★阿修羅♪ > 経世済民115 > 312.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
リニア着工に地域の思いは 膨らむ期待と不安(長野) 〔途中駅の期待の末路は...〕
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/312.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 11 月 04 日 15:49:10: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: リニア建設、賛成?反対? 教育 城山高生が授業で議論(なぜ大マスゴミで議論なし?) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 11 月 04 日 15:40:41)

東名間240キロを、9割近いトンネルで抜ける「モグラ棺桶超特急」「地底お陀仏列車」こと「リニア中央新幹線」。中間駅には1時間1本くらいしか止まらないのでなければ急行の速度が無駄になる。
 そのことをどれ位認識しているのか。路線途中は駅の有無どちらも地域崩壊につながると考えられるが。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここから)
http://digital.asahi.com/articles/ASJBX4JLDJBXUOOB00Q.html?rm=321
テツの広場

長野)リニア着工に地域の思いは 膨らむ期待と不安
山田雄一2016年11月3日03時00分


南アルプストンネル掘削残土の仮置き場計画地。右上方が釜沢集落=大鹿村
*写真略

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の起工式が1日、大鹿村であり、2027年の東京〜名古屋間の先行開業に向けた工程が動き出した。地域の経済、観光振興に期待が膨らむ一方、リニア建設で最難関とされる山岳トンネル工事への不安を抱えながらの出発となった。

 起工式2日前の10月30日。熊谷英俊村議会議長は意見交換会のために大鹿村役場を訪れた阿部守一知事に迫った。「JR東海への指導、監督をお願いします」

 村がリニア着工に同意するまでのJRとの最終盤の交渉は、起工式の日取りを含めてJRペースで進められた。熊谷氏が阿部知事に「直訴」したのは、村議会がリニア着工の是非を審議する時間を十分に確保できなかったことへの不満だった。

 ログイン前の続き沿線の自治体では今後、相次いでリニア建設に関連した工事が始まる。県内で最初のリニア工事となった村の議長として、熊谷氏には「同じことが他の市町村で繰り返されないように」との思いがあった。同席した柳島貞康村長も阿部知事に「大きな組織(JR)の上層部に地元の声が届いているか疑問」と訴えた。

 この9日前の21日午前。村議会の全8議員は、柳島村長を交えた非公開の協議で着工に同意した。議長を除いた採決では、賛成4人、反対3人。工事車両の運行に関する村とJRの「確認書」は、19日夕に締結されたばかりだった。議会が着工に同意する条件の一つが確認書の締結だったが、わずか2日後の「駆け足採決」には、議員から「今日、決めなくてはいけないのか。まだ確認書の内容が住民に周知されていない。性急すぎる」と疑問の声が出た。

 村関係者によると、21日午前の時点で、11月1日の起工式の日程案がJRから示されていたという。21日午後、JRは「11月1日起工式」を発表した。

 10月14日に全村民を対象とした2度目の工事説明会が開かれたのを機に、「着工」に向けた流れは加速した。JRはこの説明会の終了直後、報道陣に「住民の理解は得られたと判断しました」と宣言した。JRは17日、工事車両の運行に関する「確認書」の案文を村に提出。一部が修正された後、19日に締結された。村議会が10月3日にJRに提出した「意見書」で示した要望のうち、「残土の村外運搬先の見通し」については確認書に盛り込まれなかった。

 村内を通るリニアルートが2011年5月に発表されて5年半。柳島村長は10月21日の記者会見で「飯田下伊那(の一員)でリニア促進運動を進めてきた。確認書により不安は低減され、工事着手が適当と判断した」と述べた後、「できれば他の地域を通ってほしかった」と付け加えた。

■残土、災害再発を懸念 運搬先の谷でかつて土石流

 天竜川の東岸に面した県道18号沿いにある松川町生田の福与集落。公民館の会議室に6枚の写真が飾られている。1961年6月末の「三六災害」で、一帯は鉄砲水に急襲された。

 はんらんした寺沢川の近くに住む林繁さん(75)は当時20歳で、消防団に入ったばかり。近所の住宅から家財を運び出していた時のことだった。「危ない」「逃げろ」という声が聞こえて家の外へ飛び出した。その家は間もなく土石流で流された。「10秒遅れていたら命を落としていたのではないかと思う」

 付近では犠牲者こそ出なかったが、土石流に7軒がのみ込まれ、橋も落ちた。仮の橋が設置されるまでの1週間、林さんは対岸の自宅に戻れなかった。

 この夏、南アトンネルの掘削工事で出る300万立方メートルの残土の運び先として、JRが松川町生田地区を事実上の予定地にしていることがわかった。2年前、JRの依頼を受けた県のあっせんに、地元が町を通じて地区内の3カ所を申し出た。いずれも寺沢川上流の山間地にある支流の谷だ。三六災害では土石流の源になり、犠牲者も出た。JRが9月7日、大鹿村の工事説明会で、運搬ルートの地図を明示しながら生田地区を提示。下流域の福与では一気に不安が高まった。

 10月4日、町のリニア対策委員会で福与区長の北原忍さんは「三六災害は地元でトラウマになっている」と計画に反対。しかし、JRは「傾斜地を埋め立てることで、むしろ災害が起こりにくくなる。地権者の了解も取りつつある」と強気の姿勢を崩さなかった。

 22日、今度は福与の住民40人余りが公民館でJRに説明を求めたが平行線をたどる。町に対し、埋め立て候補地の取り下げ手続きを求めることを決めた。

 先に退席するJRの担当者たちに林さんは「隣の会議室に三六災害の時の写真があるので見てほしい」と促したが、素通りされた。林さんは「私たちの気持ちを理解しようとしていない」と憤慨する。

■自然環境損なう恐れ 元村長「将来へ禍根残さないか」

 「リニア容認は村の将来に禍根を残すことになりはしないか。心配です」。そう話すのは、09年1月まで大鹿村の村長だった中川豊さん(80)だ。

 県内に建設されるリニアのルート案は三つあった。リニア建設促進の県協議会は諏訪・伊那回りの「Bルート」を求めていたが、JRは09年12月、南アルプスを貫通する「Cルート」の利点を強く打ち出す。国は11年5月、JRにCルート建設を指示。大鹿村への影響が必至の情勢になった。

 すでに退任していた中川さんは「南アルプスをぶち抜くなんて、とんでもないと思った」と振り返る。

 村長時代にも、休日には観光客への案内ボランティアを務めた。村の静かな環境への愛着はひとしおだ。「リニアは、一度失ったら取り返しのつかない自然を破壊する」と考えている。

 14年9月、国がJRの工事計画を認可した直後の事業説明会で、中川さんはJRに「リニアは村にとって百害あって一利なし」と迫った。リニアが村にもたらす利点を質問すると、JRからは「大都市への移動時間の短縮」と返ってきた。

 村の中心部の国道沿いに住む中川さんが生まれ育ったのは、リニア工事の最前線となる釜沢集落だ。当時の29世帯が現在は9世帯。「山が迫っていて音が響き合うので、工事の騒音で生活にかなり影響が出る。静かな環境を求めて移住した人たちが多く、リニアへの反発は当然」と話す。

 中川さんが村長時代の05年、大鹿村は全国の7自治体で「日本で最も美しい村」連合を設立した(現在60自治体加盟)。残土を運ぶダンプカーが村内を行き交い、自然景観が損なわれれば、加盟の要件を満たさなくなるのではないか。「大鹿が連合から外される日が来るのではと心配でならないのです」(山田雄一)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月06日 12:32:36 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7571]
2016年11月6日(日)
ネット番組「とことん共産党」
“悪夢の超特急”リニアは どこへ
本村議員・ジャーナリスト樫田氏

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-06/2016110602_03_1.jpg
(写真)「とことん共産党」でリニア問題を語り合う(左から)本村伸子衆議院議員、樫田秀樹さん、林竜二郎さん

 日本共産党のインターネット番組「とことん共産党」は4日、ゲストにジャーナリストの樫田秀樹さんを迎え、「公的資金3兆円?!“悪”夢の超特急リニア新幹線 そんなに急いでどこに行く?」をテーマに放送しました。MCは本村伸子衆院議員、司会は林竜二郎さん。

 臨時国会では、リニア新幹線建設へ3兆円の公的資金投入を可能にする法律の改定案がわずか一日の衆院審議で採決されています。本村氏は、赤字必至の事業に対し、まともな審査もせずに公的資金を投入する異常性を指摘。資金の償還確実性について、麻生太郎財務相が「私が生きていられる保証がない(のでわからない)」と、いいかげんにしか答えられなかったことを示すと、樫田氏も「基本的な情報すら知らないのでしょう」と憤りました。

 さらに、話題は、樫田氏が「悪夢の超特急」と呼び、実態を告発した建設工事そのものに。樫田氏は、すでに山梨実験線(総延長42・8キロ)で水枯れや異常出水などの被害が起こっていることを写真で示して説明し、「どこでも起こりうる深刻な問題だ」と訴えました。

 また、トンネルを掘った残土についても問題が山積しています。樫田氏は、残土の運搬車両による騒音・排ガス・振動などの生活被害が予想されるにもかかわらず、まともな住民合意もとられていないことなどを指摘。「事故が起こってからでは遅いです。じん肺で苦しむ人、交通事故でなくなる子どもが生まれることが予見される今、関係者に動いてほしい」と訴えました。

 本村氏は、党の国会論戦にふれつつ、「環境を壊し、住民の生活を壊し、赤字必至の事業はやめるべきです。必死にあげる住民の声を国会に届けるためにがんばりたい」と決意を表明しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-06/2016110602_03_1.html


2. 2016年11月07日 10:10:18 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7559]
2016年11月7日(月)
主張
リニア起工式
大前提が崩れてもなお推進か

 JR東海が2027年の開業をめざすリニア中央新幹線(東京・品川―名古屋間)で、難工事とされる南アルプストンネルの長野工区の起工式が行われました。自然豊かな山岳地帯に大穴を開けることに自然保護団体が批判の声を上げ、工事で出される大量の残土や工事車両の激増などへの地元住民の不安や懸念は高まっています。国会では、リニアに3兆円もの公的資金を投じる法案の是非が議論され、新たな問題と矛盾が次々と浮き彫りになっています。そんな中でリニア計画を着々とすすめるJR東海の姿勢は、あまりにも住民・国民を無視したものです。
南アルプスの価値を崩す

 南アルプストンネル(約25キロ)は山梨、長野、静岡の3県を貫く計画で、最も深いところは地表から約1400メートルを掘り進むなどリニア工事の中で最難関とされる工区です(山梨工区は昨年末着工)。

 南アルプス一帯は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のエコパーク(生物圏保存地域)に指定されるなど生物多様性が国際的に注目される地域であり、工事による自然環境への打撃は計り知れません。日本自然保護協会が、リニア工事で南アルプスの価値を根本から崩すことになれば「未来世代への責任放棄」と抗議声明を発表したほか、起工式(1日)が行われた長野県大鹿村では住民団体が、環境や住民生活が「回復不能な被害を受ける」とJR東海や認可した国に中止を求めていました。

 大量の残土、1日1000台を超す工事車両が地域を行き交うことによる生活環境破壊、地下水の流出や枯渇など住民から出される疑問や不安にこたえないまま、工事を推進するJR東海のやり方に不信は強まるばかりです。

 安倍晋三政権がリニア加速のため、補正予算で持ち出した財政投融資の仕組みを使って公的資金3兆円をJR東海に貸し付けるための法案を国会提出したことは、国民の願いに反します。この法案は、もともとJR東海が約9兆円の建設費(品川―大阪間)を全額自己負担するとしたリニア計画の大前提を覆し、政府が事実上のテコ入れをする方針への大転換です。

 衆院の審議では、政府の破格の超低利長期貸し付けでJR東海は5000億円も利子負担が優遇される実態などが日本共産党の追及で明らかになりました。“自前で工事をやる”からといって国の認可を受けた工事を、その財源調達方法についての前提が揺らいでいるにもかかわらず、このまま既定方針通りに続けることが許されていいはずはありません。

 しかも南アルプストンネルをはじめ品川―名古屋間の8割以上の区間は、地下を掘り進める前例のない超巨大事業です。難工事による費用膨張や事業行き詰まりなど多くのリスクは不可避です。精査もせずリニアに巨額な公的資金を投じることは、将来の国民に深刻なツケを回す結果を招きかねません。事業推進をやめて、ひとまず工事を止めることこそ必要です。
禍根残す計画は中止こそ

 安倍首相らは“巨大都市圏形成で成長ができる”と幻想ばかりふりまく一方、リニアがもたらす深刻な環境破壊、事業の不採算性、災害時の危険性など不安や疑問にまともにこたえようとしません。

 未来に禍根を残す「リニアありき」の計画は中止すべきです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-11-07/2016110702_01_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ