★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 169.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍の果たし状<本澤二郎の「日本の風景」(2243) <相手は日本国民とアジア諸国民> <米戦争屋と利害が一致>
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/169.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 1 月 23 日 14:06:17: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52129285.html
2016年01月23日 「ジャーナリスト同盟」通信

<相手は日本国民とアジア諸国民>

 安倍晋三は1月22日の施政方針演説で「挑戦」という言葉を20回も連発した。その相手は誰なのか。いうまでもなく日本国民である。国民だけではない。アジア諸国民に対して、でもあることが、容易に理解できるだろう。そう、1945年の平和の戦後体制への挑戦なのだ。戦争放棄の日本を、戦争の出来る日本へと逆転させる、これがA級戦犯の孫や極右の日本会議、さらには日本財閥の野望なのだ。なんとも恐れ入るストロング・ナショナリスト(国粋主義者)首相であろうか。

<米戦争屋と利害が一致>

 「日本国民の平和主義はいい加減なものではない」(宇都宮徳馬)という現実に対して、安倍は真っ向から挑戦していることになる。
 平和国民に挑戦状を突き付けて突っ走る、安倍・自公内閣である。言及するまでもなく、絶対平和主義の仏法を根幹としてきた公明党・創価学会を配下にしたことから、彼ら国粋主義者は自信を持ってしまったのである。
 信濃町の罪は万死に値しよう。そこには、これまでの池田イズムは消滅して存在しない。宗教の怖い点である。
 すでに、武器輸出・軍拡予算から特定秘密保護法・戦争法を強行してしまっている。残るは9条である。「半年後の選挙で実現しよう」と、あたかもナチス・ヒトラーのように突進している安倍である。
 その思い込みが、施政方針演説での「挑戦」の連発となった。創価学会を服従させただけではない。極右の野望は、ワシントンの戦争屋・産軍複合体の指令を逆用している。双方の利害が一致しているからなのだ。

<大日本帝国復活を夢見る国粋主義者>

 ワシントンの戦略家は、目的のためなら何でもする。敵を作り出し、時が来ると、それを叩くのだ。アルカイダやISもそうだ。そうしてシリア難民が欧州に押し寄せている。
 大義・モラルは無関係である。落ち目のワシントンにとって、東京の国粋主義政権は利用価値が大だ。おおいに活用しようという局面が、今なのである。それによって大日本帝国が復活しようがしまいが、彼らにとってはどうでもいいことなのだ。
 東京の国粋主義者とワシントンの戦争屋の、怪しげなダンスの行方に平和国民とアジア諸国民は、重大な関心と恐怖をもって眺めさせられている。

<憲法の絶対平和主義を破壊へ>

 昨夜届いた情報によると、安倍の後継者を任じる稲田という自民党政調会長は、テレビ取材の場で「憲法改正のポイントは、戦力の不保持と交戦権の否定にある」と正直に発言した。
 軍国主義者にとって、この9条の規定が大敵なのだ。これによって日本は、軍事国家と武器弾薬生産国家になることを禁じられている。全ての戦争を否定されている。まさに、この条文によって、日本の軍国主義は根本の部分で封じ込められている。国民の立場からすると、これによって戦後の日本は、平和を維持、国民は平和に暮らすことが出来た。日本国民の宝だ。
 安倍ら国粋主義者の狙いは、この条文を破壊しようというのである。そうして戦前の大日本帝国を復活させたい、と夢見ている。

<戦争の出来る軍事国家へ>

 稲田は「自衛権行使を認めよ」と叫ぶ。あらゆる戦争は、自衛権行使の名目で始まるという現実を理解しない狂った女性のようだ。
 ワシントンでも自衛権を掲げて戦争している。この史実を人類は学んでいる。「戦争は犯罪」なのだ。自衛権行使を容認する憲法を手にすれば、軍国主義を復活させられる、といいたいのだろう。
 これは歴史の教訓に反する危険な考え方である。彼女には子供はいるのであろうか。安倍にはいないことになっている。安倍の周辺には極右思想の女性が際立って多いが、稲田はその代表格と言っていい。

<日本会議と日本財閥の悲願>

 早朝に埼玉の荒船君が電話をしてきた。「今日の東京新聞に日本会議のことが記事になっている」というのだ。彼は「東京新聞は東京タイムズの次にいい新聞だ」と冗談も口にした。「いまは日刊ゲンダイと東京新聞が頑張っているよ」と応じた。
 神社が主体となって日本会議を立ち上げたことが、最近では公になってきている。争いの神・戦争神社として恐れられている。靖国神社だけではない。国家神道に統合された明治の神社が、いままた国家神道復活に向けて活動を開始している。
 祭礼を武器に、無知蒙昧の地域住民を巻き込んでいる。
 売れなくなったテレビや冷蔵庫に代わって、武器弾薬生産に切り替えた財閥もまた、日本会議メンバーである。彼らの悲願を安倍・自公が推進している。

<正念場の日本とアジア>

 昨年の戦争法反対運動の盛り上がりは、以上のような背景を人々が感じ取ったからなのだ。戦争法を廃止する日本国民の戦いが、夏の衆参同時選挙となる。
 それは実質、無党派と創価学会の一騎打ちといってもいい。それはまた、日本国民とアジア諸国民の正念場でもある。

2016年1月23日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月23日 16:28:53 : vYoy3YAWfk : 8NIPL1Xsdc0[6]
安部らの意図は国会など公の場での主張によって判断するのではなしに、周辺の団体の集会、親しい雑誌あたりの対談など身内で固めた場において漏れる言葉こそ肝心である。
阿部は特に海外の目を意識するところでは本音を漏らさない。
そして何より、語る必要もないとすら思っているようすである。
それゆえ語られることをいちいち真に受けての議論であると、すっかりその嘘、詭弁に振り回され、本質を逃す。
常識人を相手にしているとは思わぬほうがよい。


2. 大和狼[446] keWYYZhU 2016年1月24日 08:35:25 : Py8dDhOmqQ : T9JQm1Hhwmw[18]
挑戦、挑戦! と連呼している訳じゃないんだよ。

朝鮮、朝鮮! と連呼しているとしか聞こえない。

国民の平和と繁栄をもたらすような政治とは真逆だ。

海外バラマキ80兆円、消費税10%、生活必需品課税8%を
軽減税率と詐欺言辞、←ここだけ財源が不足だの財政規律を持ち出す。インフレ 目標など国民には百害あって、一分の利益もなし。原発や企業減税、年金博打で年金資金をどこかの組織に詐取。

民主主義の学習障害朝鮮政権。
こういう連中に国粋主義者などど混迷した呼称は
私のような国粋主義者、国士に対する侮辱だ。

武漢大学って、ふざけてるのか?今度は中国人かよ。
孔子学園レベルの対日謀略プロパガンダ組織だろ、お宅も。
日本人はもう騙して続けられないぞ。
中国、朝鮮国内謀略組織は日本から排除しろ。日本国民の貧困化、日本民族間引き政治、国民から税を吸い上げる統一教会、似非朝鮮神社日本会議連中は日本から追い出せ!桜井誠風になったが。桜井さん、あんたも立派だが、
安倍改憲と原発は愛国国粋主義者も反対だが、余命3年時事日記の内容を
日本人に知らせて実行し続けてくれ。


3. 2016年1月24日 17:43:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[676]
見えてきた日本の新たな姿

2016年1月23日   田中 宇
 日本はこれまで、対米従属以外の戦略を全く持たない国だった。私が知る限り、日本政府が対米従属以外(対米自立)の戦略をわずかでも持った(検討した)のは、1970年代に米国が覇権構造の多極化をめざした時に米国の勧めで日本政府が作った防衛の対米自立策「中曽根ドクトリン」と、2009ー10年の鳩山政権が米中と等距離外交をめざし、結局は官僚機構につぶされた時の2つだけだ。その後、現在の安倍政権にいたる自民党政権は、官僚機構(外務省と財務省)の傀儡で、対米従属一本槍に戻った。

 だが昨年の後半から、安倍政権は、従来の対米従属の国是から微妙に外れる新しい戦略を、目立たない形ながら、次々ととり始めている。それらは(1)日豪での潜水艦技術の共有化、(2)従軍慰安婦問題の解決によって交渉が再開された日韓防衛協定や北朝鮮核6カ国協議、(3)安部首相が新年の会見や先日のFT(日経)のインタビューで明らかにした日露関係改善の試み、(4)中国の脅威を口実とした東シナ海から南シナ海に向けた自衛隊の諜報活動(日本の軍事影響圏)の拡大、などである。 (Japan's Abe calls for Putin to be brought in from the cold) (日韓和解なぜ今?)

 (1)については、昨年11月に配信した記事「日豪は太平洋の第3極になるか」で詳しく書いた。この記事は、有料記事(田中宇プラス)として配信したが、日本国民の全体にとって非常に重要な事項なので、例外的にこのたび無料記事としてウェブで公開した。まだ読んでいない方は、まずこの記事を読んでいただきたい。 (日豪は太平洋の第3極になるか)

 上記の記事の後ろの方に書いた、11月末に日本政府が南氷洋での調査捕鯨を再開して豪州を激怒させた件は、その後、豪州政府が日本政府に、捕鯨再開は潜水艦の発注先を決める際の判断要素にならないと知らせてきた。豪州が、日本と潜水艦技術を共有する気になっていることをうかがわせる。12月中旬には、豪州のターンブル首相が急きょ、日帰りで日本を訪問し、安倍首相と会っている。この訪日も、日豪が潜水艦技術を共有して接近しそうな感じを漂わせている。 (Japan's whaling `separate' from submarine bid) (Malcolm Turnbull's flying visit to Japan to include 'special time' with Shinzo Abe)

 豪州の通信社電によると、米政府の高官は、豪州が潜水艦を独仏でなく日本に発注することを望んでいる。その理由として米高官は、日本の潜水艦の技術の高さを挙げているという。だが私から見ると、より大きな要点は「技術」でなく「国際政治(地政学)」だ。日豪が米国を介さずに軍事協調を強めていくという、米国勢(軍産複合体でなく多極主義者)が昔から希求してきたことが、豪州の潜水艦の日本への発注によって実現していく点だ。豪州の関係者も、日本に発注されそうだと言っている。発注先は半年以内に正式決定される。 (Japan subs 'superior' US believe: adviser) (Japan bid favorite as Canberra mulls decision)

 (2)の日韓関係については、1月4日に無料記事として配信した「日韓和解なぜ今?」に詳しく書いた。慰安婦問題の解決は、日韓安保協定の締結と、北朝鮮核廃棄(棚上げ)に向けた6カ国協議の再開という、2つの動きへの布石となっている。日韓安保協定は、日韓が別々に対米従属してきた従来の状況を、日米・日韓・米韓が等距離の協調関係を持つかたちに転換していく流れであり、日韓の対米自立のはしりとなる(この流れを止めるため、日韓の対米従属派が慰安婦問題で日韓対立を扇動した)。 (日韓和解なぜ今?)

 6カ国協議が達成されると、米朝、南北(韓国と北朝鮮)、日朝の和解につながり、日本と韓国の対米従属を終わらせる。日韓が慰安婦問題を解決した直後から、中国と韓国が6カ国協議の準備を進めていることが報じられる一方、きたるべき協議での自国の立場をあらかじめ強化するかのように、年明けに北朝鮮が「水爆実験」と称する核実験を挙行した。1月11日には、韓国政府の6カ国協議担当者が、日米や中国の担当者と相次いで会合する予定と報じられている。 (北朝鮮に核保有を許す米中) (South Korea says chief nuclear envoy to meet U.S., Japan, China counterparts)

 1月11日に配信した「北朝鮮に核保有を許す米中」で「北朝鮮に核の完全廃絶を迫るのでなく、北がこれ以上の核開発を棚上げすることを協議の目標とすべき」という米国のペリー提案が採用されていくのでないかと書いた。ペリー案と同期するかのように、1月15日には北朝鮮の国営通信社が「(米国が)朝鮮戦争を終わらせる和平条約を(北と)締結するなら、見返りとして、もう核実験をしない」とする北の政府の声明文を報道した。北は「ペリー案をやるなら乗るよ」と言っているわけだ。 (North Korea Would End Nuclear Testing for Peace Treaty, End to US Military Drills)

 しかしペリー案は結局、試案の域を出ないかもしれない。北が核を棚上げ(隠匿)するだけで廃棄しない状態を6カ国協議の「成功」として受け入れることを、米国や日本は拒否すると予測されるからだ。代わりの案として打ち出された観があるのが、韓国が1月22日に選択肢として提起した、北朝鮮抜きの「5カ国協議」だ。 (SKorea calls for 'six-party talks minus NKorea')

 これは一見すると「中国を巻き込んで北に厳しく制裁し、困窮させて核を廃棄させる」という無謀な強硬策だが、もう少し考えると「北に核を廃棄させ、米朝や南北・日朝が和解して、冷戦型(対米従属諸国vs反米諸国)の東アジアの国際政治関係を、多極型の等距離な協調関係に転換する」という6カ国協議の順番を逆転し「先に5カ国の関係を冷戦型から多極型に転換していき、その間に北の核問題を解決し、最終的に米朝・南北・日朝が和解して北を多極型システムに取り込む」という新シナリオの提案に見えてくる。

 北朝鮮以外の5カ国(米中露日韓)の中で、関係が悪いのは、日韓と日露、米露と米中だ。だが、米中露は国連安保理の常任理事国であり、報じられる印象と裏腹に、世界運営上の相互連絡は十分にとっている。米露と米中は「大人の関係」といえる。逆に、現状が「子供の関係」でしかなく、今後の協調関係をゼロから構築していかねばならないのが、日露と日韓だ。6カ国または5カ国の協議によって東アジアの国際政治システムが冷戦型から多極型に転換していく際に、早く開始せねばならないのが、日韓と日露の関係改善であり、だからこそ、昨年末に日韓が慰安婦問題を解決したり、(3)の安倍政権による対露関係改善の模索が行われているのだと考えられる。

 安倍首相は1月17日に報じられたFT(日経)のインタビューで「G7は中東問題の解決にロシアの協力が不可欠だ。(ウクライナ危機以降、G7諸国とロシアの関係が悪化し、G7+ロシアとして作られたG8は事実上解散しているが)G7の議長として自分がモスクワを訪問するか、東京に招待する形でプーチンと会いたい」という趣旨の表明をしている。G7議長とか中東問題といった目くらましをかましているが、要するに、日本国内の合意形成が困難な北方領土問題を迂回して、日露の協調関係を手早く構築したい、という意志表明だ。 (Japan's Abe calls for Putin to be brought in from the cold)

 安倍は、ロシアを評価する一方で、中国の領海的な野心を非難している。だが、中国政府の経済政策は賞賛しており、対立点を軍事安保面に限定している。安倍はまた、アジア太平洋地域の将来像を米国と中国の2大国だけで決めるのはダメだとも述べている。要するに、米中だけでなく日本も、アジア太平洋の地政学的な将来像の決定過程に入れてくれ、と言っている。これは、従来の対米従属の日本の姿勢から、かなり逸脱している。 (Shinzo Abe aims his next arrow at the global stage)

 この点において、今回の(4)の日中対決と(1)の日豪亜同盟の話がつながってくる。安倍の「米中だけでアジア太平洋のことを決めるな、日本も入れろ」という要求は「第1列島線以西は中国、第2列島線以東は米国、その間は日本の影響圏だ」という日豪亜同盟の考え方と一致している。 (日豪は太平洋の第3極になるか)

 そして安倍政権は、2つの列島線の間に日本の影響圏を作っていく具体策として、米国の依頼を受けて南シナ海での中国の動きを監視する自衛隊の軍事偵察網を作ることや、中国包囲網の一環としてフィリピンとの軍事関係を強化することを通じて、東シナ海から南シナ海にかけての2つの列島線の間の海域に、日本の軍事諜報システムを拡大しようとしている。 (Japan PM Abe's cabinet approves largest defence budget)

 日本政府は軍事予算を急増しているが、主な増加分は、中国敵視を口実とした、2つの列島線の間の海域での軍事的な影響圏の構築に使われている。日本にとって、中国との対立は、きたるべき多極型世界において自国の影響圏を創設するための口実として使われている。日本に挑発され、中国が最近、尖閣沖に武装船をさかんに送り込んできている。だが、日中が戦争することはない。中国は、日本が2つの列島線の間を占めることを黙認するだろう。日本の影響圏がある程度構築されたら、日中は再び和解するだろう。 (Japan's far-flung island defense plan seeks to turn tables on China) (Japan says armed Chinese coastguard ship seen near disputed islands) (China steps up incursions around disputed Senkaku Islands)

 国民的には「平和憲法を持つ日本には、領土と領海を超えた地域での軍事的な影響圏の拡大など要らない」と考える人が多いかもしれない。それが政府の政策になるなら、2つの列島線の間の地域は、日本でなく、中国の軍事影響圏になっていく。いずれ米国は第2列島線、つまりグアム以東へと軍事撤退し、その後の空白をぜんぶ中国が埋めることになる。日本は明治以前の、小さな孤立した島国に戻る。2つの列島線の間の地域は、今のところ、米中で将来像を決めていない「空白地域」だ。安倍政権は「空いている地域で、日本がもらって良いものなのだから、もらって当然だ」という考え方なのだろう。

 この件での国家的な意志決定が、今後、国民的な議論や選挙のテーマになることは、多分ない。民意と関係なく、国家の上層部だけでひそかに決められていき、報じられることもないだろう。私の「日本は、2つの列島線の間を、日豪亜同盟として影響圏にするだろう」という予測は、今後もずっと陰謀論扱いされそうだ。とくに日本の左翼リベラルの人々は、私がこの話をするたびに、聞きたくないという感じで何もコメントせず無視する。

 今回の記事の(1)から(4)は、いずれも米国から依頼されて日本が動いている感じだ。しかし、日本がこれらのことを進めていくと、対米従属の体制からどんどん外れていく。米国の戦略は、隠れ多極主義的だ。

 日本が豪州や韓国、ロシアと協調関係を強め、2つの列島線の間が日本の影響圏になっていくと、北朝鮮をめぐる状況が今のままでも、在日米軍の海兵隊がグアムに撤退する話が再燃するだろう。日本が、国際的な影響圏を持つような大国になるなら、防衛を米軍に依存し続けることはできない。沖縄の基地問題は、従来のような「左」からの解決でなく、日本が影響圏を持つことで在日米軍が出ていくという「右」からの解決になるかもしれない。

http://tanakanews.com/160123japan.htm


4. 2016年1月24日 17:52:02 : m2ACJC39Hg : ovQECcoGPNA[1]
また希釈してんの? 安倍クン

5. 2016年1月27日 22:28:43 : cndNbF0Pt2 : 4FKD4yoSOpw[112]

南京大虐殺が存在しなかった写真つき証拠が発見される

beチェック
1 : 腕ひしぎ十字固め(庭)@\(^o^)/:2016/01/27(水) 10:27:35.95 ID:GzXDc6pU0.net PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif


http://bouzup.blog.jp/archives/1050713273.html

伏せてある部分には、○○軍医と書いてあります。
名前を伏せてくれ、というご夫婦のご希望でした。
同じ名字だそうです。

読み取れる事は
7月17日の16時に出された命令書。
7月19日の早朝に出発し黒沙村へ行くことを命じている。
衛生下士官2名と共に、医療品を持って行け。
黒沙村に行き、支那住民に施療し、日帰りせよ。
第二中隊の指揮下に入り、支那住民の宣撫を任せる。

といったところです。
施療してやったり宣撫したりと、虐殺からはほど遠いことがわかります。

南京の様子がアルバムに残っていました。

(烏賊Source)

10: ファルコンアロー(岩手県)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:45:21.47 ID:gp7mz7j40.net
>>1
(´・ω・`)でもなぁ、やってない証拠を出すのは難しいよね


14: ショルダーアームブリーカー(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:49:53.83 ID:KskRAUdU0.net
>>10
遺骨が出てこないんだよ


16: ダイビングエルボードロップ(空)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:51:11.03 ID:7UGpXHn60.net
>>14
細かいこと気にすんなよ


85: レッドインク(茸)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 12:19:45.67 ID:AOc/JGXm0.net
>>14
遺骨なら一杯あるはずだぞ。
昔から南京事件というか南京で中国人同士虐殺し合ってるんで。


18: 雪崩式ブレーンバスター(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:55:00.98 ID:XYaoaDQ80.net
>>10
はい(´・ω・`)


2: アンクルホールド(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:30:53.67 ID:cUhUWaz10.net
日本も原爆を落とせば中国人も過ちを繰り返さなかったのに


5: セントーン(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:39:03.42 ID:7QQW2+CO0.net
文革が凄まじすぎて、南京がおままごとに見えるからな


6: 閃光妖術(東京都)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:41:06.47 ID:3Q356h+90.net
焼却アルニダ


8: エメラルドフロウジョン(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:43:22.60 ID:9un/09Cl0.net
そもそも、日本は中国を侵略していないし


11: 張り手(東京都)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:47:35.61 ID:vAYWtmFA0.net
とても平穏に共存してるね
現在口喧嘩してるのが馬鹿馬鹿しい


19: 逆落とし(茸)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:58:34.37 ID:DmJESf8H0.net
>>11
戦争中の方がお互いに敬意を払っていたのかもな。
いや、戦争が良いと言う話では無いが。


21: ドラゴンスープレックス(三重県)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 10:59:58.12 ID:Zxw4E8Ii0.net
これ日本で広めてもダメだろ
世界に出せよ


26: レッドインク(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:03:12.33 ID:AIhJKDuu0.net
お粗末だな中共
ちゃんと証拠は処分しなきゃ嘘はバレるんだよ


27: ボ ラギノール(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:03:30.71 ID:IUsDwJnH0.net
便衣兵捕まえる時に冤罪が無かったとは思えんのだが


29: イス攻撃(茸)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:07:26.21 ID:OtakUMKi0.net
>>27
現在進行形で住人誤爆虐殺してるロシアアメリカに言えよ


30: 男色ドライバー(WiMAX)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:07:34.93 ID:vEBO1dso0.net
国際法違反行為である便衣兵を使ったこと自体に問題があるわけで

南京の加害者は国民党政府、被害者が日本軍と中国人だよ


31: 足4の字固め(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:07:59.38 ID:7ViHCD+50.net
大虐殺が無かった→間違い

中共の言ってる大虐殺は無かった→正解。

戦争なんだし多かれ少なかれ犠牲者は居るし死ななくてもいい死を迎えた者も居るだろう。

34: ダイビングエルボードロップ(空)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:10:17.86 ID:7UGpXHn60.net
>>31
俺もそう思う
虐殺若しくはそれに準ずる物はあった
でも"大"虐殺はなかった
まあ何をもって大小決めるのかって話にはなるけど


32: オリンピック予選スラム(埼玉県)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:09:55.92 ID:IFxE653h0.net
嘘も言い続ければ事実になる


35: キングコングニードロップ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:10:20.37 ID:BfsW20Lo0.net
中国もいい加減に手を引かないと、韓国みたいに世界中から嘘つき国家って非難される国に落ちぶれるぞ


38: ミラノ作 どどんスズスロウン(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:13:58.93 ID:aGWJfEgO0.net
>>35
現状すでに中国の言い分信じる国はないと思うけどよその顔色伺う下朝鮮と
違って中国は「それがどうしたアル?」って言い切っちゃうところが強みだからなあ


42: ファイヤーバードスプラッシュ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:19:15.89 ID:P5gVGmkk0.net
中国共産党が粛清しただけだからな


49: ラダームーンサルト(東海地方)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:23:22.70 ID:I1DZ8zGVO.net
当時日本兵も数多くみせようとした節はあるだろ
だってその時は負けると思ってないんだから、過大報告する奴は当然いる

58: ファイヤーボールスプラッシュ(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 11:30:53.77 ID:6SlSeKFj0.net
これまでの矛盾する証拠写真と全部まとめて冊子化しろ
あと所有者は厳重に保管すること

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453858055/

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ