★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 290.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ワシントン・ポストが社説で、安倍政権の高市総務相の停波発言や「マスコミ潰す」勉強会を痛烈に批判!
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/290.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 22 日 12:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ワシントン・ポストが社説で、安倍政権の高市総務相の停波発言や「マスコミ潰す」勉強会を痛烈に批判!
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d671319e1fdc2748ee9b41f1aeff2e42
2016年03月22日 | 社会とマスコミ Everyone says I love you !



ある夜、ウォーターゲート・ビルに侵入した四人の窃盗犯が現行犯逮捕された。単なる強盗と思われたこの事件だが、ワシントン・ポストの記者ボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)とカール・バーンスタイン(ダスティンン・ホフマン)は数々の疑念、妨害を乗り越え調査を進めていく。そして、これがのちに合衆国大統領ニクソンを失脚させる一大スキャンダルへと発展していくのだった…。


かの有名なウォータゲート事件をウッドワードとバーンスタインの同名著書を原作に名匠アラン・J・パクラが描いた本作は、1976年のアカデミー賞(R)で4部門(助演男優賞/ジェーソン・ロバーズ、脚本賞/ウィリアム・ゴールドマン、美術監督・装置賞、音響賞)を受賞。


フィクションを超えた、衝撃のノン・フィクション。



大統領の陰謀 [Blu-ray]
ロバート・レッドフォード (出演), ダスティン・ホフマン (出演), アラン・J・パクラ (監督)
ワーナー・ホーム・ビデオ


 私も相当アンテナを高く掲げているつもりなんですが、今、うちからリンクさせていただいているkojitakenの日記さんのワシントン・ポスト(3/6)が安倍政権(高市早苗ら)のメディアへの圧力を痛烈に批判
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20160321/1458537821
という記事を拝見して、初めて知りました。

 なんで、こんなベタ記事なんだ!2週間も前の報道じゃないか!!


メディアへの圧力批判=高市総務相発言で米有力紙
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016030700537

 【ワシントン時事】米有力紙ワシントン・ポストは6日、政治的公平性に反する放送を繰り返した放送局に電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の発言などを取り上げ、安倍政権はメディアに圧力をかけるべきではないと批判する社説を掲載した。


 ポスト紙は、高市氏の発言の背景には「メディアに対する安倍晋三首相のいら立ち」があると分析。「日本が戦後に成し遂げたことの中で最も誇るべきなのは、経済の奇跡ではなく、独立したメディアを含む自由主義制度の確立だ」と指摘した上で、「首相にいかなる目標があっても、それら(自由主義制度)を犠牲にして追求するべきではない」と強調した。


(時事通信 2016/03/07-15:48)



 あと記事にしているのは、これもkojitakenさんが既に指摘済みですが、琉球新報しか見つかりません。時事通信社は共同通信と並んで地方紙に情報を流す通信社ですが、それとは別にアメリカの首都ワシントンからちゃんと報道する沖縄の新聞、さすがです。


「報道圧力 安倍政権はやめよ」 ワシントン・ポストが社説
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-235522.html
2016年3月9日 10:28 琉球新報


 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】米有力紙ワシントン・ポストは6日、政治的に公平でない放送を繰り返す放送局に電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の発言や安倍晋三首相に近い自民党議員による勉強会での沖縄2紙への圧力などを取り上げ、安倍政権はメディアに圧力をかけるべきではないと批判する社説を掲載した。


 ワシントン・ポスト紙は高市氏の発言の背景には安保法制に関する報道など「メディアに対する安倍晋三首相のいら立ち」があると分析した。NGO「国境なき記者団」が調査した2015年のランキングで、日本の「報道の自由度」が180カ国中61位となっていることも紹介した。
 社説は「日本が戦後に成し遂げたことの中で最も誇るべきものは、経済の奇跡ではなく、独立したメディアを含む自由主義制度の確立だ」と指摘。「首相にいかなる目標があっても、それら(自由主義制度)を犠牲にして追求するべきではない」と強調した。



 時事通信はワシントンポストのことを有力紙と書いていますが、保守派のワシントンポストといえば、どちらかというとリベラル派のニューヨークタイムズと並ぶアメリカの二大高級紙(クオリティ・ペーパー。「エリート階層」を読者とする質の高い新聞)です。


 ここで、朝日新聞に対する読売新聞みたいなものか?!と思ってしまうと、ワシントンポストはもとよりNYタイムズも激怒すると思います(笑)。読者の数は日本の全国紙の10分の1程度。読み人を選ぶ新聞です。


 ニクソン大統領のウォーターゲートを追及したのもワシントンポストでしたね。


 また、第一次安倍内閣の時に、安倍首相が「慰安婦」制度の強制性を否定するような発言をしたときに、渡米前にワシントンポストやニューヨークタイムズ紙にこっぴどく叩かれ、わざわざワシントンポストのインタビューに応じて弁明したということもありました。


 要は、日本政府にとっても大いに気になる新聞なのです。


 そのワシントンポストに、しかも社説で、


「日本が戦後に成し遂げたことの中で最も誇るべきなのは、経済の奇跡ではなく、独立したメディアを含む自由主義制度の確立だ」


「首相にいかなる目標があっても、それらを犠牲にして追求するべきではない」


と書かれた安倍政権も、日本の報道自由度が低いと言われて、このことをシカトした日本のマスコミも情けない限りです。



とか偉そうなことを言いながら、わたくしもワシントンポストの社説なんて初めて検索しました。見つかるもんだなあ。


表題のスケルティングとは押しつぶすの意。「日本では都合の悪い報道は押しつぶす」ということですね。日本の3人のキャスターが辞めることになったとも書いています。


うちのブログに集う優秀なコメンテーターのどなたかが全文を訳してくださると思うので(スリスリ)、そしたら追記しますね。



The Post's View
Squelching bad news in Japan



Japanese Prime Minister Shinzo Abe (Kazunari Fujikake/Associated Press)


By Editorial Board March 5
SO FAR, not so good for Abenomics, the ambitious program for reviving Japan’s stagnant economy introduced by Shinzo Abe upon his election as prime minister three years ago. Mr. Abe promised to fire “three arrows”: fiscal stimulus, monetary easing and structural reforms. He has delivered most dramatically in the monetary area, where the Bank of Japan has tried radical anti-deflation measures, including, most recently, negative interest rates on commercial bank deposits at the central bank. Yet in view of the underwhelming results — including another three months of negative growthat the end of 2015 — Japanese are worried and the prime minister’s approval ratings are falling. Meanwhile, China and North Korea agitate militarily nearby.


Surrounded by bad news, many leaders resort to blaming the bearers of it; alas, Mr. Abe may be no exception. In fact, formal and informal pressure on Japan’s media, by the government and its allies, has been a sore point almost since Mr. Abe took office. To many, his disposition to rein in critical coverage was behind the rise of a loyalist to run NHK, Japan’s publicly supported television network, in January 2014. The new boss promptly gave a press conference observing that the World War II-era Japanese army’s forcing of women into its sexual service “could be found in any nation that was at war.” Since then, officials of both NHK and a rival, Asahi, have been dressed downby a commission of Mr. Abe’s Liberal Democratic Party, and a member of Mr. Abe’s parliamentary bloc has threatened two Okinawan papers’ advertising revenue. Mr. Abe apologized for that.


Recent weeks have seen the resignation of three television journalists, all known to be out of favor with the government, in circumstances suggestive of pressure from Mr. Abe’s friends in network management. The resignations coincided with a flap over comments Feb. 8 by Japan’s minister of internal affairs, to the effect that broadcasters who fail to show “fairness” in political coverage could lose their licenses, under previously little-used laws requiring neutrality in the news. The Japan Federation of Commercial Broadcast Workers condemned that as “intimidation.” Japan’s media remain powerful and robust, yet in 2015, Japan fell to 61st place among 180 countries on Reporters Without Borders’ global press freedom rankings, down from 11th in 2010.


Mr. Abe’s upset with the media seems to revolve mainly around their coverage — tepid by U.S. standards — of his national security policy, such as his plans to permit Japan’s military more latitude abroad. Japan does face challenges both economically and in the security realm. Mr. Abe is trying to modernize his nation to meet them, an inevitably controversial project. Nevertheless, the proudest of Japan’s post-World War II achievements was not its economic “miracle” but the establishment of free institutions, including independent media. None of Mr. Abe’s goals for Japan, however worthy, can, or should, be pursued at their expense.


Read more on this topic:



David Ignatius: Shinzo Abe’s optimistic vision


The Post’s View: Japanese Prime Minister Shinzo Abe launched his third arrow


The Post’s View: Japan’s Shinzo Abe underwhelming package of economic reforms


The Post’s View: Mr. Abe’s peace offering on Japan’s past


            ◇


【 安倍政権が行なっている報道の自由の圧殺について 】ワシントンポスト社説
http://kobajun.chips.jp/?p=27099
星の金貨プロジェクト


安倍氏の首相就任以来、日本の報道機関に対する政権とその与党による圧力は陰に陽に繰り返されてきた


日本が第二次世界大戦後に成し遂げた中で最も誇るべきものは何か、改めて考えるべきである


ワシントンポスト論説委員会 3月5日



3年前に安倍首相が政権交代のきっかけとなった選挙の際掲げた、日本経済を復活させるとした野心的な経済政策であるアベノミクスは、これまでのところ期待された程の結果を出すには至っていません。


安倍首相は「3本の矢」を放つと公約しました。


3本の矢の中身は財政刺激、金融緩和、そして構造改革です。


安倍首相は金融緩和の分野において最も劇的な手法を用いました。


その中心を担ったのが日本銀行であり、もっとも最近では市中銀行が日銀に預金する際の金利をマイナスにするなど、大胆な反デフレーション政策を試みました。


しかしその結果は見える限りにおいては、思わしいものではありません。


2015年10〜12月の第4四半期の国内総生産の伸びはマイナスに終りました。


経済の先行きに対する日本国民の懸念は深まり、内閣支持率も低下しています。


一方で近隣の中国と北朝鮮による軍事的圧力の増大も、日本の国内世論に強い作用を及ぼしています。


こうした良くない報告が続くようになると、権力の座にある者は往々にして情報の運び手に攻撃の矛先を向けるようになります。


実際、安倍首相もその例外ではないようです。


事実、安倍氏の首相就任以来、日本の報道機関に対する政権とその与党による圧力は陰に陽に繰り返され、国内外において批判の的となってきました。



多くの国民にとって、安倍首相が日本の重要報道について干渉を強めようとしている姿勢を象徴する出来事が、2014年1月、はっきりと体制支持者であることが明らかな人間を公共放送であるNHKの会長に任命した事でした。


新任の会長は早速記者会見を開くと、第二次世界大戦(太平洋戦争)中に旧日本軍が強制的に女性たちに売春を強いたことについて、『戦争中にはどの国でも見られたありふれた出来事』であると言い放ちました。


この時以来、NHKとその主張においてライバル関係にあったテレビ朝日の番組制作には、安倍首相の与党である自民党の意向が強く反映されるようになりました。


また安倍首相の与党議会勢力のメンバーは、政権に批判的な沖縄の地方新聞社2社の広告収入を脅かす挙に出たのです。


この点については安倍首相は後日、謝罪を行いました。


ここ数週間において目についたのは、テレビ・ジャーナリスト – 安倍政権に嫌われていることが誰の目にも明らかな3人が、安倍首相の支持者である各放送網の経営陣の圧力によると思われる状況下、辞表を提出したという出来事でした。


一連の辞表提出は、政治問題について『公正』な報道を行わない放送局については、放送免許を取り消すことも辞さないという2月8日の総務大臣の物議をかもした発言と軌を一にしていました。


発言の根拠とされたのは、これまでほとんど有効に使われた事例のなど無い日本の放送法です。


日本民間放送労働組合連合会は声明を発表し、この発言は『脅迫』だと非難しました。


日本のメディアは強い影響力を持っていますが、国境なき記者団が評価した世界報道自由度ランキングでは、2010年には世界で11位であったものが、2015年には180カ国中61位にまで順位を落としました。



アメリカの報道基準で言えば生ぬるい程度の批判であっても、安倍首相がど怒りを露わにするのは、安倍政権の安全保障政策に関する報道に対してであると見られています。


安倍政権が打ち出した政策は第二次世界大戦(太平洋戦争)後初めて、日本の軍隊に海外での戦闘活動を可能にしました。


日本は現在経済問題と安全保障に関わる分野で難問に取り組んでいます。


安倍首相はこれらの分野で実情に合わせた改変を加えようとしていますが、一方でこうした問題が論争の的となるのは当然であると言えます。


しかしいかなる課題があるにせよ、日本が第二次世界大戦(太平洋戦争)後に成し遂げた中で最も誇るべきものについて忘れるべきではありません。


それは『奇跡の経済成長』ではありません。


独立した自由な報道機関を含む、自由主義制度の確立です。


安倍首相が最終目標とするものの達成のため、する価値がある、できる、あるいはするべきである、どのように考えているにせよ、この自由主義制度を壊すことだけは決してやってはならないことなのです。


https://www.washingtonpost.com/opinions/squelching-bad-news-in-japan/2016/03/05/497b7be8-da60-11e5-925f-1d10062cc82d_story.html
  + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – + – +
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[751] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月22日 12:48:39 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[692]

>「日本が戦後に成し遂げたことの中で最も誇るべきなのは、経済の奇跡ではなく、
 独立したメディアを含む自由主義制度の確立だ」

こういう正論を聞くと、ある意味で、やはり日本はアメリカには敵わね〜や〜、と思っちゃう。(笑)

まあ、半分以上は、『よく言うね。どんだけ面の皮厚いの?』という“嫌味”だけど。(笑)


2. 2016年3月22日 13:20:10 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[104]

安倍晋三・麻生太郎・高市早苗 学歴経歴詐称トリオ

    ホラッチョ内閣は もはや歴史に残る

      最悪最低の「低知能」かつ「売国にして右翼」内閣 。。。。

 


3. 2016年3月22日 14:22:57 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[442]
斜陽の米主要紙は販路の問題もあろうが日本語版の本格的な発行に紙媒体の活路を見出したらどうだろうか。
販路読売の商業的なありとあらゆる問題を徹底攻撃し、新聞業界から駆逐し乗っ取る事で一気に解決できるかと思う。
先づはキオスク売りからだ。通勤中読む媒体にラテ欄は不要。

4. 2016年3月22日 15:20:59 : SJn8ymXpus : _2u1fMcGFgs[7]
アメポチ安部はアメリカからも嫌われている。これはアメリカ政府見方を代弁した記事。
日本会議の思想はアメリカ人がもっとも嫌うもの。

5. 2016年3月22日 17:17:29 : XfskXQR0ug : rQQi6e7jtuM[4]
3さん然り 
>斜陽の米主要紙

−−の記事を日本の全国紙ではなく
 阿修羅の板で見られるのに
 日刊ゲンダイに、更に頑張れとは
 言えない。
 


6. 2016年3月22日 17:22:01 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[558]
沖縄の新聞しか取り上げない事にも明らか、マスコミは安倍総理の不都合には触れない、何故学歴詐称の歴史も真面に学んでいない人間が二度も総理の座についているのか、日本はアメリカの植民地であると言う事もはっきり言って欲しかった。

7. 2016年3月22日 22:07:56 : UhkXttsHwM : BaF_KMbt9gM[2]
ワシントン・ポストも所詮は、シオニスト国際金融財閥筋の御用達メディア
に過ぎない。ユダヤ人種のヒトラーを育てドイツ潰しと金儲けに利用した
のと同じ、安倍や麻生ら日本会議ファシストを政権の座につかせたのも
日本潰しと金儲けのため。

8. 2016年3月23日 03:39:56 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[466]
独立したメディアを含む自由主義制度が確立してたら、
テレビのチャンネルは台湾みたいにたくさんあるんじゃないのか
プロデューサーは朝鮮人だし、歴史学部は認可されないし、映画監督は朝鮮人だし
日本人が発言・発信できる場が無いのですが

9. スポンのポン[2226] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年3月23日 07:58:56 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[425]
 
 
 
■安倍になってから庶民の生活は苦しくなる一方。
 民主党時代の方がこの国の経済は発展していた。
 今日まで民主党政権が続いていた方がこの国は発展していたはず。
 
 
 

10. スポンのポン[2227] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年3月23日 08:03:03 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[426]
 
 
 
   安倍『経済で結果を出す』
   国民『出してから言え』
 
 
 

11. それ嫌いです[16] gruC6oyZgqKCxYK3 2016年3月23日 14:07:04 : YCxiwIBJiI : GsYlli5xdLY[2]
スポンのポンさん私もそう思います
民主党でいたならば少なくともここまで悪化は
していないはずだと思います

12. 歯磨き右近高山[531] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年3月23日 14:16:15 : SEXurqusmU : SlGLa6BeDTs[2]
>>3>>6
沖縄の新聞を全国ネット配信するだけでも違うでしょう。

英検2級をこの夏受験予定の私は「英文のままで読めなくもない」けれど、時間も労力も3~5倍掛かるし、日本語で多くの人が読まん限り、「アブナミクス」は阻止出来ないでしょうからね。


13. 2016年3月23日 14:23:57 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[249]

タイムリーだね。

  ナチスに見習え!(麻生太郎)


14. 母系社会[1178] leqMbo7Qie8 2016年3月23日 17:35:21 : JpEdrCPJ7g : 0Q94ZOJfm@Y[1]

●下記の「報道の自由などというものは存在しない」という記事によると、1880年、当時「ニューヨーク・タイムズ」紙の著名な記者であったジョン・スウィントンは、ニューヨークプレスクラブのパーティにおいて「報道の自由」に乾杯がなされたことに対して行ったスピーチで・・・

<引用開始>

 世界の歴史における今日のアメリカにおいて、報道の自由などというものは存在しない。あたなはそれを知っているし、私も知っている。あなた方のうち、誰一人として正直な意見を書けるものはいないし、もし書いたとしても、それが決して新聞に載ることはないことを知っている。私は私の正直な意見を新聞に書かないことで給料をもらっている。あなたがたも同じことをして給料を得ている。もし正直な意見を書こうなどという、愚かな考えを持つ者がいれば、すぐに失職して別の仕事を探さなければならないだろう。

 もし私の正直な意見が新聞に掲載されようものなら、24時間以内に、私はくびになるだろう。ジャーナリストの仕事は、真実を壊し、公然と嘘をつくことであり、判断を誤らせ、中傷し、富の邪神の足元にへつらい、自分の国も国民をも、日々の糧のために売り渡すことである。あなたはこれを知っているし、私も知っている。報道の自由に乾杯など、どんなにばかげたことか。

 我々は金持ちたちの舞台裏の道具であり、召使だ。我々は操り人形で、彼らが糸を引き、我々が踊る。我々の才能も可能性も命も、他の人間の道具なのである。我々は知性の売春婦なのだ。

<引用終了>

・・・と述べたそうです(汗)

既に19世紀の頃から、アメリカのマスゴミ記者自身が「私は私の正直な意見を新聞に書かないことで給料をもらっている。あなたがたも同じことをして給料を得ている。」と言っていたそうなのですから、このマスゴミの腐敗堕落問題の根は、とてつもなく深いわけです。

 (出所:Labor's Untold Story, by Richard O.Boyer and Herbert M. Morais, Published by United Electrical, Radio&Machine Workers of America, NY 1955/1979)

★<投資メモ>「報道の自由などというものは存在しない」
元『ニューヨーク・タイムズ』紙記者のジョン・スウィントン
コラム(Our World) No.503 報道の自由 From : ビル・トッテン より
http://blog.livedoor.jp/googooinvest/archives/2010458.html


15. TondaMonta[21] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2016年3月23日 22:14:34 : xLTnJJXGZY : 3NCkivFs3hw[14]
ご存じの方も多いと思いますが,ブログ『マスコミに載らない海外記事』でよく翻訳されているのが,P.C.ロバーツの記事です。
 ロバーツ氏は,欧米のほとんどの新聞社が買収されているので,「売女マスコミ Presstitute」と読んでいます。
 その中の一つW.ポスト紙が日本を名指して,高市総務大臣や安倍自民党・公明党政権を批判しているのですから,「相当非道い」報道規制,言論の自由統制なのだと思っています。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ