★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 249.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
糖質制限をすると、なぜケトン体の血中濃度が高くなるのか?
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/249.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 23 日 18:13:58: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

糖質制限をすると
なぜ「ケトン体」の血中濃度が高くなるのか?


「ケトン体」と言う言葉は、
長きに渡り
医学界では
悪しき犯罪者のレッテルを張られ
謂れなき冤罪を背負わされてきました。

そんな屈折した医学界に
一石を投じたのが、
産婦人科医の宗田先生でした。

その宗田先生の
名著「ケトン体が人類を救う」が、
上梓されベストセラーになり、

その「ケトン体」が
人間にとって素晴らしいものであることが
実際のデータで証明されましたが、
それから既に一年が経過しました。


その素晴らしい「ケトン体」について
書いてみましょう。


まず「ケトン体」は、
アセトン、アセト酢酸、βヒドロキシ酪酸の三つを
総称して「ケトン体」と呼びます。


まず、糖質制限をすると、
「ケトン体」が肝臓で多く合成され、
(糖質制限しなくても合成はされていますが)
血液中に大量に放出され
全身に良き作用をもたらします。

なぜか?

糖質の摂取量が減ると
肝臓において、
「ブドウ糖」を元手にした
「解糖系⇒TCA回路」の代謝が鈍り、
「TCA回路」内でできるはずの
「オキサロ酢酸」ができなくなります。

その「オキサロ酢酸」が
肝臓内でできなければ、
肝臓内の
脂質由来の脂肪酸ルートである
「TCA回路」も回らず、

脂肪酸ルートの「β酸化」でできた
「アセチルCoA」が大量に
「ケトン体」に変換されるからなんです。

その「ケトン体」は速やかに
血液中に放出され
全身の細胞に運ばれます。

蛇足ですが、
肝臓では「ケトン体」は
代謝されないように
プログラムされています。

ちなみに「ケトン体」は
水溶性なので
脂肪酸のようにたんぱく質のカプセルに包まれるようなことなく
すばやく血流に乗って、
全身の細胞に運ばれます。

脳のニューロンにもこのように
簡単に「血液脳関門」をかいくぐり
すばやくエネルギーになります。

ただ、
「ケトン体」そのものは、
直接「TCA回路」で代謝されないので、
細胞内で「アセチルCoA」に
戻され、めでたく「TCA回路」で
エネルギーになるのです。

ただし、「ケトン体」のうち、
実際にエネルギーになるのは、
「アセト酢酸」のみで、
「βヒドロキシ酪酸」は
「アセト酢酸」に変換されてから
エネルギーになり、

「アセトン」は呼気から排泄し、
エネルギーにはなりません。

ということで、
なんで糖質制限をすると
血液中の「ケトン体」濃度が
上昇するのか?

その「ケトン体」はどうやって
全身に運ばれ効率のよい
エネルギーになるのか?
ご理解いただけたでしょうか?

結局は、糖質制限を行うと、

ブドウ糖由来の解糖系によるエネルギー産生
(ブドウ糖回路ATP 2分子)から

脂肪酸由来のケトン体によるエネルギー産生
(ATP 130分子)に

切り替わるので、
ひじょうに身体が
軽くなり
快活になり

エネルギッシュな体調になり
健康になるということです。

蛇足ですが、
誤解がないように
補足しますが、

糖尿病性ケトアシドーシスも
ケトン体の血中濃度が
上昇しますが、

糖質制限を行って
血中のケトン体濃度が上昇するのと、

糖尿病性ケトアシドーシスで
血中のケトン体濃度が上昇するのと、
まったく状況が異なります。


糖尿病性ケトアシドーシスは、

インスリン分泌がない為に、
肝臓内にブドウ糖が取り込まれなくなり、
肝臓内でオキサロ酢酸ができなくなり、
仕方なくケトン体合成が亢進している状態を表し、

さらに、
インスリンが分泌されない為に
異常な高血糖状態を引き起こしているのです。


実際、
ケトン体高濃度と
血糖値が正常で
インスリン分泌も正常であれば、
当たり前ですが、
糖尿病性ケトアシドーシスは起きません。

糖尿病性ケトアシドーシスの原因は、
ケトン体濃度の上昇ではなく、

「異常な高血糖」と
「インスリン分泌の枯渇」が
原因であることが、
宗田先生の臨床データで
既に証明されましたので、

興味のある方は、
宗田先生の
「ケトン体は人類を救う」を
お読みください。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93%E3%81%8C%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86-%E7%B3%96%E8%B3%AA%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%AE%97%E7%94%B0-%E5%93%B2%E7%94%B7/dp/4334038891/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1482483911&sr=8-1&keywords=%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93%E3%81%8C%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[5636] koaQ7Jey 2016年12月23日 19:47:57 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6075]

脳には、血液脳関門(ブラッド・ブレイン・バリア)という関所のような場所があり、異物が侵入できないシステムになっています。エネルギー源のうち、ここを通過できるのはブドウ糖だけ。脂質やタンパク質は分子が大きすぎて通れない。

ここから「脳のエネルギー源は糖質だけ」という誤解が生まれたと推測できます。ところが、近年の研究で、脳の関門はブドウ糖以外にも、通過できる物質があることがわかってきました。

それが「ケトン体」です。

やっと主役が出てきました。これがケトジェニックダイエットのネーミングの元になっているもので、ヒトのカラダにとても有益に働く物質です。脳の関門を通過できるのですから、脳のエネルギー源になれることは確実です。

ケトン体は、脳だけでなく体内のあらゆる細胞でエネルギーとして使えることがわかってきました。「糖に代わるエネルギー」と言っても過言ではありません。そしてむしろ、人間の本来のエネルギー源はケトン体なのではないだろうか?という説まで飛び出してきているのです。
http://www.asyura2.com/15/health17/msg/571.html

「ケトン体」は正確には脂肪は糖分にはなりません。

糖分に似た働きのケトン体というものに、肝臓で変換された後、脳へ運ばれ、エネルギーをつくりだすのに利用されます。


マヌケな回答者mcc...のために教えて差し上げましょう。


お前が言っているケトン体だが、このケトン体は人で言えばほぼ極限状態(飢餓状態)の時や、糖が利用されない(糖尿病)の時に、脂肪から分解された脂肪酸が、肝臓におけるβ酸化という過程によって作られる。

そしてこれが、心臓や脳に運ばれる。

つまりケトン体によるエネルギーの産生は、糖尿病によってインスリンが分泌されず糖が利用できない場合などを除き、健常人では飢餓状態(絶食状態)という、他にどうしようもない時に産生されるわけだ。

そしてお前のもう一つバカなところは、

このケトン体、非常に生命を脅かす危険な物質で、糖尿病患者では有名な、糖尿病性ケトアシドーシスと呼ばれる、体内の血液pHが酸性に傾き、昏睡状態に陥る病態の原因物質である。

ということを知らないことだ。

つまり、ケトン体をエネルギー源にするような状況では、生命自体が非常に危険な状態と言える。


他にも説明したいことは山ほどあるが、こんなことも知らないで、よくもほざけたもんだな。

どっちが「無知」だったかわかったか?

お前のその足りない脳みそで、もっとよく勉強してから非難するんだな!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149485104;_ylt=A2RAqaaG8s9WADwAjfLaaAB8


詳細は

糖質制限食がダメな理由・・・・・古代人のミイラが語る・・・・
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/585.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ