★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 926.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
衆参ダブルで違憲立法だ この選良の執念の訴えを聞け(サンデー毎日)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/926.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 10 日 00:04:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

衆参ダブルで違憲立法だ この選良の執念の訴えを聞け
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2016/02/21/post-670.html
サンデー毎日 2016年2月21日号


倉重篤郎のサンデー時評 連載87

 国会が浮かれている。

 何に浮かれているか? 衆参ダブル選挙モードに浮かれている。

 安倍晋三首相からすれば、面白くてたまらない政局だろう。この野党の弱体ぶりでは、参院だけの選挙でも自民党は単独過半数(122議席)を回復するであろう。あの1989年の「山が動いた」選挙から27年ぶりの快挙となる。

 さらに色気を出して衆参ダブルに持ち込めば、その相乗効果による議席の上積みが期待でき、改憲勢力だけで発議に必要な3分の2(参院の場合162議席)まで届く可能性も見えてきた。しかも、その決断は急ぐ必要もない。5月まで待って、経済状況、その他を勘案して決めればいいことだ。

 安倍氏周辺のこういった思惑が、国会全体を染め上げている。議員たちは腰が据わらず、ダブルを念頭に地元を走り回っている。この時代の節目の大事な時期ではあるが、国権の最高機関たる立法府の威厳と風格がどこにも見られない。ただ票亡者たちの権力におもねる妄執のみが浮き上がる。

 そんな中、ある小さな、だが、政局を切り裂く声が響いてきた。

 その選挙、ちょっと待った。選挙法そのものが違憲立法である。安倍さん国民に陳謝せよ。という。

 声の主をただした。

 参院議員の脇雅史氏(71)である。前自民党参院幹事長。参院の1票の格差是正を検討する協議会の座長として、大胆な抜本改革案を取りまとめたが、自民党内の抵抗勢力につぶされ、それに抗議して参院自民会派を離脱した(20015年7月)人物だ。我がコラムでも二度ほど登場していただいた。

 脇氏曰(いわ)く。衆参両院の1票の格差訴訟では最高裁からこの5年間で5本(衆院3本、参院2本)の違憲状態判決が出たが、立法府は違憲立法状態で居直っている。

 特に、直近の15年11月25日の衆院に対する最高裁判決は深刻である。それまでの判決がなかなか抜本改善を図らない国会の不作為に対して違憲状態を指摘していたのに比して、今回は国会がこれによって違憲状態を脱したと胸を張っている作為(13年6月成立の衆院定数0増5減法)そのものに対して、それでもダメだと「ノー」を突き付けられたからである。

 ◇法治国家の成り立ちを問う! 時の流れに左右されない根源的な批判

 確かに、安倍氏は首相として14年1月から2月にかけて3回、「(0増5減法成立により)違憲状態は解消されたものと考えている」と答弁、その解釈に基づき同年12月解散総選挙に踏み切った。

 脇氏によると、15年判決が出た以上は、これは内閣による明確な憲法99条(憲法尊重擁護義務)違反になる。内閣の憲法違反という前代未聞の事態に対しては安倍氏が国民に、あれは違憲立法でしたと陳謝、法案審査した内閣法制局長官の責任を問うべきだ。「ほっかむりはおかしい」というのだ。

 参院に対してはもっと厳しい。

 衆院はまだ最高裁判決が例示した「2倍以内」という法理に沿って収めようとしたからまだ救いがある。だが、参院が15年7月28日に成立させた10増10減案は直近の14年11月26日判決の法理を確信犯として逸脱している。つまり、10増10減案の背景には、投票価値の平等は衆参とでは違う、という認識があるが、脇氏によると、これは14年判決にある「参院は衆院と共に国権の最高機関として適切に民意を国政に反映する機関としての責務を負っており、参院選挙であること自体から直ちに投票価値の平等の要請が後退してよいと解すべき理由は見いだし難い」とする法理に反する、というのだ。脇氏に言わせると参院は判決にたてついた、ということになる。

 立法府が最高裁判決をそれほど軽視していいのだろうか。これが脇氏の問題意識である。立法府の中には、いまだに最高裁何するものぞ、国民に直接選ばれた立法府こそが一番との意識がある。しかし、日本は三権分立であり、憲法81条は、最高裁を法律が憲法に適合するかどうかを決定する終審裁判所と定めている。その最高裁が違憲性をかくまで声高らかに、しかも何度も明確に指摘しているテーマは他にない。しかも、ついにその指摘は時の政権が合憲と言い張る法制までをターゲットにするに至った。1票の価値をめぐる50年にわたる司法vs.立法の闘いがついに抜き差しならぬ新しい局面に入った、というのである。

 このままだと法治国家としての体面を失う。まずは、中国に対しこれ見よがしに日本こそ法の支配を体現する国家であると言えなくなる。しかも、選挙に入れば少なくとも参院は無効判決が出てくる可能性がある。司法はその性質上、引き返せない。むしろ、その確信犯的な違憲行為に対してより厳しい判決を出すだろうと予測する。

 ただ、この問題の重さを理解している人は少ない、と脇氏は言う。年が明けて各党や衆参両院議長への公開質問状を、内閣に対しては質問主意書を順次出してきたが、同僚議員の反応もメディアの関心も薄い。ある意味たった一人の異議申し立てである。

 この議論は重要だ、というのが私の直感である。安倍政権は例の安保法制で、1959年の砂川最高裁判決をもって、よって立つべき法理だとした。それだけ大事な最高裁判決をこと1票格差で軽視するわけにはいくまい。ダブル選挙の可能性が依然として高く、改憲が争点になることを考えると、そもそもの選挙法の違憲性という問題がまずは議論されるべきだろう。

 脇氏はこの選挙で引退する。「15年11月判決が事実上違憲立法と認定しているのに皆さん何も感じてない。これではだめだと思い、最後の仕事にしようと思った」

 選良への期待とは、時の流れに右往左往するのではない。毅然(きぜん)と根源的な批判をする気骨である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月10日 00:18:11 : 0t2IEpX7dU : JeRc7_qf3Mk[3]
官邸の策略に踊らされて
「野党の体たらく、頼りない野党」といった安倍が舌なめずりして喜ぶ
自民を有利にするワードさえ口にしなければ普通に野党は勝てるよ

「野党はだらしないから自民に投票するしかない」と国民に刷りこむよって政権を維持しているのだから


2. 2016年2月10日 01:00:50 : sWA8z9dBGo : IE__jlOorZE[2]
弁護士連合会が訴訟して違憲状態、あるいは違憲判決が出ているが、国民の代理で行っている訴訟と考えて良い。国民としてはどうすれば良いか?
今の状態のままなら選挙は無効か、有効かの国民投票を要請することになるのか?
最高裁は判決を出したのだから、それを受けて国民が直接指示する、そういう理屈だと思ったが(素人)。

3. 2016年2月10日 09:14:05 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1015]
Domestic | 2016年 02月 10日 00:51 JST
自民執行部、議員定数削減を明記

 自民党は9日、衆院選挙制度改革について議員定数の削減方針を明記する執行部案を固めた。2020年の大規模国勢調査を踏まえ、都道府県別の議席配分を見直して削減するのが柱。10日に開催する選挙制度改革問題統括本部などの合同会議で提示する。

 現職議員が多いため、党内は慎重論が根強いが、党総裁の安倍晋三首相が定数10削減を盛り込んだ有識者調査会答申を尊重するよう求めたことに配慮した。

 執行部案は定数削減幅には触れていない。

 大島理森衆院議長は、調査会の答申に対する各党の見解を22日に聴取する予定で、執行部は党見解を取りまとめるため、早期に一任を取り付けたい考えだ。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016020901002560


4. 2016年2月10日 12:27:07 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1021]
Domestic | 2016年 02月 10日 11:52 JST
自民、20年国勢調査で定数削減

 自民党は10日午前、衆院選挙制度改革に関する有識者調査会の答申をめぐり、選挙制度改革問題統括本部などの合同会議を党本部で開き、2020年の国勢調査結果に基づき、答申に盛り込まれた議員定数の10削減を受け入れることを了承した。その上で、最高裁が「違憲状態」と判断した「1票の格差」の是正を優先させる必要があるとして、当面は現行定数のまま都道府県内の小選挙区区割り変更を行う。

 統括本部長の細田博之幹事長代行は終了後、記者団に、定数削減の内訳は答申に沿って小選挙区6、比例代表4を基本とする考えを示した。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016021001001112


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ