★阿修羅♪ > 国際16 > 450.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
会見は開かず…ツイッター狂いで既存メディアは蚊帳の外 トランプ大統領で何が起こるか(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/450.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 22 日 22:21:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


会見は開かず…ツイッター狂いで既存メディアは蚊帳の外 トランプ大統領で何が起こるか
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/194382
2016年11月22日 堀田佳男 ジャーナリスト 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   1日に何度も(ツイッターより)/(C)AP


 トランプはツイッター・マニアだった――。

 自身のスマートフォンでツイッターをする光景が選挙中から伝えられてきた。当選後も発信する頻度は落ちていない。今月20日は5本もツイートしている。その中にはトランプ政権の人事メッセージも含まれる。

「ジェームズ・マティス将軍を国防長官として考慮中。昨日面会したが深い感銘を受けた。彼は将軍の中の将軍だ!」

 組閣人事はこれまで、既存メディアが発信してきた情報である。記者たちが陣営の関係者に取材をして探るのが常だった。だがトランプ自身が、マティス将軍が国防長官の最有力と発信したことで、既存メディアは蚊帳の外に置かれた。

 ワシントン・ポスト紙は「トランプはデジタル機器を思いのままに操作できる人物。大統領候補の中では誰よりもたけていた」と書いた。効果的にメッセージを発信するだけでなく、毒舌を吐く時もツイッターを利用する。

 特にトランプが敵視するリベラル系主要紙ニューヨーク・タイムズへの攻撃は過去1週間だけでも数回に及ぶ。

「ニューヨーク・タイムズ紙が載せた政権移行の記事はまったくのデタラメ。トランプ政権は順調過ぎるくらいスムーズにいっている」(11月16日)

「ウワッ! ニューヨーク・タイムズ紙の『トランプ現象』の記事が不正確で、内容もひどかったから数千単位で購読者を減らしている」(11月13日)

 大統領はこれまで、テレビや新聞等からの批判に対し、すぐに反撃できる機会はほとんどなかった。だがトランプはツイッターで直接巻き返しに出ている。しかも11月21日時点で、フォロワー数は1567万超。2015年10月時点では400万人だったので、ほぼ1カ月ごとに約100万の「トランプ信者」を増やしている。

 さらにトランプはツイッターで情報発信をしているとの思いから、今年7月以来、記者会見を開いていない。オバマ大統領は、当選3日後に会見を開いた。トランプもいずれは会見を催すと思われるが、もしかするとこのまま逃げ切って来年1月20日の就任式を迎えるかもしれない。(つづく)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年11月23日 11:45:40 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7277]
 W.ハーディング元米・大統領にも似たトランプの掲げる政策自体は米国としてはそれほど変だとは思えない。問題は安倍翼賛体制を敷きヒラリー当選を信じて疑わなかった日本の大メディア側の視点が大幅に偏向していることにある。その修正が外圧によって迫られることがあってもおかしくはない。

2. 2016年11月23日 19:25:58 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[183]
トランプは 実践メディア あてにせず

3. 2016年11月24日 08:55:30 : 2ATN4fbdNk : YzjwyhIBt34[26]
まあ、しょうがないよね。
既存メディアがトランプにどんな仕打ちをしてきたかを考えれば、彼が連中を信用しないのは無理ないから。
日本だってトランプの件ではマスゴミの信用度はガタ落ちだけど。
今になってヨイショしてるのも安倍とおんなじ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際16掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際16掲示板  
次へ