★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 422.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
甘利氏、見放されたか。 読売新聞社説ですら厳しい見方。世論の動向が反映。ー(孫崎享氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/422.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 13 日 19:00:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

甘利氏、見放されたか。 読売新聞社説ですら厳しい見方。世論の動向が反映。ー(孫崎享氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1soibhf
13th Apr 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


特捜部勤務もある元検事、郷原氏は「賄賂系は、公務の廉潔性を損なう犯罪行為で、悪質極まりない。

甘利氏のあっせん利得処罰法違反は“ど真ん中のストライク”に近い事案」と言われたが、

検察は即動かず、「検察の動きに“検察は、政権側が政治的影響があるから捜査してほしくない”と

考えているのではないか」との懸念を表明した。

検察の捜査が始まっても、官邸は政治的配慮で圧力をかけることが懸念された。

自民党筋として、TPPへの影響、今後の選挙への影響への懸念が報道された。

しかし、政権の見解を代弁するとみられている読売新聞が

12日「甘利氏資金疑惑 捜査で口利きの有無解明を」と題する厳しい社説を掲げた。

今後、どう展開するかはわからないが、少なくとも世論に配慮し、

厳しい姿勢をとるポーズの必要性があるところまできた。

*****************************

・不透明な資金提供や口利きの疑惑がある以上、捜査を尽くすのは当然である。

・建設会社とURの間でどのような交渉が行われ、元秘書はどう関与したのか。
提供資金には、どんな意図が込められていたのか。特捜部は、その全体像をしっかりと解明してもらいたい。

・閣僚辞任だけで、疑惑に終止符を打つことは許されない。

・ 閣僚らによる「政治とカネ」の不祥事が続いたことで、国民は不信を募らせている。

・甘利氏は、体調がすぐれず、国会に出席できないのなら、弁護士による説明や書面回答など、
別の方法で説明責任を果たすことを真剣に検討すべきだ。

*****************************

極めて厳しい論調だ。

読売新聞の論調からして、官邸が検察に露骨な圧力をかけにくい状況になっている。

こうした流れは、「国民は不信を募らせている」ことからくる。

私達がしっかりした見解を有し、政府に対し批判すべきは批判する対応を取ることによって、政治は動く。

その一例かもしれない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[1119] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年4月13日 19:03:42 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[270]

死ねっ!甘利っ!!

[削除理由:“あまり”にも真っ当なご意見だから(笑)]

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

2. 2016年4月13日 19:42:38 : pXi1HjlPjY : B4fqbElcKzY[16]
俺だけが生贄にされて堪るか、芋づるで片っ端から総てゲロしてやるるるーー!!甘利。

3. 2016年4月13日 19:43:05 : pJ1mLYRY2E : 0m9ZQR51s80[4]
甘利氏資金疑惑 捜査で「口利き」の有無解明を
2016年04月12日 読売新聞社説

 甘利明・前経済再生相を巡る現金授受問題で、東京地検特捜部が関係先を捜索した。

 不透明な資金提供や口利きの疑惑がある以上、捜査を尽くすのは当然である。甘利氏も、きちんと説明責任を果たさねばならない。

 捜索容疑は、あっせん利得処罰法違反だ。甘利氏側に資金を渡した千葉県の建設会社や、この会社と補償交渉をしていた都市再生機構(UR)が対象になった。

 建設会社は2013年8月、URから2億2000万円の補償金を受け取る契約を結んだ。その後、甘利氏に計100万円、元公設秘書に500万円を提供した。元公設秘書らは今年1月まで、UR職員と面談を重ねていた。

 甘利氏は「秘書らが交渉に介入したことはない」と語っている。だが、仮に補償交渉で建設会社が有利になるよう、UR側に働きかけていれば、提供資金は口利きの謝礼だった可能性が出てくる。

 あっせん利得処罰法は、政治家や秘書が、その権限に基づく影響力を行使して口利きをした見返りに、報酬を得ることを禁じている。政治家が民間業者と金銭面で癒着し、政府や自治体に働きかけをするのを防ぐのが目的だ。

 建設会社とURの間でどのような交渉が行われ、元秘書はどう関与したのか。提供資金には、どんな意図が込められていたのか。特捜部は、その全体像をしっかりと解明してもらいたい。

 甘利氏は1月の辞任時の記者会見で、弁護士らによる事実関係の調査を継続したうえ、その結果について「しかるべきタイミングで公表する」と明言していた。

 ところが、この会見以降、「睡眠障害」を理由に、公の場に姿を一切見せていない。国会には、5月まで療養が必要だとする診断書が提出されているという。

 閣僚辞任だけで、疑惑に終止符を打つことは許されない。その点は、甘利氏も十分に自覚しているはずだ。第三者による調査の全容について、早急に明らかにすることが求められよう。

 民進党など野党は、環太平洋経済連携協定(TPP)承認案の審議と絡めて、甘利氏の参考人招致や証人喚問を要求している。

 閣僚らによる「政治とカネ」の不祥事が続いたことで、国民は不信を募らせている。

 甘利氏は、体調がすぐれず、国会に出席できないのなら、弁護士による説明や書面回答など、別の方法で説明責任を果たすことを真剣に検討すべきだ。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160411-OYT1T50133.html


4. 2016年4月13日 19:44:42 : pJ1mLYRY2E : 0m9ZQR51s80[5]
甘利氏は国会に出て説明せよ
2016/4/10付 日経新聞社説

 甘利明前経済財政・再生相の金銭授受問題で、東京地検特捜部の強制捜査が始まった。甘利氏本人が疑惑についてきちんと説明すべきである。2カ月以上も国会に登院していない。公の場に姿をみせない状況が続くならば、衆院議員を名乗る資格はない。

 甘利氏は1月に閣僚を辞任した際、自身が記憶していることは語ったが、秘書がどうかかわっていたのかなどは調査中だとして説明を拒んだ。「しかるべきとき」に明らかにするとの約束はどうなったのか。音沙汰なしである。

 甘利氏の事務所は国会欠席の理由として衆院に医師の診断書を提出している。そこに書かれた「睡眠障害」がどういう病状なのかはよくわからないが、全く出歩けないほど重いのか。自民党の説明もあやふやである。

 秘書の事情聴取は公正なる第三者にさせるというのが、辞任会見時の説明である。聴取記録くらいは公開できそうなものだ。

 政府・与党内には「捜査が始まったからには当局に委ね、政治は口を出すべきではない」との声もあるようだ。

 千葉県の建設会社と都市再生機構(UR)のトラブルに甘利氏の秘書がどう関与したのか、あっせん利得処罰法などに抵触するのかどうかは捜査の行方を待つしかない。だとしても甘利氏が秘書をどう監督していたのか、経緯を把握していたのかなどは国会も解明に動くべきである。

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を担ってきた甘利氏が姿をみせないことで、TPP承認案の国会審議も滞っている。今国会で処理ができなくなるようなことがあれば国益を損なう。安倍政権に甘利氏を擁護する意図があるならば本末転倒というほかない。

 国会には疑惑を持たれた議員が自ら説明するための場として政治倫理審査会を設けている。残念ながらほとんど活用されていない。甘利氏はどうするのか。自ら出てこないならば、参考人招致や証人喚問も検討すべきである。

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO99489170Q6A410C1PE8000/


5. 2016年4月13日 19:44:52 : Fh2CBW7LhY : wJiS3FD1ARc[8]
いつまでも甘利をいさぎよいとか立派だとほめていればやがて読売新聞も産経新聞も信用を失う。

もちろんわかっている人の信用はすでに失っているがこれからはわかっていない人の信用も失うことになる。そうなれば歓迎する。


6. 2016年4月13日 19:49:22 : pJ1mLYRY2E : 0m9ZQR51s80[6]
【主張】「口利き」強制捜査 甘利氏は自ら説明尽くせ
2016.4.10 05:02 産経新聞

 道路新設工事をめぐる土地のトラブルで甘利明前経済再生担当相の関与が指摘された「口利き」問題は、東京地検特捜部があっせん利得処罰法違反容疑で関係先を強制捜査する事態となった。

 甘利氏はこの問題で、依頼を受けた建設会社から提供された資金を元秘書が適切に処理していなかったことなどを理由に、1月に閣僚を辞任した。

 だが疑惑の全体像はわからないままだ。立法府としても自浄機能を求められながら、果たせずにいた。捜査当局がさきに解明に動き、任意で元秘書の事情聴取も行った。これを重く受け止めなければならない。

 国会招致要求を拒み、甘利氏をかばってきた自民党の責任は大きい。甘利氏は今からでも進んで説明責任を果たすべきだ。

 この土地トラブルでは、千葉県内の建設会社と都市再生機構(UR)との補償交渉に甘利氏の事務所が関与し、少なくても計600万円が提供されていた。

 甘利氏は元秘書による口利きを否定したが、建設会社側は口利きと認識していた。

 一方、URは甘利氏の辞任後、元秘書との10回を超える面談内容を公表した。補償交渉に絡み、元秘書が「少しイロをつけて」「甘利事務所の顔を立てて」などと、URに増額を示唆する発言をしていたこともわかっている。

 甘利事務所は先月、「あっせん利得処罰法に当たるような事実はない」とのコメントを出した。だが事態の展開によって、説明は説得力に欠けるものとなった。

 自発的な説明がないなかで、野党側が関係者の証人喚問や参考人招致を求めてきたのは当然といえる。自民党は甘利氏の体調不良などを理由に応じてこなかったが、このまま頬かぶりをして、やり過ごすつもりだろうか。出張尋問などによって、甘利氏から説明を求めることも可能だろう。

 政治家の「口利き」は、政治がカネによって動かされているという国民の強い不信を招く。だから放置できないのだ。

 とりわけ、安倍晋三政権の重要閣僚として、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉にあたった甘利氏が疑惑を持たれ、きちんと払拭できずにいるのは異常事態といえる。

 任命責任を認めてきた首相は疑惑解明へ具体的に動くべきだ。

http://www.sankei.com/column/news/160410/clm1604100004-n1.html


7. 2016年4月13日 20:14:20 : a55qw7bIc6 : EkGyRG5rlZg[1]
惨刑が?
なんかの間違いじゃないか?

8. 2016年4月13日 20:21:58 : pXi1HjlPjY : B4fqbElcKzY[17]
ご愁傷様、甘利さん。
貴方が一人で全部被る必要は無いですよ、あらいざらいしゃべっちまえ。
惨刑も腹を括っていますよ、頑張れ!  あまり 甘利。

9. 2016年4月13日 20:22:11 : gOFQcXsGdA : WO1EDzJMMAk[54]
TPPと、利権と脅し、罠と国益。

各省庁の権益、各国の権益、事業団体の権益。
筋書きを書いたシナリオライターは猪瀬元都知事の時と同じ人物か?

結果から透けて見える使い捨ての思考パターン。

いくら、その意図を隠蔽しようとしても、数式の結末にはその醜い顔が必ず現れる。


10. 2016年4月13日 20:31:39 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[225]
読売、産経今国連の言論調査官が来ているのでアリバイ的に政府を批判して見せているだけじゃないか?
ならテレビでもフジ、日テレ、NHKにアリバイ的に批判させろよ。
そうすれば国民の側でもいつまでも甘利を隠すのはおかしいという考えに傾くのではないか。
調査官にはせめて一カ月でも日本に滞在してほしい。

11. 2016年4月13日 20:50:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2407]
Domestic | 2016年 04月 13日 20:25 JST
UR職員を100万円接待

 都市再生機構(UR)は13日、道路工事の補償交渉を巡り、甘利明前経済再生担当相側に現金を渡していた建設会社「薩摩興業」(千葉県白井市)の元総務担当の一色武氏(62)から職員2人が2014年10月〜15年10月、飲食接待を複数回受けていたと明らかにした。関係者によると接待の総額は約100万円に上る。東京地検特捜部は既に職員2人を任意で事情聴取した。

 UR職員は、刑法の収賄罪などが公務員と同様に適用される「みなし公務員」。特捜部は8日、あっせん利得処罰法違反容疑でUR本社などを一斉に家宅捜索し、交渉経緯の解明を進めている。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016041301001671


12. 2016年4月13日 21:48:30 : xQoZn42Pr2 : 2ydlNWODHRI[276]
トカゲの尻尾切りってやつ?
違う?

13. ひでしゃん[1482] gtCCxYK1guGC8Q 2016年4月13日 22:37:20 : nFRBeZalaM : DSdA8r_nE5c[12]
CIA読売を甘く見ていないですか孫崎さん?
検察がいままで動かず甘利明に証拠隠滅の為の時間を与えていたことを良く考えてみましょう
捜索も甘利明まで及んでいない
なおURに関する口利きは甘利明だけではない
自民党およびそのほかの政治家たちが関与しているようだから
検察も何処まで本気になるか?
結局竜頭蛇尾に曖昧に誤魔化すのではないか?
アメリカから何処まで認めて貰えるかでさじ加減を調整するだけと考える

14. 2016年4月13日 23:19:23 : TJl9gkRrI2 : 1Q07W36LV7Y[1]
まだ甘利を擁護するのは利あらず。寝返りは日本の戦国時代にはいつものことだった。しかし寝返りの本舗、小早川の末路は悲惨だった。わずか3年後に死にお家はとりつぶし。

どうかね、読売に産経、地検特捜 お前もだよ。


15. 2016年4月14日 10:06:03 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2421]
Domestic | 2016年 04月 14日 08:27 JST
UR、補償3回で2億8千万円

 甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題で、都市再生機構(UR)が千葉県内の道路建設に伴い、予定地周辺に施設を立てていた同県白井市の建設会社「薩摩興業」と結んでいた補償契約は計3回で、総額は約2億8700万円に上ることが14日、関係者への取材で分かった。

 これまで2回にわたる計約2億3600万円の契約が判明していたが、昨年夏ごろにも約5100万円の契約を締結。昨年10月までの1年間にUR職員2人が薩摩興業の総務担当だった一色武氏(62)から複数回の飲食接待を受けており、東京地検特捜部は補償交渉の解明を進める。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016041401000691


16. 2016年4月14日 10:09:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2422]
2016年4月14日(木)
UR幹部、接待受ける
甘利氏に金銭提供の業者から


 甘利明前経済再生担当相の金銭授受疑惑をめぐり、都市再生機構(UR)の幹部職員2人が建設会社「薩摩興業」から接待を受けていたことが13日、わかりました。今週発売予定の『週刊文春』(4月21日号)の報道を受け、URが会見で公表したもの。

 『文春』によると、接待額は少なくとも約100万円にのぼります。幹部職員は、補償交渉をめぐるUR内の内部情報を薩摩興業に漏えい。情報は、同社側から甘利氏側に伝えられたといいます。

 URの発表によると、接待を受けていたのは問題の工事区間の補償担当と工事担当の男性職員。

 薩摩興業の元総務担当だった一色武氏から2014年10月から15年10月にかけて1年間にわたり、アルコールを伴った接待を受けたと言います。

 会見でURは東京地検の捜査中を口実に「本日は回答を差し控える」を連発。接待でどのようなやりとりがあったのか、明らかにしませんでした。

 接待が補償交渉に影響したかどうかは「影響があったとの事実を把握していない」としました。

 甘利氏の金銭授受疑惑をめぐってURは4回にわたり、職員から聞き取りを行っています。接待を受けた1人は4回の聞き取りをうけ、もう1人は3回の聞き取りを受けています。URの調査の不十分さを裏付けるものとなっています。

(関連記事)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-14/2016041401_03_1.html

2016年4月14日(木)
甘利氏側、URに情報源 補償交渉
業者側 “秘書に伝えた”

 甘利明前経済再生担当相の金銭授受疑惑をめぐって、都市再生機構(UR)職員も交渉相手の建設業者側から接待を受けていたことを13日、URが認めました。その見返りに得られたURの内部情報が甘利氏側に流れていたと『週刊文春』(4月21日号)が報じています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-14/2016041415_01_1.jpg
(写真)都市再生機構(UR)と薩摩興業の補償交渉に甘利明氏事務所が介入した道路工事の現場。左の塀の向こうが薩摩興業の敷地=今年2月
『週刊文春』報道

 URは2人の職員が「県道千葉ニュータウン北環状線事業」に関連する補償交渉の過程で「S社元総務担当者」から飲食の提供を受けたと発表しました。接待した人物は、千葉県白井市の「薩摩興業」の総務担当だった一色武氏です。

 『文春』によると一色氏は、2人のUR幹部社員をクラブやフィリピンパブなどで何度も接待して、「領収書やメモなどの証拠が残っているだけでも、およそ100万円を二人の接待に使っています」と証言しています。

 千葉ニュータウンをめぐる薩摩興業側との交渉で「(関わっていた幹部社員が)たびたび内部情報を私に教えてくれました」と一色氏は証言。得た情報は、甘利氏の公設第1秘書だった清島健一氏に伝えて「UR本社との交渉を有利に運ぼうとしていた」といいます。

 この証言が事実なら甘利氏側は、URの内部に事実上の情報源をもちつつ、薩摩興業側と密接に連携して交渉に関与していたことになります。

 UR幹部社員は、『文春』の取材に対して接待を受けたことを認めています。

 甘利氏本人や清島元秘書らは、これまでに明るみに出ているだけでも約1千万円の現金を薩摩興業側から受け取っています。

 甘利氏の金銭授受疑惑は、8日に東京地検特捜部が強制捜査に着手し、UR千葉県業務部や薩摩興業、一色氏の自宅などに家宅捜査に入りました。清島元秘書や一色氏の事情聴取も行っているとみられます。
薩摩興業とURの主な補償交渉と甘利事務所をめぐる経過

2012年5月 道路予定地上の物件移転補償で1600万円支払い契約

2013年5月 薩摩興業の一色氏が補償交渉で甘利氏秘書に相談

      6月 甘利氏秘書がUR本社を補償問題で訪問

      8月 URが道路予定地外の物件移転補償で2億2000万円支払い契約

      8月 一色氏が甘利氏の地元事務所を訪問、秘書が500万円受け取る

     11月 一色氏が甘利氏の大臣室を「お礼」に訪問、50万円渡す

2014年2月 一色氏が甘利氏の地元事務所訪問、甘利氏に50万円渡す

2015年?月 URが薩摩興業の建物損傷補償で5100万円支払い契約

     10月 議員会館の事務所で秘書が「少しイロをつけて」とUR職員と面談

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-14/2016041415_01_1.html


17. 2016年4月14日 10:32:16 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[159]
東京地検特捜部を 甘く見てはいけない。
自分の上司の首は 切れない。

起訴保留の筋書きの詰めを 今やっているところ。

官邸とマスゴミ記者クラブと合作で。



18. 日刊ダイセツ[29] k_qKp4Nfg0ODWoNj 2016年4月14日 10:58:41 : 8mUfvBPswo : 7avEZb_7yI0[44]
さあ、次は甘利の逮捕だ!
 遅いけど検察には汚名を取り戻すためにも
早急な甘利前大臣の逮捕を期待します。
選挙違反もいいけど、こちらの方が国の為、国民の
為になりますよ、検察の皆さん、

19. 2016年4月14日 11:17:32 : Hxrcp3RsaI : NCo3TX2Cs5I[136]
検察をそのまま信じられないのが悲しい現実。要するにこの先を見ないと分からないよ。野党攻撃の次の手を予定してまずは甘利をスケープゴートしたのかもしれない。参議院選挙が近づきいよいよという時点にこそ重大な何かがある。政権と検察の裏での共同作業があるやもしれない。小沢一郎事件がそうだったではないか。冤罪でもでっちあげて邪魔者を排除する邪悪な権力があるから安心はできない。安倍晋三はまだまだ使えると思っているかどうかだ。

20. 2016年4月14日 13:10:29 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[119]
直接URに言っても相手にしてもらえなかったのが
甘利通したら1億2000万円
すぐにくれた!ってんだからすごいねぇ(笑)

口利のお手本みたいな悪行だ!


21. 2016年4月14日 14:15:50 : EM26bc1Sig : 69srYtWxgLg[79]
悪い人が悪い人を訴えた みたいな事件だ。

22. 2016年4月14日 18:21:17 : Tm1WCGwzQs : W6vzzquIeLs[11]

脱税の前科がある読売は、何かにつけて今一だからなぁ。
「説明責任を果たせ」だと、今ごろ何を仰るやら。
アマリは真っ黒、説明責任では許されませんね。

読売の苛立ちは、アマリ付近がヤバくなったと示唆している。
それとも東京地検特捜部は、説明責任があれば及ばぬとでも。



23. 白猫[825] lJKUTA 2016年4月14日 19:48:36 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[201]
西松・陸山会事件の時のメディアの「政治と金」報道に比べれば、メディアは完黙に近い。
政権御用新聞である読売、産経の社説はアリバイ作りに過ぎない。
検察の捜査も、事件の告発者側にある犯罪証拠を差し押さえることで、それが世間に知られることを防ぐ隠蔽工作の一環ととれなくもない。
西松事件の時はゼネコンから小沢氏への不正献金の証拠を見つけ出すべく全国のゼネコンに強制捜査を行ったが、出てきたのは自民党議員への献金ばかりで、結局検察は自民党議員の犯罪は一切に握りつぶしたと言われている。

24. 2016年4月14日 20:07:13 : sNorYTyFNE : nA_2uqzAAio[1]
読売新聞はポーズ。
一般論を言ってるに過ぎない。
検察が「不起訴」と言えば「おっしゃるとおり」。

秘書がやったことにして逃げ切るに決まってる。
それとも、また自殺者が出るか?
そのとおりになりそうで、少し怖いが。。。
  


25. 2016年4月14日 22:39:55 : XC98zjxU9k : 4XjRNP6hEtQ[20]
>読売新聞はポーズ。

その通りだと思う。
今、国連の査察官が言論統制について調査のため来日している。
それに対応するためのアリバイづくりだ。


26. 2016年4月14日 23:10:33 : GpSMCDee4A : _vbI47n3AJI[83]
この動き自体、国連の外圧によるものだろうか?

27. 2016年4月15日 21:03:25 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[311]

   甘利君は、アヘン王子の手口、小泉の手口を真似ただけなのにねぇ・・・


    アヘン王子は、経団連の戦争財閥を引き連れて、ODAで外注を増やし、

     一件成立ごとに、1000万円くらいの献金を貰っている。

       70億円もばら撒いて、アヘン王子は随分小遣いが増えただろう・・・

  ========

    外遊先の飛行機のタラップからアヘン王子が降りてくるが、カメラが回ってないところで、

      戦争財閥経団連の爺たちが、ぞろぞろとタラップを降りてくるんだわ・・・


     毎年、毎年、介護費用や子供費用をカットし続けていながら、

       大気児童を6万人にまで増やしながら、

        福祉のために消費増税を・・・????

          増えたのは東電社員の給与 720万→→→800万円(平均)〜作業員?

              役員報酬は、7200万円→→→8000万円

  ===========

     正に、息を吐くように、嘘をつく棄民党だぁ・・・・TPP絶対反対・・・

〜〜〜

[32初期非表示理由]:担当:アラシ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ