★阿修羅♪ > 国際16 > 158.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
揺らぐアメリカ何処へ 混迷の大統領選挙〜”特権階級の資本主義”に否定的な人びと。それを取り込むトランプ陣営/Nスペ
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/158.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 11 月 06 日 18:16:16: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(11月5日Nスペ)

〔揺らぐアメリカ何処へ 混迷の大統領選挙〕

 大越キャス「本命視されるヒラリー氏に対しトランプ氏は、社会のタブーに触れる差別的で排他的な発言を繰り返しながら、建前だらけの既存の政治はもうたくさんだとあくまで強気だ。そうした主張にグローバル化の中に置き去りにされ、怒りにかられる労働者や、エリート支配に反発する人々が共鳴している。それは一つの大きなうねりとなりアメリカが拠り所としてきた資本主義や多様な移民社会という価値観も揺さぶっている。
 このいわばトランプ現象を引き起こしたマグマの正体は何か、本命クリントン氏が支持をのばし切れないのは何故か、最初の手がかりとしてオバマ大統領が8年前に掲げた”チェンジ”という言葉から探るって行く」

 全米で最も激戦となっている州の一つ中西部のオハイオ。
 大越「トランプを支持する集会に集まった人々は口々に”チェンジ”訴える。オバマが変革を呼びかけた時とは違う独特の高揚感。チェンジという言葉は、追い詰められたアメリカの叫びのように聞こえた。
 伝統的に民主党の地盤だったにも関わらず、共和党員が激増した町がある。オハイオ州ヤングスタウンだ。かつては全米有数の鉄の産地として栄えてきた白人労働者の町だった。

 町に壊滅的な打撃を与えたのが経済のグローバル化であった。中国などからの安い輸入品に太刀打ちできなかった。リック・パックさん(62)は4年前に工場が閉鎖され職を失った。妻とは離婚し、3人の娘も離れた。アメリカを豊かにするはずだったグローバル化によって、人生のすべてを奪われたと感じている(涙ながらに語る映像)。
 全米の製造業の雇用は、この15年で1/3が失われた。その一方で格差が広がっている。上位1%の所得(約1億1千万/2015年)は、今や90%の人たちの所得(約345万円)の30倍にもなっている。
 グロ−バル化に取り残され、白人中間層が失われた町では治安が急速に悪化、社会に不安が広がっている。

 パトロール中の警察官「仕事がないため通りには絶望が漂っているのです」
 白人中間層が多く暮らした住宅街で、最近深刻なのが薬物中毒者の急増である。アメリカでは今、10分に1人が薬物中毒で死んでいる。特に白人の死者は、この15年で3倍に急増している。
 中年男性の死亡率は、先進国のなかでアメリカの白人だけが唯一上昇している。製造業などの雇用が減少し、生活への不安が高まったことが背景にあると言える。

 (トランプ陣営の選挙戦術は、これまであまり投票をしてこなかった人々に向けられている。緻密にやっている様子/詳細、略)

 グローバル化に取り残された人々のチェンジの叫び、それを巧みに取り込んだトランプ陣営。こうして産み出されたのがトランプ現象の大きなうねりだった。

〔成長の実感なき資本主義への不信〕

 大越「蓄えられた富は一部のエリートが独占し、社会の底辺に降りてくることはない。富裕層と政治の癒着は、むしろ強まるばかりだ、そう考える彼らにとってアメリカの土台をなす資本主義は”特権階級の資本主義”にほかならない」

 ヒラリーは特権階級の資本主義の象徴と考えられ苦戦を強いられてきた。(バーニー・サンダースは、特権階級の資本主義によって若者が格差から抜け出せなくなっていると訴え、若い世代の熱烈なな支持を集めた。その若者たちはヒラリーが大統領になっても自分たちの境遇は変わらないと見ている)
 2008年のリーマン・ショック。ウォール街のマネー・ゲームが若者を追い込んだ。学生ローンの残高は130兆円。1人あたり平均360万円となっている。一流大学を出ても生きていくのがやっと、という若者も少なくない。
 今、若者の半分はアメリカンン・ドリームを信じないと答えている。

(トランプが大統領候補になってから、反移民感情の高まりもある/詳細、略)

 アメリカ連邦議会を臨む広大な緑地。
 大越「選挙が終わり、年が明けて1月20日には、8年前と同様、再びこの場所で大統領の就任式が行われる。歓喜の声に包まれて大統領はアメリカの結束呼びかけるでしょう。しかし、長い選挙戦のなかで浮き彫りになった深刻な亀裂は、新政権にとっての重い足かせになる可能性を否定できない。しかも溢れ出た怒りのマグマが、その後の社会にどう作用するかも見通せない。
 内なる闘いに疲れた超大国アメリカがどこに向かうのか、世界の視線は当面、その一点に注がれることになりそうだ」

 トランプ氏が引き起こした排外主義のうねりは、世界をも巻き込もうとしている。トランプ氏との30年来の盟友ジョージ・ロンヴァルディ氏は、トランプ氏との連携を求めるヨーロッパの極右政党と相次いで接触している。
 ロンヴァルディ「もしトランプが負けてもトランプ現象は続きます。アメリカだけでなく世界でより大きな潮流となっていくでしょう」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仁王像[1180] kG2JpJGc 2016年11月06日 22:18:41 : RDgJ3WJJjg : MrCCQ3dZs8Y[1]
・≪実に興味深い≫アメリカ人の若者、過半数が「資本主義を支持しない」ことが判明!
 http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/564.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 01 日 06:43:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際16掲示板  
次へ