★阿修羅♪ > 経世済民115 > 594.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPPは巨大資本が社会を支配するファシズム化協定だが、この目論見は1910年に始まるとの見方も(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/594.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 12 日 07:53:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

TPPは巨大資本が社会を支配するファシズム化協定だが、この目論見は1910年に始まるとの見方も
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201611120000/
2016.11.12 03:06:17 櫻井ジャーナル


 ドナルド・トランプを次期大統領にしたエネルギーは新自由主義に基づく政策に対する庶民の怒りがある。しかも、このイデオロギーに基づく政策は破綻状態で、それを取り繕うとして核戦争の可能性を高めている。そうした勢力に担がれた候補者がヒラリー・クリントンであり、核戦争が現実性を帯びてきたこともあり、軍の上層部や情報機関の内部にはそうした勢力を危険視する人も現れているようだ。

 アメリカの巨大資本は生産拠点を低賃金で劣悪な労働環境で労働者を働かせることのできる国へ移動させ、アメリカ国内の生産力を大幅に低下させている。その一方、基軸通貨のドルを発行するという特権を利用し、裏付けのないドルという通貨と製品を交換、発行したドルはペトロダラーの仕組み(財務省証券や高額兵器の購入という形でアメリカへ還流させる)、あるいは投機市場への流入という形で現実社会での通貨流通量を減らしてドルの評価を維持してきた。この仕組みが現在、揺らいでいる。

 巨大資本の利権を守るためには傀儡体制を樹立、軍隊を駐留させるだけでは不十分。巨大資本が支配する統一されたシステムがどうしても必要であり、そのためにTPP(環太平洋連携協定)、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、そしてTiSA(新サービス貿易協定)が推進されたわけだ。

 このシステムはアメリカの生産力をさらに低下させ、アメリカを含む参加国の政府、議会、司法はアメリカの巨大資本に支配されることになる。

 イタリアでファシスタ党を結成したベニト・ムッソリーニは1933年11月、「資本主義と企業国家」の中で巨大資本が国を支配するシステムを企業主義と呼び、資本主義や社会主義を上回ると主張している。これがムッソリーニの考えるファシズムだ。

 ファシズムに反対、アメリカの巨大金融資本と対立していたニューディール派のフランクリン・ルーズベルト大統領は1938年4月29日、ファシズムについて次のように定義している。

「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。」

 TPP、TTIP、TiSAの3点セットは世界をファシズム体制にするための協定であり、それを目指す動きは遅くとも1930年代に始まっている。通貨発行権を民間の金融機関が奪う目的で開かれたジキル島の秘密会談がそうした目論見のはじめだと考えると1910年までさかのぼることができ、いわば「100年計画」。彼らがファシズム化を簡単に諦めるとは思えず、TPP、TTIP、TiSAを放棄することもないだろう。

 ドルが世界の基軸通貨になったとき、アメリカの巨大資本は世界に君臨する力を得たと言えるだろうが、それが揺らいでいる。生産手段を放棄したことで足腰が弱まってしまったのだ。ドルからの離脱しようとしたイラクのサダム・フセイン政権やリビアのムハンマド・アル・カダフィ政権は軍事的に破壊したが、中国やロシアを倒すことは容易でない。そのため核戦争の危険性が高まっているのだが、それが原因でアメリカ離れも起こっているようだ。アメリカ支配層の内部での対立もある。

 日本の支配層はアメリカの好戦派に従い、中国との間で軍事的な緊張を高めてきたのだが、トランプは軍事的な対応を日本に求めそうだ。好戦派の支持通りに東アジアの軍事的な緊張を高めれば、それだけ日本は重い負担を強いられる。日中関係の破壊は2010年、菅直人政権の時から始まったことを忘れてはならない。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5789] dGFrZWQ0NzAw 2016年11月12日 10:22:53 : iRTgOtP37U : YMpN41JjnTk[25]
>ドルが世界の基軸通貨になったとき、アメリカの巨大資本は世界に君臨する力を得たと言えるだろうが、それが揺らいでいる。生産手段を放棄したことで足腰が弱まってしまったのだ。ドルからの離脱しようとしたイラクのサダム・フセイン政権やリビアのムハンマド・アル・カダフィ政権は軍事的に破壊したが、中国やロシアを倒すことは容易でない。そのため核戦争の危険性が高まっているのだが、それが原因でアメリカ離れも起こっているようだ。アメリカ支配層の内部での対立もある。

こういった見方もできるでしょうが、多少違った見方もできます。つまり、アメリカは情報産業に特化、特に、CPU製造とそのソフト、インターネット関連ビジネスに特化してきたとも言えます。

今回のトランプ氏の当選は、そういった今までの流れの延長線上にあると思えます。つまり、今後、より大きな情報操作が行われるということです。TPP見直しは、ある意味、ビジネスでの人の行き来さえも制限し、アメリカ国内と海外の分断を行い、海外でも、アメリカ国内でも、相当に過激な思い切ったことをやるという解釈ができると思います。

シリア、リビア、イラクと言った中東の国々の市民生活が全くと言っていいほど報道にあがりませんが、その陰では相当におかしなこと、つまり、現在の北朝鮮と同じようなことが国内で行われているからです。同じようなことが世界規模で起こっていくのではと考えています。

ともかく、トランプ氏大統領就任は大きな変化を起こすという宣言みたいなものです。


2. 2016年11月12日 12:40:51 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[515]

>ファシズムについて次のように定義「個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズム」
>TPP、TTIP、TiSAの3点セットは世界をファシズム体制にするための協定

この定義に基づけば、現在の全ての国家体制、もちろん欧米の民主主義もファシズムということになる。

ファシズムの定義としては不適切だ。


3. 2016年11月12日 14:25:25 : FIVfPBL7hE : dscE8izI4Rw[19]
>ファシズムについて次のように定義「個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズム」

全然おかしくない。実際、ここ十数年の欧米は一部企業特に金融に乗っ取られたファッショだし、マスコミ報道に自由はなかった。だから、実態のないヒラリー優勢を、日本の戦前のように垂れ流し続けたわけでしょ?

集計での不正が行われないように裏舞台では、もの凄い攻防があったはず。
今後、トランプがオバマのように彼らに取り込まれてしまう可能性は否定できないが、オバマ政権下で結ばれたTPPの批准だけは消えてなくなったと見ていい。


4. 2016年11月12日 18:14:49 : Oozg29Kcag : Qiiwq5NaXgQ[272]
> 「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。」

The first truth is that the liberty of a democracy is not safe if the people tolerate the growth of private power to a point where it becomes stronger than their democratic state itself. That, in its essence, is Fascism―ownership of Government by an individual, by a group, or by any other controlling private power.

Message to Congress on Curbing Monopolies. (April 29, 1938)
http://www.presidency.ucsb.edu/ws/?pid=15637

現在の政治経済体制は、アメリカに限らず、1938年にルーズベルト大統領によって危険性が指摘されたそのままの様相を呈している。それを「ファシズム」と呼ぶことが適切かどうかはともかくとして、「櫻井ジャーナル」のつぎの指摘はどうだろう。

「第2次世界大戦後、巨大資本とファシズムとの関係から人びとの目をそらすために使われた呪文のひとつが「全体主義」だった。大戦前は社会主義やコミュニズムの立場からファシストを批判するために使われていたが、途中から「左翼」がソ連を批判するために使われるようになり、戦後はコミュニズムとファシズムを同一視させるため、巨大資本とファシズムとの関係を隠すための呪文として唱えられている。この呪文に縛られている限り、TPP/TTIP/TiSAがファシズムなのだということを理解できないかもしれない。 」

参加国をファシズム化するTPP、TTIP、TiSAに反対する声が高まる中、批准を目指す安倍政権(2016年04月12日)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201604120001/


5. 2016年11月12日 21:08:52 : ZL7o43eS1o : dOhFRJJYtdE[305]
ナチに金を出していたのがウォール街というんだから
ウォール街を頂点とする西側、資本主義勢力が全体主義と批判するものは、肝心なものが抜け落ちた批判でしょうな

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ