているために、実際の国民一人当たりの所得は、そこらのオフショア都市国家以下である。

こうした事を踏まえた場合、こんな評価は何の役にも立たない、単なる支配の道具であり、議論に値しないカスみたいなものだと言えるだろうね。


5. 2016年10月25日 21:21:55 : oCrAJL4UVg : BSkALVEdcgY[183]
成長は 死の商人に 支えられ

6. 2016年10月25日 22:07:02 : tsNCkySFQk : wdvBxE3ZSxA[45]
そして中国が世界第二位の経済大国になったわけだが
それで自分たちの生活はどうなったかね?
そこに日本の答えがある。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民114掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民114掲示板  
次へ