★阿修羅♪ > 国際15 > 638.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
南スーダン政府軍兵士たちの国連への敵意〜3人のNGO女性職員への凄絶な性的暴行の証言/TBS報道特集
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/638.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 10 月 16 日 15:49:36: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(10月15日のTBS報道特集)

〔「駆けつけ警護」付与は? 南スーダンPKOの現実〕

 このホテルは国連やNGOで働く多くの外国人が宿泊するにぎやかな場所だった。今年7月、ここで南スーダン政府軍兵士らによる襲撃事件が起きた。現場(ホテル)で行われたのは殺人、略奪、レイプであった。
 政府軍と反政府軍の一連の武力衝突では市民を含む二百数十人が死亡した。「駆けつけ警護」が問題となる重大事件が発生したのは銃撃戦開始から3日後の7月11日の午後だった。政府軍の一部およそ100人の兵士らがNGO関係者らがいたホテルを襲撃した。

 フィリピン人NGO職員(男性)「兵士たちは国連に対する敵意をむき出しにしていました。ある兵士は”俺たちは国連が嫌いなんだ。国連は反政府軍に肩入れしている”と近くの(1キロ先)国連施設を指さしがながら言っていました」
 兵士には国連を敵視するものが多く、略奪現場には「国連くそったれ」との落書きが残されていた。

 この事件の被害者3人から証言を得ることができた。
 NGO外国人女性職員「部屋に入るとそこには数人の兵士がいた。私は”お願いですやめてくださいお願いです”と懇願しました。すると思い切り殴られ床に押し倒されました。そして首を拳で殴られました。私は息ができなくなりました。その部屋で2人の兵士にレイプされたのです。
 すべてが終わると兵士らに下の階におりろと言われました。下におりて外に出ると、誰もいなかったが、殺されたジョン(男性同僚)の遺体がありました。私は自分も殺されるんだと思いました。そこに別の兵士がやってきて、私を部屋の中に押し込みました。その部屋には友達の外国人女性がいました。彼女もレイプされていたのです。
 私も床に押し倒された時、友達と目が合いました。言葉は交わさなくても”殺されないためには抵抗したら駄目”だとお互いに理解し合いました。私はそのあとさらに2人の兵士にレイプされたのです。最後の兵士は部屋を出ていくときに殺虫剤を私の顔に吹きかけました。口笛を吹きながら。私は息ができなくなりその場で嘔吐しました」

 午後6時半ごろ、南スーダン国家保安庁の将校たちが救出を開始した。しかしその将校たち自身が、略奪する兵士の仲間だった、と被害者たちは口を揃える。国家保安庁の将校たちが現場にいる時も、そこではまだ複数の女性たちが性的暴行を受けていた。
 女性職員「私がレイプされている時、間違いなく国家保安庁の人はそこにいたんです。結局誰も助けに来ませんでした。私をふくめて3人の女性が一晩そこに放置されたのです」
 最期まで国連PKO部隊は動かなかった。

 中東支局・村瀬健介「取材に応えてくれた外国人女性は、実は家族にもレイプの被害については打ち明けていないそうです。取材に応じてくれたのは、南スーダンで何が起きているのか正確に知ってほしいからということだった。
 さらに現地の女性たちは頻繁に性暴力の被害に遭っているということです。しかも彼女たちは国外に逃げて治療を受けることもできない、逃げ場がないということも強調されていた」
 

(関連)
・TBS報道特集で、南スーダン・ジュバのホテルに滞在していたNGO襲撃は、政府軍だと暴露される!(かっちの言い分)
 http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/471.html
 投稿者 笑坊 日時 2016 年 10 月 15 日 22:47:58: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年10月16日 18:06:37 : ZQaUpuhUK2 : cc0dtlqGZdo[65]
ん? 南スーダン政府軍兵士? 南スーダン反政府派でしょ。
▼南スーダン反政府派が救援活動従事者を強姦した際‘持ち場放棄’した国連平和維持軍
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-1912.html
(関連)▼自衛隊が派遣されている南スーダンで戦闘が激しくなっているようだが、その背景では石油利権争い
スーダンでアメリカの巨大石油会社シェブロンが油田を発見したのは1974年のこと。その場所は現在のスーダンと南スーダンの国境周辺、つまり油田の発見された場所を国境にしたわけだ。スーダン西部のダルフールにおける戦闘も資源争いが原因である。 現在の南スーダンにあたる地域でSPLM(スーダン人民解放軍)が反政府活動を開始、内戦は1983年から2005年まで続いた。その結果、南部は自治権を獲得して2011年に独立している。 SPLMを率いていたジョン・ガラングはアメリカのジョージア州にあるフォート・ベニングで訓練を受けた人物。この基地は特殊部隊の本拠地として知られている。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201404210000/

2. [12] j7w 2016年10月18日 07:07:24 : 3UFIlhaoIE : RBu5uUYUZFQ[1]

 報道では、「政府軍」でした。

PKO自体がその国の「政府」の承認が必要なため、PKO活動の合法性が問われている、との報道の流れです。


3. 2016年10月18日 12:53:17 : TzkPlcUDmw : 5LJnlaMg0G0[40]
1さん
「政府軍兵士」ですよ
国連が「反政府軍」に肩入れしているから「国連が嫌いだ!」と
ホテルを襲撃した政府軍兵士がはっきり言っているし、書き残している。

「午後6時半ごろ、南スーダン国家保安庁の将校たちが救出を開始した。
しかしその将校たち自身が、略奪する兵士の仲間だった、
と被害者たちは口を揃える」

結局、安倍が政府軍は仲間だから悪事は働かない
自衛隊が政府軍に銃をむけることは絶対にない!
とは言い切れないということです。
そんな国にPKOで行く必要なんてあるのか?
そこから考えるべきだろ
安倍は行った・自衛隊員が戦死した!
という事実だけを積み重ねたいだけだろ
命軽視も甚だしい



4. 2016年10月18日 13:25:03 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1442]
米軍もヨーロッパ諸国の軍隊も入っていない南スーダンへ駆付け警護。安倍や稲田は太っ腹だね。自衛隊員の家族はたまったもんじゃない。

5. 2016年10月18日 20:16:59 : FTlkg39pZM : g11PodeUeCU[2]
うつ病の旦那を抱え、一人で小さな子供を育て、
必死で働く毎日だけど、

同じ女性として、私はまだまだ恵まれている。
感謝しないと。頑張らないと。
ーーーと、思いました。

この記事の中の女性の心が少しでも癒されることが起こりますように。


6. 仁王像[1143] kG2JpJGc 2016年10月18日 21:44:57 : 86BdF49olQ : 9mhSi6Q1qjQ[1]
 >>5

 そうなんですか。大変ですね〜。
 にもかかわらず世界に大きく心を開き、こんなハードな記事を読んで下さる。
 敬服します。蔭ながら声援を送らせていただきます。


7. 2016年10月20日 10:24:59 : ognRDQzdSk : YtUax@tRz3U[110]
串カツ(稲田)も南スーダンでNGOと同じ目に会ったら良いのに!!!あ、化け物と思われてすぐ射殺か!!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際15掲示板  
次へ