★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 882.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本物のリベラル新党でなければ政権交代はできない 永田町の裏を読む 高野孟(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/882.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 17 日 08:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           新党名は「民進党」(C)日刊ゲンダイ


本物のリベラル新党でなければ政権交代はできない 永田町の裏を読む 高野孟
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177375
2016年3月17日 日刊ゲンダイ


 新党名は「民進党」に決まり、「民主党」の20年の歴史が幕を閉じた。1996年の旧民主党結成に参画して、その結党宣言草案の執筆までした私としては、感慨もまたひとしおである。

 この時は、政党同士の合流ではなく、社民党やさきがけや日本新党をいったん離党した政治家個人が、新党の理念・政策に賛同して再結集するという手続きを重視し、そのためマスコミには「排除の論理」とか呼ばれて酷評されたが、創業者の鳩山由紀夫はそこは頑として譲らなかった。それだけ、この党をつくって何をしたいのかがハッキリしていたということである。

 何をしたかったかというと、94年12月に小沢一郎の新生党をはじめ公明党の一部、民社党、日本新党などが合流して新保守主義を標榜する「新進党」が誕生し、マスコミは「保守2大政党制の時代」などとはやし立てたのだが、そんな2大政党制なんてあるわけないじゃないかというのが我々の立場で、その構図をブチ壊して「保守対リベラル」の構図に置き換えることで本当の意味の政権交代を実現することを目指した。

 95〜96年当時の新進党はなかなかの勢いがあって、新党参加者の中には「ここで我々が新党をつくっても第3党になるのが精いっぱいではないか」と不安を語る者もいたが、中心幹部も私も「そんなことはない。リベラル新党が打って出れば、新進党は必ずバラバラに崩れる」と主張した。実際その通りになって、石破茂はじめ保守派の多くは自民党に戻り、羽田孜は太陽党、細川護煕はフロムファイブ、旧民社党は新党友愛を経て98年に民主党に合流し、そのため新進党は97年、わずか3年の命で解散に追い込まれた。残された小沢は「自由党」をつくったが行き詰まり、結局は03年に民主党に流れ込んだ。

 こうして野党第1党になった民主党は、09年に政権交代に成功。「保守対リベラル」構図で政権を取りにいくという当初の基本設計は正しかったことが証明されたのだが、問題は、98年と03年の2度の合流を通じて肝心のリベラル理念そのものが薄まり、最後はどこかへ行方不明になってしまったことである。枠組みはよかったのだが、理念・政策の中身がついていかなかったことが、民主党政権の失敗の最大原因である。

 さて、民進党はどうなるかというと、次に再び本物のリベラル新党が立ち現れた時に、昔の新進党と同様、たちまちバラバラに分解するように私にはみえる。

高野孟ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[650] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月17日 09:01:38 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[591]

高野さん、あのね、すでに“20世紀的価値観”で『リベラル』って言葉を語る時点でズレてる。(笑)

それに、ようやく結成された対安倍自民統一戦線の“核”たる『民進党』は主権者国民にとっては、
民意を“一時的に体現”してくれる“器”であってくれればいいだけで、それ以上のものは求めない。

シーン2016で言えば、『TPP批准阻止』、『前のめりの原発再稼働阻止』、そして
『拙速な憲法改正(憲法破壊)の絶対防止』、これらの数少ないイシューの実現だ。

『民進党』の名前が、がこれから20年も“続く”なんて思っている人が居るのかな?(笑)

野党はなおこれからも“合従連衡”を繰り返すだろうし、とうとう自民党も“割れた”果てに、
政策が近い者同士が『2つ、または3つ程度』の“新政党”に収斂されるだろう、というのは予言にすらなり得ない。

でもそれが、気持ちのいい『2大政党』には成り得そうにないし、どこかで小沢一郎が言ってたように
『4つか5つの一定のボリュームを持つ主要政党が、時の課題の政策に沿って連立を組む』
という“カタチ”が、今後10年程度の日本の、現実的で説得力のある政党のあり方であろう。

こういった文脈において、私自身も拘って支持してきた『小選挙区制中心の選挙制度』は“見直してもイイ”と思う。
(これは阿修羅のコメント欄で、何度か書いてきたことでもあるが)

小選挙区制度の弊害は、ずっと前から小沢一郎も言ってきたことであり、
『最悪、小選挙区制度下で、2度か3度、自民党が大勝することも想定される』
とまで言っていたの、知ってる?

例えばそれが“野党大連合”の旗印にでもなるのであれば、『小選挙区制度見直し』も忌避しない。
但し、これだけは言っておきたいが、『全国一区の比例制』にしても『大選挙区制』にしても、
『中選挙区制』に戻すにしても、現在の日本人の“気質”から言ったら、各々の選挙制度の
“悪いところ”だけが目立ってしまう結果となる、とだけ断言しておこう。

で、だ。もしかしたら日本(日本人)には、『小選挙区制度』は“早すぎたのかもしれない”と思うと、
それ言っちゃ『見も蓋もねぇ〜』と思うので、こんな事言うのはココだけにしたいね。

あれ?なんか論点ズレてる?(笑)

でも、高野さんが言うように、これからリベラル政党が出てきたらどーたら、というご説に対して、
『リベラル』って言葉をどう捉えるかと『選挙制度の問題』はとても重要だと思うよ。


2. 2016年3月17日 10:42:00 : r18meB8cao : WDS@4VmT4oo[6]

01の日高見ストカー爺さんは、自民・民進の殆んど政策が同じ二大政党制にしようとしているようですね。もしかして、改革・大阪維新も合流とか???(コメントで見ました)

生コンのデモでも解るように殆んどの無党派の人達は、原発再稼働も辺野古移設も反対です。

共産党は野党連合を言い続けることで比例は共産党が大勝すると思っているようですが、阿修羅を見ている人達の共産嫌いは本物になったようですね。

天木さんが言っていたように共産党は元に戻らない限り支持者は戻らないと思います。

「リベラル新党」が出来ることが理想ですが、社民・共産は「オリーブの木」に反対するだけでなく、「市民グループ」と共に「保守二大政党制」に反対しなければ無党派の人達からそっぽされると思います!!!
       


3. 2016年3月17日 10:43:50 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1146]
「本物のリベラル」

どことなく古ぼけた、高野氏の見果てぬ夢のようなものでしょうか。
たしか本物のリベラルを気取っていた社会党は自民党に取り込まれて消滅したように記憶しております。

一方、自民党を下野させたことがある人間は、小沢一郎氏だけですね。2回とも彼が中心でした。
民主党最大の失敗は、小沢氏を首相にしなかったことです。

それはそれとして、「次の本物のリベラル新党」は共産党中心ですかね。


4. 2016年3月17日 10:50:29 : mihJ9LBg3A : DSaXHVq@s5w[1]
ゲンダイも民主はどっちかという嫌い、小沢好きという具合だから判りやすい。

ただゲンダイの記事も威勢は良いけど、期待持たせて裏切る記事が多い。

ある意味安倍の言葉の証明かもしれんが。


5. 2016年3月17日 11:12:22 : fWh5zssnQU : WFq9L043mvY[5]
自由主義大いに結構。言論・宗教・職業選択・政治活動すべて自由であるべきだが、経済だけは自由主義であってはならない。

6. 2016年3月17日 11:43:06 : cSQPzQjGEo : o0MhLXzWwX8[17]
>01

日高見さんいつもこの様に論評して欲しいね・・・・今回は鋭さが有りますよ!

私はこの高野某まったく評価していませんご都合主義もいいとこです

民主党代表選時テレビで散々小沢一郎のネガキャンをしカンから缶を熱心に
病的支援してましたからね 当時どこにカンから缶を支持する要素が有るのか(笑

投稿を読むと今でも当時を反省せず小沢一郎を排除しようと文面から読み取れます

政局の微妙な節目にこの高野某はいつも登場し小沢さんの排除ネガキャンを
尤もらしくソフトにするある意味悪質極まりない似非リベラル御用人間です
彼にすればご飯を食べるためには仕方が無いのかも?

高野某が言うリベラルとはラベルがリベラルで仙谷 江田五月 菅のような
中身は既得権益層に飼い馴らされた日和見御用議員を云うのでしょう 

>旧民主党結成に参画してその結党宣言草案の執筆までした
 私としては感慨もひとしおである

消滅した二十年前の事を今更取り上げ何を強調したいのか・・・笑止千万です。 


7. 2016年3月17日 12:19:45 : cSQPzQjGEo : o0MhLXzWwX8[18]
>02

毎度 札付きのナントカさん

アナタそんな抽象的な禅問答(とんち なぞなぞ)みたいな事言ってないで

アナタの考えの野党の枠組みをはっきりと言ったらどうなの?

どっかのネガキャンしてるのは解かるけど バカ丸出しのオタンコナスだなw


8. 2016年3月17日 13:17:31 : cXS9jjEC0k : qphTslJTgpo[50]
高野も、この程度の分析力で、メシを食っていけるんだね?

>>こうして野党第1党になった民主党は、09年に政権交代に成功。
 ↑
さらっというが、
政権交代の立役者が小沢一郎であり、その当時の国民は「小沢一郎イズム」に期待した結果の政権交代であったことが、歴史的にも重要な事実と思います。


>>枠組みはよかったのだが、理念・政策の中身がついていかなかったことが、民主党政権の失敗の最大原因である。
 ↑
さらっというが、
「小沢一郎イズムを理解できなかった菅直人や野田が総理になったことが失敗の最大原因である」くらいの指摘がほしいよね。


9. 2016年3月17日 14:54:34 : u0a11SNV0Q : uaDEKkE6tBs[3]
>>4
ゲンダイは基本小沢機関紙だが最近は赤旗かと思うくらい共産党を推してる

10. 日高見連邦共和国[690] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月17日 15:13:30 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[631]

>>02 『カジノ連呼ちゃん』

アンタ、私のコメントちゃんと読んでる?(笑)

誰が『単純な2大政党制』が速やかに確立できるって言ってる?

アンタも、天木さんも、“本気で自公政権を打倒”しようとしてるなんて、誰も思ってないゼ?

あ、もしかして・・・『カジノ連呼ちゃん』って、天木さん!?


11. 日高見連邦共和国[693] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月17日 15:37:58 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[634]

>>06

有難うございます。

そう言えば、数週間前、岩手日報にも載ってた『共同通信配信記事』で、
新進党解党の際の小沢一郎の行動(決断)と、岡田さんの“反発”を
持ち出して、“小沢一郎アレルギーがどうこう”という、いつもの
“足引っ張り記事”もありました。

何年前の話しだよ、って!(笑)

さらに、あの当時の新進党の、深刻な内部分裂と相次ぐ離脱者という背景を忘れ、
ただ“小沢一郎だけが悪い(悪かった)”というのが“建設的な意見かどうか”と問いたいです。

まあ、当時の新進党が、仮に解党を回避できたとしても、その後の“尻すぼみ”は目に見えるようでしたから。
まあ、この辺は、諸氏ご意見は色々あるとは思いますが。


12. 2016年3月17日 16:22:05 : wHS1fYP9xY : p5cLvBFxDL4[4]
3さんに同意。
>民主党最大の失敗は、小沢氏を首相にしなかったことです。

●高野ってこんなに耄碌したかとビックリ・ポンだったよ。

歳をとると自分の過去の仕事の細部の美化に勤しむことになるのかね。

いかつい顔に似ず、骨がなさそうで、軟体動物に思えてきた。

「民主党最大の失敗は、小沢氏を首相にしなかったこと」決まっているじゃないか。

あの「管vs小沢の民主党代表選」が、粛々と民主主義の手続きに従って国民の声に従えば200%小沢さんが首相になっていた。

演説会でのアキ管の中身のなさ(野田とおんなじ)と小沢さんの政治信念の差は逆立ちしても埋められないほどであった。

同じように長い時間を政界においてきても、その長い時間を「国の自立と国民のための政治」に真剣に悩み・苦しみ・闘い続けて来た小沢さんと、そのとき時の流れに浮き草のように身をやつしてきた管(野田とおんなじ)の差はあまりにも大きかった。

小沢さんは「自立した国と国民のための政治」の第一章をこじ開けてくれた。

そして今、第二章もお膳立てし、こじあけようとしている。

国民は小沢さんにこそ今もなお期待し、希望を持っている。

●共産党に学ぶことは多い。

調査で共産党の支持率が民主党の支持率を超えたのは当然でした。

日本各地で共産党が地元に密着した活動を熱心に勧めてきた実績が、じわじわと、しかし極めて深く国民に理解されてきたのです。

これこそ「国民のための政治」の基本であり原点です。

それを長い間、着実に進めてきた。

それが実を結び、少しずつ花をつけてきたのです。

共産党のこれからの進化が楽しみです。

民主党は、共産党の爪の垢でも煎じて飲めばいい。

特に"自民党野田派"の議員は何倍もおかわりし漢方薬のように飲めばいい。

野田佳彦よお前の好きな「官報薬」ではないぞ!(^_^)


13. 2016年3月18日 02:36:15 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[337]
   資本主義下においては、政治体制は保守だけでもリベラルだけでもダメであるが、最高法規である日本国憲法の理念は完全にリベラル系である。
  保守の現政権としては、だから現憲法が気に入らない、という事もあるだろうが、一党のみで保守政治とリベラルな政治が出来ると考えても絶対にムリである。
  自民党が財界の利益優先の党であれば小さな政府志向で国民福祉予算は削るしか無いから、ある意味自民が財界と懇意にする料亭政治でも仕方が無いだろう。
  ところが、自民一党で財界利益も労働者民衆の福祉も、と欲張れば、両立もしない上、財官等、血税を手前勝手に引っ張る勢力によって、国税の殆どを失う可能性が高いし、現にそうなっている。
  経団連のトップと高級料亭の一室で会食しつつ、次の間にシールズのメンバーを待たせる、などという芸当が出来る筈が無く、自民が財界を献金先、票田と読み、一方シールズのデモはテロなどと唾棄している事からも、自民一党で保守も革新そも満足させる事がムリであるのは明白ではないか。
  一国家として、国富を得る際には民衆搾取は致し方無いが、国富を得たらそれを内需として民衆に還元しなければ富は循環せず、特定の集団に狙われ、淀み、国家は腐敗する。
  どこの先進国も、保守とリベラルの政権交代により富を循環させているが、日本は政財官の強欲が過ぎて、保守一党で革新も満足させると言うが、結局は民衆に我慢を強いているだけなのである。結果的に富は一部に滞留、流動性を欠き、ブラック化して破綻の兆しまで出ている。
  それが高じて輪転機を回して金融緩和状態であるが、それでも尚、内需に振り向けて民衆に富を拡散する事を渋っている隙に、軍需産業等内外ロビイストが群がり、ネギを背負ったカモとしてマネーロンダリング状態である。
  時に革新が政権を担い、基本法案を納税者民衆の求めるものとすることにより、富は循環する。どこの国もそのために政権交代が繰り返されている筈である。
  日本の場合、血税は保守がほぼ70年政権を担いつつ政財官で使い切ってしまった格好だから、今後は緩和マネーしか無く、世界がそれを、日本人が内需に振り向け、大きな政府を企図することに賛同してくれるかどうかは分からないが、とにかく、未だ間に合うのならば、革新が政権を担い、政財官に司法マスコミまでをも巻き込んだ護送船団が独占する血税のコントロール権を手にしなければならないだろう。
  そういう意味で、世界に比較し周回遅れの実験的な意味でも、新党が絶対的に本物のリベラル新党でなければならないのは、その通りだと思う。
  

14. 2016年3月18日 09:22:14 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[218]

野田や長島は自民党へ移動すればいいのだ。

    そう思う。邪魔だねぇ〜。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ