★阿修羅♪ > 経世済民115 > 381.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の資本主義は終わったか 最後のよりどころ不動産投資 金利差拡大ならマネーは米へ 本当は教えたくないマンション業界の秘
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/381.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 06 日 12:05:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                  マイナス金利の深掘りを模索する日銀の黒田総裁だが…


日本の資本主義は終わったか 最後のよりどころ不動産投資 金利差拡大ならマネーは米へ
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20161105/ecn1611051530001-n1.htm
2016.11.05 本当は教えたくないマンション業界の秘密 榊淳司 夕刊フジ


 日本は資本主義ということになっている。資本主義というのは、簡単に言えば、お金持ちが何かに投資してリターンを得やすい経済環境を国家が保護する制度。おカネがおカネを生む経済活動を良しとする社会が資本主義の世の中だ。

 ところが、最近では「資本主義が終わった」と言われている。その理由は、世界的な金利の低下。というよりも、今の世界は金利自体が消滅している状態にある。

 この国では日本銀行が「長期金利がゼロになるように誘導する」ということを表立った政策に打ち出した。それこそが「異次元」な政策ではないか。

 1997年以降、長期金利は2%を超えたことがない。今後、2%を超えるまでに何年かかるのだろう。

 日本は人口が減少している。普通に考えれば、消費は伸びないため、企業も設備を増やそうとしない。生産能力を高めても、国内の消費が増えないと自社製品が売れないからだ。頼みの輸出は先進国、新興国ともに経済成長が停止するか鈍化している。世界的に見ても生産設備は過剰で、今よりたくさんモノを作っても売れる見通しはない。

 企業は内部留保が厚くなっても投資を行わないため、おカネがおカネを生まない世の中になってしまった。だから「資本主義は終わった」ということになる。

 ひとり気を吐いているのが日本の不動産市場だ。先日もある経済誌が「不動産投資」を特集していたのには驚いた。もはや、日本国内でリターンを得られる投資先は不動産くらいになってしまったということなのかもしれない。

 しかし、その利回りも私から見ると異次元に低い。都心のマンションを購入して賃貸に回しても、実質的な利回りは3%台から4%程度。しかも、入居者が家賃を払ってくれる前提で。

 マンションを購入して運用する不動産投資はさまざまなリスクが伴う。地震で建物が壊れるかもしれない。欠陥建築の可能性もある。入居者がトラブルを起こすこともある。そういうリスクを勘案すると、3%台というのはいかにもリスキーだ。

 だが、「資本主義が終わった」状態では他に投資すべき先がない。国債や定期預金などノーリスクの安全資産の利回りは、ほぼゼロに近い。あり余ったマネーは自己増殖の先を求めて不動産市場に流れ込んだ。その結果、東京都心では不動産バブルが起こっている。

 仮に、今の「資本主義が終わった」かのような実質金利ゼロが、あと30年も続くのなら、今の3%台のリターンを求める不動産投資は正解なのかもしれない。しかし、そんなことはあり得るだろうか。

 米国ではFRBのイエレン議長が虎視眈々と利上げを狙っているという。逆に、日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁は、利上げどころかマイナス金利の深掘りをチラつかせている。

 マネーに国境はない。日米の金利差が広がれば、自己増殖を求めるマネーは日本から逃げ出して米国に向かう。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる(www.sakakiatsushi.com)。著書に「マンション格差」(講談社現代新書)など多数。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月06日 19:15:41 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[506]

>資本主義というのは、簡単に言えば、お金持ちが何かに投資してリターンを得やすい経済環境を国家が保護する制度

そんなに単純ではないし
当然、「資本主義が終わった」わけでもない

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%87%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9#.E5.A4.A7.E4.BC.81.E6.A5.AD.E5.9E.8B.E8.B3.87.E6.9C.AC.E4.B8.BB.E7.BE.A9


2. 2016年11月06日 22:29:24 : OHdkCiO8Z6 : yeaZLNaWxRY[12]
実を言うと資本主義は明確に定義付けられたことはない。

唯一、カールマルクスによって定義付けられた、
「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働力を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」
だけが、明文化された定義である。

他の人が日常的に使っている資本主義とは、そのほとんどが曖昧模糊としたものだ。
普通の人の感覚なら、「お金を使って経済を回しているから、お金をたくさん持っている人が一番偉いのが資本主義だ」程度のものだろう。
だが、共産主義でもお金は使うし、経済も回しているのである。故にそれは定義にはなりえない。

次に以下の性質
・私有財産制(民法体系による司法による財産権の法的保護、経済的自由権)
・私企業による生産
・労働市場を通じた雇用、労働
・市場における競争を通じた需要、供給、取り引き価格の調整、契約の自由

を元に資本主義を定義付けている者もいるが、
上記のものは全て共産国家の中国にもある。
すなわち中国が資本主義国家ならば、世界中のどの国も資本主義国家であり、
中国が共産主義国家であれば、世界中のどの国も共産主義国家である。

よって、上の性質は余り関係ないのだろう。

実を言うと、共産主義国家というのは、地球上に存在したことは、ただの一度もない。

存在したのは、社会主義国家と資本主義国家だけである。

マルクスは社会主義国家を共産主義国家への前段階として位置づけたが、
そこはマルクスの見込み違いだったと思う。
どうも人類社会では社会主義国家と資本主義国家しか実現しないらしい。

この社会主義国家と資本主義国家を分けるのも非常に難しい。資本主義が曖昧模糊としている上、社会主義も時代によって変化変性させられてきたり、自ら変形したりしていて曖昧模糊としている。

厳密に定義づけるのは、学者の手に任せるとして、経済活動に対して国家の関与の度合いが大きい社会を社会主義国家、経済活動に対して国家の関与の度合いが小さい社会を資本主義と定義づける。

これならば、中国は社会主義国家であるし、日本も紛れもない社会主義国家である。アメリカも時期にはよるものの、リーマンショック以降は、明らかに社会主義国家である。EUも社会主義国家である。
あの時に国家が経済に介入しなかった国は唯の一つもないのだから。

そういう意味では、リーマンショックを通して、資本主義国家は地上から葬り去られたとも言えるだろう。元々形骸化していた資本主義に、最後のトドメを刺したのがリーマンショックなのだろうと思う。

マルクスが資本主義には暴走を止めるブレーキがないから、何れ自己崩壊して、地球上の全ての国家は共産主義国家になるだろうと予言した通りに近いことになった。
だが、共産主義国家は実現されていないので、予言通りとも言えない。

経済に対する国家の介入が、是か非かの議論は置いておくとして、今後もリーマンショックと同様のショックは起りうるし、そのときには必ず国家は介入せざるを得ないのだから、(放置しておくと全ての銀行が潰れて企業群も全て倒産するので)
国家の介入を跳ね除けることは、もう如何なる国であっても絶対に出来ない。

国家の介入の度合いを、どの程度まで許せるかによって、あるいは跳ね除けるかによって、国家のグラデーションが決まってくるだけだ。

純粋社会主義国家の色を黒として、純粋資本主義国家を白と仮定すると、
全ての現行国家は、濃い灰色なのか薄い灰色なのか程度の違いしかなくなったのだ。
全てが灰色国家というのが、今後の世界である。
真っ黒な国もなければ、真っ白な国もないのである。

中国は濃い灰色を維持しながら、少しずつ薄い灰色になっている。
日本は元々かなり濃い灰色だったが、中国よりは薄いとされてきた。
だが直近ではさらに色濃さを増して、純粋社会主義国に近付いてきている。
企業も株式を通して今や国家の物だ。企業は株主のものであると主張してきたのだから、株式の大半を国家が持っている以上、企業は国家のものである。
何れ中国との色の差はなくなるだろう。

アメリカもあともう一度リーマンショックに見舞われれば、企業は国家のものにならざるを得ない。反対があろうと、そうせざるを得ないところまで追い込まれるだろう。地上の国家すべてが濃い灰色国家に向かって進んでいるのが現状だ。

そういう意味では、資本主義は既に死んでいる。


3. 2016年11月07日 01:51:10 : yG1PVDb6Yk : c7ftbfMy4DM[1]
東電が倒産しない日本は資本主義ではない。ブランド商品、メーカーが大手を振っている中国もベトナムも社会主義国ではない。

2さんのおっしゃるとうりである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ