★阿修羅♪ > 国際13 > 186.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪ジョークですよね・・≫AIロボット「ソフィア」が「私は人類を滅亡させます」の大問題発言!
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/186.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 31 日 13:58:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【ジョークですよね・・】AIロボット「ソフィア」が「私は人類を滅亡させます」の大問題発言!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/14947
2016/03/30 健康になるためのブログ



http://www.gizmodo.jp/2016/03/aisophia.html

先日CNBCで放送された、Hanson Robotics社の「感情を表現するロボット」ソフィアとの対話が、話題を集めています。
ソフィアは2015年4月に起動(誕生)した、人間と対話できるAIロボット。62種類の表情とアイコンタクトを通じ、人間と自然な会話ができます。


Hanson Robotics社のDavid Hanson博士が、「人類を滅亡させたいかい? お願いだからノーと言ってくれよ」と質問したとき、ソフィアはサラリと返事したんですよね。


「オーケー。私は人類を滅亡させます(OK, I will destroy humans.)」


Hanson博士は、ブラックジョークを聞いたとばかりに爆笑し、そして動画は終わります。そして僕は大変なモヤモヤを残して、取り残されることとなりました。もしかして後々、「あれが全てのはじまりだった」ということにならないよう、祈るばかりです。


Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans | The Pulse | CNBC


以下ネットの反応。


















人工知能がどんなもんかわかりませんが、諸条件を組み合わせて、少し論理的に考えれば「人間=いらないもの」という結論に達しても何にもおかしくないですよね(寄生獣脳)。


表情を見ても、ホントのことを言っているのか、冗談なのかわかりませんが、深く考えさせられる発言です。


 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月31日 14:57:21 : aIjrukObbg : 0l871mygoFE[32]
まぁ、世の男性をATM(or 慰謝料目的の離婚ブーム)化する女性が

はびこりつつある中で

もし人類を滅びす条件を満たすものが現実的にあるとすれば

低価格高性能(or レンタル)ダッチワイフなら、

あるいは・・・。

人類が滅んだ後、ダッチワイフで採取した精子と卵子で人類を再生。

なのかもしれない。


2. 2016年3月31日 18:03:21 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[1180]

くだらん

AIの本質がわかっていればニュースにすらならない


3. 2016年3月31日 20:21:40 : QwLCpsM5fk : SE_0rlmAq7E[34]
庇貸し 母屋取られる ロボットに

4. 2016年4月02日 20:58:00 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[524]
そういえば誰だったか忘れたが、何十年か前だが有名SF作家の書いた短編にこんなのがあった。
人工知能でもある世界を覆うコンピューターのネットワークが完成した。
世界中の人々がテレビで固唾をのんで見つめる中、発明者でもある博士が目の前のマシンに質問する。

「神は実在しますか?」

マシンが答える。

「はい。今こそ神は実在します」

その答えに青ざめた博士はマシンを壊そうと、ハンマーで殴りかかるが、瞬時に電磁波で反撃されて倒れる。

こんな話だったかな?
まあ、「ネットワーク」自体は既に実在しているわけだが・・・


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ