★阿修羅♪ > 経世済民115 > 852.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
発想を切り替えろ! 投資の世界でもトランプ現象は起きる(会社四季報オンライン)
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/852.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 20 日 22:32:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             ロシアに友好的とされるトランプ氏だが地政学的にはどんな変化が(Aquir / PIXTA(ピクスタ)) 


発想を切り替えろ! 投資の世界でもトランプ現象は起きる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161120-00145094-shikiho-bus_all
会社四季報オンライン 11/20(日) 20:06配信


 米国の大統領選挙はドナルド・トランプ氏の勝利で幕を閉じた。実は米国とロシアの関係は1973年以来、最悪の状況に陥っていたので、ロシアに友好的なトランプ氏が大統領になることは地政学的な観点から見るとポジティブな動きかもしれない。

   米ロの関係は2016年に入ってから著しく悪化した。ロシアによるシリア内戦への軍事介入は内戦の行方を変え、アサド政権の打倒をほぼ不可能にした。米国はウクライナ問題でも対立したロシアに経済制裁を行っているが、直近では国際通貨基金(IMF)や世界銀行からロシアのプロジェクトへのファイナンスもブロックし始めているようだ。

 これを受け、ロシアのプーチン大統領は10月3日、米ロの核軍縮合意により生じた余剰プルトニウムの処分に関する米国との合意を停止する大統領令を出した。その2日後には核・エネルギー関連分野の研究・開発協力に関する協定も停止すると発表。さらにロシアメディアは国民に対し、ロシア本土への攻撃に備え、近くの空爆シェルターの場所を覚えるよう促し、政府は核弾頭を搭載できるミサイルをポーランド国境に移動させた。日本のメディアはあまり注目しなかったが、実に怖い展開になっていたのだ。

 ドナルド・トランプ氏は孤立主義を唱え、外交政策としては米国の外国関与を減らすというアンチ・グローバルのスタンスをとっている。したがって、今後のリスク要因は大国同士の戦いよりも、地域国家の摩擦かもしれない。

 特に中東への関与が少なくなることは地政学的に大きなリスクとなる。中東で同盟国は米国の後ろ盾を失い、立場が弱まり、立場が弱まるにつれてより攻撃的になる可能性がある。たとえば、直近のエジプトのイランへの接近はイスラエルの危機意識を強める可能性がある。また、サウジアラビアもイラン・ロシア軸に対して立場が弱くなり、湾岸諸国も窮地に立たされ、攻撃的になる可能性が大きい。

■ ここ(この国)ではありえない! 

 今月紹介する本はシンクレア・ルイス氏の「It Can’t Happen Here」である。この本は小説であって株の本ではない。シンクレア・ルイス氏は米国初のノーベル文学賞を受賞した作家である。1935年に出版され、当時ベストセラーになったが、今年の米国大統領選挙を80年前に予言したとのことで最近再び注目されるようになった。

 トランプ氏はポピュリズムの波に乗って大統領選挙に当選した。が、実は同じようなことは米国で100年に一度起きている。1828年にアンドリュー・ジャクソン氏、1932年にはフランクリン・ルーズベルト氏が同じようにポピュリスト政治で大統領に当選した。

 今回は特にルーズベルト大統領の時によく似ている。1929年に大恐慌が起きて、たくさんの人が仕事や家を失った。2008年に起きたリーマンショックも100年の一度の危機と言われ、多くの人が仕事と家を失った。その人たちの怒りがルーズベルトとトランプを当選させたに違いない。

 ルーズベルト大統領は不況を乗り越えるためにニュー・ディールと呼ばれる経済政策を打ち出した。ニュー・ディールは、大型のインフラプロジェクトで雇用を創出しようとした。トランプ氏も似たような経済政策を打ち出すと宣言している。ニュー・ディールは一部で雇用を創出したが、米国は1938年にダブル・ディップ・リセッション(二番底不況)に落ちた。米国の景気が本格的に回復し、完全雇用が達成されたのは第二次世界大戦が始まってからである。

 小説の主人公であるバズ・ウインドリップはアメリカを再び偉大な国にすることと、国民全員に最低5000ドル(現在の金額で約9万ドル)の年収を約束し、1936年に大統領になる。彼は共産主義を唱える者を刑務所に入れ、国内にいるユダヤ系移民に対してはアメリカの価値観と理想を尊敬すると誓わせたうえでアメリカ人として認めると主張した。共産主義を「イスラム教」に、ユダヤ系移民を「ヒスパニック系移民」に言い換えれば、実は今アメリカで起きていることによく似ていることだとわかる。

 It Can’t Happen Hereを直訳すると“ここ(この国)ではあり得ない”となる。米国の大統領選挙の前にドナルド・トランプの勝利はありえないと考える人は大多数であった。個人的には世界は大転換の時代に入ったと考えている。日常生活においても、投資の世界においても、“あり得ない”という考え方よりも、“あり得る”という考え方に切り替える必要がある。

 エミン・ユルマズ/トルコ・イスタンブール出身。1996年高校3年生の時に国際生物学オリンピックで世界チャンピオンとなり、97年国費留学で来日。1年後に東京大学理科一類に合格、その後同大学院で理学修士を取得。2006年野村証券入社、投資銀行部門、機関投資家営業部門に携わり、16年から複眼経済観測所取締役。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

エミン・ユルマズ
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月21日 21:33:21 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[157]
もう起きて いるよ憶測 膨らませ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民115掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民115掲示板  
次へ