★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 231.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<北朝鮮>拉致調査中止、特別委員会を解体 日本制裁に反発(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/231.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 13 日 00:08:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

<北朝鮮>拉致調査中止、特別委員会を解体 日本制裁に反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000126-mai-kr
毎日新聞 2月12日(金)22時29分配信


 【ソウル大貫智子】北朝鮮による4回目の核実験と事実上の弾道ミサイル発射実験に対し、日本政府が送金原則禁止などの独自制裁を決定したことを受け、北朝鮮は12日、日本人拉致被害者の再調査を全面的に中止し、拉致問題に関する「特別調査委員会」を解体するとの談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮に制裁を科す一方、対話を継続して拉致問題解決を目指す方針の安倍政権に北朝鮮は強い不快感を示した。北朝鮮が拉致被害者らの再調査を約束した2014年5月の「ストックホルム合意」は風前のともしびとなった。

 政府が10日決定した日本の独自制裁は、人道目的かつ10万円以下を除く北朝鮮への送金禁止などが柱。このうち、北朝鮮籍者の入国禁止や在日北朝鮮当局者らの再入国禁止などの措置は、ストックホルム合意に基づき一部解除したものを復活させた。

 これに北朝鮮側は激しく反発。12日に特別調査委員会談話を発表し「政府間会談で成し遂げられた合意まで破棄する日本政府の背信行為に対し、我々は極度の嫌悪感と湧き上がる憤怒を禁じることができない」と批判した。

 談話では「すべての日本人に関する包括的調査を幅広く行い、行いうる誠意と努力を尽くした」と調査を進めていたことを強調。日朝合意に関係のない問題を理由に制裁を決定したとして「(日本)自らがストックホルム合意の破棄を公言したことになる」と主張した。

 日朝両政府は14年5月26〜28日にスウェーデン・ストックホルムで開催した日朝の外務省局長級協議で、北朝鮮が日本人拉致被害者の「包括的かつ全面的」な再調査の実施を約束し、調査開始時点で「人的往来の規制措置」など、日本が独自に実施していた制裁を一部解除することで合意した。

 これを受け、日本政府は横田めぐみさん(行方不明時13歳)ら政府認定の拉致被害者17人のうち、行方の分からないままの12人と、警察庁が認めた拉致の疑いが捨てきれない、いわゆる「特定失踪者」に関するリストを北朝鮮側に提出し、調査を求めた。

 一方、北朝鮮側は「特別調査委員会」=徐大河(ソ・デハ)委員長=を設置。「拉致被害者」「行方不明者」「日本人遺骨問題」「残留日本人・日本人配偶者」の4分科会を設け、日本人に関する包括的な調査を実施するとしていた。

 北朝鮮側は「調査は1年程度が目標。調査状況は随時報告する」としていたが、これまで一度も報告はなかった。

 ストックホルムでの協議では、日本側は北朝鮮による核・ミサイル開発や朝鮮半島の緊張を高める挑発を自制するよう求めていた。ストックホルム合意では、日本側がとるべき措置として独自制裁の一部解除など7項目、北朝鮮側がとるべき措置として日本人の包括的調査など7項目を速やかに実行することにしていた。

 【ことば】ストックホルム合意

 北朝鮮による拉致被害者の再調査と、日本の独自制裁の一部解除を柱とする日朝政府間の合意。2014年5月下旬にスウェーデン・ストックホルムで行われた政府間協議を経て、同月29日に発表された。北朝鮮は拉致問題を含めた全ての日本人に関する調査を包括的に実施し、日本側は人道目的の北朝鮮籍船舶の入港禁止措置を解除することなどを決めた。北朝鮮は同年7月、特別調査委員会を設置したが進展はなく、結果報告の見通しも立っていなかった。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月13日 00:10:07 : fOUgc9sLEc : tHAyvy@l0n0[7]
<拉致調査中止>「想定内」政府、北朝鮮との対話継続へ
毎日新聞 2月12日(金)23時27分配信

 北朝鮮が特別調査委員会による拉致問題を含む調査中止を発表したことについて、政府高官は12日夜、「想定内だ。政府の姿勢は変わらず、調査の報告を求めていく。北朝鮮側も対話をやめたいとは思っていない」と述べた。政府は拉致問題の解決に向け、北朝鮮との対話を継続する方針だ。

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、日朝両政府による2014年5月のストックホルム合意について「一日も早い拉致被害者の帰国を実現すべく全力を尽くす。合意を破棄する考えはない」と述べていた。【高本耕太】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000133-mai-pol


2. 2016年2月13日 00:22:14 : ODeeitRNKQ : mYS5wbMgQ3g[2]
北朝鮮への渡航自粛要請=外務省が制裁発動
時事通信 2月12日(金)20時8分配信

 外務省は12日、北朝鮮に対する独自制裁の一環として、日本から北朝鮮への渡航自粛要請を実施に移した。

 国・地域別の海外安全情報を特集した同省ホームページで告知した。

 渡航自粛要請は、人的往来規制として政府が10日に決定した措置の一つ。強制力はないが、日本人の渡航を抑制することで、北朝鮮にわずかな外貨獲得の機会も与えないなどの狙いがある。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000142-jij-pol


3. 2016年2月13日 01:37:31 : ODeeitRNKQ : mYS5wbMgQ3g[4]
朝鮮総連、独自制裁の撤回要求=日朝合意「破棄する行為」
時事通信 2月12日(金)18時51分配信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の南昇祐副議長は12日、総連中央本部(東京都千代田区)で記者会見し、事実上の長距離弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対する日本政府の独自制裁について、撤回を求める声明を発表した。

 南副議長は独自制裁が、拉致問題に関する2014年5月のストックホルム合意を「一方的に破棄する行為」だと非難した。

 北朝鮮はストックホルム合意で、拉致被害者らの再調査を約束している。菅義偉官房長官は12日の会見で、「合意を破棄する考えは、わが国にはない。対話を継続し、一日も早い拉致被害者全員の帰国実現のため、しっかり取り組みたい」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000131-jij-kr


4. 2016年2月13日 01:45:23 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[36]
行き詰まったアベの仕掛けたこと
人工衛星にミサイルと難癖つけて
国民を犠牲にして
バカの体面を保とうする
アベは金正恩とマブダチだ
ヒトラーとスターリンが
仲が良かったように

5. 2016年2月13日 02:10:10 : Q09irJXfLQ : FmD7gp_0rvU[1]
<拉致調査中止>北朝鮮さらに強硬策も 日本の反応うかがう
毎日新聞 2月12日(金)23時32分配信

 北朝鮮が日本人に関する包括的な調査を全面中止して「特別調査委員会」を解体すると宣言したのは、委員会の設立時に解除された制裁を日本側が復活させたことへの対抗措置だ。北朝鮮は「ストックホルム合意を日本側から破った」と判断しており、今後事態が変わらなければ、一方的に調査内容を公表するなど強硬措置に転じる可能性もある。

 北朝鮮は特別調査委の役割について、「すべての日本人に関する調査」との側面を強調してきた。調査委の設立以降、拉致問題のように双方の立場に大きな隔たりがある課題より、立場の違いが少ない日本人遺骨の返還や残留日本人などの問題に焦点を当てる方針を貫いてきた。

 調査委は、日本の要求に従って検証を進めることで、日本側に真剣さを理解させる▽数次に分けて調査報告を発表するうちに、日本の世論が北朝鮮の本気度を評価して軟化する▽関係改善が進み、国交正常化交渉再開の道筋が見えた段階で「拉致問題解決への方向」を示すような最終報告を出す−−との段取りを考えていた。「不信感が根強い段階で多くの結果を報告しても、日本側からは『どうせ、でっち上げではないか』とたたかれる」(北朝鮮側関係者)という懸念が強いためだ。

 ただ、北朝鮮としてはこのまま調査委の活動を続けて拉致以外の調査結果を日本側に提示する構えを見せても、日本側の世論が軟化する見通しはないと判断した模様だ。北京の外交関係者によると、日朝間は非公式接触を繰り返しながら、北朝鮮がどのような調査結果を提示すれば日本側が受け入れられるか感触を探ってきたようだ。

 だが、日本側が、日本人遺骨の返還や残留日本人の問題ではなく、あくまでも拉致被害者の安否確認での進展を求めてきたため、調整は難航してきた。その結果、北朝鮮としても委員会の存在価値はほとんど見いだせず、いったん組織解体を宣言したようだ。

 北朝鮮は今回の宣言に関する日本側の受け止め方や反応を見極めたうえで、さらなる対抗措置を打ち出すとみられる。【西岡省二】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000134-mai-pol


6. 2016年2月13日 10:32:21 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1089]
Domestic | 2016年 02月 13日 09:28 JST
再調査中止「極めて遺憾」

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160213&t=2&i=1117115537&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016021301001370.-.-.CI0003
再調査中止「極めて遺憾」

 ⁅オタワ共同⁆岸田文雄外相は12日午後(日本時間13日朝)、北朝鮮が日本人拉致問題の再調査を行う特別調査委員会解体を表明したことに「一方的に調査中止を宣言したことは極めて遺憾」と述べ、拉致問題の解決のため最大限の努力を続ける考えを示した。カナダで記者団に語った。

 日本が拉致問題などの包括的調査を約束したストックホルム合意を破棄したとする北朝鮮の主張には「わが国としてストックホルム合意を破棄する考えはない」と強調。「拉致問題は安倍政権の最重要課題。北朝鮮から具体的な行動を引き出すために引き続き最大限努力する。こうした考えを北朝鮮に伝えていく」と語った。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016021301001196


7. 2016年2月13日 11:26:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1093]
Domestic | 2016年 02月 13日 11:00 JST
国際社会の圧力で解決を

 拉致問題の再調査を行う特別調査委員会の解体を北朝鮮が発表してから一夜明けた13日、拉致被害者の家族らからは、国際社会による圧力で問題解決を目指すべきだとの声が上がった。

 2014年7月に設置された特別委による再調査は、北朝鮮が報告の延期を通告するなどしたため進展がない状況だった。北朝鮮が日本政府の制裁強化に対抗する形で再調査を中止したことで、被害者の帰国がさらに遠のく可能性もある。

 家族からは政府の姿勢を支持する声が上がる。有本恵子さん=失踪当時(23)=の父明弘さん(87)は「米国や韓国と一緒になって制裁を強め、家族を取り戻してほしい」と話した。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016021301001466


8. 2016年2月14日 09:56:28 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1106]
朝鮮「特別調査委員会」が朝日政府間の
会談で遂げられた合意を破棄した
日本の背信行為を糾弾

日本政府は10日、われわれの水爆実験と衛星の打ち上げを口実にして国連の対朝鮮制裁とは別途に、日本が独自の制裁措置を先に取るということを決定した。

これには、2014年5月の朝日政府間のストックホルム合意に従って日本が部分的に解除した制裁措置を再び発動するとともに、人的往来と送金規制、資金凍結対象の範囲を拡大、強化する追加措置が含まれるという。

朝鮮民主主義人民共和国「特別調査委員会」は12日の談話で、初歩的な信義もなく政府間の会談で遂げられた合意までためらわずに破棄する日本政府の背信行為を糾弾した。

談話は、相手の誠意を挑発の根源とする悪習に染まっている日本の反動層は今回、朝日政府間の合意履行と全く関係のない問題を口実にしてすべての約束を弊履のごとく投げ捨て、われわれに真っ向から挑発をしかけたとし、次のように強調した。

われわれはすでに、日本の無分別な行為が招くことになる悪結果について聞き分けられるほど言ってやった。

にもかかわらず、安倍政権がすでに解除した制裁措置を復活させて追加制裁まで加えたのは、彼ら自身がストックホルム合意の破棄を公言したことになる。

日本が朝日関係を破局に追い込み、わが共和国とあくまで対決する腹黒い下心をさらけ出した以上、われわれの正当な立場を次のように闡(せん)明する。

第1に、2016年2月12日から朝日政府間のストックホルム合意に従って行ってきたすべての日本人に対する包括的調査を全面中止し、「特別調査委員会」を解体する。

第2に、日本の挑発的な反共和国敵対行為に対するより強力な対応措置が伴うことになるであろう。

こんにちの重大な悪結果を生じさせた全責任は、安倍政権が負わなければならない。

朝鮮中央通信

http://www.naenara.com.kp/ja/news/news_view.php?0+94481

まともな眼識を持って行動すべきだ 朝鮮中央通信社論評

〖平壌2月13日発朝鮮中央通信〗最近、米国のメディアが米行政府の数十年間の対朝鮮制裁の中でも朝鮮は自分の核能力を絶えず強化してきたので、米政府が問題解決の意志を持って朝鮮と平和協定を締結しなければならず、関係正常化も実現すべきだと主張している。
米国のウェブサイト「Reddit」に掲載された記事には、次のように指摘されている。
米国が数十年間にわたって制裁を加えてきたが、北朝鮮は自分の核能力を絶えず強化しただけでなく、北朝鮮で米国が願ういかなる騒じょうも起きなかった。
リビアのような国は、制裁に慣れていないのですぐ降伏したが、北朝鮮は数十年間にわたる制裁の中で生きてきたため、制裁が通じない。
米政府も、北朝鮮の核開発能力の拡大を防ぐ道は北朝鮮との平和協定の締結、関係正常化の実現などにあるということを知るべきであり、現実を受け止めて北朝鮮が国際社会の要求に応じられる条件を整えてやるべきであろう。
また、この前、米国の「原子力科学者ブレティン」1月号は記事で、世界が修辞学的な言葉だけを並べ立てるのではなく、核の危険を減らすために北朝鮮と関与することを主張した。
記事は、今は北朝鮮に対する孤立強化ではなく、北朝鮮と真しに対話をすべき時だと指摘した。
メディアの主張は一様に、米行政府が旧態依然とした対朝鮮敵視政策に執着するのではなく、大勢の流れと情勢の発展に合致するように行動すべきだということである。
数十年間、強行された米国の対朝鮮圧殺策動は、わが軍隊と人民の反米感情をより高調させ、朝米関係を爆発ラインに追い込んだことしかない。
これまでの数十年間、敵対勢力のさまざまな制裁と封鎖の中で生きてきたわれわれに制裁と圧力は絶対に通じない。
敵の増大する脅威と制裁の中で、われわれのチュチェの自立的経済の土台はいっそう確固と構築され、自主権守護のための核抑止力も日ごとに拡大、発展している。
多くの社会歴史的および政治的・軍事的問題点を抱えているきわめて鋭敏な地域である北東アジアの中心に位置している朝鮮半島では、米国の侵略的対外政策によって情勢が恒常的に激化している。
このような緊張状態を取り除き、より深刻な事態を防ぐための根本的で最優先的な方途は、米国の敵視政策に根源的にピリオドを打ち、朝鮮半島における恒久的かつ強固な平和保障システムを樹立することである。
米行政府は、旧態依然とした対朝鮮敵視政策に執着するのではなく、大勢の流れと情勢の発展を正しく見なければならず、まともな眼識を持って行動すべきであろう。−−−

http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ