★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 465.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<重要>☆劇的な展開が待ち受けているかもしれない甘利スキャンダルの行方−(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/465.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 18 日 11:23:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

<重要>★劇的な展開が待ち受けているかもしれない甘利スキャンダルの行方−(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sob1cn
17th Feb 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


甘利明前経済再生担当大臣は睡眠障害のため1か月間自宅で療養すると国会に届け出た。

これによって本人による疑惑の説明は先延ばしになった。

問題が発覚した時も甘利氏は「私の記憶と違う」と言って説明を1週間延ばした。

これらを見ると先延ばしにする事でしか安倍政権への打撃を弱める戦術はないということかもしれない。

民主党が公開した一色武氏と甘利氏の秘書との録音テープには、

秘書が積極的に補償交渉の指南をしている音声データがある。

薩摩興業がURから2億円を超える資金を引き出した背景に甘利事務所の力があった事は

間違いがないようだ。そして甘利氏自身が知らない話ではない事も本人の会見から推認する事ができる。

この口利き疑惑は秘書が自分の利益のために行ったものではない。

甘利明という政治家のために甘利明の政治力を利用して口利きは行われた。

それを本人の口から説明させる事が難しくなったのである。

しかしだからと言ってこの問題が終わりになる訳ではない。

権力は不利な状況になると国民の目をくらますため

次々に事件や出来事を起こすのが常とう手段である。

今回はその第一弾としてプロ野球のヒーロー清原和博容疑者の逮捕劇が発動された。

そしてこれからも目くらましは続くはずである。国民はそういう目で世の中を見ていれば良い。

そしてその目くらましより数十倍も面白いのが元の事件である事を忘れてはいけない。

清原和博容疑者の逮捕劇がすべて解明されたとしても

それで日本中がひっくり返る話にはならないが、

甘利スキャンダルには日本中がひっくり返るほどの劇的な要素が満載なのである。

まず甘利氏の辞任によって安倍内閣の人間関係の裏側が明るみに出た。

安倍総理が後任に選んだのは石原伸晃氏で、誰もが首をかしげたくなる人選だったが、

それに副総理の麻生太郎氏が疑問を呈した。

麻生氏は会見で石原氏を「経済に詳しくない」と切り捨てたのである。

人事の不満を会見という公式の場でこれほどあからさまに発言するケースは珍しい。

それを聞いてフーテンは「何が起きたのか」と衝撃を受けた。

これが安倍総理の考えた人事なら安倍総理と麻生副総理の間に大きな溝が出来ている事になる。

安倍総理が考えた人事でないのなら最高権力者に人事権がない事を意味する。

どちらにしても安倍政権の内部で力のバランスが崩れている事が露呈されたのである。

その後言われた事は、安倍総理は最後まで甘利氏の続投を模索したという話である。

それを押しとどめたのは菅官房長官だった。

菅氏は安倍総理の認識の甘さを指摘し、

検察が捜査に動いていると言って甘利氏擁護をやめさせ、後任に石原氏を推したというのである。

読売新聞が「東京地検がURから事情聴取を始めた」という記事を書き、

通常の検察捜査ならあり得ない記事の出方なので「おや」と思わせたが、

それが安倍総理を翻意させるために書かせた記事だったとしたら、

読売も菅氏の側に立って安倍総理の甘利続投方針をやめさせた事になる。

つまり政局のシナリオを書いているのは菅官房長官で読売に記事を書かせたのも菅氏ということになる。

そのシナリオに麻生副総理が不快感を表明したのである。

麻生氏と安倍総理は第一次政権以来の盟友関係である。

二人は小泉総理の政治路線を批判しそれとは異なる路線を確立した。

フーテンは当時の安倍政権を「AA連合」と呼んだ。

第二次政権ではそれに甘利氏が加わって「AAA連合」になる。

その連合が菅官房長官にしてやられたのである。

甘利氏と石原氏も極めてよろしくない。

そもそも甘利氏は山崎拓氏の派閥で跡目を狙っていたが、

石原慎太郎氏と山崎拓氏の関係で石原伸晃氏が途中入会し、跡目をさらって行った。

甘利氏は憤然として山崎派を抜け安倍総理と行動を共にするようになったのである。

甘利氏にしてみれば自分の後任に石原氏がなる事だけは認めたくない心境だっただろう。

従っていまだに大臣の引き継ぎも行われていないと言われている。

もはや安倍政権内の人間関係には不満と軋みが満ち、収拾できない状態になっていると

フーテンは思う。また甘利氏が心血を注いだTPP協定の批准は今国会の最重要課題だが、

それを後任の石原氏がやり切れるかには、麻生氏ならずとも大きな疑問符がつく。

しかしオバマ政権はこの国会で安倍政権が批准を成し遂げる事に大いなる期待を抱いているのである。

TPPは今月初めに参加12か国によって署名されたが、

条約が発効するためには各国の議会で批准される必要がある。

そして日本と米国のどちらかが批准できないとTPPは全く意味をなさないものになってしまう。

米国では議会で多数を占める共和党がTPPに批判的で、

また民主党内部にも反対の声がある。米国議会での批准は予断を許さない状況なのである。

そこでオバマ政権はなんでもいう事を聞く安倍政権に日本の国会で先に批准をしてもらい、

その勢いを借りて米国議会を説得するつもりでいるが、

日本が躓けばそれこそ米国議会の批准もおぼつかなくなる。

従って甘利スキャンダルは国際的な影響を与えうるスキャンダルなのである。

特に甘利氏は重要な部分を事務方を入れずに政治家同士で交渉したかのようなことを発言している。

それを石原氏に引き継ぎをしたのかが分からない状態で国会でTPPの議論が始まろうとしているのである。

とても安倍政権が万全の構えで今国会を乗り切ろうとしているようには見えない。

そこから最近では「4月解散説」が流されるようになった。

石原大臣の能力で批准は無理だと思われる事から

参議院選挙より前に衆議院を解散するというのである。

アベノミクスもごまかしが効かなくなり、閣内には問題発言の閣僚がぞろぞろいて、

しかも米国の期待に応える事も出来なくなるのなら「破れかぶれの解散」に踏み切るというのだ。

とても国家の将来を考えた所業とは思えないが、

しかし甘利スキャンダルが発覚した後の政権の動きを見ていると、

シナリオライターが複数いてそれが異なる方向を向いているように見える。

政権内部がバラバラな方向を向くような事になれば、

自民党政権は延命のためにシャッポの顔を挿げ替えるという事だってあり得る。

とにかくどんな目くらましの情報よりもこの甘利スキャンダルの行方に

劇的な展開が待ち受けているような気がする。

国民には決して忘れることなくスキャンダルの行方を見つめて欲しいのである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月18日 11:51:18 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[3]
 
 
 私は甘利事件は、安倍晋三による、清和会に潜む甘利派に対する内部粛清だと見ている。
 
 
 ● 甘利明   山崎派 → 甘利派 → 安倍側近
 
 ● 佐藤ゆかり 小泉チルドレン → 甘利派 → 大島派(山東派)→ 町村派(細田派=清和会)
 
 
 安倍晋三は本質的にマキャベリストで、裏切りの前科者は基本的に信用していない。
 
 しかし、主君を裏切って自分の下へ寄ってきた者は、有能であれば使う。
 
 使い切ったら、斬り捨てる。そのまま生かしておけば、今度は自分を裏切ることになるかもしれないから。
 
 
 甘利明はもともと山崎派だったが、2011年に「さいこう日本」という勉強会を立ち上げ、2012年の総裁選で山崎拓を裏切って安倍晋三の参謀になった。
 
 甘利明はTPP交渉で使ったが、もう仕事は終わった。
 
 「さいこう日本」は、甘利が首相を目指すための事実上の甘利派だった。
 
 
 その甘利明の「さいこう日本」に参加していたのが、元・小泉チルドレンの佐藤ゆかりだ。
 
 佐藤ゆかりは、山東昭子に近づいて大島派(現・山東派)に入ったものの、「さいこう日本」に参加し、機を見て甘利明が移った安倍晋三の清和会に自分も入った。
 
 このまま清和会に潜む甘利派を温存しておくと、安倍首相の座を狙いかねないし、安倍が後継者にしたい稲田朋美の身も危うい。
 
 渡り鳥の佐藤ゆかりは、あまり有能でないため、使いもせずに、安倍晋三は佐藤ゆかりを甘利明と一緒に粛清することにした。
 
 
 これらの一連の安倍晋三による権力維持の内部粛清のための情報源として大きな役割を果たしているのが、政府の秘密警察(IS)の存在だ。
 
 この秘密警察の幹部は、北村滋(内閣情報官)と石川正一郎(内閣官房副長官補付内閣審議官)。
 
 
 山東派会長の山東昭子氏の「ゲスの極み」発言も、これらの事情を知った上での発言ではなかったか。
 
■ 衆院に鞍替え成功したら「大島派」を捨てた「佐藤ゆかり」代議士
週刊新潮 2015年4月16日号
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/04200830/
 
 
 
 甘利事件をスクープした週刊文春の新谷学編集長は、安倍首相とも親しいが、春画問題で3ヶ月の休養明けの直後だった。
 
 春画問題は文芸春秋社の名目上の理由で、本当は昨年9月の自民党総裁選挙直前の安倍首相の健康問題の記事に対して、安倍晋三事務所が猛抗議したことが理由だろう。
 
 恐らく石破氏周辺がリークした情報に基づき、新谷学編集長も、親しい安倍首相もこの範囲なら黙認してくれるだろうと思って生地にしたが、安倍晋三が噛み付いて文芸春秋社に訴訟をチラつかせて猛攻撃した。
 
 それに怯んで編集長を休養させた、文芸春秋社の社長ら経営幹部が、わざわざ安倍首相を怒らすような記事を休養明け直後の新谷編集長に出させることはしないだろう。
 
 文芸春秋社も、権力側が持ち込んだ官製スクープであることを十分確認した上で、新谷編集長にスクープ記事を出させたと思われる。
 
 


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
2. 2016年2月18日 11:56:28 : KUUZT3Mzw6 : csAe28uCQpw[1]
>>1(訂正)
 
● 佐藤ゆかり 小泉チルドレン → 甘利派 → 大島派(山東派)→ 町村派(細田派=清和会)
 

3. 2016年2月18日 12:09:29 : geex2CH1hA : movrI6gS_AM[10]
 
 もし甘利スクープ事件の首謀者が、安倍晋三首相でないとしたら、

 政府の秘密警察を牛耳っているのは、菅義偉官房長官であるか、
 
 あるいは秘密警察の幹部の北村滋か石川正一郎、そのものだということになる。
 
 もしそうなら、それはもっと恐ろしいことだ。
 
 菅義偉官房長官は、ジョンソン大統領を目指しているのか。
 
 北村滋や石川正一郎は、アンドロポフ書記長か、プーチン大統領を目指しているのか。
 

 


4. 2016年2月18日 14:55:07 : GrAcgzPEJK : s2E@PN8YM5w[1]
>>麻生氏は会見で石原氏を「経済に詳しくない」と切り捨てたのである。<<
 
 こりゃさすがのノビテルも目が点になったろう。

5. 安倍を辞めさせる会[153] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年2月18日 16:07:43 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[113]
これだけはっきりした証拠がある事案で、へなちょこの検察が起訴出来ない理由があるとすれば闇の指揮権発動しか考えられない。

6. 英松[75] iXCPvA 2016年2月18日 16:36:00 : 5rrEUNqwGg : Rw8XujSUQnE[17]
明治維新クーデターにて日本の権力を勝ち取った連中(半島系・部落系)が皇位の継承争いをしている為に、自民党議員のスキャンダルが表面化しているものと思われます。
つまり、天皇の老齢化に伴い
宮内庁(皇后、東宮、創価)対神社本庁(秋篠宮、安倍、統一)が錦の御旗の争奪戦を繰り広げている訳だ。
メディアには絶対に報道される事はないが、それぞれのバックに外国勢力が蠢いていて一層激しさが増している状況です。
安保法制、憲法改正、TTPも網の目の様に絡み合っています。
又、連中はバックに外国勢力がいないと権力を維持できない事は承知しています。
行政機関をコントロールし、メディアを押さえ選挙を操作しなければ権力が維持できない事を承知しています。
一般の日本人は蚊帳の外で、得体のしれない連中に全くきずかないでいます。
この争いの行きつく先に、今まで隠されていた驚くべき闇が表に現れるかもしれません。

7. スポンのポン[1932] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月18日 21:01:29 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[131]
 
 
 
■『日本なんかどうなったっていい』
 と言った男にTPPを任せること自体がブラックジョーク。
 
 
 

8. 2016年2月18日 21:06:28 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[85]
6氏のご意見に共感するところがあります。

詳細は知るところではありませんが、現天皇の認知症ははっきりしているようで美智子妃がほぼすべてを取り仕切っているだろうとの推測をせざるを得ません。
 自民党民主党その他の「民主主義」の裏で、絶対的な「富裕層」であり「支配層」である日本の「皇室」族がどんな状態になっておりそれが日本の政治にどのように関わるのか、これはまったく6氏のおっしゃるとおり、説明したって「そうですか」と日本国民がすぐさま納得する話じゃない。

私だって最近やっと「そうかも」と思ったくらいだ。

 あの美しい美智子さんが整形とは。
 あの美しい美智子さんがISも真っ青な...だとは。
 
 ま、考えてみりゃアホ東宮やアホ東宮のアホ嫁を自分ちにおいといて大した騒動もなくここまで暮らしを引っ張ってくるについては相当に「思慮」を働かす「力量」がないわけはない。客観的にみても(少ない情報からみても)ほかに思慮ある存在は皇室にはいない。国民誰も知らない世界で自分たちの財政とキリスト教関連利害関係の存続について(美智子さんは)思慮を働かせていることだろうと想像する。

 現在も、美智子妃について外国では「皇后」称号がなく単なる「MITIKO」と表記されているとの情報に接したときは心底から驚きましたが、海外の正直な評価は日本の国内では一切伝わらないことを、今、思えば、なるほど、という思いで思い返しています。
 日本の戦後世界が「作られた世界」であったのと同様美智子妃も「作られた」のだと最近しみじみ思いました。
皇室は今や明治に途絶えたことが周知の事実で、では明治大正昭和「天皇」って誰だよって話だが、もう今更どうしょうもない。
要するに「皇室」ではなく三菱とかその他資本主義世界の「会社」と一緒の利権組織が「皇室」なのだと、最近思い至りました。皇室は会社。
 
 劇的な展開があっちでもこっちでも起こってもらいたい、と思いますね。
どこもかしこもウソと利権と傀儡下請けばかりで私らの稼いだ金を勝手に吸い上げて年金もバクチですって。
怒るなというほうがむりでしょ。
 皇室も含めて税金で喰う生活してる者達は去ってもらいたい。
 自分で稼いで食ってもらいたい。
 国民なんかどうなろうとかまわない(甘利談)という気持ちを持ってる存在に、居てほしくない。
死ぬなり消えるなりしてもらいたい。


9. 2016年2月18日 21:35:33 : bYLiTFC55s : U5AdSJsPd0M[7]
たとえ衆議院解散総選挙になったとしても、自民の政権は続くでしょう。なんたってみなさんが言う武蔵が控えてますから。そうでしょう?

武蔵が実在するなら、野党共闘とか、まったく無意味なのですよ!

そうですよね。不正選挙を訴えるみなさん!


10. 2016年2月18日 22:21:50 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[45]
>>宮内庁(皇后、東宮、創価)対神社本庁(秋篠宮、安倍、統一)

<<全くです。

 そろそろ、日本にも、第二のアサンジさんや、スノーデンが出てくると面白い。

  
  中国やインドやアフリカ諸国が台頭する中、

    能力がないのに、プライドだけ一人前の白人たちが、落ちぶれるのが恐ろしいわけだ。

 〜〜〜〜〜〜

   中国は共産主義、インドはカースト制度により、自滅するまでは、世界のトップに君臨。

    不出来な白人たちは、彼らと有能なアフリカ人・アラブ人の台頭が恐ろしい・・・。


11. 2016年2月19日 01:00:18 : QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[79]
>そろそろ、日本にも、第二のアサンジさんや、スノーデンが出てくると面白い。

結構いますよ。
ただ、ほかの人が陰謀論と決めつけ信じないだけ。
安部の後ろの天皇財閥も理解してくれる人が、最近チョット増えてきたかなあ、見たいな感じです。

それだけ日本の毒デンパと洗脳教育は強烈なんですね。
何で、コロコロ変わる総理大臣に任命責任とか言ってる人が多いが、総理を任命してる天皇に任命責任を取れと言わないのだろうか。

  


12. 罵愚[3276] lGyL8A 2016年2月19日 06:26:20 : dmLnW24nwA : oq@sXQHuNbc[4]
 北朝鮮が跳ね返って、拉致被害者の救出は霧散した。共産支那は南シナ海にミサイルを配備した。尖閣の実態は日中両属だ。支那の共産党政権の魔手に沖縄の県政は操られている。一年前と比較しても、状況は一段と深刻化している。
 その一年前、国会は安保法案でもめていたわけだ。憲法違反の安保法案を、安倍政権は問答無用の数の威力で押し通した。野党は防衛政策・安全保障の現実的な議論から逃げて、あきらかな憲法違反だけを理由に反対したから、国民の理解を得られなかった。個々の懸案では野党が支持されながら、政党支持率や内閣支持率では安倍政権の人気に陰りはみえてこない。
 いまも甘利事件からはじまったスキャンダルにとりついて、週刊誌レベルの暴露に熱中している。国事を議論できない野党や議会は、存在意義を失っている。8月15日以上の大転換が必要なのかもしれない。

13. 2016年2月19日 08:11:54 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[113]
>9
<武蔵が実在するなら、野党共闘とか、またく無意味なのですよ! そうですよね。不正選挙を訴えるみなさん!>

これは国民に選挙にいってもムダだから行くな、棄権しろと言っているのと同じ。
皆さん、その気になって騙されませんように。例え、不正選挙が事実であっても、
選挙に行くこと放棄したのでは国民の負けです。皆選挙に行って投票率を上げましょう。


14. 2016年2月19日 09:49:21 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[160]
>>13 同意!

安倍自公政権のペテン政治は限界を超えており、インチキ選挙のバカ総理、アホウ太郎、石頭ノビテルの詭弁を聞くと気分が悪くなる。国会中継は見るに堪えないが、なるべく見るようにしている。

ムサシ・ムサシと叫びながら、多くの有権者が投票すればインチキもやりにくいだろう。
また、圧倒的多数の有権者を背景に野党連合が候補を擁立すれば、岩手のように不戦勝となる。


>検索〜「不正選挙のバカ総理」「不正選挙 裁判」「ムサシ選挙」


15. スポンのポン[1936] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月19日 10:29:45 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[135]
  
  
 
■ムサシなる不正選挙など現実にあるはずはない。
 この国の選挙の最大の問題は
 自民を勝たせようとするマスコミの偏向報道であり、
 ムサシはそれを隠すために自民工作員が流布した
 バカバカしいデマに過ぎない。
 創価のロボット票と利権の票だけしかない自民が選挙で勝つためには
 投票率が低いことが絶対条件。
 そのためあらゆる手段を使って国民が選挙に行かないように仕向ける。
 この国のマスコミは選挙が近づくと自民が大勝するというデマを流し、
 選挙報道自体を不自然に減らす。
 選挙に行くことの重要性、棄権することの愚かさを国民に伝えようとしない。
 この国では自国の国政選挙よりも、
 どうでもいいアメリカの大統領選の報道の方が多い。

■自民党とマスコミという悪の連合に今この国は支配されている。
 
 
 

 


16. 2016年2月19日 10:38:32 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[484]
>>13
そこポイントだと思う。 高給アルバイトがエラそうに監視してるが寧ろコッチが監視する立場なんだという認識が重要。 唯一の主権の行使を機械が処理ということ自体が本来問題でどんなハイテク時代になろうが開票だけは主権者監視の下、手作業でやるべき。どうでもいい所に余計な職員置いて人件費かけてる部分が
一杯あるハズ、機械化だの効率化だのはそういう所に適応するもので機械で開票作業など論外。ましてや不正操作の疑い出てるとあればなお更で即変更すべき。

17. スポンのポン[1937] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月19日 10:49:27 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[136]
 
 

>>12. 罵愚

>北朝鮮が跳ね返って、拉致被害者の救出は霧散した。
■結局何も進展させなかった安倍の責任も霧散か。

>個々の懸案では野党が支持されながら、
 政党支持率や内閣支持率では安倍政権の人気に陰りはみえてこない。
■マスコミを統制して真実を国民に隠しておきながら
 『人気に陰りはみえてこない』とは笑止千万片腹痛い。

>いまも甘利事件からはじまったスキャンダルにとりついて、
 週刊誌レベルの暴露に熱中している。
■週刊誌レベルの暴露のために甘利はなぜ辞めた。
 自分が正しいならば、やましいことがないならば
 野党が何を言おうと辞めるはずなどない。

>国事を議論できない野党や議会は、存在意義を失っている。
 8月15日以上の大転換が必要なのかもしれない。
■身勝手なこじつけで自民という権力を擁護する自分の愚かさに気づかない
 君の脳内にも大転換が必要なのかもしれない。
 
 
 


18. 2016年2月19日 16:42:44 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[52]
===


  ★:1000万表==【 18・19&20代 】で、ムサシに対抗・・・・


   65歳以上は、1,200万表です。

    今井恵理子に騙されず、棄民党に、I am not A・HE・N !!

  =====

    マスコミは、批判ばかりで、何ら案を出さない。高市君・・・・


    当たり前だろう・・・。当たり前・・・、何が悪いんだって、高市の頭が悪い・・・

    <病院のたとえ>

     放射線医が画像診断して、問題点を的確に指摘する。良いだろう・・・!!!それで、

      放射線医は、治療や手術方法までは提示しない。
      次に内科医が結果を受けて、内科治療か外科手術かを決定する。
      外科は患者が回ってきてから、放射線医に詳しい説明をしてもらい、手術計画を立てる。

    分かるかいぃ・・高市君、君が頭が悪すぎるだろう・・・えぇ〜〜

    (1)マスコミが問題点を指摘してくださる〜〜〜ありがたい話だ
    (2)世論が問題意識を共有して行動する
    (3)自分らの間違いに気付いた政治屋や厄人が、感謝する
    (4)指摘を参考にさせていただいて、国民のためにを最優先に、まともな政策を練り直す

    が正解なんだよ・・・。

     厄人に、3本の矢が、【 目薬のネット販売 】って言われて、そのままいうかぁ・・・
     幼稚園児でも恥ずかしくて、口に出せないだろうに・・・。

     高市君、君らが無能で、厄人の操り人形だからって、逆切れしちゃ、だめよ、ダメダメ・・・


     役に立たない厄人の腐った政策の問題点を教えてあげてるんだから、

      政界(正解)は???

         【 ご指摘くださって、ありがとうごぜぇますだぁ・・・ 】なんだなぁ・・・

      
   =======

   高市君の過去の問題発言

   (1)高市は福井市内で記者団に「当時は日本の生存が危うく、自存自衛が国家意思だと思い
      、多くの人が戦争に行った。私自身は『侵略』という文言を入れている村山談話にしっ
      くりきていない」などとも語った。

     ★:石破に叱責される

     石破茂(当時自民党幹事長)は5月13日の記者会見で、「歴史認識は積み重ねがある
     テーマであり、あまり思いつきで物を言うべきではない。国益全体を損なう情報発信の
     仕方は極めてよくない」と高市氏を批判した。さらに石破は「党役員という立場にある
     ものが、自分はこう思うということを言うと、統制がとれない」と述べた。 まさに正
     論である。
   

   (2)素人知識で憲法論をぶり立憲主義を否定

   「憲法には制限規範だけではなく、授権規範としての意味もあるんじゃないですか」
   「制限規範より、授権規範のほうが、最近は重要じゃないか」
    ★:「制限規範」の本質がやっぱり理解できていないんだな。

   (3)原発再稼動

   高市早苗(当時)政調会長は2013年6月17日、神戸市の党兵庫県連の会合で、
  「事故を起こした東京電力福島第一原発を含めて、事故によって死亡者が出ている状況
   ではない。安全性を最大限確保しながら活用するしかない」
   と原発再稼働を目指す考えを強調した。

   (4)自民党のヘイトスピーチ規制PTでの発言 20140828

    これの乗じて、政府批判デモまで、潰してしまえ・・・と暴言。

    ヘイトスピーチとは本質的に異なる国会周辺での街宣やデモに対する規制も併せ
    議論する方針を確認した。
    
    委員会は人種主義的ヘイトスピーチを監視し闘うための措置が抗議の表明を抑制
    する口実として使われてはならないことを想起する。しかしながら、委員会は締
    約国(日本)に、人種主義的ヘイトスピーチ及びヘイトクライムからの防御の必
    要ある脆弱な立場におかれた集団の権利を守ることの重要性を思い起こすよう促す。

     ==ヘイトスピーチを規制するための措置を政府への抗議デモ等 
         憲法で保障された表現の自由を抑制する口実として使おうとしている==
    
    
    ★:(8月28日の東京新聞夕刊)

    国会周辺での拡声機の使用を規制する静穏保持法という法律があり、その施行の徹底
    を議論するのであればまだ理解できるが 憲法21条の保証する集会・結社・表現の
    自由をヘイトスピーチ規制に乗じて同時に規制してしまおうという行為は 与党のし
    かも最高幹部、要職にある議員としての見識を疑わざるをえない。
   

   ==========

    ★:出世のために嘘をつく高市・・・・経産大臣就任時・・・

    総務大臣のポスト欲しさに火消しにやっき

    批判を恐れず議論を進めるとのたもうた舌の乾かぬうちに↓のような談話をだす。

    高市氏は談話で、合法的なデモは「国民の権利だ」と指摘。PTが国会周辺での
    デモを議題にした目的は、国会や外国公館の近くで大音量の街宣を規制する現行の
    「静穏保持法」の運用を確認したり、情報を共有したりするためだったと釈明した。

    毎日新聞 9月1日(月)21時32分配信

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     第二次安倍内閣の身体検査で 失言癖を糊塗するため火消し発言

        第二次安倍内閣の身体検査で 失言癖を糊塗するため火消し発言

           第二次安倍内閣の身体検査で 失言癖を糊塗するため火消し発言 

   =====

   阿呆君が「オバマに何が出来る・・・」といったので、やられてるんだぁ・・・アホウだね・・・


   シリアを見ろ。
   米国の軍産財閥のマケインは悔しがって負け犬状態。
   オバマの金融勢力は、ロシアのウクライナ支配もシリア支配も事実上、容認している。
   サウジでさえ、数百人の軍を送り、上辺だけ、反ロシアにしているだけで、トルコは
   クルド人との戦いに必死でシリアはどうでも良くなり、IS支援の余裕がなくなった。

   原油を下げてロシアを苦しめるつもりが、アメリカは、シェール石油会社が採算割れで、
   会社の半数が倒産、または、撤退した。

   反軍需産業のオバマ陣営が、裏でプーチンにシリア占領やウクライナの事実上の併合まで
   認めているので、オバマはISの応援はしない。

   フランス議会でさえ、今までアメリカに付き合って戦争して、経済がダメになった。
   これからは戦争の付き合いをやめるべきだ・・・が当たり前に宣言された。
   オバマが容認してるから・・・

   アメリカは、ネオコン一極の権力構造じゃなくなっている。
   二度と東西冷戦なんて起きやしない。
   互いに経済で結ばれてるので、共倒れになるから。
   だから、CIAは弱体化が避けられない。

   甘利は、金融勢力からの巻き返しであって、オバマを馬鹿にした麻生とアヘン王子への当て
   付けだ。
   これからもイロイロと出そうで面白い。

   I◎系の渡邊もそろそろ他界するだろうし、ちょっと、見所満載になりそうだなぁ・・・

  〜〜〜〜〜

   次の標的は、高市、稲田、2chさつき、スカスカ、麻生、チーム・セコイ・・・・

    厄人はどっちにも寝返るから、写真でも、映像でも、ストックストック・・・・

〜〜〜

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文

19. 2016年2月19日 16:44:35 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[53]

   表

  うひょう・・・間違えたっぺぇよぉ・・・「豹」 がいいかなぁ・・・


20. 2016年2月19日 18:39:15 : IsGoj6QKbs : bSuIg8o8pCs[5]
>>1
>甘利事件をスクープした週刊文春の新谷学編集長は、安倍首相とも親しいが、春画問題で3ヶ月の休養明けの直後だった。
>春画問題は文芸春秋社の名目上の理由で、本当は昨年9月の自民党総裁選挙直前の安倍首相の健康問題の記事に対して、安倍晋三事務所が猛抗議したことが理由だろう。
>恐らく石破氏周辺がリークした情報に基づき、新谷学編集長も、親しい安倍首相もこの範囲なら黙認してくれるだろうと思って生地にしたが、安倍晋三が噛み付いて文芸春秋社に訴訟をチラつかせて猛攻撃した。
 
 
『甘利スキャンダル・週刊文春スクープ事件』
『週刊文春 新谷学編集長休養事件』
 
【参考情報】
 
■ 安倍首相が文春の「吐血」報道に「訴える」とヒステリー抗議! この男に総理大臣という自覚はあるのか?
(リテラ 2015.08.21)
 
 最近になって複数のマスコミが安倍首相の健康不安を報じているが、なかでも驚きをもって受け止められたのが「週刊文春」(文藝春秋)8月27日号の報じた「安倍首相の『吐血』証言の衝撃」と題された記事だ。…
 
 この報道では、安倍首相の体調以上に驚いたことがある。それは、「文春」発売日の翌20日、安倍首相の事務所が、文藝春秋に記事の撤回と訂正を求める抗議文書を送ったことだ。…
 
 永田町では一時、官邸と文春が国民の同情を引くために仕掛けたヤラセ記事じゃないか、という噂までとびかっていたほどだ。
 
「文春の新谷編集長は安倍首相の『美しい国へ』の担当編集者で、官邸リーク記事をしょっちゅうやってますからね。ただ、今回は記者がとってきた情報で、逆に新谷編集長ら編集幹部が安倍首相に配慮してかなりソフトにしたというのが真相らしいです」(週刊誌関係者)
 
http://lite-ra.com/2015/08/post-1412_3.html
 
 
■ 「週刊文春」が春画特集掲載で「会社の伝統貶めた」と編集長に休養処分! 文藝春秋・松井社長の時代錯誤に唖然
(リテラ 2015.10.08)
 
発行部数約70万部、日本で一番売れている週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)に大激震が走った。なんと、2015年10月8日号の内容が問題視され、新谷学編集長が3ヵ月間の強制休養を言い渡されたというのだ。

 もしかして、マルコ・ポーロ事件のようなタブーネタに触れてしまったのか? あるいは差別表現で抗議でも受けたのか。それとも、安倍首相や菅官房長官との緊密な関係が噂になっていた新谷編集長のこと、官邸リークで露骨な記事を書きすぎると問題になったのか。業界は一時、騒然となったが、真相はなんとも拍子抜けするものだった。
 
http://lite-ra.com/2015/10/post-1566.html
 
 


21. 2016年2月19日 18:57:42 : FIxQIeXpGr : mXClIhNFoTs[1]
もっと簡潔に述べれないものだろうか。これではどんないいことを言っても聞いてもらえない。サラリーマンの世界では失格です。

22. 2016年2月19日 22:02:52 : eYjoyqTK1b : YzNQodLwgYg[2]
民主党は懲りずにまた、偽メール事件のようなことをやり始めたね。
どうしようもない民主党の不始末のために、人柱がまた1人出るような気がする。

23. ブリテン飯[102] g3WDioNlg5OU0Q 2016年2月20日 00:36:38 : cDJ7y6076c : nwZHEL54ol8[4]
甘利が自殺しておしまい。
それだけでしょ。

24. 天然流[1] k1aRUpes 2016年2月20日 02:10:03 : GpSMCDee4A : _vbI47n3AJI[5]
>>15

■ムサシなる不正選挙など現実にあるはずはない。

あるにせよ、ないにせよ一般国民に確認できるものではない。
ただ、あると考えられる出来事の情報は多数みかけた。
マスコミの報道が偏向していることも明らか。
検察や裁判所の偏向も明らか。
内閣支持率が異常。
投票率も異常。
この国で、投票が正常に行われ、正常に集計・発表されるだろうか?

■自民党とマスコミという悪の連合に今この国は支配されている。

自民党、マスコミ、検察、裁判所、等々を支配している日米合同委員会に支配されている。


25. 2016年2月20日 04:02:34 : uugutpcmMU : DVPKWVphUUY[6]
内閣支持率 10%台が、ばれないうちに、小泉進次郎は出してくるは、
『NEWS23』の新キャスターに“青菜に塩”の星浩を持ってくるは、
報道ステーションのコメンテーターには、見ているだけで暗くなってしまう
後藤謙次を据えるは、で、もう破れかぶれの安倍内閣。
 
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4131.html?sp
 
支持率 10%台が、ばれたら、不●選挙も、ばれますからね。
 
>>15 のような、ペテン師に騙されてはいけない。
 

26. スポンのポン[1941] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月20日 09:13:17 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[140]
 
 

■ムサシなる不正選挙が現実にある可能性。

 諸般の状況を鑑みた時にそのようなことが起きうるはずのないことは自明。
 実際に前回の衆院選の結果はわずかながらだが民主党が議席を増やし自民党は減らしている。
 諸般の状況を総合的に判断して、
 ある事象が現実に起きうるかそうでないかを判断する能力は人間の思考力の根幹をなす。
 正常な理性のある人間にとってはバカバカしいだけの作り話でも
 アホウは騙され信じてしまう。
 『被害妄想』という言葉を知っているか。

■マスコミの偏向報道による不正選挙。

 マスコミが情報を正しく伝えなければ国民が正しい判断をできるはずがない。
 マスコミが統制され、まともに機能していない国ではすべての選挙は不正と見なすべきが当然。
 そう意味でこの国のすべての国政選挙はそもそも不正であり、
 したがって政権は正当性を持たない。
 国民にとって重大なのはこちらの不正選挙であり、
 ムサシなる作り話はこの問題から国民の目を
 そらすために流布されたものと思われる。
 
 


27. 2016年2月20日 09:59:29 : rAN8oyR55o : ee6Rdm8T3OY[1]
2016.2.20 08:00
【安倍政権考】
甘利元経済再生相の秘書口利き疑惑は、中国によるTPP妨害工作の一環ではないのか?! 政府が極秘に調査
http://www.sankei.com/premium/news/160220/prm1602200020-n1.html

臨時閣議に臨む甘利明経済再生担当相(左)と安倍晋三首相=平成27年12月、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 甘利明前経済再生相の事務所不正疑惑に関し、政府機関が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の妨害工作として海外諜報組織の関与がなかったどうか極秘に調査を開始した。TPPが動き出すと不利益を被る中国の関与が黒幕として疑われていて、“スパイ天国”と呼ばれる日本の問題が思わぬところに波及している。世界が政治、経済、安全保障で各国と密接につながる中、日本国内での諜報員による妨害工作への懸念も高まっている。

 政府関係者は「千葉県の建設会社が道路新設工事をめぐる補償交渉で、甘利氏側に金銭提供などの動きを強めてきた時期がTPP交渉の大詰めを迎え、2月の協定署名に向けた時期と重なる」と指摘する。

 日米が主導したTPPは新たな世界の経済ルールとなる見込みで、「経済覇権で軍事拡大を含めた国力増強を目指す中国にとってTPPは不都合だ」と語る。

 また、今回の疑惑で「建設会社の総務担当者が甘利氏側とのやり取りを告発したことは、建設会社の経営にも大きなダメージが出る可能性も高い」と告発の狙いをいぶかる声もある。

 このため日本政府機関が、外国諜報員によるTPP締結への妨害工作で建設会社側に関与がなかったか内密に調べるという。

 TPP交渉筋は、「そもそも日本国内は各国機関が自由に行動できる状態で、中国など多くの諜報員が派遣されている」と交渉内容を漏らしてはいけない立場から警戒感を強めていた。

日本政府は、英米のような英秘密情報部(MI6)や米中央情報局(CIA)などの組織を持たず、日本国内での対応も重視してこなかった。

 外国の犯罪組織に関しては警察や公安調査庁が対応できるものの、大学研究者や企業職員などの肩書で身元を伏せながら活動する諜報員への対応は甘いと指摘されている。

 一方、各国の経済政策はグローバル市場が浸透するなかでそれぞれの通貨や株価市場に影響を与える。

 加盟国の国内総生産(GDP)で世界の約4割を占めるTPPのような大規模ルールでは、各国の思惑が複雑に入り交じり、利害も対立する。

 交渉国間での情報戦は当たり前で、日本政府も交渉相手からの盗聴についても警戒しながら協議やミーティング、連絡など行っている。

 また、交渉外にいる国が協議状況の内密に把握し、時に阻止に向けた対応を検討することも通商交渉や国際協定において驚くことではないという。

 日本政府は昨年12月に海外で国際テロ関連の情報を収集する「国際テロ情報収集ユニット」を立ち上げたが、国内で暗躍する外国諜報員への対応も急務となっている。


28. 2016年2月20日 11:22:49 : 6lMnffrdq6 : kkuiPfeKz5I[2]
https://twitter.com/h_hirano/status/700669745842946048


甘利は自宅にも議員宿舎にもいない、恐らくVIP施設のある都内のいづれかの病院に入院しているのであろうが、13日にアンポンタン安倍は人間ドッグに行っている甘利はそこにいて密談したのではないか。(という記者の見立て)


29. 2016年2月20日 11:24:03 : xOJ5tyBhOo : sTpVEd_Vh0k[10]
悪事を働いた人間が安眠できるわけはない。

30. スポンのポン[1944] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年2月20日 13:27:57 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[143]
 
 
 
■甘利の異常な怖がり方がすべてを語っている。
 逮捕されて当然なことをした覚えがあるから
 寝られぬほど苦しんでいる。
 身から出た錆だ、せいぜい苦しむがいい。
 国民を欺き私腹を肥やした天下の大罪人に
 ふさわしい刑罰は世が世ならば打ち首の刑だ。
  
 

31. 2016年2月20日 19:32:13 : Rn0T1j85ek : pW@S3SIXrGY[27]
甘利はTPP交渉時に米国の関係者に恫喝され〈舌癌〉という病名で一時帰国したが
そのまま大臣辞めるのかと思ったがなんのこっちゃないぴんぴんしておる
今度は〈睡眠障害〉か
政治家は都合のよいように病気になるのじゃなー
わしも子供の時学校に行くのが嫌で仮病を使ったものだ〜〜
野党は決して手抜かりの内容に議員辞職まで追い詰めるべき
こんな悪は放置してはいかんのよ

32. 2016年2月20日 19:37:21 : Rn0T1j85ek : pW@S3SIXrGY[28]
≫31です
すまぬ変換ミス
野党は決して手抜かりの内容に  ×
野党は決して手抜かりのない様に  ○

33. 2016年2月21日 02:59:49 : ELo3AYwYrU : wX45pBSxiS4[1]
>>27
>日米が主導したTPPは新たな世界の経済ルールとなる見込みで、「経済覇権で軍事拡大を含めた国力増強を目指す中国にとってTPPは不都合だ」と語る。

TPPは日本にとっても不都合なものです。
TPPの恐ろしさをみなさん解って下さい。
日本が大変な事になりますよ!

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4151.html


34. 2016年2月21日 14:51:53 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[246]
  TPPは国際貿易協定の拡大盤であろう。
  日本もかつては輸出立国として、主に米国市場を相手に家電や自動車などの工業製品を圧倒的な量で輸出し、その結果、急速な高度経済成長を遂げ、廃墟から立ち上がったのである。
  当時は、主に米国市場を使った二国間協定であったために、二国でウィンウィンの交渉結果でさえあればさほど問題は無かったろうが、それでも米国の造船業界が斜陽化したり、自動車業界が日本に席捲されたりと、ジャパンバッシング、などという現象も起こった。
  それが今、新興国の台頭により、日本の貿易立国としての勢いが沈静化したが、それも歴史の必然であり、日本がそろそろ成熟国に入ってしまった、ということだろう。
  そんな中で持ち上がったTPPは、新興国の追い上げを受けている日本にとっては俄かに困難な交渉事態である。
  つまり、日本から世界へ向けての工業製品の大量輸出が叶わなくなった反面、農業生産国からは大量の農産物の輸入を迫られることになった。
  要は、工業製品の輸出と農産物の輸入では、日本国にとってウィンウィンの交渉結果は得られない事が必然であるから、参加が危惧されるのである。
  ましてや、事故は絶対に起こらない、と政財官がこぞって豪語し、稼働に異議を唱える住民を非難しつつ、強引に安全対策も整えずに稼働させて来た原発を爆発させてしまった事は大きい。これで日本の農業の三分の一は世界に受け入れられ難くなったと言えるだろう。
  日本人であれば何が有ろうと国産の農業生産物を食するのは当然、という風土から、農産物の輸入に関しては政府も生産者も消極的であるが、反面工業製品は、かつての輸出立国としての繁栄を期したい、というところだろう。
  工業立国と農業立国が、対等にTPPという形で交渉することにムリがある。
  工業製品は替えがあるし、最悪テレビや自動車など無くても人は生きて行けるが、食糧は途絶えれば餓死に繋がる。
  従って、工業製品の輸出の代わりに農産物の輸入が避けられないとしても、どの国もいざとなって食料が不足してくれば輸出はストップするだろう。約束だから輸出しろと言っても、自国民の充足が優先すると言われればそれまでだ。
  ということは、やはりTPPは拒否する事が正しいかも知れないが、ただし、家電や自動車業界からすれば、穏やかではいられないだろう。
  最悪、農業製品は輸入しても、生産者は守らなければならないところ、こういう時こそ補助金政策が必要なのではないか。生産者の農業技術や農業人口が絶えないように、常に農産物の研究に携わり、未来農業を模索し、良い物は輸出も出来る基盤を整えるための補助金は、ふんだんに出すべきである。
  反面消費者にとっては安い農産物が必要な層が多いところ、輸入品を嫌悪してばかりはいられない。安全性というのは日本のみが高くて他国は低い、と言い切る事など到底ムリである。
  農家は今や貴重な職人技であるところ、それを守るためには補助金は不可欠である。無数の公益法人や独法に多くの官僚や高級公務員が第二、第三の職場を確保するために巣くっている中、また議員の歳費に加えて膨大な額の政党助成金が支出されている中、これらを精査し、必要なところに補助金を出すための歳出項目の整理は、政権党の役目である。
  なぜ多くの議員を抱えた政党が政権を担うか、といえば、まさに、無駄な歳出を切り、必要なところに補助金を宛がうための行政事務の管理監督機能である。
  大臣を補佐し、重複した無駄な政府機関に天下り、数千万の報酬を得ている元高級公務員や官製談合の精査に人手が要るからこその多数議員による政権であり、国民がその任務を委託するために政党助成金をどの党よりも多く血税から支払っているのである。与党の議員が全勢力を挙げれば歳出の無駄は浮きぼりに出来る。
  憲法改訂論議に逃げ、かつまた拒否か参加か、で業界同志の鞘当てで終わらせず、より良い方策を生み出し、必要なところに補助金をあてがうために不要なところにメスを入れることは、政権党の、唯一と言っても良い任務である。
  

35. ブリテン飯[106] g3WDioNlg5OU0Q 2016年2月21日 15:13:04 : dl28HJLD1Y : zOjA3nizJNs[2]
甘利は某所で、アへ首相たちに自殺を強要されて
いる最中だろう。助けてやれ!
誰か野党政治家で甘利の所在を突き止めて
警察に警備させろ、新聞記者を張り付かせろ、
命を助けて、アへらの悪事を根こそぎ
公表させろ!

36. 2016年2月22日 10:10:14 : tgB3pTnIXY : TFFrMssdVpA[24]
>>27さん
 
  
 安倍晋三首相や菅義偉官房長官とも親しいと言われる『週刊文春』の新谷学編集長が、中国共産党の工作員だろうかね?
 
 
 
■ 小泉進次郎が撮られた復興庁元美人秘書との“ホテル密会”、囁かれる意外なネタ元とは?
2015.08.10. リテラ
 
「文春」の新谷学編集長は安倍首相が2006年に上梓した『美しい国へ』(文春新書)の担当者で、菅官房長官とも非常に親しい。官邸はこのルートで、新聞には書けない情報を「文春」に流していると言われていた。
 
http://lite-ra.com/2015/08/post-1373.html
 
 
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ