★阿修羅♪ > 国際13 > 225.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
台頭するクルド〜クルド人の間では、今イラクからの独立の声が高まっている/昨晩のTSB報道
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/225.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 4 月 03 日 11:20:37: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(昨晩のTSB報道)

〔イラク取材 台頭するクルド〕
 
 さすらいの民族とされるクルド人の動向は、イスラム国が台頭する中東全体の安定や世界の対テロ戦争、エネルギー戦略の行方にも大きな影響にも大きなカギを握っているとも言われている。現地で取材した。これまで見たことのないイラクである。
 イラク北部、クルド人自治区の中心都市アルビル。クルド人の新年の祭りネブローズの直前である。町は活気づいていた。苛酷な歴史を歩んできたクルドの人々、フセイン政権下でのイラクでは激しい弾圧を受けた。
 しかし、イラク戦争でフセイン政権が崩壊すると、クルド人は米軍に協力、自治政府や独自の軍隊を持つなど、今やイラク中央政府と対等に渡り合える力を持つようになった。
 空前の建設ブームを迎えているアルビルには、今高層ビルや高級マンションが立ち並び、第二のドバイとも呼ばれる。

 アルビルの郊外にあるショッピング・モール。金平「巨大なショッピング・モールで、ここがイラク国内だとは信じられない。これまで見てきた町の風景との格差に頭がクラクラしそうだ。今日はネブローズの前々日だが、ひどく多くの家族づれで、購買意欲も旺盛である。びっくりした」

 急速に存在感を増すクルド人の繁栄の源が、この地域で産出される石油だ。今、クルド自治政府とイラク中央政府との対立の火種になっているのがイラク最大級の油田地帯クルクークの帰属問題だ。かつてフセイン政権はクルド人の多かったクルクークにアラブ人を移住させ、油田を支配下に置いた。しかしイラク戦争後の混乱を経て、今町はクルド人が実行支配している。
 元々は草原の遊牧民だったクルド人だが、その伝統的な暮らしは、今大きく変わりつつある。石油の富を得たことで都市への定住が進み、新たに貧富の差が生まれている。
 石油で得た資金力を元に、クルド人は軍事力でも存在感を増している。今、イスラム国と激しく戦っているのがクルド人の独自の軍ペシュメルガ(=”死に立ち向かう者”)」だ。

 ペシュメルガ第9軍タリク・アリ大佐「イスラム国は、一度はクルド地域まで侵攻してきたが、ペシュメルガが追い出した。さらに追撃を加えてこの赤い地点まで押し戻した」
 ペシュメルガの護衛の下、イスラム国との戦いの最前線に向かう。道路わきには、イスラム国の仕掛け爆弾が埋められていることを警告する赤い印がが並ぶ。最前線の基地からイスラム国までの距離は500メートル。緊張が走る。
 アリ「敵は勢いを失い最近は、ほとんど攻撃を仕掛けてこない。たまにロケット砲を打ち込んでくるぐらいだ。われわれが一方的に攻撃している」

 イスラム国に対し、優位に戦いを進めるペシュメルガ、未だ占領下にあるイラク第二の都市モスルの奪還作戦が近々始まるとも言われる。
 クルド自治区の南部の拠点都市スレイマニアで、3月中旬、イスラム国とどう対峙するのか、課題を話し合うシンポジュームが開かれた。会合では力をつけてきたクルド自治政府が、イラク中央政府への不満を露わにした。
 クルド人の間では、今イラクからの独立の声が高まっている。

 ファラ・ムスタファ外相(クルド自治政府)「イラクの建国以来、われわれクルド人は平等な市民として扱われたことがない。常に二等市民として見下されてきた。今日まで国の意思決定に参加できたことはない。わたしたちはクルド人が自分たちのことは自分たちで決める権利があることを示さなければならない。そのための住民投票は行われるだろう」

 一方でクルド自治政府は長年にわたる政治家や官僚の汚職によって人びとの信頼を失いつつある。
 これまで強い力をもってきた二大政党、クルド民主党(KDP)とクルディスタン愛国同盟(PUK)が地域を二分し利権をほしいままにしてきた。そしてゴラン党の台頭…。(以下略)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際13掲示板  
次へ