★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203 > 797.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相が、また海外で原発推進を訴える。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/797.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 4 月 02 日 21:56:43: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201604/article_3.html
2016/04/02 21:37

安倍首相が、また海外で原発に関して、日本国民の大多数の思いと違ったことを言っているのを聞いて、その愚かさに憤懣やるかたない。

東京オリンピック誘致のため、福島の原発の核汚染水を完全にコントロールしていると大嘘をついていた。その当時から完全にコントロールしているのなら、毎日3000戸が使う量の電気を使って凍土壁を作ることなど、せずに済むはずである。また、福島原発沖の魚も、もう食べられるはずである。

福島は5年間だけで12兆円もの事故対策費を使っており、これからまだいくら掛かるかわからない。それなのに、安倍首相が未だに原子力利用をリードすると述べたことは、子孫に負の遺産を残さないことに責任を負う首相としては、失格と思っている。小泉元首相が原発の廃止を訴えていることは、国のことを考えているからだと思っている。

少し政治と外れるが、不正経理で大赤字を出し、1万人以上リストラする東芝が、再建の4つの事業の一つとして原発を上げ、海外に原発を売っていくと述べた。これを聞いて、東芝の将来も不確かになったと思った。一度、原発を売った他国で何か事故があれば、東芝ばかりでなく、日本が補償を求められる。同じ原発でも、廃炉ビジネスならまだましである。

核廃棄物の最終処分場(ごみ保管場)も決まらないのに、原発を増やす権利はない。ビジネスとして破たんしているのだ。


「原子力利用 再びリードする」 首相、原発推進を宣言
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016040290070454.html

 【ワシントン=金杉貴雄】安倍晋三首相は一日午前(日本時間二日未明)、核物質や核施設の防護・管理強化を話し合う「核安全保障サミット」で演説し、東京電力福島第一原発の事故を踏まえ「日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、原子力の平和的利用を再びリードすべく歩み始めた」と原発の再稼働推進を宣言した。事故から五年を経ても収束の道筋が見えない福島第一原発の現状には言及しなかった。 

 首相は演説で「事故の教訓を原発を導入するすべての国と共有し、安全性や事故対策についての知見を世界に広げることが日本の使命だ」と強調。各国への支援、安全基準に関する国際協力などを積極的に行っていく考えを表明した。

 福島第一原発では、現在も放射能汚染水の対策に追われる。福島県では十万人近くが避難生活を送り、放射性物質を含む汚染土を処分するめどもついていない。東電や国から十分な賠償が得られていないとして集団訴訟も相次いでいる。首相は、こうした状況に関する説明は避けた。

 一方で、原発の再稼働に関しては「世界で最も厳しいレベルの新規制基準をつくった」と主張。新規制基準をめぐっては、大津地裁が三月、新規制基準を疑問視し、稼働中の関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを決定したばかりだ。

 さらに、首相は、日本は国際原子力機関(IAEA)の下、高水準の透明性を保ってプルトニウムを厳格に管理していると説明。「利用目的のないプルトニウムは持たない」との方針で核物質の最小化、適正管理に取り組んでいると強調した。各国が原子力の平和利用を将来も続けるには「完全な透明性の確保が必要だ」と訴え、日本が支援していく考えも示した。

 日米両政府は核安保サミットに合わせ、京都大の研究用原子炉から高濃縮ウランを撤去するとの合意を盛り込んだ共同声明を発表した。首相は演説で「世界の核セキュリティー強化への大きな貢献だ」と述べた。

(東京新聞)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月03日 06:43:23 : bC7BzPnf9Y : IhosJKwkKQY[17]
4/2のTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」でゲスト 城南信用金庫相談役、吉原毅氏が原発推進を「原発は国家ぐるみの巨大な粉飾決算」と厳しく批判していた。
原発ほど、「騙し・脅し・隠し」が当てはまる事業はない。溶け落ちた核燃料の在り処さえ判らず、ただ水を入れ続けるしかない事故原発、数兆円の対策をしても何一つ効果が上がらず、この先青天井で事故原発に国民の税金が使われ続け、凍土壁なる見掛け倒しの下を流れる地下水脈を通じて放射能汚染は拡大し続け、すでに人智を超えてひたすら敗戦処理でしかない原発事故ですら「アンダーコントロール」と臆面もなく言ってのける首相が今度は「日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、原子力の平和的利用を再びリードすべく歩み始めた」と狂人的発言をする。決意=原発をやめる、とならずに、決意=もっと原発をやる、まさに狂人である。原発が日本という国家の息の根を止めることは間違いない。

2. 2016年4月03日 08:37:59 : Kc1YCNfDA6 : qDg2AhfeVIs[23]
> 原子力の平和的利用を再びリードすべく歩み始めた
日本が原子力の平和利用をリードしたことなど一度もありません。現行の原子力発電に使われる原子炉は、すべてアメリカか旧ソ連で開発されたものです。しかも、基本設計は50年以上前の古い技術です。ガスタービンコンバインドサイクル火力等の方が、ずっと新しい技術です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK203掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK203掲示板  
次へ