★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 183.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
横畠裕介内閣法制局長官が国会で、日本は憲法上、国内で核兵器を使用できると発言した衝撃。
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/183.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 19 日 22:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

横畠裕介内閣法制局長官が国会で、日本は憲法上、国内で核兵器を使用できると発言した衝撃。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/291819f9e590f6ce35a33af5ba248b3f
2016年03月19日 | 安倍政権の戦争法 Everyone says I love you !



広島、長崎に投下された原爆も、今の技術から見たら「小型核兵器」である。




 横畠裕介内閣法制局長官が2016年3月18日の参院予算委員会で、


「憲法上、あらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているとは考えていない」


との見解を表明しました。


 横畠氏は同時に、核兵器の使用は


「わが国を防衛する必要限度のものに限られる」


「海外での武力行使は必要最小限度を一般に超える」


と述べました。


 するとなんですか、核兵器を国内で使用するのは合憲だというわけですか。我が国を防衛するために国内で核兵器を使用したら、被害を受けるのは日本に暮らす人々じゃないんですか。


 そんなことを幸福追求権、生存権を基本的人権として保障する日本国憲法が許容していると思いますか?もちろん、憲法学会でも核兵器の保有や使用が合憲だなどという学者は集団的自衛権の行使容認以上に見当たりません。




 実は、核兵器廃絶運動をしている市民にとってはのど元に刺さったとげのような事実なのですが、内閣法制局は政府の公式見解として


「必要最小限度の核兵器」


の保有は、保持が禁止された「戦力」に当たらず、憲法9条2項に反しないとしてきました。


 これは、自衛隊でさえ、必要最小限度の実力にすぎないので「戦力」ではないとごまかしてきたことの延長線で、論理的には小型で限定的で必要最小限度の核兵器があれば、それも「戦力」には当たらないとなってしまったわけです。


 しかし、私の記憶では、核兵器の使用まで合憲だと言い切った法制局長官の答弁はちょっと記憶にないのです。


 まさに、安倍政権の「法の番人」、行きつくところまで行きついたなという感想です。




 横畠氏は、歴代長官が長く禁止してきた集団的自衛権の行使を容認する立場を打ち出すために、安倍首相が2014年5月にそのためだけに持ってきた内閣法制局長官です。


 そして、同行使を容認した2015年の閣議決定に関わり、安全保障関連法の国会審議でも「合憲だ」と繰り返してきました。


 今回の発言も、この安保法案の審議の中での答弁から来ています。


 2015年8月、安保関連法の国会審議で、他国軍への後方支援をめぐり核兵器の運搬が可能かどうかが議論になりました。その際、中谷防衛相は


「法文上は排除しない」


と述べ、横畠氏は


「憲法上、核兵器を保有してはならないということではない」


との見解を示しています。


 そして、今回は核兵器の使用も合憲だということになってしまい、横畠氏の一連の答弁で、日本は憲法上、核兵器の保有、運搬、使用まで理論的に可能になったのです。


安倍政権「核兵器の運搬も安保法制の法文上は後方支援として排除していない」「日本も核兵器を保有できる」




 しかし、核兵器は国際司法裁判所もその使用のみならず、威嚇だけでも国際法違反とした非人道的な大量破壊兵器です。


 なぜ、「普通の国」ではない、憲法9条を持つ平和日本でも保有が可能だなどということになるのでしょうか。


 横畠氏は、安保法案での集団的自衛権の行使は限定的だとして、


「フグなら全部食べると毒に当たるが、肝を外せば食べられる」


と国会で例え話をしたことがあります。


 しかし、集団的自衛権の行使以上に、核兵器の使用は食べたら「即死」の毒そのものです。


 横畠長官のような人のために「法匪」という言葉はあるのだと思います。


(匪は匪賊の匪。悪者のこと。法匪とあ法律の文理解釈に固執し、民衆をかえりみない者をののしっていう言葉)



関連記事


「安全法制」=戦争法案で、自衛隊は湾岸戦争・イラク戦争・ISIL=「イスラム国」への武力行使に参戦できる
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d55751c83a2f62eab5302a6ae5e95918
内閣法制局が集団的自衛権の行使を、たった1日で合憲に解釈変更した過程を公文書に残さず隠蔽!
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/a604a93244e8d3bd2a98736e5f52ca55




砂川事件と田中最高裁長官
布川玲子 (著, 編集), 新原昭治 (著, 編集)
日本評論社
60年安保改定交渉の山場に出された砂川事件伊達判決は、米国にとって途方もない脅威だった。極秘だった新資料によって裏舞台を暴く。伊達判決をつぶし60年安保改定を強行した裏舞台の全て。



検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
吉田 敏浩 (著), 新原 昭治 (著), 末浪 靖司 (著)
創元社
1959年12月16日、在日米軍と憲法九条をめぐって下されたひとつの最高裁判決(「砂川事件最高裁判決」)。アメリカ政府の違法な政治工作のもと出されたこの判決によって、在日米軍は事実上の治外法権を獲得し、日本国憲法もまた、その機能を停止することになった…。大宅賞作家の吉田敏浩が、機密文書を発掘した新原昭治、末浪靖司の全面協力を得て、最高裁大法廷で起きたこの「戦後最大の事件」を徹底検証する!!



「法の番人」内閣法制局の矜持
阪田 雅裕 (著), 川口 創 (著)
大月書店


憲法9条の解釈変更=集団的自衛権容認は許されない!長年にわたり政府の憲法解釈を担い、いま岐路に立たされる内閣法制局の元長官みずからがその内実と責務を語り、解釈改憲がもたらす立憲主義の破壊に強く警鐘を鳴らす。
戦後60余年積み重ねられた憲法解釈の重みをもっとも知る人物が語る、立憲主義の要としての法制局の責務とその危機。全国民必読の書!


政府の憲法解釈
阪田 雅裕 著
有斐閣
60余年積み重ねられてきた政府の憲法解釈とは
政府の憲法解釈とは何か,これまで憲法の各条文について国会・行政の場でどのような議論が交わされてきたのかを,国会議事録・答弁書等を資料として引用し,元内閣法制局長官である著者が詳解する。憲法改正を語る前に理解すべき,政府の憲法解釈を知るための書。



安保法案の審議では歴代長官の多くが憲法解釈の変更に異議を唱えたので、内閣法制局が法の番人として持ち上げられましたが、もともと在野の法律家である私たちから見たら、あくまでも政府の側の番人ですからね。


しかし、横畠氏はひどすぎます。安倍首相が見込んだ通りの人物です。


それにしても、菅官房長官が核兵器の使用は絶対ないと火消ししているのですが、これまでついてきた嘘の数々でなんと言葉が軽く、信用できないことか。




核使用「憲法で禁止せず」=国内・国際法では制約—法制局長官
http://jp.wsj.com/articles/JJ11814439664945634728117799607130655204898
2016 年 3 月 18 日 21:39 JST 更新 ウォールストリートジャーナル


 横畠裕介内閣法制局長官は18日の参院予算委員会で、核兵器の使用について「憲法上、あらゆる核兵器の使用がおよそ禁止されているとは考えていない」との見解を示した。同時に「核兵器に限らず、武器の使用には国内法、国際法上の制約がある」とも述べ、核使用は現実的ではないとの認識を示した。民主党の白真勲氏の質問に答えた。


 日本政府は非核三原則を堅持し、政策的に核兵器の保有や製造などを認めていない。憲法上禁止していないとする横畠氏の答弁は、過去に岸信介首相らが示した同様の見解に沿ったものだが、安全保障関連法の施行を29日に控え、国内外で疑念を招く可能性もある。


 さらに白氏は安保法と絡め、集団的自衛権行使の一環として日本が海外で核兵器を使用することが可能かとも質問。これに対し、横畠氏は「そうならないと思う」と否定し、「わが国を防衛するための必要最小限度を超える海外派兵は許されないという考え方は変わらない」と説明した。 


[時事通信社]



「核使用、憲法禁止せず」 横畠法制局長官、実現性は否定的
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016031802000262.html
中日新聞 2016年3月18日 夕刊


 横畠裕介内閣法制局長官は十八日の参院予算委員会で、核兵器の使用は憲法違反に当たるのかとの質問に対し「わが国を防衛するための必要最小限度のものに限られるが、憲法上あらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているとは考えてない」との見解を表明した。同時に「海外での武力行使は必要最小限度を一般的に超えると解している」と述べ、現実的ではないとの見方も示した。


 日本政府は、核兵器を「持たず」「つくらず」「持ち込ませず」の「非核三原則」を国是としている。内閣法制局長官が核使用について公の場で言及するのは異例だ。


 横畠氏は「核兵器をはじめ、全ての武器の使用について、国内法や国際法でそれぞれ制約がある」と強調した。


 さらに、安全保障関連法による集団的自衛権の行使要件「武力行使の新三要件」に触れ「武器使用の基準や考え方は変わったかというと変わっていない」と説明した。


 核兵器と憲法の関係をめぐっては昨年八月、安全保障関連法の国会審議で取り上げられた。この際、横畠氏は「憲法上、核兵器を保有してはならないということではない」との見解を示していた。このため民主党の白真勲氏が「核兵器の保有が否定されないのならば、核兵器の使用も憲法違反ではないのか」と質問した。




法制局長官、核使用「憲法ですべては禁止されていない」
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3L6229J3LUTFK016.html?rm=358
2016年3月19日02時30分 朝日新聞



写真・図版 参院予算委で答弁する横畠裕介内閣法制局長官=18日、飯塚晋一撮影



参院予算委で答弁する横畠裕介内閣法制局長官=18日、飯塚晋一撮影


 横畠裕介内閣法制局長官は18日の参院予算委員会で、核兵器使用について「国内法上、国際法上の制約がある」としたうえで、「憲法上、あらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているというふうには考えていない」との見解を示した。民主党の白真勲氏の質問への答弁。


 日本政府は核兵器について「作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則を国是としており、法制局長官が制約を前提としながら核使用について言及するのは極めて異例だ。


 横畠氏は「核兵器は武器の一種。核兵器に限らず、あらゆる武器の使用は国内法、国際法の許す範囲で使用すべきものと解している」とも述べた。


 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「(核兵器使用は)あり得ない。法制局からは過去の国会答弁を踏まえて答弁したと報告を受けている」と語り、問題ないとの認識を示した。


 【北朝鮮ミサイル発射】


 自民・猪口邦子氏 我が国の安全保障に深刻な脅威を及ぼし、東アジアの平和と安全を著しく損なう。政府の基本方針を。


 安倍晋三首相 米国・韓国などの関係各国と連携を図り情報収集分析に全力をあげること、航空機・船舶などの安全確認を徹底すること、国民に対して迅速・的確な情報提供を行うことの3点について指示した。今回のミサイル発射は航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題のある行為だ。関連安保理決議、日朝平壌宣言に違反すると共に6者会合共同声明の趣旨に反するものであり断固として非難する。外務省から直ちに北朝鮮に対して厳重な抗議を行った。


 民主・白真勲氏 伊勢志摩サミットでは北朝鮮を課題として取り上げるか。


 安倍首相 アジアで開催するサミット。私は議長国なので話をしたい。


 白氏 拉致問題は取り上げるか。


 安倍首相 日朝間の最大の問題だが、そういうものについても説明はしていきたい。


 【消費増税】


 社民・吉田忠智氏 先日から国際金融経済分析会合を開いているが、その意見を聞いて来年の消費増税を先送りして、衆院を解散するのではないか。


 安倍首相 消費税はリーマン・ショックか大震災級の事態にならない限り予定通り引き上げる。総選挙は全く考えていない。


 日本のこころ・中山恭子氏 増税よりも、まずは経済成長戦略を。


 安倍首相 消費はまだ力強さがなく、同時に世界経済が大変不透明感を増している。経済成長なくして財政健全化なし、が基本的な考えで、まさに経済が失速すれば元も子もない。


 【防衛予算・徴兵制】


 自民・宇都隆史氏 防衛予算が初の5兆円越え。軍拡という指摘は適当か。


 麻生太郎財務相 どこかの国のように毎年20年間ぐらい(防衛予算増を)やっていた国に比べ、それに対応するために最低限の努力をしているレベルの話だ。


 宇都氏 ありもしない徴兵制論に怒りを覚える。仮定として30万人の新隊員を強制的に加入させた場合の財政負担は。


 西田安範・防衛省審議官 2士自衛官30万人分の維持経費は単純計算で1兆992億円。


 宇都氏 20歳男子の半数の登用で答弁通りの負担がかかる。ありもしない負担が生じる政策で不要の不安をあおるプロパガンダだ。大日本帝国を戦争に巻き込んだ要因の一つに、マスコミによるこのような大衆扇動があったことへの反省を忘れていないか。


 【核兵器の使用】


 白氏 過去の答弁では、核兵器の保有は憲法上否定はされていないということだ。では使用も憲法違反ではないのか。


 横畠裕介・内閣法制局長官 憲法上、あらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているという風には考えていない。


 白氏 安保法制で海外で自衛隊が活動できるようになった。海外で核が使える論理展開にならないか。


 横畠氏 そうはならないと思う。武力行使出来るのは、(安保法制で定められた)新3要件のもとでも、我が国を防衛するための必要最小限度のもの。海外での武力行使は防衛のための必要最小限度を一般に超えると解している。それはこれまでと変わらない。


 【祖父母に会うこと】


 白氏 田舎の祖父母に会いに行った場合は(学校で児童・生徒を)欠席扱いにしない、という制度をどう思うか。地方経済の活性化にもつながる。


 麻生氏 土日に(吉田茂元首相邸があった)大磯に連れて行かれるのは甚だ迷惑だった。休みじゃない日だったら妥協したかな、というのが一瞬の感想だ。


 安倍首相 確かに、祖父母との交流はとても大事。だが、(事実上の)休暇を出席扱いにするのはなかなか難しいのかなと。それ以外の方法もあるのかなと思う。




核兵器使用「全くあり得ない」 菅官房長官、法制局長官答弁で「火消し」
http://www.j-cast.com/2016/03/18261794.html
2016/3/18 17:51 J−CASTニュース


菅義偉官房長官は2016年3月18日夕方の会見で、核兵器の使用は「あり得ない」と繰り返した。横畠裕介内閣法制局長官が、核兵器の使用は憲法上禁止されていないとする答弁をしたことを受け、「火消し」を迫られた形だ。


横畠氏は参院予算委員会で、核兵器の使用は違憲かどうかについて問われ、


「憲法上、すべてのあらゆる種類の核兵器の使用がおよそ禁止されているとは考えていない」
と答弁した。白眞勲参院議員(民主)の質問に答えた。横畠氏は「核兵器をはじめ、全ての武器の使用についての制約は国内法や国際法でそれぞれある」


とも強調し、法律で使用が制約されるため、使用が現実的ではないとの見方を示した。



定例会見に臨む菅義偉官房長官


根拠を聞かれても「あり得ないことはあり得ない」


このやり取りについて、菅氏の会見では、


「日本政府が核兵器の保有や核武装をちらつかせているととられかねない」
「将来的に核兵器の使用があり得てくる、という印象を持ってしまう」
といった疑問が続出。菅氏は、


「法制局からは過去の国会答弁を踏まえて答弁したとの報告を受けている」
としながらも、「そんなことは全くない」と、核兵器が使用される可能性を否定した。「全くない」「あり得ない」ことの根拠についての質問も出たが、菅氏は


「あり得ないことはあり得ない」
「全くあり得ないということは、政府は常に申し上げている」
と直接は答えなかった。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[2005] koaQ7Jey 2016年3月19日 22:04:08 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[1971]
核兵器を持たなければ永遠にアメリカの植民地のままだ

護憲というのはアメリカの植民地のままでいいという考え方だからな


2. 2016年3月19日 23:16:08 : uBXpeuzSNk : ueiplBEaq9E[6]
「核兵器の使用」横畠裕介・内閣法制局長官の答弁記録3/18参院・予算委員会

https://www.youtube.com/watch?v=MJRFXGS7QhY


3. 2016年3月20日 00:23:20 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[425]
>>1
金氏朝鮮王末二代の様に自爆兵器として配備するなら持つのも宜しいかと。
人命の価値が幹部の犬の餌代よりも低い、気狂い宰相の采配振るう両国ならではの武装と言えましょう。
良いんじゃないですか。

まともに運用するおつもりなら、小笠原の辺り迄一人でスコップ使って埋め立てて下さい。
ミサイルサイトの生存率を上げなければ相互確証破壊は成立しませんので、これはあなたに課せられたノルマです。

元々核兵器開発の発想なんてなものは、
稼げなかった命中精度を補う為に無駄な面積を一気に破壊しましょう…ってな事でしたからね。
適当に打ち込まれて当たる範囲に配備したってしょうがないんですよ。

良い方法があります。
遠くのアメリカさんに頼んで小笠原迄埋め立てた結果の分の代わりの役を請け負って貰うんです。
…あ。アメリカ嫌いなんでしたっけ。困ったな。  埋め立てますか?
そう言えば黄海の向こう側に、良い具合の面積の核保有国が在りましたっけね。
あの辺りに頼んでみますか。 え?嫌だ?
無い物ねだりの駄々っ子は軍事「戦略」に相応しくありませんよ。
(そいつぁ何時ぞやの戦争指導者の様ですな。(そういえば半島で動態保存してくれてますな(笑)))
スコップは1本で足りますか


4. 2016年3月20日 01:28:56 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1207]
アメリカから独立したかったら、日米地位協定を変えるのです。

(1)日米地位協定25条の改定…日米合同委員会、日米共同部の廃止(官僚を操る糸を切る)
(2−1)日米地位協定2条の改定…基地返還を義務付ける(ドイツ型の米軍排除)
(2−2)憲法に『外国軍の駐留を禁止する』と書き込む(フィリピン型の米軍排除)

ドイツ、フィリピンともに核保有国ではありません。


5. 2016年3月20日 02:14:50 : ge82Jvqjdk : KAHImNPipgQ[25]
『まぁ“バカにつける薬はない”ってことさ。』

いずれ、このバカ連中は駆逐されるんだよ。
早い話が、「法文」に書かれていないことは“何でも有り!”って言い張るのなら、仮に<ゲリラ>が核開発・核輸入してもいいんだよな?
<ヘドロ姦猟>を抹殺する手段として使用してもいいんだよな?

ヘドロ姦猟族が“法治国家の根本”を放棄する以上、国民から狙い撃ち反撃にあっても知らないよ〜ん!


6. 2016年3月20日 09:55:36 : JkvGLEkkRM : ex0v8kCe2_E[4]
核兵器にもいろいろあると誤魔化す。

劣化ウラン弾だって対戦車用の核兵器だ。

必要最小限の範囲でなら劣化ウラン弾なら使って良いと言いくるめて、その後に拡大解釈で核爆弾だって使って良いと政府見解が変遷していく姿は過去の行いからあまりにも想像するに容易いものである。

よって、如何なる小核兵器の所有や使用であっても、核戦力の保持に繋がり憲法違反へ誘導する犯罪幇助の罪は免れない。


7. 2016年3月21日 12:29:37 : jpo0wV5YyA : DjAJDDyCMzc[1]
法制局長官の発言をわざわざ引き出させた目的は何だろう?

核兵器の種類によっては保有は憲法に違反しないとか場合によれば使用もできるとか言わせたかった理由。

どう見ても原発を続けて、プルトニウムを製造する役割を日本がアメリカにとって代わって引き受けたい戦争屋の目的からでしょうね。

アメリカでは被ばく環境に住民がうるさいので事故の起きた日本でならキロ8000ベクレルまで核のゴミ出しが自由になったし、プルトニウムをアメリカに代わって製造させるにはもってこいと言った企みです。武器輸出の一環だ。

核弾頭の更新用のプルトニウム製造を可能ならしめたいが為の誘導?のような気がする。

やっぱり、このまま法制局長官の発言を放任していては、人殺し原爆の製造に加担させられるとんでもない状況を日本は引き受けさせられる羽目になりそうだ。


8. 2016年3月21日 19:19:15 : PIfooXWE9Q : MIUk889du0g[1]
【福島原発の噂】福島原発は核兵器製造工場? 日本に保管されている大量のプルトニウムと核兵器製造計画!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-673.html


9. 2016年3月21日 21:36:08 : jpo0wV5YyA : DjAJDDyCMzc[3]
高知新聞:高知のニュース:社説から

【法制局長官答弁】核使用まで容認とは驚く


http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=353609&nwIW=1&nwVt=knd


日本は原発から生じ、核兵器への転用が可能なプルトニウムを大量にため込んでいる。将来の核使用の余地を残す数々の発言が、国際社会からどうみられるかも心配だ。
 「憲法の番人」である法制局のトップが、なし崩し的に核使用に言及する姿勢に大きな危惧を覚える。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ