★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 776.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安保法をつくった理由を口走った藤丸防衛政務官を徹底追及せよー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/776.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 21 日 19:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

         衆院TPP特別委で、原口議員(左)の質問に答える藤丸防衛政務官=国会 :佐賀新聞


安保法をつくった理由を口走った藤丸防衛政務官を徹底追及せよー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sojbbc
21st Apr 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


きょう4月21日の東京新聞が、見逃しそうな小さな記事だが、とても重要な事を書いた。


 すなわち、藤丸敏という防衛政務官が講演で、


南シナ海で人工島を建設して軍事化を進める中国を「どうにかしてくれ」と米国に要請したが断られた、


という発言を講演でしていたことがきのう4月20日にわかったというのだ。


 原口一博民進党議員がTPP特別委員会で指摘し、


藤丸政務官はその発言内容を認め謝罪したというのだ。


 ところが岸田外相は「日米でそのようなやりとりがあったとは全く承知していない」と述べたというのだ。


 この東京新聞の記事は、多くの点で極めて重要な問題点を含んでいる。


 まず藤丸政務官と岸田外相の答弁がまったく異なっていることだ。


 もし岸田外相の発言が正しければ、これから書くことは無意味になる。


 講演でウソをついた藤丸政務官だけを馬鹿呼ばわりして終わる。


 だから、これから書くことは藤丸政務官が講演で語ったことが正しいという前提である。


 まず岸田外相が知らなかったという驚きだ。


 これほどお粗末な話はない。


 岸田外相と外務省は徹底追及さるべきだ。
 
 次に、南シナ海の人工島について、直接の当事国でない、


つまり直接の脅威を受けているわけではない日本の防衛政務官が、


わざわざ米国に何とかしてくれと頼んだという驚きだ。


 周知のように南シナ海の人工島問題は、何よりも米国の関心事項であり、


オバマ大統領と習近平主席が何度も直接に話し合って来た、米中間の最重要問題だ。


 それを対米従属の日本がわざわざ米国に何とかしてくれと頼むというのは


異常を通り越して滑稽ですらある。


 三番目に、米国が断ったというところである。


 どのような表現で断ったのか知らないが、断るという事はどういう事なのか。


 中国の南シナ海人工島建設に反対しないということなのか、


それとも、軍事的行動を取ってまで止めさせることはしない、ということなのか。


 理解不能な米国の返答だ。


 そして、極めつけはこのような質問を国会でした原口一博氏の次の発言だ。


 すなわち原口氏によると、藤丸氏は講演でこう言ったと言う。


 「小野寺五典防衛相(第二次安倍内閣発足当時)が米国に『どうにかしてくれ』と言ったが、


『何かあった時に日本は米国を助けられないじゃないか』と言う理由で断られた。


それで、多少は米国の後方支援をできるようにしないといけない、


というのが安保法だ」と講演で話したという。


 これが安保法を強行した理由だとしたらあまりにもお粗末だ。


 許されることではない。


 この藤丸発言は徹底的に国会で徹底追及されなければいけない。


 すでに原口氏が国会で追及したのだ。


 出来ないはずはない。


 すでに東京新聞が書いたのだ。


 メディアがこの問題を取り上げない理由はどこにもない。


 そして小野寺五典という防衛相の名前も出てきている。


 本人に証言させることは不可欠だ。


 野党が本気で安保法の廃案を目指すのなら、


立憲主義に反するなどという抽象的な事を繰り返すのではなく、藤丸発言を徹底追及すべきである。


 これ以上の敵失はない。


           ◇


藤丸政務官発言を追及 TPP特別委で原口氏 オスプレイ配備計画
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/303455
2016年04月21日 09時41分 佐賀新聞


 衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会は20日、佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡る藤丸敏防衛政務官の失言が議題に取り上げられた。TPP交渉の情報開示を拒む政府の姿勢を念頭に、民進党の原口一博衆院議員(佐賀1区)が「政務官は講演で外交交渉の中身を話しているではないか」と追及した。佐賀県内で波紋を広げた藤丸政務官の失言が、後半国会の最大の焦点のTPP審議にまで飛び火した格好だ。


 藤丸氏は3月末の佐賀市での講演で、佐賀空港へのオスプレイ配備の理由を説明した。中国の海洋進出に対して防衛相が米国に対応を求めたところ、「日本は自分たちを助けてくれない」と断られ、それで安保法制とオスプレイを運用する日本版海兵隊を整備することになった、という趣旨の発言をした。


 また、北朝鮮の弾道ミサイル発射時の、自衛隊レーダーが捉えた時間や具体的な迎撃態勢も話していた。


 原口氏が「米国に助けてもらえなくてオスプレイを買うのか、安保法制は米国に言われたからやるのか、これは事実なのか」とただすと、藤丸氏は「分かりやすく(講演する)ということで自分の推察を話した。国の防衛の任に当たる者として軽率だったと反省している」と陳謝した。


 岸田文雄外相は「2国間でのやりとりを明らかにするのは外交では通常、あり得ない。指摘されているようなやり取りは全く承知していない」と強調。若宮健嗣防衛副大臣も「日米間のやりとりと誤解されてもおかしくない内容だが、政務官個人が推察した内容」と答弁し、ともに発言内容を否定した。


[国会]原口一博「(原子力規制委員長)何ですか!今の不誠実な答弁は!協議してくれ」《藤丸政務官を追求!キレる》【TPP特別委員会】2016年4月20日

※特定秘密、安全保障の関連質疑は18分過ぎからです。
 南シナ海の人工島、小野寺五典元防衛相関連の質疑は27分過ぎからです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月21日 20:38:52 : rwgORSmgTI : ySbarMWNCPU[44]
これは良い投稿だ!
原口一博議員の質問は大いに評価できる。

2. 2016年4月21日 22:59:24 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[292]
何だかボケが入ってきているような気がする。重大な立場の人物であるはずの人間たちが、いかにもちぐはぐで、また、思考が錯綜しているように感じる。錯綜混乱しているだけでなく、現状認識も危ういように思える。重大な、日本国家を揺るがす原発の名称の読みを把握していなかったり、世界地図の上で、イラクの位置を有名な自民の議員が知らなかったり、日本の有名な土地名を読み間違えたのか、知らなかったのかする。ほんとに大丈夫か日本、と憂えないわけにいかない。社会や個人の、或は教育の、倫理観についても、あまりに常識を逸した妖体的思考を見せたり、と思えば、独裁的過ぎる意向を見せたりする。無論、ダメな(ならぬ)ものはダメなのだが、そこに情味やしっかりした精神性が観て取れない。意味不明の箇所でいい大人が突然切れたり、かと言って、重大事件や事故においては責任者はいないし本当の責任もとれない。これではノアの箱舟ではないが、意識的、或は自然的を問わず、天然による、或は人工的大災害が地球規模で勃発してきても、仕方がないように思う。

3. 2016年4月21日 23:23:13 : bkTIDlz0eY : JTN7CNZoyO8[12]

  ブッシュは、大統領選出時にCNNのマイクの前で、

  中国のトップは? 「毛沢東・・・???}
  インドの首相は? 「あぁぁぁぁぁ、君ね、ンンンンン・・・」

  世界中に配信された。
  これでも、戦争や大量殺人や原発輸出さえやれば、立派に務まる。

  まさか、アメリカ大統領も、馬鹿なほど歓迎されるのかなぁ。

 ======

   唯一の被爆国でありながら、しかも、チェルノブイリ以外、米国スタンフォードの事故、
   旧ソ連のマヤークの事故など、世界中で放射能事故だらけでも、

   「私はね、総理時代は、原発が危険だと知らなかった。」

   フランスやドイツは英才教育した上に、バイト秘書から底辺でしっかり下積みを送る。
   党組織の協力無しに、初めの選挙に勝たなければ、認められない。

 =====
 
  日米共に、地盤看板で、使い物にならない世襲が多い。

           アメリカ市民でさ、70%以上が中国が大事だと回答してる。

 ======

  それにしても、報ステは、中身の全く無い、元気なだけのピーマンTVに落ちぶれる。
  何も学んでない、ゆとりの極アナは、ハリボテ。
  政治屋と厄人と一緒で、終わったな。


4. 2016年4月22日 01:53:53 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[435]
  日本には真のキャスターは存在せずアナウンサーしかいないのだろうか。
   国連査察官が指摘するまでも無く、また72位にまで落ち込んだ日本の言論状況にせよ、確かに寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、の処世術に全く違和感が無いのが日本人であり、その日本人で作られているマスコミであれば当然のこと、権威に恐れおののく状況で、キャスターとして時の権威者に対して鋭い質問をして言質を取ることなどはとんでもない行為なのだろう。
   本来は、講演で政治家が述べた事に関しては、早速テレビ局に呼ぶなどして徹底的に主語を明らかにさせ、実態を掴むべきがメディアであろうが、アナウンサーしか居ないのでは、あらかじめ読めと言われた原稿を読むだけであるから、真相を掴むための質問などあり得ないだろう。
   今回東京新聞がかろうじて取り上げた事で天木氏の目に留まったが、アナウンサーしか居ないのでは感性が働いていないから、テレビで取り上げる事にはならず、メディアによる追及が無ければ官邸も全く知らない、という事になり、岸田外相が解らない事も、あながち嘘とは言えないだろう。
   だが、今後は自民党として、事の経緯をきちんと把握し、日米安保法案が米国議会を通しておらず、単に米軍事関係者とのやりとりだけで日本側で作成されたとなれば、これはまともな政党であれば看過出来ない筈である。
   小野寺氏は当時の防衛大臣としても、先方の米側は一体誰なのか、それすらも明らかにせず、「日本が米国を助けない」、など、具体性も無く日本の最高法規を知らない者が叩いた軽口を真に受けて安保法案を作成し、憲法概念を捻じ曲げてまで通すという一連の与党の行動からすれば、立憲主義に立つ主権者国民に対する小野寺氏の背任行為が発端であることになる。
   講演の際には聴衆を惹きつけようと大仰な物言いになる与党議員が多いようだが、アンテナを張っていれば即座に論点を捉え、ゲストとして呼んで核心を付く質問で事の真相に迫る事が出来、他国は皆そうしているだろう。
   だが、それが恐くて出来ないのがメディアの現状であるとすると、やはり日本の言論状況は国連査察官に言われるまでも無く、先進国では最低であり、未開国並みであるということだ。
   腐敗が先か、メディアの感性の無さが先かと言えば、後者であるかも知れない。

   


5. 2016年4月22日 07:02:36 : pfZ2OdrQn6 : 8o23rZ3e9gQ[1]
1さん然り 

この種の政治発言を直接目や耳にする機会の
少ない国民はもとより国会議員でさえ、
野党の追及を知らないで居るからね。


6. 2016年4月22日 13:48:51 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[84]
問題山積の日本国です。超大国のアメリカを助けるなんて、身の程知らずの話だ。米国様に失礼じゃないか!
戦後のアメリカは、日本軍国主義の報復を防止するため、軍の解体を行った。のち警察予備隊は作ったけど…。

今は、アジア太平洋重視の政策を堅持する方針を打ち出し、日本を利用して米国の世界覇権戦略に奉仕させる。
なんで、大西洋とか、インド洋重視の政策をやらないのかな?ヨーロッパ諸国の既存権益に抵触するのかな?

有色人種が多く住むアジア太平洋地域だと、最新鋭の殺人兵器開発に適してるから、好き放題に実験できる。
【太平洋核実験場】マーシャル諸島(ビキニ環礁)で「1946年〜1958年」の12年間66発の核爆弾を爆発させた。
悪魔の仕業により、原島民は島に戻れない。ビキニは現在、音は無く、突然異変させられ、汚染されている。

14世紀頃の「フィリピン」は、中国(明)や東南アジアとの交易で栄えた。1529年にスペインの植民地になった。
1898年「米西戦争」勃発によりスペインからアメリカに譲渡された。アメリカは膨大な利権を確保し続けた。

「インド」の阿片栽培で賄いイギリスは中国に阿片輸出した結果、イギリス帝国全体の財政赤字を相殺した。
フィリピンやインドは、今も「貧困国」のままです。選挙を行う「民主主義国家」で、何をを自慢したいの?

中国の共産主義は名ばかりだ。今は「シルクロード経済ベルト」を提唱している。何の『脅威』になるのかね?
東・南シナ海問題の核心は、領有権の正当性でしょ!艦船・戦闘機の作戦より『領有権否定の根拠』だよね!?


7. 2016年4月22日 16:40:24 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[535]
6さん
>東・南シナ海問題

●中国にとっての東・南シナ海地域

これについては私は歴史的な事実を知らないのですが、大分以前テレビで見た解説では「中国側から見た脅威」についても理解しておく必要があると言ってました。

その解説では、何北が逆さまの世界地図を見せて中国側から見た東・南シナ海が、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナムに囲まれ、その背後に米国が控えている構図だとしていた。

中国側から見た東・南シナ海は全方位が諸外国に囲まれた地政学的にたいへんに重要な地域だということでした。

だから何をしてもいいということではないが、少なくとも東・南シナ海の関係各国の歴史的な経緯や国際条約上の現状について正しく理解した上で発言しなければならない。

基本的な勉強をほとんどしていないと思われる軽い議員達が、とんちんかんな言動をしたり、アホな政策を推し進めたりするのはまさに「日本死ね!」ということに等しい。

●2発の原爆について

今日(22日)の東京新聞の「発言」のページに『原爆投下の本当の理由』という読者の投稿が載っていた。

−−−−−(一部引用)
(略)
今でも米国は、広島・長崎への原爆投下は対日戦の終結を早める効果があったという見解を保持している。

だが、それはむしろソ連の対日参戦を予想して、日本占領の優先権を確保しようとする米国の政治的判断の結果であり、戦後の米ソ間の「冷戦」の始まりであったとみるべきであろう。

(略)
しかし、この時点(原爆完成の時点)ですでにナチス・ドイツは敗北していて、欧州の戦争は終結していた。

(略)
原爆の投下は軍事的には全く不必要であったのだ。

−−−−−−(以上)

なお、広島と長崎に投下された原爆は、各々2種類の技術的に異なる原爆であった。

2種類の異なる原爆の効果を実証実験するとともに、被爆後の人間への影響を余すことなくデータ収集し分析し対策する、来たるべく核戦争に備えることが目的であった。

まことに「鬼畜米英」そのものであった。



8. 2016年4月22日 17:19:38 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[439]
  7さんの原爆投下の問題に関しては、一説には敗戦宣言の遅れが要因だという説もある。
   確かに宣戦布告し参戦したのであれば、スポーツ試合同様、必ず勝つとは限らず、当然負け試合となる可能性も有るのだから、戦略として、勝つまでは負けないというような日本の軍部のやり方では、銃も馬も食料も潰えた中での進軍と言えば玉砕しか無く、撤収、撤退、などの戦略の無い戦争戦略というのはあり得ないのである。従って、突撃させたり玉砕させたりして多くの兵隊をみすみす失っている間に、敗戦宣言がどんどん遅れて行った事も確かだろう。
   だからと言って原爆投下は許されないのは当然であるが、それゆえに、中東あたりでは、米国によってひどい目にあわされた日本が集団的自衛権を行使して米軍の加勢をするなどは考えられない、という部族が多いようであり、だからこそ、日本の監視団の停戦の呼びかけに各部族長が集まってくれるそうである。
   日本は、米国に対しては憎しみこそあれ一緒になって中東紛争に加担する訳が無い、という見方があるそうだ。
   ところが、これだけ原爆投下でひどい目にあわされたのに、今では朋友として、米軍産複合体のどんな方針にも従う、そのためなら不戦憲法も変える、という日本政府の有様には唖然としている中東やアフリカ部族は多いだろう。
   日本が原爆投下を忘れたくないのであれば、安保法案や集団的自衛権で、米軍産複合体の戦略に深くコミットせず、米反戦派議連と共に歩くべきである事は確かである。

9. 2016年4月22日 17:32:45 : EP5fsA1WIg : oul@ktt0PGg[2]
アベコベ晋ちゃん内閣の面目躍如 秘密バレバレ

10. 2016年4月22日 18:43:24 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[536]
>野党が本気で安保法の廃案を目指すのなら、
>立憲主義に反するなどという抽象的な事を繰り返すのではなく、藤丸発言を徹底追及すべきである。

●「立憲主義」「反知性主義」といった"専門用語"では国民は理解できず、逆に距離を感じるだけであろう。

本投稿の中でこれはとても重要な部分であると思っています。

自民党は国民にわかりやすいことだけの念頭において、元スピードの歌手や乙武など国民受けする人物になりふりかまわず触手を伸ばしている。

結果的にはいろいろと問題が噴出しているが、その戦略はあなどれない。小泉政権の時に進めた「B層」にターゲットを絞った戦略と言える。

一方、野党あるいは野党に近い専門家の方々のへ告げんには「立憲主義」「反知性主義」といった"専門用語"が並ぶ。

これで本当に国民に理解してもらえるだろうか。私などは逆に"エリート臭さ"を感じてしまい、なにか現実と乖離した空虚な理念を叫んでいるだけで本当にリアルな政治ができるんだろうかなどとあらぬ心配をしてしまう。

もっと身近な言葉で、本投稿にあるような事実の裏付けを例示して問題な状況を訴えていった方がいいと思う。

これはとても大切なことだ。



11. 2016年4月22日 18:54:05 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[537]
10(訂正)
(×)一方、野党あるいは野党に近い専門家の方々のへ告げんには「立憲主義」「反知性主義」といった"専門用語"が並ぶ。
 ↓
(○)一方、野党あるいは野党に近い専門家の方々のへ発言には「立憲主義」「反知性主義」といった"専門用語"が並ぶ。

問題な状況をわかりやすく話した後で、それが「立憲主義」が大切な理由だ、とか「反知性主義」が問題な理由だという形で教えていただいたらありがたいと思います。

たいへんですけれども、マスゴミが機能しない今、それはとても大切なことだと思います。


12. 2016年4月22日 19:18:33 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[85]
>7さんのおっしゃる通りです。悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切です。

もともと海は、周辺海域の漁民の生活の営む場所である。領海というはっきりとした境界線はなかった。けど、
海域一帯の公共秩序を保たせる執行機関は、あったほうが良いと思う。どの国にも「悪い奴」は居るからね。

現代の海上では略奪、密輸、密航等々といった違法犯罪活動が時々発生している。それぞれの国が協力して、
有効な協力体制の構築に努力しましょう。日本も参加すれば良い。『平和な海』の実現は難しい事ではない。

ASEAN諸国は法的な拘束力がある『南シナ海行動規範』について、協議が進んでいるのに「航行の自由作戦」は
妨害行動だと思います。武力行使の艦船も最新鋭の戦闘機も必要ない!そのお金を国民の福祉に使いなさい!


13. 2016年4月22日 19:47:54 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[288]
>>10 qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[536] さん

>野党が本気で安保法の廃案を目指すのなら、立憲主義に反するなどという抽象的な事を繰り返すのではなく、藤丸発言を徹底追及すべきである。

全く本当だ。

藤丸防衛政務官ひとりの為に

日本が戦争出来る国にされたり自衛隊が海外へ戦争に行かされるって事?

         藤丸発言を徹底追及すべきである。


14. 2016年4月22日 21:33:27 : M6P7nhoK5E : Np5dffau2SU[151]
ブッシュとアヘの共通点
CIA・アヘン
そして世襲バカw

15. 2016年4月22日 23:02:31 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[294]
藤丸防衛政務官

もし日本が戦争の出来る国になったらこいつが最初に責任を取るべき!

どうせ安倍晋三は責任をとらされそうになったら「私は安保法が必要だなんてひと言も言ってません、ただの一度もです!」って言うだろうからね。


16. 名阪神高速浪速[107] lryN45BfjYKRrJhRkaw 2016年4月23日 00:02:06 : gvzuEEm9JM : 2K@C8dd55bY[3]
日本にもBush juniorのようなUltra タカ派のバカ派は田母神俊雄の専売特許じゃないようですね。

戦争をするかしないかを決める権限のある地位に、>>3さんが指摘するような、「白痴」でもなれる、という恐ろしい現実。


17. 2016年4月23日 16:12:49 : WUuwqKDGv6 : FRDVMiNWH0g[6]
小林節  安倍を討て! 野党共闘のススメ
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/811.html
投稿者 世界精神 日時 2016 年 4 月 22 日 15:47:15: RitahJZV4EHKU kKKKRZC4kF8


15. 2016年4月23日 16:10:53 : Ox4Chl0nSM : eD0wlecA5y4[13]

▲△▽▼
室井佑月 安保法廃止論に「犯人探しのきっかけができたじゃん」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/797.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 22 日 08:10:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU


14. 2016年4月23日 16:08:24 : Vf3AXw3LDc : Re382j8vhEE[3]

▲△▽▼
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4319.html

Tue.2016.04.19

4月15日、参議院で“国民発言禁止法”が可決・成立

熊本大地震のスピン報道のドサクサに可決された“自由束縛法案”


18. ひでしゃん[1492] gtCCxYK1guGC8Q 2016年4月23日 19:11:01 : nFRBeZalaM : DSdA8r_nE5c[22]
日本国がアメリカの属国から抜け出し
中国のようにアメリカやロシアと堂々と渡り合えるようになるには
日米安保破棄しかない
「日本国は独立国だ
如何なる国のいかなる軍隊も要らぬ!」
と断固主張する覚悟が必要だ
低能児なみの操り人形でしかない安倍晋三を侮ってはならない
極めて巧緻に長けたユダヤ国際金融の大番頭たちが黒幕として安倍晋三の行動をコントロールしているからTPPにより早晩日本人は戦わずして地獄へ突き落されることになる
日本国の国家主権を侵害することでは日米安保とTPPは同類
石原伸晃にTPP理解できるか?
国民をバカにするな!

19. 2016年4月24日 09:11:22 : Frp1mkgFiY : 8XxHrQfrRJw[1]
   
ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
http://up3.viploader.net/news/read.cgi/vlnews083853.jpg/l50
   
http://up3.viploader.net/news/3.html?1461431746
  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ