★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 829.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
吉永小百合さんも巻き込まれた? 高市「電波停止」発言と忖度するテレビ局〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/829.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 26 日 08:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

          「電波停止」発言に踏み込んだ安倍首相と高市総務相 (c)朝日新聞社


吉永小百合さんも巻き込まれた? 高市「電波停止」発言と忖度するテレビ局〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160226-00000002-sasahi-pol
週刊朝日 2016年3月4日号


 国会で高市総務相が「電波停止を命じる」と恫喝するなど、安倍政権の“テレビ局支配”が強まっている。民放でも政権を批判した看板キャスターらが3月、一斉に降板する。

 2月17日、英ガーディアン紙は「日本のテレビキャスターたちが政治的圧力で職を失う」と題した記事を掲載した。「クローズアップ現代」の国谷裕子氏、「報道ステーション」の古舘伊知郎氏、「NEWS23」の岸井成格(しげただ)氏の3人が、3月に同時に番組を降板することを紹介。さらに、2月8日の衆院予算委員会で高市早苗総務相が、政治的な公平性を欠く放送が繰り返された場合、電波停止を命じる可能性に言及したことも驚きをもって伝えられた。テレビ局幹部は、悔しさをにじませながら言う。

「日本は今や世界の笑い者ですよ。表向きは番組改編期での交代や自主的な降板になっていますが、実態は違う。官邸の意向を忖度(そんたく)した上層部が、政権批判をいとわないキャスターの首を差し出した」

 中でも岸井氏は2013年成立の特定秘密保護法で安倍政権を厳しく批判し、15年の安保関連法案の可決直前にも「メディアとしても廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と番組で主張した。勇気ある発言と称賛された一方で、右派論客からは放送法第4条が定める「政治的に公平であること」に違反していると、批判された。

 昨年11月には、任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」(以下、視聴者の会)が、読売新聞と産経新聞に1ページ全面の意見広告を掲載。そこでは、岸井氏を名指しで「放送法第4条の規定に対する重大な違反行為」と批判した。

 TBS関係者が岸井氏の降板の内幕をこう話す。

「安保法制で岸井さんの政権批判のボルテージが上がった昨夏ごろから、上層部は本人に何も相談せず、後任のキャスター選びを水面下で進めていました。それが秋ごろ、岸井さんの耳にも入り、本人はとてもショックを受けていた。降板の表向きの説明は『NEWS23』の視聴率低迷ですが、うちの朝の番組、『あさチャン!』『白熱ライブ ビビット』の低迷のほうがひどく、立て直しが急務だったはずなのに……」

 視聴者の会が安倍首相を応援する論客を中心に構成されていることも、臆測を呼んだ。

 呼びかけ人や賛同者には、12年の自民党総裁選前に設立された「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人37人のうち11人が参加していた。高市総務相が「電波停止」発言をした直後の2月13日には、読売新聞に再度意見広告を掲載した。その関連性について視聴者の会は本誌に対し、広告は1月中旬から準備していたと否定。掲載の理由をこう説明する。

「(特定秘密保護法と安保法制で)夜の主要テレビ番組の賛否バランスが8対2、9対1など極端すぎる状況なので、国民の知る権利の侵害だと訴えている」

 同会事務局長の小川榮太郎氏が雑誌「正論」3月号に寄稿した「吉永小百合さんへの手紙」も話題だ。この論考では、安保法制に反対した吉永さんが「しんぶん赤旗」に繰り返し登場していることから、「日本共産党の広告塔」だと指摘。キャスターだけでなく、今後は芸能人の政治的発言も問題視されるのではとの懸念の声もある。

 吉永さんへの批判について小川氏は、「丁寧な議論を展開していると自負している」としたうえで、こう回答した。

「(論考は)会の活動とは全く関係ありません。個々の発言者をターゲットにすることなどありえません」

 政権と民間の双方から強まるテレビ局への批判と圧力。元TBS報道局アナウンサーで、安倍政権初期まで2年余り内閣広報室に勤務した下村健一氏は、「メディアと権力の両側」を経験した立場から言う。

「高市発言は、権力を持つ者の発言としては明らかに不適切だが、文言だけ見れば、当たり前のことしか言っていない。問題は、それを受けたテレビ局側が過剰な自主規制に走ること」

 では、テレビ局の自粛の進行を食い止めるにはどうすればいいのか。

「放送内容が今後、もし政府寄りに偏ったら、まさに放送法第4条の求める政治的公平を、是正を求める根拠として視聴者側が使えます。政権に批判的なことも言えるキャスターやコメンテーターの降板を憂うる視聴者は、『視聴者の会』と同じ論理で、テレビ局に意見表明の圧力をかけていけばいい」(下村氏)

 冒頭に紹介した記事では、もし、英国で厳しい質問をするキャスター3人が同時に職を失えば、「英国の多くの政治家は大喜びするだろう」と書いている。今、日本ではどこかで政治家がほくそ笑んでいるに違いない。

(取材班 今西憲之、本誌・長倉克枝、西岡千史)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 戦争とはこういう物[1111] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年2月26日 14:25:39 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[159]
>「(特定秘密保護法と安保法制で)夜の主要テレビ番組の賛否バランスが8対2、9対1など極端すぎる状況なので、国民の知る権利の侵害だと訴えている」

 問題ある法案について議論不十分で通せば、世論の反発を受けて批判が多くなるのは世の必然。適当な理由で報道に意見する方が、知る権利の侵害なのだが。
↓↓↓
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/268.html
>「安保法制」について
>NHK(ニュースウォッチ9):賛成32%、反対68%;
>日本テレビ(NEWS ZERO):賛成10%、反対90%;
>テレビ朝日(報道ステーション):賛成5%、反対95%;
>TBS(NEWS23):賛成7%、反対93%;
>テレビ東京(ワールドビジネスサテライト):賛成54%、反対46%;
>フジテレビ(NEWS JAPAN):賛成22%、反対78%;

 自陣が不利になると「選挙前に党ごとの放送人数と時間を揃えよ」等と形式的平等を強制して与党有利のつまらない報道を強いる。結果投票拒否続出の低投票率で与党議席維持をしてきたのが現政権。


2. 2016年2月27日 09:49:27 : rcZNzJWsSA : ZLXnlkn2IqE[3]
フライデーに
この小川とかの安倍礼賛本を安倍が爆買いしていた記事が載っていた。
900冊単位で何度もね。

そのお陰で本屋で週間一位を取っていたようだ(笑)
結局、安倍は自分が買う事で
安倍さんって凄いから本が売れるんだ!
っていう情報誘導していたという情けない人間


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ