★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 463.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
松本創  誰が「橋下徹」をつくったか
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/463.html
投稿者 世界精神 日時 2016 年 1 月 10 日 21:26:11: RitahJZV4EHKU kKKKRZC4kF8
 

 メディアや政界では、次の参院選はダブル選挙になるという情報が流れている。とすれば、その時橋下徹氏が何らかの形で安倍政権に協力するはずだ。彼の政界引退宣言を真面目に受け止めてはならない。
 なぜ橋下氏はこれほど大きな力を持つにいたったのか、その権力の源泉は何か。我々は改めて考えなければなるまい。
 ここでは、『誰が「橋下徹」をつくったか』の著者である松本創氏の論文を紹介したい。


『月刊日本』1月号
松本創「誰が『橋下徹』をつくったか」より
http://gekkan-nippon.com/?p=7902


 橋下徹・大阪市長が2015年12月18日をもって退任した。自ら長を務めた大阪市を廃止・解体する「大阪都構想」が5月の住民投票で否決された際に宣言した政界引退表明の公約を実行した形である。
 しかし、彼は「いったん私人に戻れば、その後の生活は公約ではない。自由にさせてもらう」と復帰に含みを持たせている。7月の参院選出馬は根強くささやかれているし、むしろそれを期待している政界関係者、マスメディア、有権者も少なくない。
 橋下が08年2月に大阪府知事に就任して以来、大阪は空疎な熱狂と不毛な対立に煽られ、混乱と停滞に陥ってきた、と私は見ている。都構想が最たるものだが、それ以外の政策や、彼が標榜した「改革」も掛け声倒れや羊頭狗肉に終わり、強引に導入した制度も──たとえば、公募校長・公募区長のように──不備と不祥事が次々に露呈してきた。大阪の経済・財政状況は一向に改善せず、生活保護は増え続け、教育現場の荒廃が指摘されている。
 にもかかわらず、橋下個人の人気は根強い。実績らしい実績はほとんど何も上げていないというのに、彼は相変わらず「改革者」として振る舞い、威勢のよい言葉を吐き続けている。なぜか。そこには主に在阪の新聞・テレビという共犯者≠ェいたからだと私は考えている。「橋下現象」は徹頭徹尾、マスメディアの問題である、と。
 彼がなぜあんなに持て囃され、改革者の虚像を作り上げることができたのか。彼を取り巻く「空気」の正体を見極めようと、在阪メディアの関係者を2年半にわたって訪ね歩いた。それらの証言や自ら足を運んだ記者会見、それに橋下や都構想に関する報道を検証し、11月に刊行したのが『誰が「橋下徹」をつくったか──大阪都構想とメディアの迷走』(140B)である。詳細は拙著をご参照いただきたいが、ここでは、橋下とメディアの8年間を駆け足で振り返ってみる。
 両者の関係を検証していくと、いくつかの時期に分けられる。拙著ではその変遷を時系列でたどり、各章のタイトルとした。第1章「一体化するメディア」、第2章「検証しないメディア」、第3章「標的になるメディア」、第4章「批判できないメディア」、第5章「忖度するメディア」、第6章「凍りつくメディア」である。順を追って見ていこう。

<一体化するメディア>
 「2万%ない」と出馬を完全否定したのをひるがえして立候補、圧勝した07年12月の大阪府知事選から約2年間、橋下とメディアは蜜月関係にあった。売れっ子タレント弁護士だった橋下と「身内」同然の在阪テレビ各局は連日動向を追い回し、何の疑いも持たず権力者と一体化。彼の主張やコメントを垂れ流し、「改革」の名のもと、府庁や教育委員会などの公務員叩き、文化団体や社会的弱者の切り捨てに邁進した。
 代表的な例が、毎日放送(MBS)のワイド情報番組『ちちんぷいぷい』。政治・行政取材の経験もない若手アナウンサーを「ちちんぷいぷい政治部キャップ」という設定にして、本人いわく「お友達になれたらいいなという感覚」で登庁時の一言コメントを取り、毎日流し続けた。この政治部ごっこ≠ェ登庁・退庁時の「囲み取材」に発展してゆく。
 一方、新聞はタレント政治家への懐疑から、当初は一定の距離を保とうとしたが、8割を超す支持率を誇り、「クソ教育委員会」「ぼったくりバー」などと見出しになりやすい発言を次々と繰り出す橋下にあっさり取り込まれ、「役所や大阪をともに変えるという同志的連帯感」を持つに至る。(以下略)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月10日 21:30:45 : lfwl6CPdJA : pFAW4YXXG7g[1]
安倍も橋下も田布施繋がりではないの

2. 2016年1月10日 21:38:55 : EhbiBWWGF6 : GDNTYuLTIpM[1]

宣伝リンク認定27458272.html
橋下・・・口から出まかせというか、政治家として言葉が軽いとかいう程度の問題ではない、
政治家以前に、人間としてもオカシイ。
マジで、あのけたたましい病的な癇癪気質や異様な目付きをみれば何かの疾患ではないのか?
こんなもんを相手にする人間がほんとうにまだいるのか。

http://6252.teacup.com/kenpo9/bbs
橋下「おおさか維新」は常に安倍極右カルト内閣に追随して、野党の分断にあらゆる姑息な手段を用いて来た。
 橋下は関西の若者と『関西SEALDs』を中傷してバカにした。
反戦争法デモを「日本の有権者は1億人。国会前のデモはそのうちの何パーセント? こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザン(オールスターズ)のコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ」と揶揄し始めたのだ。
こんな自民党の憲法改悪の手兵である橋下一派を絶対に国会に送ってはならない。
http://blogs.yahoo.co.jp/ad
若者の一人ひとりがあらゆる情報を収集し、共有し、拡散してこの連中を落選させよう。
関西の若者の将来がかかったたたかいである。


3. 2016年1月10日 22:31:32 : JFQDytIhHU : ZLtP4N09tB8[17]
そのとおりだが我々有権者の側にも問題がある。

テレビを盲信し、その番組でがははと笑っているだけでは愚民と認定されてもやむを得ない。どんな教育を受けてきたのだろうと思わないでもない。


4. 2016年1月10日 23:46:00 : EiSKfhoSJs : j5zRfjiEgrI[28]

>誰が「橋下徹」をつくったか

簡単ですよ

前首長の売国工作員共の存在がきっかけとなっただけ

いずれもまともな候補者がいなかったから消去法で選ぶしかなかっただけのこと

その結果になったことで今更騒いでも仕方ないでしょ


5. 2016年1月12日 09:38:32 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[123]
維新宣伝部隊・読売に比べれば、毎日放送はまだマシな方だけどな。
マブダチ疹坊は有名すぎるが、。夕方の番組のトッチャン坊やも、維新から立候補するって言われてた。維新の党員が番組やってると思えばいい。

6. 2016年1月12日 10:02:55 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[149]
CSISじゃないのか。マスゴミも加担しているが特にゴミ売り辛坊、タカジン朝鮮繋がり。

7. 素朴[44] kWaWcA 2016年1月12日 22:19:58 : C9fwL0wBuu : lt__I@yk3tM[1]
橋下はデープ・スペクター作品だと思っていたのですが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ