★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 447.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
職務放棄検察に代わり国会が甘利事件解明すべしー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/447.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 29 日 18:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

職務放棄検察に代わり国会が甘利事件解明すべしー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1so8dut
29th Jan 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


甘利明経済相が閣僚を辞任したが、

会見は、あたかも悲劇のヒーローを演出するようなものであった。

用意された原稿に、

政治家甘利明の美学

だの

閣僚甘利明の・・

などと表現するのは、悪事が発覚して引責辞任する人物の辞意表明会見には

まったくふさわしくないものだった。

甘利明氏は、口利きを依頼した企業の社長と面会して2度にわたって現金を受領した。

もらった紙袋を秘書に渡したら、中に金の包みが入っていたと説明したが、

この説明を立証する証拠は存在しない。

金封を確認して受領した可能性は十分にある。

2013年11月14日に  50万円
2014年 2月 1日に  50万円

の現金を受領したことを認めた。

その際に、秘書に適切に処理するように指示したという。

政治資金収支報告書においては、

自民党神奈川県第13選挙区支部に対して

建設会社から

2014年2月4日に100万円の寄付金

があったとの記載があるとのことだが、

これが、11月14日の50万円と2月1日の50万円であるとは言えない。

別の100万円の寄附が2月4日にあって、これを収支報告書に記載した可能性を否定できない。

会見で甘利氏は、自分自身には違法性がないが、

秘書の違法性の責任をとって閣僚を辞任し、悲劇のヒーローを演じたように見えるが、

現段階で、甘利氏の違法性の疑いはまったく消えていない。

政治にすり寄るヤメ検が、受領した50万円X2の現金について、

秘書に適切な指示をしたなら、

甘利氏の違法性を問うことはできないとの見解を示しているが、

このような御用ヤメ検弁護士のコメントを求めること自体がいかがわしい。

また、URに対する職務権限がないことから、

甘利氏のあっせん利得罪の立件も難しいとの見解が示されているが、これも偏向報道そのものである。

かつて、小沢一郎氏は、正当な事由なく、強制捜査を繰り返された。

正当な事由もなく、1年間にわたって家宅捜索などを繰り返されたのである。

テレビは、小沢一郎氏が岩手県の胆沢ダムの工事受注に関して、

あっせんの口利きをしたかのようなイメージ映像まで制作して、虚偽情報を垂れ流した。

このとき、小沢一郎議員は胆沢ダム工事に関する職務権限を有していない。

それにもかかわらず、何の証拠も、何の根拠もないのに、

あっせん利得罪での立件が可能であるかのようなイメージ報道が繰り返された。

御用ヤメ検弁護士は、あっせん利得罪での立件が十分にあるとのコメントを流布していた。

本当に日本が腐り切っていることが明らかになっている。

企業の陳情者が事務所や大臣室を訪問して、

手土産代わりに50万円単位のカネを供与して、

それを政治家自身が挨拶代わりに受け取って何の疑問をも感じないというのが、

いまの安倍政治の現況なのである。

甘利氏は会社社長と会って、秘書から現金提供があったことを知らされ、

秘書に適切な処理を指示したと言うが、

そうであるなら、なぜ、国会質疑で、現金受領があったのかどうかについて、答弁できなかったのか。

まったく辻褄が合わない。

そして、会社社長が甘利氏を訪問したのは、URとのトラブルがあって、

補償交渉を有利に進めるためであった。

そして、現に甘利事務所が動き、巨額の補償金獲得に成功しているのである。

建設会社はその謝礼に甘利事務所を訪問し、巨額の現金供与をしている。

この件に関して、甘利明氏自身がまったく関知していなかったということではない。

昨日の会見で、建設会社社長と面談した際に、

保有地地下の産業廃棄物についての説明を受けている。

そして、甘利氏自身が秘書に資料を提示することを支持し、

この秘書がURと12回も協議を重ねて、建設会社が巨額の補償金を獲得しているのである。

絵に描いたようなあっせん利得の構図が浮かび上がる。

職務権限の有無が問題にされているが、甘利明氏を含む甘利事務所が動き、

建設会社が補償金を獲得したことは紛れもない事実であり、

事案の細部の検証、捜査が絶対に必要である。

通常であれば、直ちに検察が家宅捜索に入るべきである。

重要な証拠が隠滅される恐れがある。

このような手順も踏まずに、甘利氏辞任を美談に仕立て上げるのは、この国の腐敗を象徴している。

甘利に金権腐敗な体質で、政局の潮目に明白な変化が生まれ始めている。

甘利氏は、

「秘書が」

「秘書が」

を繰り返し、

「まったく知らなかった」

と言うが、

まったく知らないというのは、明らかなウソである。

甘利氏は当該企業社長と面談しており、URとのトラブルについても、会話のなかで了解している。

その上で、対応を秘書に指示しているのであり、

まったく無関係とは言えない。

検察が本来の役割をまったく果たさないのであるなら、

国会が国政調査権を活用して、関係者を参考人として招致して、事実解明を行うべきである。

甘利氏と陳情者である建設会社社長がどのような会話をしたのか。

明らかにするべきである。

甘利氏は、録音テープは存在しないとの見立てを述べたが、これも確認はされていない。

写真は週刊誌にも掲載されており、証拠の一部は確実に存在する。

口利きを依頼され、

実際に秘書がURに接触し、

巨額の補償金の獲得に成功し、

謝礼の意味で巨額の現金が甘利氏サイドに供与されたことは、

客観事実である。

これだけの客観証拠が揃い、検察が動かぬなら、検察など無用の長物ということになる。

小沢一郎氏の場合、客観的な証拠は何ひとつ存在せず、

家宅捜索などの強制捜査に踏み切るための要件が何ひとつ存在しないなかで、

1年間にわたり、何度も強制捜査が繰り返された。

この二つを合理的に説明する根拠も存在しない。

つまりこの国は、検察暴力の無法法治国家なのである。

政治権力に敵対する勢力に対しては、非合法的な暴虐の限りが尽くされる。

他方で、政治権力の側にある者に対しては、

犯罪が存在するとの明白な証拠があっても動かず、無罪放免にする。

この無法国家の運営に全面的に加担しているのが、御用メディア=マスゴミである。

主権者の一部は、この国のカラクリに完全に気付き始めている。

まだ

「知られざる真実」

を知る者の数は多くはないが、確実に、その数は増えている。

政治的敵対者に対しては、

合理性のない、

不法で、

不正で、

卑劣極まりない

人物破壊工作

が展開される。

暴虐国家日本である。

これに対して、政治的なインナーサークルのものに対しては、

犯罪が存在するのに、これを無罪放免とする

のである。

このような不法国家、暴虐国家に住んでいることを、私たちは常に認識しておかねばならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月29日 18:58:17 : 8cLrvpOKtc : 3RJdqcKid58[7]
小沢氏の場合は在特会が第五検察審査会に告発した。
なんの瑕疵もないところにわざと不正の匂いをつくりだした。
甘利の場合はあきらかな証拠がある。
にもかかわらず検察が動く気配がない。
おそらく、安倍の顔色を伺っているのだろう。
三権分立など絵に描いた餅だ。
甘利の国会喚問や、市民団体による検察審査会への告発は行われないのか。

2. 2016年1月29日 19:27:54 : 8cLrvpOKtc : 3RJdqcKid58[11]
それともうひとつ。
野党民主党などがどうしてUR関係者を国会に喚問しないのか。
それをやると自らのケツに火がつくからではないか?

いや、野党だけではなく自民党だって多くの議員のケツに火がつく。
なんとなればURというのは政府関係者の口利きの宝庫だから、ひとつ間違ってUR関係者がそれを漏らせばたいへんなことになるのではないのか。

ここでURとはなにか、おさらいしておきましょう。

URは「役人のパラダイス」だった

URの歴史をみると、81年に住宅・都市整備公団、99年に都市基盤整備公団、04年に都市再生機構と看板を替えてしぶとく生き残ってきた。またURは、経営陣が事業失敗の責任もとらずにパラダイスを謳歌してきたことでも悪名高い。

2000年代の初めにURはニュータウン事業に失敗、9000億円の赤字を出したことがある。驚くことに、当時の財政投融資特別会計にあった「埋蔵金」で密かに穴埋めが行われた。金融テクニックを駆使したうえ、人事上の目立った処分もなかったので、マスコミにも騒がれずに、密かに危機を切り抜けたのだ。

URは都心一等地に高額賃貸マンションを所有しており、国の事業として必要なのかどうかという批判が根強い。何度も民営化が検討されてきたが、そのたびに上手くかわしてきた。

民主党時代の2010年4月の事業仕分け第二弾でも「市場家賃部門は民間に移行」となり、具体的には賃貸住宅や関連施設の維持・管理などを行う賃貸住宅事業について、高齢者・低所得者向け住宅は自治体または国へ、一般の市場家賃部門の住宅は民間へ売却するとの結論が出された。

しかし、その後、URには巨額な借金があるから民営化はできないという理由で、国交省は抵抗した。かくして2010年10月の事業仕分け第三弾では、議論の対象から外され、国交省の方針がそのまま政府の方針になったのだ。結果として官僚たちの大勝利だ。

ただし、こうした官僚の粘り腰でURが生き残ったのは、自民党政権下でも同じだ。2007年の福田政権でも、URは民営化寸前まで押し込まれたが、それを跳ね返している。(以上、「現代ビジネス」より)


3. 2016年1月29日 20:06:17 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[404]
やはり現在最高の政治家は、小沢一郎氏だな。

植草氏、がんばってください。応援しております。


4. 2016年1月29日 21:26:37 : 565XzwY2NQ : 1r4PK0sa3EA[2]
全く植草氏の言うとおりである。当時検察は裁判途中で裁判を続ける理由がなくなるという事態に陥り、訴因変更までして小沢氏を有罪に持っていこうと画策した。
国策であったことが誰の眼にも明らかだったのに、偏向報道と世論誘導で小沢氏の政治生命を断とうとしたのだ。今回の甘利氏との対応の違いには驚かされる。マスコミは猛省するべきだ。週刊誌や本日の河北新報は良くぞ報じたと拍手喝采。

5. 2016年1月29日 22:15:26 : tGANQw14Ww : xzxbjMSSZGc[17]
一度この全文を大新聞全てにでかでかと掲載してみるがいい。テレビで詳細に紹介してみるがいい。

「世論」などたちまちひっくり返る。そう、マスコミのうそが世論をゆがめている。


6. 2016年1月29日 22:33:06 : FfzzRIbxkp : 2g2OgjP8du4[133]
この建設会社は、数年前に別件で検挙されていたような気がするのですが。

犯罪はまずいですけど、ある組織や業界で馴れ合いで回っている状態があったとして、それをあとから法規制して犯罪に仕立て上げるようなことが、ここ数年、ありますよね。

検挙されていたら、検察が司法取引しそうですし。それを利用する悪質な検事などいてはならないのですが、どうやらいるようですし。検察犯罪撲滅に向けて、そっちの逮捕もよろしく。


7. 2016年1月30日 16:01:30 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[123]
小沢氏が総理になったらアメリカにとっても官僚にとっても自民党にとっても既得権益に群がっている者たちが大いに困る改革をされてしまう、それて毎日人物破壊され、ねつ造され代表辞任からここまで潰されてしまい、今もまだマスコミは無視を続けている、国民の半数以上はこの事実を未だに知らないか気が付いていない、それが不幸の元である。

8. 2016年1月30日 20:26:22 : WNSPGcaZcg : 4gqNq3LmaYQ[11]
この問題は共産党の正体が判明するかもしれない

本当に国民の味方か
デカイ芝居をした別動自民か


民主維新の第二自民は論外


9. 2016年1月30日 21:26:25 : QwKxYkjrm6 : rXbsvCpqGI0[26]
検察とは不実な罪をねつ造し、でっち上げるために存在する組織だ。
また、重要と思われる犯罪を隠すのが仕事だと思われる。

正義とは、最も縁遠い位置にあるのではないか。

検察の動きを見ていれば良く判る。
証拠が無ければ捏造するし、証拠があっても都合が悪ければ動かない。


10. 2016年1月31日 00:14:44 : XtfKbe62gs : D1WVkrFYtsY[1]

 上記投稿の4氏の言われる「訴因変更」に、当時がく然としました。


 西松建設がらみの天の声”事件の報道が無くなった。が

 今度は 陸山会の期ずれ”報道だった。


 (天の声”報道は うやむや になった。 期ずれ”は農地から宅地への変更で3か月の移行期間が必要。 いずれも 官僚の一員の検察(東京地検特捜部)が でっち上げた後世に残る蛮行。)

 


11. 2016年1月31日 00:23:06 : XtfKbe62gs : D1WVkrFYtsY[2]

 10に続く、

 当時、西松事件が発生する数か月前に、

 『 第五検察審査会 』 が 急きょ出来たそうだが、

 この 立ち上げ関係者 こそ 意義深い。
 


12. 2016年1月31日 10:43:00 : q9W9Uu2afY : UtrJ4Bx30dY[2]
検察は、長年に渡り捜査費を不正に流用して裏金に変えて着服していた。
この事は、捜査費の金額の変化を見ても明らか。
内部告発した環検事は、冤罪でつかまり投獄された。
この事は、国会で取り上げられてない、自民党は国会で取り上げると検察に脅しを掛けている。
この効果は絶大で、自民党は検察を意のままに動かしてる。
小沢一郎もそうして嵌められた。
検察は、自ら犯した罪で自民党の下僕となった。

13. 2016年1月31日 12:54:35 : 5b09tpO9jk : UZk0Osl8UNk[9]
いかに小沢氏が優れてるか,区別つきやすくてみいのでは、

14. 2016年1月31日 20:59:59 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[103]
甘利さんも逮捕されるべきだと思うけど
パンツ大臣はどうなんの?

15. 2016年1月31日 21:04:22 : jzEmONdjwU : jPkOvmA@diE[41]
ひとつの事件でも司直の関わり、マスゴミの対応でこれほどの違いが出るとは、信じられないが、これが現実なのか。
現在の現実と云うべきかも知れないが、設計が狂ってしまったようだ。
いや、これが本来の設計なのかも知れないが、多くの貴人(民とは呼ばせない)がいずれ気が付くことは想定内なのか?
次々に貴人を陥れる手を編み出してくるが、そのシステムを枯れさせる手を考える人が現れてもよさそうなのだが、どうして現れないのか不思議である。
世界中の貴人はがんじがらめにさせられて檻の中に住まわされている。
一人として檻の外にいる者はいない。
なのに、なぜ・・檻から出ようとしないのか。
一人の自由人が今世紀に出てくるのではないかと、期待して見ている。
それが日本人ならば素晴らしいことだ。
その者が次の人類となるのだろうが、想像もつかない代物になりそうだ。

16. 2016年1月31日 21:10:52 : kIUZkXXTTE : AbfWAdqPqGM[1]
甘利明は切腹もの
介錯無し 血液が全部流れ出るまで 苦しんで苦しんで 悪事を反省する時間を与える。

17. 空虚[116] i_OLlQ 2016年1月31日 22:36:12 : msp6UTUmkQ : @Ta3FJZdOoE[1]
隠匿退蔵物資事件捜査部(地検特捜部)

連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた隠匿退蔵物資を摘発して
GHQの管理下に置くことを目的に設置された。
・・・だそうな。
G・H・Q のトレジャーハンターってこと?

すげぇーなぁーおいぃー!

どぉー間違えて正義の味方になるってか?

電気式白痴製造紙芝居に、ホイホイ登場するわけだわ。


18. 2016年1月31日 23:12:52 : GmU49GOvnY : IF6kOK@5qbc[3]
事務所の家宅捜索いつ?秘書の逮捕は?自民党には捜査が及ばないってネ

19. 空虚[117] i_OLlQ 2016年1月31日 23:48:25 : JnQWqBaueg : vVSvZScr1Wg[1]
>>15

おもしろい!キリスト教ではイエス(神の子)、創造主の伝道者。
イスラム教ではムハンマド、つまり神の意思の預言者。
仏陀は五時八教中の法華経の中に、仏の成仏の因を証明する場面を説く。
大いなる善意の出現は、ある時は創造主ある時は預言者、ある時は仏と名を変え
場所を変えて出現する。

三大宗教の最後尾、仏の出現の証明者とは、地湧の大菩薩群。
無数の大菩薩が大音響と共に地面から湧き出て来て、仏の正当性を
証明するというストーリーでしたね。

その大菩薩群とは、貴人の群れそのものではありませぬか?
貴殿の仰る「貴人」の群こそが、大いなる善に覚醒した未来の人類の姿では?

古の貴人が未来に託したストーリーは、偽りの宗教指導者らによって歪曲・隠蔽
されてきたのでしょう。

思想・宗教・科学・物理学・芸術・伝統・文化etc 人類の叡智は
すべてが邪悪な権勢によって貴殿の仰る如く檻の中に封じ込められてしまっている。

阿修羅に見え隠れする「貴人」達の連携こそが、邪悪な権勢に対抗する
希望ですねぇ…。

この思い、スレ違いで削除かな。 (苦笑


20. 2016年2月01日 20:13:03 : vYoy3YAWfk : 8NIPL1Xsdc0[34]
今回一色氏がわが所有する証拠は雑誌社なり、野党国会議員にコピーしてもすべて渡しておくべきである。
検察の捜査が入り証拠物件のすべてを押さえられれば、不利な証拠は検察庁舎の中でなぜか紛失させられる恐れがあるからである。
録音したものはネットに流してしまうのがいいかもしれぬ。
それを証拠価値がない、などと法廷で否定しようが国民に、あるいは世界に黒いイメージをぬぐいきれない決定的心証を与えた場合に裁判所は無視はできないだろう。
信用できない司法の場での闘争よりは法廷を超えた場での闘争というものを考えてもいいのではないか。

21. 2016年2月02日 02:04:45 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[169]
  甘利氏が述べたのが真実ならば、確かに口利きの謝礼金とは思わずに、何だか知らないが持って来たので受け取って置き、収支報告書に記載すれば良い、と考えたのであろう。多分、いつもの事なのではないか。
  本来は、大臣ともなれば様々な誘惑があり、迂闊に金品は受け取れない筈であるが、認識が一般人とは違うのだろうか、真に信じ難い事であるが。
  この時点では、納税者には関係が無い、と甘利氏は考えており、単に事業者による献金程度の認識であったろうが、こういう献金が補助金や交付金の支出となりトラブルの補償金となって、納税者が関与出来ない血税の流出に関係するという考えに至らないのは、代議士としては致命的であることは確かだ。
  つまり、政財官の護送船団ムラにとっては、安倍首相がいみじくも国会で吐露したように、「国民から吸い上げた金」は、どこにどう使おうと集めた者の自由、という感覚に満ちており、料亭に集まっては一献傾けながら、国税の使い途を勝手に構想しているのであろう。
  料亭で話す金の単位が億円であれば50万円は一般人の5千円か5万円程度の価値でしかないのであろうか。だから安易に懐に入れる事が出来たのだろうか。
  ところが、薩摩興業にしてみれば恐らく中小事業者ゆえ、50万、100万は大金であろう。大臣がポケットに入れたままであっては憤慨するのは道理である。
  いずれにしても、総理や閣僚の金銭感覚のマヒが有るとすれば重大である。
  人の金(納税者の納めた血税)と日銀が刷った円札が、どんなトラブルか知らないが、URによる2億の補償金となったり補助金や交付金となり、かつまた無数の政府系機関への天下り幹部級公務員の法外な報酬になるなど、野放図な血税の流用が白昼堂々を行われていることに今更ながら驚愕するのである。
  本来はこのような血税の流用を防ぐために立法府に置かれているのが政権党であるところ、彼らは全くその機能を果たしておらず、行政機構と一体化して血税の流用に精を出しているのである。
  日本は、立法府に行政歳出事務の管理監督者が存在しない。CEOのいない株式会社のようなものである。これでは経営破綻を予知することは不可能だろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ