★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 228.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東京地検特捜部の正体と甘利隠しに奔走する宗像紀夫(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/228.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 21 日 01:37:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

東京地検特捜部の正体と甘利隠しに奔走する宗像紀夫
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4228.html
2016.03.20 カレイドスコープ



第1次安倍内閣で農林水産大臣に就任した松岡利勝のような不幸が再び起これば、この内閣は一瞬で吹き飛ぶ。


年金問題の再燃など、あのときの状況に近づいているのは何かの因縁だろうか。


ドリル優子に続いて、甘利明も「取り逃がした」では誰も納得しないだろう


甘利明が、「睡眠障害」を理由に病院に逃げ込んで1ヵ月が過ぎた。


甘利明は、「記憶が混濁しているので、きちんと整理してから記者会見を開いて説明する」と国民に約束した。


そして、甘利事務所が雇ったという地検特捜部出身の弁護士による第三者委員会を立ち上げて、詳しい調査を行うと公言しておきながら、まったくのスッポカシ状態になっている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1T4Q83J1TUTFK003.html

甘利側が金で雇った「ヤメ検」が事件の調査のために開く第三者委員会など、いったいどんな価値があるというのか。まったく利益相反を絵に描いたような話だ。


そして、1ヵ月が過ぎた今、自民党は「甘利明元大臣には、さらに2ヵ月の療養が必要」と言ってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000137-jij-pol

しかし、自民党の発表は、どうやら嘘のようだ。
甘利明は、赤坂の議員宿舎の非常階段を上り降りして体力づくりに励んでいるというのである。


それは、今夏予想される衆参ダブル選挙で甘利明が出直せるように、安倍晋三が配慮しているためである、というのだ。
これが事実であるなら、まったく仰天する事態だ。



睡眠障害どころか、ピンピンしていることが分かっているのだから、検察は十分すぎるほどの証拠を携えて、最低でも在宅起訴ぐらいはやらなければならないはずである。


自民党と検察は、ドリル優子、こと小渕優子を逃亡させただけでなく、今度は重大犯罪を引き起こした当事者、甘利明をまた逃がそうとしているということになるのだ。


こんな男を、参院選で再び立候補させたいというのだから、この国の司法・検察への不信感は極限を通り越して、彼らこそが法秩序を破壊する元凶だと言われても仕方がない。


業を煮やした教授グループが、「政治資金規正法違反罪で甘利氏らが代表を務める政党支部などの会計責任者について、東京地検特捜部に刑事告発することを検討している」ことを明かしてのは1月下旬ことである。
http://www.sankei.com/affairs/news/160122/afr1601220007-n1.html

それでも、フリーズしたようにまったく動きが見えない検察の破滅的事態を憂慮して、350人の弁護士からなる社会文化法律センターが、3月16日、甘利氏と元公設秘書にあっせん利得処罰法違反の疑いがあるとして東京地検に告発状を出した。
http://mainichi.jp/articles/20160316/k00/00e/040/218000c

東京地検特捜部ですってねぇ・・・


この国の“エリート”検察官は、自分たちこそが日本を発展途上国以下の国にしようとしていることを自覚していない。いまや、国家を内部から崩壊させる元凶は、増大する国民の検察への不信である。


安倍内閣の意向を汲んで、甘利隠しに協力している検察


国民の怒りは、もはや頂点に達している。


検察の腐敗ぶりは、地検の100億円にわたる裏金疑惑を、良心の呵責に耐えかねて内部告発した三井環氏(元大阪高等検察庁公安部長検事)を逮捕するという前代未聞のでっち上げ冤罪事件(http://www.kyudan.com/opinion/kensatsu2.htm)によって明らかになったように、官僚機構そのものが腐敗・堕落の極(きわみ)にある今、国民が、いつまでも、「国はしっかりと保護してくれるはずだ」というパターナリズム幻想から覚めることができないのであれば、取り返しのつかない事態を招くだろう。

悲しいかな、検察そのものが「国民の不安をかきたてる存在になってしまった」今、この国の法秩序を守るためには、国民も、いままで以上の時間とコストをかけなくてはならなくなったということを認識しなければならないのである。


今さら、甘利明事件の経緯についてくどくど述べるより、「月刊タイムス」の大川啓一編集長のビデオを見た方が理解が早い。


・宗教法人「法の華三法行」15年ぶりに再指導・ 「甘利疑惑」で検察不信さらに深まる【NET TV ニュース.報道】事件記者 2016/03/10

以下、大川啓一編集長:


・・・甘利事件によって、検察不信がさらに深まった。


甘利氏側は、URとの補償交渉を受けて、その補償金の額にまで関与している。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5838
その報酬として、現金を受け取り、接待を受けていた。


まさに「あっせん処罰利得法」のど真ん中の事件だ。


しかし、検察は、いまだに甘利明氏に接触さえしていない。わざわざ証拠を隠滅するための時間を与えているようなものだ。


検察は、甘利氏の元秘書だった人物の身柄確保はもちろん、甘利氏への事情聴取もやっていない。
さらに、当の甘利事務所は、「秘書は行方不明だ」として逃亡させている。


甘利側が頼んだという地検の特捜部出身の弁護士(http://www.asahi.com/articles/ASJ1T4Q83J1TUTFK003.html)だが、なんと、甘利氏は、その弁護士には会っていない、と言っているのだ。

甘利氏は、第三者委員会をつくって調査をさせるといっていたが、その弁護士が会ったというのは甘利氏の疾走している元秘書だけなのだ。


さらに、その肝心の地検特捜部出身の弁護士も、事件の発覚と同時に雲隠れしてしまった。
甘利事務所は、今でも「その弁護士の行方は分からない」と言いはっている。


そもそもが、甘利側が雇った弁護士が第三者委員会を仕切るなど、利益相反もはなはだしい。


この第三者委員会の調査も、疑惑の当事者である甘利事務所の元秘書だけから話を聴いているに過ぎない。


特捜部出身の弁護士であれば、真相を知っているハズである。


おそらく検察は、安倍政権サイドからの「政治的影響力があるから捜査してほしくない」という思惑に配慮しているに違いない。


検察も「官邸の意向に反することはしたくない」と考えているとすれば、検察はいったい何のためにあるのか。


特捜部長、地検の幹部、検察の幹部がどう考えているのか、まったく伝わってこない。これはゆゆしき問題だ。


これだけ多くの証拠が挙がっているのに、いまだに捜査は何も進んでいないし、何もやっていない。
マスコミが探っても検察は「分からない」の一点張りだ。


現職の閣僚が一介の業者から依頼を受けて、URからの補償金の額にまで関与(http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5838)しておきながら、うやむやにしようなどと、いずれにしても、この重大事件をこのままにしておくと、検察不信は強まるばかりだ。

今となっては、甘利疑惑はもとより、むしろ、検察疑惑のほうが大きな問題となっている。


甘利明氏と同罪どころのではなく、検察の沈黙は、甘利氏の上を行く罪である。
検察の安倍政権に対する配慮など、絶対に許してならない。


東京地検特捜部は、小渕優子の事件をはじめ、「やらなければならないことをやらず、やる必要のないこと」をやっている。


小渕優子の場合も、100%起訴して有罪にできた事件だった。


彼女を起訴することは、政治の不正に対する検察の厳しい態度をアピールするチャンスだったはずだ。


徳田事件、猪瀬事件も絶対にできたはず。起訴もできれば有罪にもできた事件だ。
石原慎太郎の新銀行東京事件とて、完全に横領・背任罪が成立した事件だった。
http://biz-journal.jp/2015/06/post_10374.html

今回の甘利事件など、恐喝にも当てはまる悪質きわまる凶悪犯罪である。





ここでも「法的責任はない」と擁護する宗像紀夫


検察の「やらなければならないことをやらず、やる必要のないこと」の典型例としては、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いで、石川知裕衆院議員ら小沢一郎の新旧秘書3人が逮捕された事件だろう。


これは、後になって判明したことだが、東京地検特捜部によるでっち上げ「国策捜査」であったことが分かったのである。
http://www.news-postseven.com/archives/20120410_100571.html

小沢一郎は、検察が描いた妄想によって「巨悪の政治家」という印象付けが行われ、その後の政治活動を大幅に自粛せざるを得なくなった。


これこそが、東京地検特捜部による犯罪であり、国民にとって多大な損失をもたらした「冤罪」に他ならなかった。


このとき、失敗した「国策捜査」の火消し役を務めたのが元東京地検特捜部長の宗像紀夫だった。


彼は、東京地検の歴史的大失態をうやむやにするために、当時のテレビ番組に出まくっていた。


中でも、2010年1月24日の生放送のサンデー・プロジェクトに出演した時は、宗像紀夫の二枚腰(つまり、屁理屈)が発揮された。


この生放送番組には、元地検特捜の郷原信郎氏も出演しており、地検の不自然な点を徹底的につきまくっていたが、権力の代理人、宗像紀夫は狼狽しながらも歯を食いしばって話をはぐらかすことに成功した。


その一部始終は、この記事に書かれてあるが、いつの間にか動画は非表示か削除されてしまった。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
ここまで監視しているとは、自民党の執念と悪党ぶりには背筋が寒くなるほどだ。これにも、私たちの税金が使われているのである。


2010年1月24日の生放送のサンデー・プロジェクトは、「小沢氏vs東京地検特捜部」の第二弾として放送されたものだ。


前週の1月17日には、「小沢氏vs東京地検特捜部」の第一弾が放送されている。


ただ、そのときの生放送終了後のオフレコがふるっている。
「元特捜部長が「検察は目茶苦茶」と批判」を読んで欲しい。
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/525.html

1月17日に放送されたテレビ朝日「サンデープロジェクト」で、「小沢氏vs東京地検特捜部」と銘打って、民主党の小沢一郎幹事長の問題を取り上げた際に、元検察官の郷原信郎弁護士が「反検察」の立場で発言をしていたのに対して、元東京地検特捜部長の宗像紀夫氏は一貫して特捜部のやり方を擁護する発言を続けていた。


しかし、番組終了後に、宗像紀夫氏がジャーナリストの大谷昭宏氏に対して、
「私も実はあなたと意見は同じなんですよ。今回の検察のやり方は全く目茶苦茶です」と語っていたことが、ジャーナリストの高野孟氏の報告で分かった。


放送中、宗像紀夫氏は、
「黒だと思った相手を立件するためなら、見込み捜査や別件捜査も構わない、別件逮捕で身柄を拘束してから厳しい取り調べで自白させればよい」というような主張を繰り返し、現在の特捜部のやり方を擁護し続けた。


しかし、番組終了後に、放送中の発言を一転させて、現在の特捜部のやり方を「全く目茶苦茶」だと批判した宗像紀夫氏を見た高野孟氏は、
「ここで郷原信郎氏と一緒になって検察批判をしたんでは番組として成り立たないという判断だったのだろう」と感想を述べている。


放送中の宗像紀夫氏の発言が、番組プロデューサーの指示によるものか、本人の判断によるものかは定かではないが、少なくとも元東京地検特捜部長という肩書きの人物が、現在の特捜部のやり方を「全くの目茶苦茶」だと見ている事実は非常に重いだろう。


大谷昭宏は、ちゃんとコメントしている。
http://www.j-cast.com/tv/2010/02/05059530.html

「そこが大失敗だった。記載しているかいないかは、地検特捜部が目の色変えてやるようなことじゃない」と言い、「そもそも、原資がおかしいんだ ろうと暴きたいがためにやった事件が、結果、秘書の不記載だけで起訴となれば、東京地検特捜部は何の事件をおやりになったんですか、と言われてもしかたない」と地検特捜のモラルの劣化を皮肉っている。


ジャーナリストの高野孟は、
「宗像紀夫が、同じく元検察官の郷原信郎弁護士と同じ立場を取れば、番組として成立しないから、あえては宗像紀夫は、反対の立場を取った」と言っている。


彼の見方は、
「黒だと思った相手を立件するためなら、見込み捜査や別件捜査も構わない」と言っている宗像紀夫が、視聴率を上げるために局側の意向に沿ったためである、というのだ。


そして、番組終了後に宗像紀夫は、自分たち権力側にとって都合の悪い政治家を「犯人と決めつける」東京地検特捜部は、もはや妄想狂であると同じ意味のことを言ったのである。


宗像紀夫がテレビに出まくって、東京地検特捜部がでっち上げた小沢一郎冤罪事件をなんとか収束させたいと必死になったのは、彼の雇い主からの「ノルマ」があったと見なければおかしい。


それは、明らかに彼の古巣である東京地検特捜部ではない。別にいる。


では、誰だ?


先の弁護士、郷原伸郎氏が「検察の忖度」を指摘(http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/gendai-307299/1.htm)しているが、さらに東京地検特捜部を道具として使っている人々がいるということである。

その答えは、宗像紀夫自身が語っている。
彼は、今度もテレビに出まくって安倍晋三内閣を異常なまでに擁護している。


もっとも分かりやすいのが、BSフジの「プライム・ニュース」に出演した動画だ。
2016年1月28日と2月9日の二回も出演している。


まず、2016年1月28日の動画。
「プライムニュース 160128 突如辞任表明! 甘利明大臣疑惑追及チーム!民主・山尾志桜里」の分かりやすいポイント。
https://www.youtube.com/watch?v=8rzfbe89DCk
繰り返すが、この日(1月28日)は、甘利明が記者の前で辞任表明を行った日である。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/28/amari-resign_n_9096040.html
宗像紀夫は、開口一番、こう断言している。


「今日、甘利が大臣を辞任したのは、(国会を混乱させた)政治的責任を取ったのであり、法的責任を取ったのではない。
今回の件で、甘利明が法的責任を問われることは、ほとんどない」と力強く強調している。


まだ捜査も始まっていないのに、宗像紀夫は「違法性はない」と言っているのである。
この後も、どーにもならない屁理屈を並べ立てて、延々と甘利明と安倍内閣を擁護している。



次に、よく見かける大学教授を出してきて、週刊文春の記事と告発者の証言は、「言いたい放題言っているだけ」と印象操作をやっている。番組は、大学教授の肩書を借りて「権威づけ」をもやっているのである。


プライムニュース 160128 突如辞任表明! 甘利明大臣疑惑追及チーム!民主・山尾志桜里



次に、2016年2月9日の動画である。
「プライムニュース 160209 飯島勲×宗像紀夫 【陳情、口利き、賄賂 「政治とカネ」】 」の分かりやすいポイント。
https://www.youtube.com/watch?v=8rzfbe89DCk&feature=youtu.be&t=7m8s

プライムニュース 160209 飯島勲×宗像紀夫 【陳情、口利き、賄賂 「政治とカネ」】 FULL



https://www.youtube.com/watch?v=wf0fZF8yfRI&feature=youtu.be&t=20m25s


この人。小泉純一郎元総理の秘書官として名をはせた御仁だ。(画像クリック)
彼は、URを不自然に擁護している。


「まさに(今回の件は)URにとっては、いい迷惑と。
URのは職員は、旧建設省の時代から逮捕されたのはゼロだ。」


必要以上にURを持ち上げる飯島。司会の反町氏はニヤニヤしながら、口裏を合わせている。


確かに、URは逮捕されていないが、それを管轄する国土交通省の職員は昔から自殺が多いことで有名だ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10110108305
2月22日にも、国交省の40歳代の職員が合同庁舎から不自然な飛び降り自殺をしている。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4179.html
この職員は、UR担当だったとのことである。


飯島が、「UR、甘利無罪」の下地をつくったところで、再び宗像紀夫が出て来る。



宗像紀夫:
「(事件の全容は分からないが)開示されている中身を見た限りでは、(甘利事務所側のURへの)働きかけが、あっせん利得とか、あっせん収賄という、あっせん行為かと言うと、それを認定するのは難しいだろう」。


「・・・マスコミ報道では、すぐに(甘利が)価格交渉に関わったような見出しがいっぱい出ていたが、記事をよく読んでみると、URのほうも毅然としているし、甘利事務所のほうも、節度を保った見方をしていると、私はそういう印象を受けた」。


まったく信じられない大嘘の連発である。


捜査も始まっておらず、宗像自身が「事件の全容は分からない」と言っているのに、早々と「法的に犯罪性を立証できない」と言っているのである。
今、この時点でそれを言えるのは、神だけである。


宗像紀夫のプロフィールにあるように、彼は一貫して経世会潰しをやって来た男である。


それだけでなく、福島県知事だった佐藤栄佐久氏が、福島県のダム建設工事の受注をめぐる不正に関与したとして東京地検特捜部に逮捕・起訴された際、主任弁護人を務めている。


原子力ムラにとっては、なくてはないない男なのである。


1995年、雑誌『噂の眞相』は、宗像紀夫がパチンコ業者からベトナム旅行に接待された、逮捕歴があって「乗っ取り屋」ともいわれた弁理士と関係が深い、などと伝える記事を掲載、国会でも問題にされほとのブラックなヤメ検なのだが、第二次安倍内閣では、内閣官房参与に任命された。


経世会潰しをやればやるほど、出世できることを宗像紀夫が証明したかたちだ。


自民党「経世会」「清和会」と「東京地検特捜部」の関係は以下。「杉並からの情報発信」で見やすくまとめられている。
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/bfabae9403e66dbef6d82b1597072d3d

以下の二つのリストを比較のこと。


@「経世会」政治家


(田中派)田中角栄 逮捕・起訴 ロッキード事件(←東京地検特捜部)


(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)


(経世会)金丸信  逮捕・起訴 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税) 


(経世会)中村喜四郎 逮捕・起訴 ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)


(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)


(経世会)鈴木宗男  懲役2年実刑、追徴金1100万円 斡旋収賄他 (←東京地検特捜部)


(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)


(経世会)村岡兼造  懲役10か月執行猶予3年 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)


(経世会)二階俊博  政策秘書が虚偽記載で略式起訴罰金100万円 西松不正献金事件(←東京地検特捜部)


(経世会)石井一   村木厚子元厚労省局長が逮捕・起訴・無罪判決 郵便不正事件 (←大阪地検特捜部)


(経世会)小沢一郎  強制起訴 陸山会土地購入 (←東京地検特捜部)


A「清和会」政治家


(清和会)岸信介    安泰


(清和会) 佐藤栄作   安泰


(清和会)福田赳夫   安泰


(中曽根派)中曽根康弘 安泰


(清和会)安倍晋太郎  安泰


(宏池会)宮沢喜一   安泰


(清和会)森 喜朗    安泰


(清和会)三塚 博   安泰


(清和会)塩川正十郎  安泰


(清和会)小泉純一郎  安泰


(民間) 竹中平蔵     安泰


(清和会)尾身幸次   安泰


(清和会) 安部晋三    安泰


(清和会) 福田康夫   安泰


(麻生派) 麻生太郎    安泰


(清和会) 中川秀直    安泰


(清和会) 町村 信孝   安泰


(清和会) 渡辺美智雄 安泰


(清和会) 渡辺喜美 安泰 (みんなの党)


(清和会) 石原慎太郎 安泰


(清和会) 石原伸晃 安泰


小沢一郎元民主党代表もまた「経世会」の流れをくむ政治家なのです。


清和会(現・清和政策研究会)とは、たとえると「バチカンの中のイエズス会」のようなものだ。「自民党であって自民党ではない」のである。


イエズス会の上に君臨している人々(人間の形をしてはいるが)がいるように、清和会(現・清和政策研究会)の上にも、君臨している人々がいるのである。


それは、ロックフェラーの外交問題評議会(CFR)、日米欧三極委員会、王立国際問題研究所(チャタム・ハウス:RIIA)であったり、ダヴォス会議、ビルダーバーグ会議であったりするのである。


国連は、例えると、それらのプラットフォームの一つになっている。


イエズス会の上には、秘密結社があり、その最高会議(High Council)のメンバーは「オリンピアンズ(Olympians=King Illuminati)」と呼ばれている。
http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/esp_sociopol_committee300_11.htm

これらの人々の共通の目的は「世界政府を樹立して新世界秩序(NWO)を不可逆的に定着させること」なのである。
そのシンボリズムは、だれでも知っている「全裸眼」、つまり、オール・シーイング・アイである。


これは、松果体、あるいは松果腺(pineal gland)を表しており、ある振動を通して覚醒したとき、全宇宙を見渡すことができる「目」を表している。


もちろん、清話会(現在の清和政策研究会)の人々は、こんなことなど知らずに、必死になって「彼ら」の下請けをやっているに過ぎないのだが、たまに、わけも分からずコルナ・サインをやっている自民党の議員がいる。



この話は長くなりそうなので、この辺で。


小沢一郎はなぜ東京地検特捜部から執拗に狙われるのか


小沢一郎が、あれほど執拗に東京地検特捜部から狙われているのは、彼が国益を追求している経世会の出身だからという理由だけでは説明ができない。東京地検特捜部の執念は異常である。


それは、小沢一郎の出自にあるのだ。
彼が、アテルイ(阿弖流為」と書く)の末裔だからである。


アテルイ(阿弖流為)とは、岩手県水沢市胆沢郡(今の奥州市のあたり)に根を張っていた豪族の名前だ。
この豪族は、朝廷に歯向かって滅ぼされたとされている。それがためにアテルイは、反権力の東北の英雄であると、今でも尊敬の対象になっている。


なぜアテルイの末裔だと、日米の両方からロックオンされてしまうのか。
それは、もちろん小沢一郎が本当の支配構造である日本の官僚機構の枠組みを破壊しようとしているからに他ならない。


そもそもが日本の官僚機構は明治維新に出来上がったものではなく、そのひな形は、アテルイが朝廷に歯向かっていた頃の1200年も前に生まれたものである。


東京地検特捜部が、なぜ自民党の議員、とりわけ自民党内支配層の清和会の面々だけは、どんな犯罪を犯しても逮捕しないのかというと、東京地検特捜部それ自体がアメリカ(ワシントンのグローバリスト)によって、反米、反ワシントンの政治家たちを潰すために創られた組織だからである。


東京地検特捜部には、いわゆるアメリカ留学帰り(俗に言うアメリカン・スクールの官僚も含む)の人間が少なからず潜り込んでいて、数々の国策捜査によって、国益を守る政治家たちを排除してきた歴史がある。


こうした連中の周囲を固めているのが、日本のマスコミに潜入している、いわゆるエージェントたちだ。


中川昭一財務大臣(当時)が、ローマのG7サミット後の記者会見で酩酊状態で臨むという醜態をさらした。
彼の周囲を固めていたのが、対米従属の奴隷官僚たちだった。ここでも、マスコミに潜入していた女性記者の暗躍が取りざたされた。


中川昭一はグローバリズムに強硬に反対していた議員だった。
彼は、おそらく日本がグローバリズムに飲み込まれた後、日本が世界政府に組み込まれていくことを察知していたはずなのだ。


永田町、霞が関には、政治家や官僚の皮をかぶった「ワシントン」仕込みの工作員が多数、息を潜めている。


さらに言えば、「ワシントン」は、アメリカの議会を象徴する言葉ではなく、国境なきグローバリストを象徴する言葉なのである。
だから、日本を徹底的に売り渡し、破壊することばかりやり続けているのである。


まだ「右だ」「左だ」と言っている人々を見ると、絶望感とともに憐れみさえこみ上げてくる。
「右・左」こそが、「彼ら支配層」の常套手段である善悪二元論の陥穽そのものなのだが、愚かな人々には、まったく理解できないのである。


今まで何度も書いてきた「被害者=加害者」、「自殺する日本人」とは、このことを意味している。


しかし、欧米メディアの安倍政権批評を見ていると、どうも潮目が変わったように見えて仕方がない。


端的に言えば、世界はグローバリズムとポピュリズムの戦いに入っている。
一見すると「ナショナリズム」に見えても、実は「ポピュリズム」なのだ。
(※「ポピュリズム」とは、「大衆迎合主義」のことではなく、「人民主義」のこと)


しかし、日本だけが違う。日本では「彼ら」が打倒すべき対象としている「ナショナリズム」が台頭してきているからである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月21日 03:52:08 : Mz0XqnNMiM : ckkee8p_mbo[120]

★国民はまさか仏教神道枝教のの大元が1300年前から藤原血族とつゆ知らず、今日まできた。なんでもかんでもお上はありがたや〜日本奴隷スタイル形成は根深い。営々とよくだまし続けたものよなあ〜

★百済メーソン藤原血族が偽神話で血族支配≠徹底しているのだから血と血の戦いは必然なのだ。ユダヤフリーメーソンがそうだろ。

[32初期非表示理由]:担当:同じ事を無関係スレに何度も書くのでアラシ認定で全部処理

2. 2016年3月21日 06:10:41 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[456]
カレイドは朝鮮天コロは書かないから注意ね
清和会の上には日本財団や朝鮮天コロがいるだろ
手足のもがれた日本国民がアメリカガーと言ったところで指一本触れることはできない
むしろ、アメリカ、ユダ金、世界の支配層は無視してよい
目の前の敵を隠す煙幕だと捉えるべき

日本国民が注視すべきは朝鮮天コロ、日本財団。
アメリカガーでは知識が増えるだけのことで何も変わらないのだよ


3. 2016年3月21日 10:05:14 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1234]
堀茂樹氏
「本当に深刻な問題ですね。検察は、小沢一郎氏や石川知裕氏にあそこまで不正な手法で冤罪をなすりつけた時から(ということは、もっとずっと前から…)今に至るまで、何も変わっていない。いつか容赦のない手術をする必要があると思います。」
https://twitter.com/hori_shigeki/status/711561173808717824

(1)取り調べの全面可視化
(2)弁護士の立会権の保障
(3)代用監獄の廃止
(4)勾留の必要性についての厳格な審査
(5)証拠開示の更なる充実
(6)無罪判決に対する検察の上訴権の廃止
(7)死刑廃止
(8)(長期的には)法曹一元制度

この8つが日本には必要です。


4. 2016年3月21日 11:08:55 : fiYvQ6O2ko : @TAMQ@1HOIs[15]
地検特捜はCIAの下部組織じゃなかった?

5. 2016年3月21日 11:58:47 : vLPUmQioDw : 0qDo4jxHrmE[1]

>>04さん、ご明察です。
嬉々として支配されている安倍自民は、醜悪です。

6. 2016年3月21日 16:03:54 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[221]
>>4 御意!

○米国の国益を損なう者は検察に抹殺される
〜 My Name is“TABOO” 2011/06/14
 東京地検特捜部は旧日本軍所有の貴金属や軍事物資の接収、対GHQテロ防止を目的に編成された「隠匿退蔵物資事件捜査部」@が前身であり、戦後66年間にわたり米国諜報機関の下部組織として連綿とその役割を果たしてきました。つまり、検察とは米国とエスタブリッシュメント(日本在住支配者集団)の暴力装置です。

 いまなお検察内部で「A」と通称される隠語はAmericaを意味します。これにかかわる裏歴史を綴るならば一大叢書となりますので割愛しますが、知られたところでは中東と直接資源外交を行いロックフェラーの逆鱗に触れ失脚した田中角栄、郵政民営化を対日金融支配であると看破し、マスメディアで警告を発したがため痴漢冤罪逮捕となった植草一秀など、米国の国益を損なう輩が検察により抹殺されることはほぼ常識として語られます。

 現在日本が保有する対外純資産Aは250兆円規模に上りますが、その過半数が米国債と米ドルの外貨準備金となります。これは「預り証」を引き換えとするのみで現物の保有権も自由決裁権もありません。つまり事実上のカツアゲなわけです。為替レートの動向により売買ができないのですから、この5年来の円高トレンドにより為替損失は40兆円規模に達する見込みとなります。ちなみに震災の復興財源が24兆円と試算されていましたが、これを上回る金が米国の対日植民地政策により消失しているわけです。

 復興財源確保に米国債を処分することは不可能です。米国は現在14兆3000億ドルの公債をかかえデフオルト寸前であり、サブプライムやCDSの民間部門の損失は京円規模の天文学的な額に達し公債償還の余力がないからです。

 排米的政策や米国債の処分に言及した大平正芳、竹下登、橋本龍太郎、小渕恵三、鈴木宗男、中川昭一などの政治家は失脚もしくは不審死を遂げました。ちなみに小泉純一郎は在任中の僅か2年の間にドル建準備金を50兆円ちかくも積み上げ、離任後は経団連政策研究会に天下り、磐石に後継者へ譲位し、際立って対照的な存在となっています。

 この国は官僚機構と米国から重層的に搾取を受けているわけです。各種租税、新規国債、借款債、財投債により編成される370兆円規模の特別会計から推計70兆円が人件費、福利厚生、償還費、天下り、関連団体の補助金として公的部門へ吸収され、さらに外国為替特別会計を通じ既述のごとく莫大な金が米国に収奪されるという図式です。

 16世紀スペインはコルテス、ピサロを先鋒にアステカとインカを侵略し、インディオを鉱山労働で酷使し、金銀を収奪した挙句に殺戮し文明を終焉させました。その搬送船を狙いイギリスは海賊行為を集約産業とし莫大な国富を築いたわけですが、この多層的暴力構造による搾取は我々が生きる社会においてなんら変わりはありません。・・・

○1947年、日本自由党の世耕弘一が日銀での10兆円規模(現在価値)と推計される貴金属の存在を示唆したことが発端となり、GHQがその接収を目的とし隠匿退蔵物資事件特捜部を組織した。調査により資金の一部は政界フィクサー・辻嘉六らを通じ工作資金として与野党へ還流されたことが判明したが、徴収された物資の行方及び総額は明らかにされることなく事件は収斂している。

以後、特捜部は東京地検として編成されるが、田中角栄(ロッキード事件)、竹下登(リクルート事件)、金丸信(佐川急使献金)、中村喜四郎(ゼネコン汚職)、鈴木宗男(斡旋収賄)、橋本龍太郎(日歯連贈賄事件)、小沢一郎(西松不正献金事件)など、いずれも反米政策に言及した議員らが執拗に起訴されていることから、米国の意向を反映した国策捜査を実践しているとの批判が強い。
・・・・・・・響堂雪乃著「独りファシズム」より
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

○昭和天皇 ―――― 米国ディロン・リード銀行――カーライル(ブッシュ一族)・・・
〜スイスに莫大な蓄財が出来た感謝の印に、「敵国の戦争指揮官」ドレーパーに勲一等瑞宝章を与え表彰
○ブッシュ家―――― プレスコット・ブッシュ等、米国資本がナチス・ドイツに融資、莫大な財産を築く

○ヨハンセン吉田茂 ―――― 麻生太郎
○阿片事業 岸信介 ―――― 安倍晋三
○自由党 世耕弘一 ―――― ゲッペルス・世耕弘成
○今生天皇・安倍政権・三菱財閥等
 ―――2015年11月、ラムズフェルド、アーミテージに「旭日大綬章」を贈る。
〜トナルド・ラムズフェルド(戦争のアゥトソーシングを確立した政治家)、リチャード・アーミテージ国防副長官(軍需・レイセオン)の両者は、ヤラセ911後のイラク侵略で軍需産業・石油資本に莫大な貢献をした政治家であり軍事産業の代理人。レポートを発表し、原発推進や違憲立法の戦争法成立に際し、「ワシントン拡声器」としての役割を果たしたことに感謝。古くから天皇家と姻戚関係にある三菱財閥等が「戦争でぼろ儲けの夢よ再び」の期待を込めつつ勲章を贈与。

売国奴の直系が不正によって日本政治の中枢に居座り、SPの厳重な警護によって庇護されている。彼らはニッポンの支配者を自認し、多くの国民を奈落の底へ突き落とし、自らの地位と蓄財のために売国政策を推進している。大手マスコミが報道する高い支持率も開票前の当確も全ては捏造でありペテンである。紛れもないペテンの事実は、日本の最高責任者を自称する安倍総理の不遜と詭弁に満ちた言動と、国会を取り巻く「アベヤメロ!」と叫ぶ大衆行動の落差が証明している。この目の黒いうちに真に公正な選挙の実施と、その結果を見たいものだ。


>日本の中のCIAエージェント
〜吉田茂、辰巳栄一、緒方竹虎、岸信介、児玉誉士夫、笹川良一、正力松太郎・・・
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/c2b1957716e9e0150bf829ffc620d435?fm=entry_related
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/436.html
リンク切れ:http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b8776d983469bad82ffec40288122b


7. 日刊ダイセツ[4] k_qKp4Nfg0ODWoNj 2016年3月21日 16:26:02 : 8mUfvBPswo : 7avEZb_7yI0[19]
そうです、先日のプライムニュース見ました、
まだ、検察が何もコメントしてないのに、宗像は甘利問題は罪でないと
断言していました、とんでもない元検察官です、不法な裁きをしてきた
人間でしょう、日本の検察の信用をなくし、腐敗しきった検察のどまんなかに
いたのが宗像でしょうね、まさに絵にかいた餅です、現検察にはプライドは
ないのでしょうか、でたらめするのもいい加減にして欲しいです。
宗像のような人間を出すプライムニュースも同類です、以後見てません
視聴率低下に協力してます。反町も途中から毒饅頭を安倍から頂いてるようです。

8. 白猫[754] lJKUTA 2016年3月21日 18:56:54 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[130]
人がどのような生き方をしようが本人の自由である。
しかし、おのれが権力のポチであることをブラウン管を通じて世間に晒すことは相当な恥知らずだ。
しかし、考えようによっては日本の検察は権力者の犯罪は決して捜査しようとしない犯罪加担組織であるとの実態を宗像氏が国民に知らしめていると受け止めることができる。
しかし、大多数の国民は「権力は必ず腐敗する」という真理を残念ながら知ってはいない。

9. 2016年3月22日 06:09:48 : ZrMDpsyito : psNcYzcgMmU[44]
宗像紀夫,こんな卑劣なヤメ犬がいるから、憲法改悪を許してはならない。
権力の犬として、アベヒトラーやナチ自公のために、反対派の弾圧に働くこと間違いないことだから。

10. ソーカB層か[72] g1yBW4NKgmGRd4Kp 2016年3月22日 08:33:47 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[270]
>永田町、霞が関には、政治家や官僚の皮をかぶった「ワシントン」仕込みの工作員が多数、息を潜めている

全くもって

そのとおり!!!!!!!!!!

ソーカに濡れ衣を着せて

地検はソーカだなどと

デマを飛ばす輩に

騙されてはいけない!!!!!!


[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて初期非表示

11. おじゃま一郎[5160] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年3月22日 11:13:34 : NPa2rD5YVg : CyyPFgJnmnU[3]
自民党経世会は悪の歴史である。三大巨悪は、田中角栄、金丸信、
小沢一郎である。鈴木ムネオは小悪である。

12. 2016年3月22日 11:39:38 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[273]
>>10

そのとおり、罰する宗教である「ユダヤ教」や「キリスト教」は、なにか問題があると

誰かを罰しなければ

ならない。

自分が罰せられる立場だったら、ソーカなどに「濡れ衣」を着せて、自分だけは助かろうとする。

許す宗教であるソーカは、濡れ衣を着せられても、それも業(ごう)だ、と許してしまう。

それが、戦後70年以上も続いてきた、ユダヤ教CIA支配のキリシタン支配構造だったわけだ。

閣僚や国会議員にキリシタン(隠れキリシタンを含む)が多いのはCIAのキリシタン支配だったんですね。

微博にもコピーしておきます。

[32初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため、この人のコメントは内容にかかわらずすべて初期非表示

13. 2016年3月22日 13:09:55 : smF7SfDHTU : mFiguI5wZrE[1]
アマリなる輩の面構えを見よ!いかにも悪党だということが判る。こいつの面は「越後屋、お主もワルよのう・・・」そのままだ。

こんな卑劣な極道、休日など与えずに、即刻逮捕し、その数々の悪行ゆえに処刑するべきである。


14. 2016年3月22日 13:13:19 : cfEXT28DzY : wP4v2C9Cl60[399]
「宗像紀夫」で画像検索したら、出てないね。
「むなかたのりお」で画像検索すればまだ2枚出ている。
めがねとめがねなし画像。
これもそのうち見られなくなるだろうから、早くこのいかにも紳士面したトンデモやろうの画像をみておくことをお勧めするよ。


15. 母系社会[1176] leqMbo7Qie8 2016年3月22日 14:40:18 : 4lVI70RRPM : p15NDqp92AE[2]

●日本の歴史には、<東日本と西日本との戦いの歴史>という側面があるのは確実。このことは、「東と西の語る日本の歴史」(講談社学術文庫:網野善彦)を読めば誰でも納得するし、日本の歴史の様々な謎が解ける。

昔、中国大陸→朝鮮半島→対馬→北九州に移住して、西日本の支配権を出雲の「大国主」から奪った弥生系部族があり、更にその一部が東進して、長髄彦と安日彦らの縄文系部族の国があった京都を占拠した。

この弥生人系勢力(天皇部族)の貴族たちは、京都を取り囲む山々の東側は、魑魅魍魎(蝦夷:縄文人)が住む世界だと言って蔑んでいた。

★日本版の「中華思想」。「中華思想」は漢民族だけのものではなかった。中国の周辺国の支配階級は皆、各国それぞれで、この小型「中華思想」を共有していた。

●その後、徐々にこの勢力が日本各地にあった国々を征服してヤマト王権を樹立し、東北に迫ったが縄文系のアテルイらの抵抗で挫折。

そこで、ヤマト王権は<夷を以て夷を制す>という他民族支配の常道手段を使い、先に征服していた関東の縄文系部族を動員して、アテルイらの東北の縄文系部族と戦わせて、アテルイの抵抗を破った。

★この時、東北側では、同じ縄文系でありながら、ヤマト王権に協力した関東への遺恨が深く残った。

そのため、その後の日本の歴史は、西日本側は<東北ー京都>、東日本側は<関東ー九州>(九州南部は縄文系部族の国々で、関東の縄文系と相性が良かった)という構図での勢力争いが続いた。その後の東日本の武士たちは、<新皇>を名乗った平将門のように、一貫して西日本の天皇支配を嫌い、鎌倉幕府以降、日光を東日本の聖地=精神的支柱にして、東日本の武士は西日本から独立することを志向してきた。

と言っても、室町幕府のように東日本独立派の武士が反乱を起こして負け、少数派となった幕府もあったのだが・・・

★要するに、東日本では長い間、「朝敵」は「汚名」ではなく、逆の「美名」だった。「朝敵」が「汚名」と見なされるようになったのは明治政府のプロパガンダの影響でしかない。

★「朝敵は汚名」と考える東日本人は、日本の<真の歴史>を知らない「裏切り者」である。

●今でも、東日本人と西日本人との結婚は10%以下で、両者ほとんど結婚せず、DNAや血液型での違いもある。現在でも、東日本と西日本は、多くの点で文化や習俗が異なる。もちろん、言語など文化レベルでの共有部分もあるのは確かだが、日本の歴史上での対立・相克の影響も残存していて・・・

★橋下の大阪都構想も、西日本側の意識的・無意識的な「東日本嫌い志向」がなせる運動。橋下の運動には、徳川の大阪城攻め後、関東の武士が大阪で民衆を酷く略奪したことなどへの恨みも残存しているはずで、橋下の反動的な運動も、大阪では一定の大衆的な基盤を持っている。

会津での官軍兵士による略奪も、当時の西日本人が東日本人を同じ民族とは思っていなかった証拠。日本民族という意識が、日本の民衆レベルにも浸透したのは、明治20〜30年以降である。

(西洋でも、現在の「政治的主権を持つ民族」という民族観が成立したのは近代になってからで、200年ぐらい前のことでしかない)

★だから、一度、東日本は西日本から<独立>して、日本は連邦国家=道州制国家=になるべきだろう。その場合、当然だが、西日本による東日本支配の象徴である天皇は、京都にお帰り頂く。その後、日本の高級奴隷である天皇をどうするかは、西日本が決めれば良いこと。東日本には、天皇がどうなろうと関係が無いことである。

「東と西の語る日本の歴史 」(講談社学術文庫) 文庫1998/9/10 網野 善彦 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E3%81%A8%E8%A5%BF%E3%81%AE%E8%AA%9E%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B6%B2%E9%87%8E-%E5%96%84%E5%BD%A6/dp/4061593439

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

16. 2016年3月22日 15:32:16 : nofryWaW9P : O1AXvkWTLls[1]
>>15
関連性ないコメントはお引き取り願います。
題名が読めないのですか?
しかもコメントが寒過ぎる。
分断してまで独立してもアメリカとロシアが喜ぶだけです(どさくさに紛れて三沢基地から米軍が制圧さてまた占領されますよ?ロシア軍が北方領土から南下するかも知れない)。

17. 母系社会[1177] leqMbo7Qie8 2016年3月22日 20:23:11 : ccDuf8e3C6 : 0kohrbsbvXQ[1]
>>16さん

関連があると思うので投稿したのです。

この国の検察や裁判所などの司直は、たとえば、天皇一族が交通事故でも良いのですが、何か違法なことをした場合、逮捕ー起訴ー有罪判決が下せるのか?と考えれば直ぐにわかるでしょう。

●日本だけでなく、世界中の検察や裁判所は、決して公平な機関ではないのです。中国やロシアも含めて、公平な司直が機能している国など、一つもありません。

なぜなら、検察だけでなく裁判所も含めた司直の第一の任務は、どの国でも<治安維持>だからです。

だから、今までの原発関連裁判で、裁判所は原発さえも合法化してきたのです。そして、今でも最高裁は原発の再稼働を認めるでしょう。

つまり、原発を再稼働させたい人たち=この国の支配階級の意思(たとえば、原発再稼働)をつつがなく実行するのが、検察や裁判所などの司直の役割なのです。

●東京地検特捜部や宗像紀夫のような輩を批判することは大変、重要なことですが、たとえ、特捜部が解体されても、最高検や最高裁判所の任務は、この国の支配階級に都合が良い<秩序=治安体制>を守ることなので、問題は解決しません。

要するに、この国が<支配階級ー被支配階級>に分裂している限り、「法の支配」という理念を、誠心誠意、守ろうとする検察や裁判所など出現するわけがないのです。

★これは、今の支配関係が逆転しても、つまり革命が起きても同じで、革命後の最高検や最高裁判所も、権力を握った革命勢力に都合が良い「法の支配」を実行するのです。これを「プロレタリア独裁」と言います。

★つまり、現在の体制は「ブルジョア独裁」なのです。だから、「ブルジョア」=1%に都合が良い検察や裁判所が組織されているので、1%の手先である甘利が見逃されているわけです。

もちろん、この状態を批判する世論が高まれば、つまり、現在の支配体制への批判が高まれば、支配階級に都合が良い<秩序=治安体制>が危険に晒されるので、甘利も逮捕されるでしょう。だから、東京地検特捜部や宗像紀夫のような輩を批判することは大変、重要です。

★しかし、「法の支配」という理念を、誠心誠意、守ろうとする検察や裁判所は、<階級>自体が消滅した後でしか実現しません。

●かつて、この国の支配階級は、チベットの「ダライ・ラマ体制」と同じように、国民に<天皇は神>だと信じ込ませて、国民を支配していました。天皇が本当に神であるなら、天皇に奉仕して守る勢力(支配勢力)は<善>であり、<正義>となるからです。

流石に日本の支配勢力はチベットのように、天皇の排泄物を乾燥させて丸薬にし、国民に高価な薬として、売りつけるというような品が無いことはしませんでしたが、その代わりに310万もの国民を殺し、今でも、公務員を宮内庁で1000人、皇宮警察で1000人、予算は毎年300億円(260億円+地方巡業費)も浪費しています。

★一方では、500円のコンビニ弁当を食べるのが<夢>だった言って、少女が自殺しています。


18. 2016年3月22日 20:42:20 : G79bQ6lttw : VcrhQbwp7ZM[1]

「宗像紀夫」、これがマスコミに出て色々とコメントしているということが理解できない。

数十年前の「噂の真相」に出てるよ。

当時の現役司法官僚「宗像」とヤーの字の方とのご親密なお付き合いのことが。



19. 2016年3月22日 23:18:39 : nofryWaW9P : O1AXvkWTLls[2]
>>17
内容自体どうでもいいし、天皇なんて興味ない。宗像紀夫の話なのに、それに関するコメントが何もないなら別の所でやって下さい。
「俺は正しい!」みたいなことされても説得力ゼロだし、とてもつまらない。
天皇ガー!と書かれても戦前ではあるまいし、コメントも私怨しか感じられません。
国に対しては憤りはありますが、革命みたいに戦争前提な意見はお引き取り下さい。
それとも、朝鮮戦争みたいに日本人同士戦うのがお望みですか?アメリカやロシアなどの海外の国々が喜ぶだけです。

20. 2016年3月22日 23:37:46 : nofryWaW9P : O1AXvkWTLls[3]
政治、そして司法は「お金」と「権力」で動く汚い仕事である。
原発は政治家にとって利益だろうが、国民から見れば不要である。
正義は存在しない。そこが悲しい所である。

21. 2016年3月23日 14:44:11 : pbNMSXRwUY : 8fzSg8vUDi4[104]
>>16,19.20
この人は蝦夷人と言いまして、何を言ってるのか、何を考えているのか分からない人です
日本人のくせに、売国の事しか考えていませんし、サヨクにしては逸脱しています

また蝦夷人の最大の謎は民主主義やアメリカなどの問題点には突っ込みまくるけど、中国や社会主義に関してはDNAやらアインシュタインが共産主義やらと史実を捏造してまで擁護するという異常ぷり
また蝦夷人の主張なんて共産主義や中国による都合の良い内容しか引用しかせず、それで真実を掴んだつもりのようです。
まあ、片方を下げるためなら、もう片方の問題点は無視する
野蛮人らしいやり方(笑)
それでは



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ