★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 150.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
島尻、丸川、岩城、高木・・・まだまだ続く安倍閣僚の問題発言&能力不足の露呈(日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/150.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 2 月 11 日 09:51:27: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://mewrun7.exblog.jp/24127660/
2016-02-11 08:32

安倍内閣&自民党は、甘利前経済産業大臣の口利き疑惑が起きても尚、支持率が衰えず。このまま、何とか幕引き&逃げ切り体制にはいりたいところだったのではないかと思うが・・・。

 今週にはいって、安倍内閣では、高市総務大臣の「電波停止」発言が、野党や識者から非難されることに。(-_-)
 また、自民党では育休宣言で注目が集まっていた宮崎謙介議員(衆院)が、よりによって妻が出産のため入院している間に、自宅にタレントの女性を連れ込んでいたというスキャンダルが発覚して、党内からも批判の声が相次いでいるような状況にある。(~_~;)

 甘利、高市、宮崎氏に関する3件に関しては、また別立てで続報を書くとして・・・。実は、安倍内閣の閣僚の問題は、これだけにとどまらないのだ。(@@)

 まず、島尻安伊子沖縄北方担当大臣が、北方領土の担当閣僚であるにもかかわらず歯舞(はぼまい)が読めず、大ヒンシュクを買うことに。 (゚Д゚)

 また、丸川珠代環境大臣が、福島の除染に関して被ばく量の基準を「反放射能派・・・当時の環境大臣が勝手に決めた」などと発言して物議をかもし、当時の細野環境大臣と国会で対決する場面があった。

 さらに、(あまりTVなどでは報じられていないのだけど)岩城光英法務大臣が国会質疑で、担当する事項に関してまともに答えられないことが発覚、何度も委員会審議が中断することになったため、大臣としての資質、能力が問題視され始めている。(-"-)
<あまりに「???」なんで、安倍首相が代わりに答弁するシーンも。終わってるよね。(・o・)>

 す〜っかり野党と国民をナメている安倍内閣は、と〜っとと予算審議を進めて、2月中にも予算を成立させる気でいるようなのだが。一難去って(いや、一難去らぬうちに?)また一難で、苦戦を強いられつつある。(@@)

* * * * *

 まずは、島尻沖縄北方担当大臣の「はぼ何だっけ」の話を・・・。
 
 2月7日は北方領土の日。内閣府は、北方領土&その返還活動について、多くの国民が関心を持つように、「北方領土に関するインタネット検定」を設けて、広報に務めている。(・・)

 ところが、島尻大臣は9日の会見で、よりによって、その北方領土に関する検定の告知するために、原稿を読んでいた際に「歯舞」が読めず。「はぼ・・・、何だっけ?」とクチにして、ヒンシュクを買ってしまったのである。(-"-) <もう3ヶ月も担当大臣やってるのにね〜。^^;>

『島尻沖縄北方担当大臣:「元島民の皆様の団体の、千島はぼ…何だっけ…(秘書耳打ち:はぼまい)え〜と〜、千島歯舞諸島居住者連盟、千島連盟ですね」
 北方領土の返還に向け、広報活動などを担当する島尻大臣は記者会見で、北方領土に関するインターネット検定を紹介する際、資料にあった「歯舞」が読めず、近くにいた秘書官が読み方を伝えました。(

『島尻安伊子沖縄・北方担当相は9日、閣議後の記者会見で、北方四島の一つである歯舞(はぼまい)群島について発言する際に「歯舞」を読めず、言葉に詰まる場面があった。島尻氏は昨年11月、北海道根室市を訪れて対岸の歯舞群島などを視察している。

 島尻氏は会見の冒頭、北方領土の元島民らでつくる「千島歯舞諸島居住者連盟」が取り組む「北方領土ネット検定」の活動を資料を見ながら紹介。団体名に言及する際に「はぼ、えー、何だっけ」と一瞬考え込み、秘書官に「はぼまい」と助け舟を出され発言を続けた。記者から「検定の初級編を受けた点数は」と聞かれると、島尻氏は「恥ずかしくて言えない」と言葉を濁した。

 政府関係者は「資料は『歯』と『舞』の間で行が変わっていて、読みにくかった」とフォローした。
 沖縄県選出参院議員の島尻氏は昨年10月の閣僚就任以降、沖縄県への公務は計9回もある一方で、北方領土関連の出張は1回しかない。(毎日新聞16年2月9日)】 

* * * * *

 これには北海道の高橋知事が、「ぜひ何回も何回も頭の中で言って、覚えて頂きたい」とのこと。

『「ぜひ何回も何回も頭の中で言って、覚えて頂きたい」。高橋はるみ北海道知事は10日、島尻安伊子・沖縄北方担当相が9日の記者会見で北方領土の歯舞(はぼまい)群島の「歯舞」を読めなかったことに苦言を呈した。
 高橋知事は「直近では、2月7日の『北方領土の日』に機運の盛り上げ運動をやった。そういった中で、『歯舞』という言葉をおっしゃることができなかったのは、大変残念です」と述べた。(朝日新聞16年2月9日)』

 「北方領土返還」の実現を大目標にしている安倍首相&超保守仲間たちも、相当、立腹している&呆れているに違いない。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 次に、丸川環境大臣が、福島の除染に関して、被ばく量の基準を「何の根拠もなく大臣が決めた」と発言して問題になっている件を・・・。

 実は、自民党は、以前から(反原発の菅元首相がいた)民主党政権下で決まった1ミリシーベルトという基準は厳しすぎて、実現困難だ(費用や時間、労力がかかり過ぎる)と批判していて。「科学的根拠がないのに勝手に決めた」「反放射能派(=原発反対派?)の影響だ」「地元への帰還や復興を困難にしている」として、一部には基準を変更すべきという声が出ているようなのだ。^^;
 丸川大臣が講演であえて被ばく量基準について語ったのも、そのような声をアピールする意図があったのではないかと察する。(-_-)

『丸川珠代環境相は7日、松本市内で講演し、東京電力福島第1原発事故を受けて国が原発周辺などで行っている除染で、基準となる年間被ばく量を1ミリシーベルトとしている点について、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」などと述べた。

 国際放射線防護委員会(ICRP)は、一般人の通常時の被ばく量を年間1ミリシーベルトと勧告している。民主党政権は事故当時、この勧告を基に、国が行う除染の基準を1ミリシーベルトに定めた。
 丸川氏は、国が行う除染の基準は厳し過ぎるとし「(除染が終わらないため)帰れるはずの所にいまだに帰れない人がいる」とも主張した。(信濃毎日新聞16年2月8日)】

* * * * *

 丸川大臣は9日、国会や会見でこの点を指摘され、講演についての記録や記憶がないが、自分の言葉足らずで誤解を与えたなら謝罪すると語ったものの、自らの発言は撤回しようとせず。当時の政権や大臣の基準決定に問題があったことを主張した。^^;

 そこで、10日には、衆院予算委員会で当時の環境大臣だった民主党の細野豪志氏が質問に立って、丸川大臣と直接対決を行なうことに。(・o・)
 丸川大臣はまた謝罪を行なったものの、暗に基準が厳しすぎることをアピールし続け、細野氏が撤回を求めても、それに応じようとしなかった。(-"-) 

『丸川珠代環境相が、東京電力福島第一原発事故に伴う除染などで国が長期目標として示している年間追加被曝(ひばく)線量1ミリシーベルトについて、「何の根拠もない」と講演で発言していたとして、9日の衆議院予算委員会で追及された。丸川氏は「こういう言い回しをした記憶は持っていない」と釈明した。(中略)

 丸川氏は、講演の記録がないとした上で「(目標は)除染だけでは到達できないので、総合的に見ていくといつも申し上げている」「(これまで)リスクコミュニケーションが十分ではなかったのではないかという趣旨だ」などと説明。一方、「もし誤解を与えるようであれば、言葉足らずであったということについてはおわびを申し上げたい」と陳謝した。(朝日新聞16年2月9日)】

『衆院予算委員会で10日午前、新旧環境相対決が行われた。東京電力福島第1原発事故後に国が除染の長期目標として掲げた「年間1ミリシーベルト以下」に対して「何の科学的根拠も相談もなく時の環境相が決めた」と発言した丸川珠代環境相を、当時の環境相である民主党の細野豪志政調会長が追及。丸川氏を陳謝に追い込んだまではよかったが……

 細野氏は冒頭、発言の有無を丸川氏にただした。丸川氏は「あいまいな記憶だが、そのような言葉遣いだった」と認めた。細野氏は当時、環境省内で議論し、福島県民とも相談して目標を決めたとしたうえで、「発言は完全に撤回したほうがいい」と迫った。
 丸川氏は「当時は野党だった。(1ミリシーベルトに決まるまでの)5ミリシーベルトが突然、消えた印象だった。細野議員の努力をなんら否定する、問題だと言っているわけではない」と釈明。発言撤回はしなかったものの、「福島のみなさまに誤解を与える発言をしたとしたら、本当におわびもうしあげたい」と陳謝した。

 細野氏はまた、丸川氏による「環境省はエコだなんだといっていればよかった」とする発言も紹介し「職員に失礼だ。この程度の認識で環境相をやるなら資格がない」と断罪した。(産経新聞16年2月10日)』

<どんどん超保守娘になっている珠代ちゃん。途中で何度か細野くんをキッと睨みつけた目が怖かったです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 そして、あまり知名度がないので、メディアからは注目されていないのだが。岩城法務大臣の答弁能力のなさが、問題視されるようになっている。(**)

 岩城氏は上智大法学部を出ているものの、一時サントリーで働いた後、出身地のいわき市に戻り警備員を経て学習塾を経営していたとのこと。いわき市議、福島県議、いわき市長などを経て、参院議員(3期)に。
 安倍首相の属する細田派の適齢期議員だったことから、今回、入閣することになったのではないかと思うのだが。(06年も官房副長官に任命してるので、仲がいいのかしらん?^^;)
 人生経験は豊富かも知れないのだが。難しい法律の知識はあまりないようなのだ。(~_~;)

『衆院予算委員会で岩城法相が答弁に窮する場面が目立っている。
 8日の審議では、民主党の緒方林太郎氏から環太平洋経済連携協定(TPP)に基づき外国企業と訴訟となった場合、国際機関の仲裁裁判所と国内裁判所の判決の効力の優劣を問われ、答弁がかみ合わず、何度も審議が止まった。
 竹下亘予算委員長から何度も「答弁できますか」と催促される場面もあった。

 9日の審議でも緒方氏らが引き続き岩城氏に質問を集中したが、この日も議論はかみ合わなかった。民主党内からは「役所が書いた答弁を読み上げるだけで、とうてい内容を理解しているとは思えない。今後も資質を問いただす」(中堅)との声が上がっている。(読売新聞16年2月9日)』<詳しい記事を*1に>

『昨年10月の内閣改造で新しく就任し、国会論戦に初めて臨む閣僚の答弁が不安定だ。安倍晋三首相が見かねて助け舟を出す場面もあり、与党内から苦言を呈する声も出始めた。
 際立つのは岩城光英法相だ。10日の衆院予算委員会で民主党の階猛氏から、特定秘密保護法で秘密指定された文書が会計検査院に提供されるか否かを問われた。法相は最初「特定秘密を理由に(会計検査に)支障は生じない」と答弁。

 階氏から「安全保障に著しい支障を及ぼす恐れがないと認めたとき」との限定条項があることを指摘されると、「(限定条項は)会計検査院にも適用される」「検査に必要な資料の提供については(限定条項の)適用がない」などと答弁が混乱した。ヤジや怒号の中で首相が答弁を代わり、「(法的には適用されるが)会計検査院に情報開示されないとは、およそ考えられない」と答えたが、階氏は「どっちが法相か分からない」と憤った。(朝日新聞16年2月10日)』

『岩城氏は「秘密事項の提供に変更はない」と答えた。しかし階氏が根拠を問うと、岩城氏は「法的に」「実務的に」と答弁が二転三転し、第1委員室は騒然となった。代わりに立った首相が「私が指揮監督権限を持っている。会計検査院に情報が開示されないことは、およそ考えられない」と断言。周囲からは「過保護ではないか」とのヤジも飛んだ。(産経新聞16年2月10日)』

* * * * *

 さらに、例の高木復興大臣の下着ドロ疑惑の追及も続いている。(>_<)

『高木毅復興相は8日の衆院予算委員会で、民主党の柚木道義氏から自身の女性下着窃盗疑惑について「複数回あったのか」と問われ、「違う。ない」と否定した。

 柚木氏は、高木氏の地元の福井県に直接足を運び、関係者に事情を聴いた結果だと言及。「昭和60年ごろは現行犯、平成元年から2年までの間に、警察署の中で高木氏から事情を聴いた人から話を聞いた。2年から4年には、若気の至りということで事件化しなかったとの話がある。時期がずれている」と指摘した。(産経新聞16年2月10日)』

* * * * *

 このような状況を受けて、公明党幹部がついに自民党に苦言を呈したとのこと。^^;

『自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長らは10日、東京都内で会談した。井上氏らは、衆院予算委員会での2016年度予算案の審議が山場を迎えることを踏まえ「大臣はじめ政務三役は緊張感を持って答弁し、国会外での発信にも十分注意力を持ってほしい」と指摘した。(中略)
 公明党の山口那津男代表も同日の党中央幹事会で「大臣、副大臣、政務官の答弁は歴史の評価に堪えられるようしっかりすべきだ」と述べた。(毎日新聞16年2月10日)』

 思えば安倍前政権も、07年の年初から次々と大臣の問題発言(柳沢厚労大臣の「子供を生む機械」発言、松岡農水大臣の「ナントカ還元水」問題とか)が出て、予算審議が荒れることに。そこから安倍内閣や自民党の支持率が落ちて、7月の参院選の大敗につながっかたわけで・・・。

 残念ながら、当時と比べると、今はTVメディア(特にニュース・ワイドショー系)が閣僚の諸問題をほとんど取り上げなくなっているので、どこまで国民にこの情報が伝わるのかは「???」なのだけど。
 巨大な安倍一強政権の壁を、ちょこちょことでも崩して行きたいと思うmewなのだった。(@@)

   THANKS 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[261] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年2月11日 09:59:20 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[202]

岩城の件は、報道されない、ってことも含めて“大問題”だな!

しっかし、昨晩の『ニュース7』も、25分にようやく国会の話題、
それも所要時間3分弱、『政治とカネの集中審議』でのメインテーマたる
『甘利っちの疑惑追求』に関しては、参考人の「言い訳」を短く流すだけ〜。

この国では、『自国の国会論戦』よりも『アメリカの予備選挙(のたかが1州)』だお大事らしい。
あ、宗主国ですから・・・???


2. 2016年2月11日 11:14:51 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[56]

村役場の下級吏員も勤まらないようなヤツらが

 国会議員でございとデカイツラして

   私利私欲のついでに

     国政の舵取りをしている

        安倍麻生「低知能悪党売国内閣」

       敗戦以来 何十年も騙され続けてきた一億の愚かな民草は

   蜂起暴動内乱を決意するか 餓死 野垂れ死にを覚悟するしかない

          もはや時間は残されていない  。。。


  


3. 2016年2月11日 11:57:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1045]
2016年2月11日(木)
主張
「建国記念の日」
特異な歴史観を押しつけるな

 きょう2月11日は「建国記念の日」とされています。祝日法は、第2条で「建国をしのび、国を愛する心を養う」日としています。この日はもともと戦前の「紀元節」です。明治政府が1873年、天皇の専制支配に神話によって権威を与えるため、架空の人物である「神武天皇」の即位の日としてつくりあげたもので、科学的にも歴史的にも根拠がありません。
戦前の「紀元節」を復活

 「紀元節」は戦前、日本を「神の国」として、国民を軍国主義と侵略戦争にかりたてるために利用されてきました。そのため戦後、主権在民や思想・学問の自由、信教の自由と政教分離などを定めた日本国憲法の民主的条項に反するものとして廃止されました。

 ところが50年前の1966年、佐藤栄作内閣が多くの国民の反対を押しきって祝日法を改悪し、「建国記念の日」と称して「紀元節」を復活させました。それは天皇の元首化など憲法改悪や軍国主義復活の企てと結びついたものでした。今年は、自民党政権が強行した「紀元節」復活から、ちょうど半世紀の節目となります。

 見過ごせないのは、第2次安倍晋三内閣の発足以降、政府が「愛国心」と結んで「建国記念の日」をことさら強調する動きを強めていることです。安倍首相は一昨年から「建国記念の日」を迎えるにあたってのメッセージを発表していますが、これは現職の首相としては初めてのことです。

 さらに、安倍内閣のもとで非科学的な歴史観や特異な文化論を国民に押しつける動きが強まっていることも軽視できません。

 昨年10月、安倍首相のもとに「『日本の美』総合プロジェクト懇談会」が発足しました。座長には俳優の津川雅彦氏が就任し、メンバーの構成も首相の「お友達」色が濃いと指摘されています。

 懇談会は「日本人の美意識や、自然への畏怖、礼節、忍耐といった日本人の価値観が表出した日本の文化芸術について、その振興と次世代への保存継承及び国内外へのアピール」のためのプロジェクトを提案し、6月ごろに報告書をとりまとめるとしています。驚くべきことに、会合で津川氏は、日本映画の世界市場開拓のためとして、神の子孫が天皇家につながるとする神話の一つ「天孫降臨」のアニメ化まで唱えています。

 こうした動きは安倍首相自身の歴史観とも結びついています。安倍氏は、著書『美しい国へ』(06年)のなかで「日本の歴史は、天皇を縦糸にして織られてきた長大なタペストリー」「日本の国柄をあらわす根幹が天皇制」といった見方を再三のべていました。

 そして、第1次安倍内閣は06年、教育基本法を改悪し、教育の目標に「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」態度を養う(第2条)ことを盛り込みました。
憲法まもる世論と運動を

 自民党の「憲法改正草案」(12年)は、前文で日本国を「天皇を戴(いただ)く国家」とし、第1条で天皇を「日本国の元首」と明記しています。9条改悪=「国防軍」保持や「緊急事態条項」など「戦争をする国」づくりの狙いと一体のものです。

 50回目の「建国記念の日」にあたり、特異な歴史観の押しつけを許さず、憲法をまもる世論と運動の発展を心から呼びかけます。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-11/2016021101_05_1.html


4. 2016年2月11日 19:03:12 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[143]
気緩めて ボロを出し合う 大臣衆

5. 2016年2月12日 14:57:14 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1065]
Domestic | 2016年 02月 12日 00:35 JST
島尻氏「一瞬詰まった」と釈明

 島尻安伊子沖縄北方担当相は12日の記者会見で、北方領土の一つである「歯舞群島」を読めなかったことについて「(これまで略称で読んでいた元島民の団体を)正式名称で呼ばなければと思い、一瞬詰まった」と釈明した。

 島尻氏は、北方領土の元島民でつくる団体「千島歯舞諸島居住者連盟」に言及する際、読み進められなくなった。これまでは略称の「千島連盟」と呼んでいたという。

 これに関し、島尻氏は会見で「参院の委員会(のメンバー)や閣僚として現場を視察しており、歯舞は読める」と述べた。

{共同通信}

http://jp.reuters.com/article/idJP2016021201001657


6. 2016年2月12日 15:04:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1067]
2016年2月12日(金)
閣僚の問題発言次々
「電波停止」圧力 原発被害者に背 基本知識の欠如

 甘利明前経済再生相の口利き疑惑に幕引きをはかる安倍晋三首相のもとで、憲法軽視や大臣の資質そのものが問われる暴言・発言が相次いでいます。マスコミの世論調査での「高支持率」におごりたかぶった姿勢があらわです。
■自由抑圧

 高市早苗総務相は8日の衆院予算委員会で、政治的に公平でない放送を繰り返したと判断した場合に、電波法76条に基づき電波停止を命じる可能性に言及。9日の同委員会では「9条改憲に反対する内容を繰り返し放送した場合」の対応を問われると、「罰則規定を一切適応しないということは担保できない」と、重ねて「電波停止」の可能性を示しました。菅義偉官房長官は「高市大臣の言っていることは当たり前のこと」(9日の会見)と発言を当然視しています。

 放送法は、戦前の放送が戦争遂行の機関となった反省を踏まえて、権力からの独立を何よりも大事にしており、同法3条は放送番組について「何人からも干渉され、または規律されることがない」と定めています。高市氏や菅氏の発言は、こうした放送法の精神や憲法が保障する「表現の自由を」を踏みにじるものです。

 「憲法を守れ」という内容の放送を、憲法尊重擁護の義務を負う政府が「電波停止」してまでやめさせることを否定しない態度は重大です。安倍首相や自民党幹部は、連日のように9条の明文改定に言及しています。高市氏の発言は、安倍政権の憲法じゅうりんの体質をますます露骨に示すものです。
■決めつけ

 福島原発事故の被害者の気持ちを踏みにじる発言が報じられたのは、丸川珠代環境相です。

 丸川氏は7日の長野県松本市内の講演で、国が除染の長期目標として定める年間被ばく線量1ミリシーベルトについて「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ(線量を)下げても心配だという人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」と述べました。(信濃毎日新聞8日付)

 丸川氏は9日の衆院予算委で、発言の「記憶はない」としています。しかし、発言が事実ならば、原発事故に対する国の責任の重さの認識もなく、家族が離れ離れで暮らさざるを得なくなるなど苦痛を強いられた被害者に寄り添う姿勢を持ち合わせていないことを示すもので、「除染」にかかわる環境相としての資質が問われます。
■会見醜態

 島尻安伊子沖縄北方担当相は9日の会見で、担当である千島問題に関して「歯舞(はぼまい)諸島」の漢字が読めないという醜態をさらしました。10日の衆院予算委で「関係者のみなさまに心配かけたとすれば申し訳ない」と謝罪に追い込まれています。

 北海道の高橋はるみ知事は「大変、残念だ。何回も何回も頭の中でいってもう一度覚えていただきたい」と苦言を呈しています。

 島尻氏はこれ以前にも重大な問題発言を行っています。昨年12月15日、名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄県の翁長雄志知事の姿勢が来年度の沖縄振興予算に関係するか問われ、「全く影響がないというものではない」と発言。自民党県連からも強い批判を受け、事実上の撤回に追い込まれています。

 沖縄担当相として、沖縄振興予算と基地問題をリンクさせた発言を行ったのは島尻氏が初めてです。本来なら、この時点で大臣資質が失われたと判断して当然でした。
高市総務相

 9条改憲反対の内容を繰り返し放送した場合の電波停止について問われ、「(将来の総務相にわたって)罰則規定を適応しないということは担保できない」(9日、衆院予算委員会)
丸川環境相

 年間被ばく線量1ミリシーベルト以下について「何の根拠もない」(7日、松本市内の講演)
島尻沖縄北方担当相

 「歯舞諸島」を読めず、「はぼ…なんだっけ」と詰まる(9日、記者会見)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-12/2016021201_03_1.html


7. 2016年2月14日 23:14:36 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1119]
=====================================「歯舞」読めなかった島尻氏なでしこをスラスラ激励

日刊スポーツ 2月14日(日)20時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000146-nksports-socc.view-000http://www.nikkansports.com/soccer/japan/photonews/photonews_nsInc_1604363-0.html
女子サッカーの代表候補合激励に訪れた島尻沖縄北方担当相(前列中央)(撮影・上田悠太)

 「歯舞(はぼまい)群島」を読めなかったことで話題の島尻安伊子沖縄北方担当相が14日、女子サッカー代表候補の沖縄合宿に訪れた。

〖写真〗なでしこ佐々木監督リオへ手倉森流ターンオーバー
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/photonews/photonews_nsInc_1604363-0.html

 今度は言葉に詰まることなく、スラスラ選手やスタッフを激励した。「女性の時代です。ここで練習したみなさんが活躍してくれることを念じております」。記念撮影後には佐々木監督とも談笑し、「日本を代表して、男子に続き、リオ五輪へ頑張ってください」と伝えた。

 島尻氏は9日の記者会見で、「千島歯舞諸島居住者連盟」と述べる際、手元の資料にあった「歯舞」について「はぼ、何だっけ」と、読み進めなくなった。そばにいた秘書官が「はぼまい」とフォローしていた。その後、「正式名称で呼ばなければと思い、一瞬詰まった」などと釈明していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000146-nksports-socc
=====================================


8. 2016年2月17日 01:58:58 : QwSJqTi4ms : dX45fL1aOQk[2]
岩城光英、福島県の恥です。
大臣になれたのも福島知事選挙で岩城が県連代表だった自民党福島県連が擁立した候補者が民主が擁立した現内堀知事に勝てないと判断した党本部が内堀に相乗りを
決めた。県連はそれに反発したが岩城が言い含められ責任をとって県連代表を辞任したのだがここで取引があったのだろうと想像していたが案の定だった。
無能大臣が出来てしまった。法務大臣だったら役人がカバーできるだろうと考えたのだろうが甘かった。福島出身の者だったら環境か復興大臣をやりたいぐらいの意気込みがあってもよいと思うが根本も影のうすい大臣だったので自分も自信がなかったのだろう。
福島県の県会議員、国会議員は永久に不毛だ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ