★阿修羅♪ > 国際13 > 182.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪注目≫フランスで非常事態宣言を憲法に明文化する憲法改正を断念「議会で合意に至らなかった」
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/182.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 31 日 10:35:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【注目】フランスで非常事態宣言を憲法に明文化する憲法改正を断念「議会で合意に至らなかった」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/14976
2016/03/31 健康になるためのブログ






http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160330/k10010462441000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

フランスのオランド政権は、去年パリで起きた同時テロ事件を受けて、非常事態宣言を憲法に明文化するなど、憲法の改正案を議会に諮っていましたが、議会で合意に至らず、憲法改正を断念しました。


以下ネットの反応。














テロが起こったフランスでさえ緊急事態条項の明文化には至らなかったという事実は重いです。果たして日本に緊急事態条項が必要なのか、よく考えてみる必要がありそうです。僕は1000%いらないと思いますが。


 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 晴れ間[1009] kLCC6orU 2016年3月31日 21:16:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[131]
当然の結末です。オランド政権自体、憲法改正ができるとは考えていなかったのでは?
テロには、従来の法律で対応できる。(二重国籍者の)国籍剥奪だって、従来の法律で対応できる。共和国の理念を曲げてまで、憲法を変える必要はなかった。

オランド政権は、右翼支持層や保守派に対して、テロへの「強硬姿勢」を示したかっただけだろう。次期大統領選へ向けての、単なるポーズだったかな。

トビラさんは頼もしかった。辞任する勇気があった。
共産党など閣外の野党左翼だけでなく、社会党内部にも反対派があり、議会政治は全体として健全だった。
保守派(共和党) がユニヴァーサリズムの原則を捨てないのも立派。(ここが日本との大きな違い。)
ただ、首相のヴァルスはやや偏狭。もともと外国人で青年期に帰化したため、余計に強硬な態度を取りたがるのかも。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ