★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 842.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
同一労働同一賃金を早急に実現せよ。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/842.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 4 月 23 日 09:21:30: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5427.html
2016/04/23 06:17

<政府は非正規雇用の待遇改善などを柱とする「ニッポン一億総活躍プラン」の原案を固めた。非正規雇用の賃金を正規の7〜8割程度まで早期に引き上げ、欧州並みにする目標を明記した。高齢者の活躍で経済全体の生産性を高めるため、今後5年間を65歳以上の継続雇用の延長と定年引き上げの集中期間と位置づけ、実施した企業には助成金を増やす。5月中旬にまとめ、同月末に閣議決定する>(以上「日経新聞」より引用)


 正規雇用の7,8割まで非正規雇用の賃金を引き上げることが安倍氏のいう「同一労働、同一賃金」ということのようだ。それでなくとも非正規労働者は雇用の打ち切りをいつ言い出されるかわからない不安な日々を送っている。それでも正規雇用の7割から8割の賃金に甘んじなければならないのだ。

 非正規労働者は正規労働者ほど労働現場に精通していないから労働生産性が低いから格差があって当然だ、という批判は当たらない。なぜなら正規雇用の労働者も雇用当初は現場に精通していなかったはずだ。それを企業が研修などを通して労働者の能力向上を行ったに過ぎない。

 非正規労働者に正規労働者と同じ熟練度を求めるのは間違っている。そもそも現状の非正規雇用労働者は「あなたは一時的な雇用だ」と宣言しているに等しい。非正規雇用から正規雇用へ採用される道は限りなくゼロに等しいからだ。

 むしろ安倍自公内閣の派遣業法改悪により正規雇用が非正規雇用へと近づいている。正規雇用でも地方工場などに採用されることが条件であれば、地方工場が撤退となれば自動的に解雇できるような「限定条件」つきの正規雇用が可能になったからだ。

 同一労働同一賃金、というのは当たり前の大前提であって、それが目標となっていることがこの国の労働環境の劣悪さを物語っている。なぜ出生率があまり改善されないのか、それは「恒産」がないからだ。非正規労働に従事している若者が自分の「未来」を見通して結婚し、二十年近く子育てをしようと考えるのは困難だ。

 一億総活躍社会と称して安倍自公政権は目先の労働不足を解消と目論んでいるが、それが長期的な視点を伴っているとは言い難い。まさしく安倍自公政権の最大の特徴である「場当たり的」な口先政治だ。

 同一労働同一賃金が達成されれば、企業にとって企業帰属意識や企業忠誠心の希薄な非正規雇用の労働者を多く抱えているデメリットの方が大きくなる。出来るだけ正規雇用にして企業の雇用環境の改善や生産現場の改善提案などを促進した方が企業にとってメリットになる。

 非正規で雇用するメリットをなくせば企業は非正規雇用の労働者を正規雇用へと切り替える。そうすれば「恒産」を得た若者たちは自分の未来を考える目安を立て易くなる。それにより出生率が向上し労働力供給の好循環が始まる。そこを目指すためにも「同一労働同一賃金」は必要だ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月23日 10:16:39 : 4FdTM6mMFQ : 6USbPm5C0a8[6]
正規を一切なくせばよい。連合を非正規労働者の組織に変える。

2. 2016年4月23日 22:26:44 : MPcxhsBOyo : YoYEUY8OKEM[48]
同一労働同一賃金という言葉だが。

日本の企業が、世界に誇っていたころは、社員という言葉しかなかった。

このことは、すべてが正規社員で、非正規社員などという言葉は、なかったのだ。

社員以外は、例えば子育て中の女性等が、一時的にpart-timeとして働くことであった。

当然そこには、賃金の差があっても双方納得済みの働き方であった。

それがpart-time労働の中に、採用試験に落ちたまともな男性が加わってきて、これらの者は、そこからなかなか抜け出せず、非正規社員という名の階級ができたのである。

この階級は、まことに使いやすく、いつでも首が切れて、安く使えることから、支配階級には、まことに都合がよい労働力として、存在するようになったのである。

この非正規社員は、たとえ正社員と同一労働をこなしていても、その成り立ちからして、同一賃金とするのは、おかしいのである。

なぜなら仕事の責任がっまたく違い、転勤もなく、出面取りでしかないからだ。

言いたいことは、同一労働できるものは、すべて正社員であるべきで、求めるべきは、同一労働同一賃金ではなく、社員という階級に一本化すべきである。

これをしないで、国際競争に勝つ会社の強化には、つながるまい。

今求めるべき論点は、非正規社員などという下層身分をなくし、すべて正社員として、愛社精神のある社員としての同一労働同一賃金であることが、肝要であろう。

非正規社員を認めるということは、正社員の賃金を減らすことに、他ならない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ