★阿修羅♪ > 国際16 > 268.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
プーチンは高笑い トランプ勝利で世界勢力図はこう変わる(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/268.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 11 日 13:38:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             強力の隣国タッグに?(C)AP


プーチンは高笑い トランプ勝利で世界勢力図はこう変わる
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193593
2016年11月11日 日刊ゲンダイ


〈プーチン大統領はこの1年で2つの勝利を収めた。英国のEU離脱決定と米国のトランプ大統領誕生である〉

 ロシアの現地メディアは9日、ドナルド・トランプ氏(70)の当確をこう報じていたというから驚きだ。確かにプーチン大統領とトランプ氏は公然とホメ合う仲だ。プーチン氏が「非常に傑出した人物」と持ち上げれば、トランプ氏は「有能な指導者」と事あるごとに称賛してきた。筑波大教授の中村逸郎氏(ロシア政治学)は言う。

「ロシアメディアの報道は、今回の米大統領選への政治介入を認めたようなものです。実際、ロシアの影がチラついていた。民主党のメールがたびたびハッキングされ、ヒラリー陣営はロシア介入を声高に非難していましたし、投開票日には、投票所周辺への在米ロシア外交官の立ち入りが制限されたとも聞きます」

 つまり、プーチン大統領のシナリオ通りになったわけだが、何が狙いなのか。

「米国と欧州の分断、G7の崩壊です。14年のクリミア危機を理由にG8から追い出されたプーチン大統領は恨みを募らせている。トランプ氏を自分側に引き込み、G7から抜けさせようともくろんでいるのです。そうすれば、欧米主導の対ロ経済制裁の枠組みから米国が離脱する。対日米関係が微妙な中国はロシアに接近し、習近平国家主席が積極的に経済協力をしています。日本とは、北方領土をエサに経済支援を取り付けている。プーチンが描く青写真は、日米中の経済3大国がロシアを支える構図なのです」(中村逸郎氏=前出)

 国務長官経験者で、外交の表も裏も知り尽くしているヒラリー・クリントンは手に余る。それは習近平主席にとっても同じことだ。

「トランプが掲げる在外米軍の撤退、TPP撤回は中国にとっても大歓迎。しかも、排外主義者のトランプであれば、弁護士出身のヒラリーのように人権問題に口を挟むこともない」(外交関係者)

 プーチンと習近平の高笑いが響き、世界の勢力図は塗り替わることになる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月11日 13:49:50 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3223]

くだらんな

当然、トランプの保護主義の第一ターゲットになっている中国はかなり危機感をもっている

もちろん現実の最大のリスク国家は、保護主義、金融政策干渉や安全保障で負担を押し付けられる日本だ

ただし輸出企業が崩壊し、さらに通貨安のコストプッシュインフレになれば、

日銀も金融緩和政策が想定外の早期に不要にはなりそうだから

散々、日銀を非難し、永久デフレなどと言ってきた人々も、梯子を外されることになりそうだなw


2. 2016年11月11日 21:16:35 : LkyxXOwbsc : It@xBGB65P8[31]
米国内の敵に倒されなければ米ロ関係は改善するだろう中国とは中国が米国債権をまた大量に購入するならよい関係が継続するかもしれない、米国が南シナちょっかいを出すなら中国とは悪化し日本安倍が調子にのり南シナでちょっかいを出すかもしれないね、だが米国は都合が悪くなれば日本だけ置き去りにする可能性があると思う 日本が核保有の具体的行動があれば国連の敵国条項発動の可能性もあるかもしれない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際16掲示板  
次へ