★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 176.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2つのジンクスを前に安倍総理は衆院解散を決断するか?ー(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/176.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 26 日 15:45:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2つのジンクスを前に安倍総理は衆院解散を決断するか?ー(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sojvin
26th Apr 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


夏の参院選の前哨戦と位置づけられた衆院北海道5区と京都3区の補欠選挙は予想通りの結果となった。

故町村信孝前衆議院議長の「弔い合戦」となる北海道5区で与党は何とか議席を守り抜き、

与党が候補を立てなかった京都3区では民進党候補が大勝した。

この結果を受けて安倍総理が夏に衆参ダブル選挙を仕掛けられるかどうかが

今後の政治の見どころとなる。この夏の参院選には2つのジンクスがあり、

それを考えると安倍総理はどうしても衆院解散に踏み切りたいと思うだろうが、

その解散戦略には狂いが出始めており、乗り越えなければならない壁がある。

安倍総理はこれからいよいよ正念場を迎えるのである。

2つのジンクスとは、1つは日本で主要国首脳会議(サミット)が開かれる年には

必ず衆院解散があるというジンクス、

もう1つは1989年以来9年ごとの参院選で自民党総理は必ず退陣に追い込まれるというジンクスである。

日本で初めてサミットが開かれたのは1979年だが、

その年に大平総理は財政赤字を解消するため消費税導入を掲げて衆議院を解散した。

次の1986年には中曽根総理が自らの任期延長を目論んで衆参ダブル選挙に打って出た。

3回目となる1993年は政治改革を巡り宮沢総理への内閣不信任案が可決され、

宮沢総理は総辞職ではなく解散を選択して、選挙戦の真っ最中にサミットは行われた。

4回目の2000年サミットは小渕総理の強い意向で開催場所を東京から沖縄に移したが、

小渕総理は直前に病で亡くなり、

後を継いだ森総理はサミットを前に自公保連立の是非を問うため衆議院を解散した。

そして前回となる2008年洞爺湖サミットは第一次安倍政権の下で安倍総理によって決められたが、

2007年の参院選惨敗によって安倍総理は退陣に追い込まれ、福田総理が議長を務めた。

その2008年にも衆院解散は想定されていた。

福田総理はサミットを終えると、選挙の顔には麻生総理がふさわしいとして退陣する。

しかしリーマンショックが起きて麻生総理は解散を躊躇し、解散は2009年に持ち越された。

その間に自民党は支持率を下げ、2009年の総選挙は日本で初の政権交代をもたらす結果になった。

このようにサミットが日本で開かれる年には必ず衆院解散か解散を模索する動きがある。

そしてもう一つのジンクスは安倍総理が思い出したくもないジンクスだ。

1989年以来9年ごとの参院選で決まって自民党総理が退陣するのである。

自民党が結党以来初めて参院選に敗れたのは1989年の宇野政権下である。

前年の消費増税強行採決とリクルート事件の金銭スキャンダルで退陣した竹下総理に代わり、

中曽根元総理を後ろ盾にした宇野宗佑氏が総理に就任すると、

すぐさま女性スキャンダルが明るみに出て自民党は参院選で歴史的惨敗を喫した。

与野党の議席数が初めて逆転、社会党の土井党首に「山が動いた」と言わしめた。

宇野総理は責任を取って総理を辞任する。

それから9年後、橋本政権下で自民党の支持率は回復し衆議院で単独過半数を確保するまでになり、

野党と連立を組む必要がなくなった。

橋本総理は財政再建路線から景気対策に力を移す方針で、

1998年の参院選は自民党の勝利が予想されていた。

ところが前年の3%から5%への消費増税や、

恒久減税を巡る総理の発言にぶれが出たことなどから自民党は予想を下回る議席しか獲得できず、

橋本総理は責任を取って辞任した。

自民党はそれ以来、単独で政権を維持することができなくなり自公連立が常態化する。

それからまた9年後、第一次安倍政権下の2007年参院選は、

小泉総理による郵政解散で自公が衆議院で三分の二以上を確保し、

参議院でも過半数を維持する盤石の体制の下で行われた。

ところが小泉構造改革によって格差が広がる中、

安倍自民党が「成長を実感に」と訴えたのに対し、

「国民の生活が第一」を掲げた小沢民主党に大差で敗れ、衆参に「ねじれ」が生まれた。

政治未熟の安倍総理は退陣を拒んだが、

小泉元総理や二階国対委員長らによって退陣に追い込まれる。

海上自衛隊のインド洋での給油活動ができなくなるよう国会を開催させず、

国際公約を果たせない総理になることが確実になって安倍総理は退陣を決断した。

表向きは体調のためとされたが、実際は与党が巧妙に安倍総理をやめさせたのである。

その悪夢から9年後が今年である。

したがってジンクス通りなら、安倍総理は夏の参院選に敗北して総理をやめなければならなくなる。

安倍総理は何としてもそれを避けたい。

そこで参考にしたくなるのが1986年の中曽根総理による衆参ダブル選挙である。

サミットがある年に行われた衆院解散で唯一最良の結果を出した。

しかも中曽根総理の目的は自らの任期を延長するためで、

ダブル選挙に圧勝して自民党の党則を変え、

2期までしか認められていない総裁任期を3期まで認めさせようとした。

安倍総理が同じことをやって成功すれば2018年までの総裁任期を

東京オリンピックの2020年まで延ばすことができる。

そのための解散戦略を安倍総理は練ってきたはずである。

アベノミクスの成長戦略に陰りが見えてきたことから、

経済政策の軸足を成長路線から分配路線に転換した「一億総活躍社会」構想を打ち出す。

弱者にもやさしい顔を見せて選挙を有利にしようというわけだ。

また今年はサミットの議長国として自らが世界のリーダーと肩を並べることになるため

「外交」を最大限にアピールすることを考えている。

昨年の集団的自衛権行使容認が国内に分断と対立を生み出したことから、今年はそれを薄める効果を狙う。

その一つとしてアメリカべったりではないことを印象付ける目的でプーチン大統領と首脳会談を行い、

北方領土問題が前進するかのような印象を国民に与える。

またオバマ大統領の広島訪問を実現させ、

平和外交の主導的役割を安倍総理が果たしている印象を国民に持たせる。

そのうえで消費増税先送りを表明して会期末に解散を断行、

衆参ダブルによって野党共闘を分断する戦略を考えていたと思う。

参議院選挙単独なら進展する可能性のある野党共闘も衆参ダブルとなれば

主義主張の異なる野党間の共闘は難しくなるからだ。

しかしこの戦略にはリスクもある。安倍総理の対ロ外交をアメリカは好ましく思っておらず、

一方でプーチンの外交術にからめとられる恐れもある。

またオバマ大統領の広島訪問が実現すれば、サミットの主役はオバマ大統領に集中し、

安倍総理の存在感が薄くなるうえ、下手をするとこれが第二次世界大戦を巡る「歴史認識」問題に

火をつける可能性がある。

そもそも安倍総理の「歴史認識」をオバマ政権は嫌っており、第二次安倍政権誕生以来、

終始、冷ややかな態度を取り続けてきた。

それに対して安倍総理はTPPへの積極参加と

集団的自衛権行使容認というアメリカの国益に協力する態度を見せ、

アメリカ議会の演説では「歴史認識」も含めてアメリカに「完全従属」する姿勢を表明した。

それでオバマ政権は一時的に安倍政権を持ち上げたが、現在では再び冷ややかな態度に戻っている。

そして熊本地震の発生が与党内にダブル選挙慎重論を生み出した。

復興に全力を挙げなければならない時に「政治空白」を生むダブル選挙は避けるべきだというのである。

安倍政権に対するアメリカの態度に変化が現れたと同時に、

これまで安倍総理に逆らうことのなかった与党内に変化が表れてきているのである。

特に注目すべきは二階総務会長がダブル選挙をどう見るか、

第一次安倍政権を終わらせた張本人であるだけに気になる存在である。

そして官邸を取り仕切る菅官房長官もダブル選挙には慎重だと報道されている。

そうした力のベクトルがどう動くか、

それを見極めながら安倍総理は衆院解散の是非を判断しなければならないが、

決断までの時間はあと1か月以内とほとんど残されていない。

シナリオの再構築は可能なのか、あるいは当初の構想通りに突き進むのか、

安倍総理は政治家としていよいよ正念場を迎える。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[2097] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年4月26日 16:05:11 : PE1xYZkyd6 : HZFkMfJMgvo[1]
 
 ブレーキの無い欠陥車だから、前に進むしかないのだと思う。
 
 暴走車の助手席や後部座席に乗っている人達に、ブレーキの無い暴走車を止める術(すべ)は無い。
 
 車外の人達は、暴走車が信号で止まることを期待するよりも、事故処理への対応を事前に考えておくべきだ。
 

2. 日高見連邦共和国[1257] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年4月26日 16:37:45 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[409]

>>01 『珍共産主義クラゲ』

ほらほら!

私に“煽られたから”って、無理して安倍批判することないのに〜。

と〜ってもわざとらしい!“取って付けたよう”ってこの事?(笑)

それとも本気で“安倍”を見捨てに入ったか?

安倍など、使い捨ての“パペット”に過ぎない。

オマエのその批判の舌鋒が『自民党自体』に向くかどうかを観察しておくよ!

茶化して失礼!(笑)


3. 新共産主義クラブ[2098] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年4月26日 16:40:44 : tcka7eEHgM : NO73Zrnb@9s[13]
>>2
 
 2. 日高見連邦共和国は、アラシ。
 

4. 日高見連邦共和国[1261] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年4月26日 16:59:18 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[413]

>>03 『珍共産主義クラゲ』

この安倍マンセーなクラゲも“ブレーキの壊れたクルマ”(笑)

でも時々、アクセルも壊れちゃって、海の中に潜って出て来ない。(笑)

ほらほら、自民党や公明党、それを支える業界団体への“批判”は!?

あ〜、それと、オマエと私が議論しあったスレッドのかなり多くで、
オマエが途中で消え去って“立ち消え”になってる論点、沢山あるから!

それを私は『宿題』と読んで、その再提出を求めているんだが、知らぬ存ぜぬか?(笑)

それならそれでも構わないケド、オマエ自身の評判と信頼を落とすだけだから気をつけな・・・
・・・って、ずっと言ってるのに、シームーを繰り返す愉快なクラゲくん!

オマエの方がず〜っと、管理人さんや『真相の道』と“昵懇”なんだから、手を廻して私を排斥したら?

・・・でもたぶん、“淘汰される”のはオマエの方だと思う。ほぼ確実に・・・


5. 2016年4月26日 17:18:13 : E0EvwkW5TI : MVMwpZ8ThnY[1]
補欠選で
安倍しに 同時選決断させるためムサシが活躍したが・・・
さすがの安倍も気がつくだろうと思うがな

6. 2016年4月26日 18:23:08 : 0n2ZJX27nL : Xrqx8AfSvro[1]
選挙に勝ったのに自民党の幹部が浮かない顔をしているのも分かるような気がするな。

都市部の札幌厚別区、江別市、北広島市、石狩市は7000票差で池田の勝。

自衛隊とその家族がいる千歳市と恵庭市が18000票差で和田の勝。

北海道5区は特殊な選挙区。

他の都市部の選挙区なら、かなり負ける可能性があるね。


7. 英松[98] iXCPvA 2016年4月26日 20:29:30 : FjeBq4bJCY : BzXpgRaWFbY[5]
・安保法制成立→戦闘態勢着々と準備させられている
・米国におけるTPP中身の見直し→一層厳しい内容を求められている
・二階総務会長秘書の逮捕→現在保釈されているが安倍政権の足を引っ張らない  よう牽制している
・パナマ文書→脅迫ネタ満載で誰も逆らう者がいない
・熊本地震→ロシア接近への牽制
・北海道5区選挙結果→選挙操作によって野党連合も恐れるに足らない

以上の様な宗主国様のお力で、7月W選挙が行われるのではないでしょうか?
 
 


           


8. 2016年4月26日 20:42:49 : aEOgsPqgCM : URSLEEa5nP0[2]
>>6
北海道道民として情報を追加しとこうか

他の地区の投票率が5割台なのに対して

当別町 62.73%
新篠津村 71.61%

そして当別町で1,100票 新篠津村で700票差で 和田の勝
農村部と自衛隊票で辛くも逃げ切り
札幌中心部の1・2区で果たして同じ結果が出るかな

自民党のベテラン道議は「補選だから党本部も力を集中できたが、次期衆院選で野党共闘が全国に広がれば、今回のような支援は期待できない。そのときも
勝てるだろうか」と危機感を口にした。
(朝日新聞4月26日朝刊 道内面)

衆参ダブルによって野党共闘を分断する?
笑わせてくれる


9. 2016年4月29日 20:21:22 : FWKUZVtvrc : qxar6z0@74w[74]
補選だから党本部も力を集中できたが、次期衆院選で野党共闘が全国に広がれば、今回のような支援は期待できない。そのときも
勝てるだろうか」と危機感を口にした。

不正選挙に集中できました!

糞だよね♪


10. 2016年4月29日 21:45:37 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2827]
Domestic | 2016年 04月 29日 21:25 JST
首相、9条改正に意欲

 安倍晋三首相は29日放送の日本テレビ番組に出演し、憲法9条改正に意欲を示した。「これからもずっと後回しにしていいのか。思考停止している政治家、政党の皆さんに真剣に考えてもらいたい」と述べた。夏の参院選では、野党も含む憲法改正に賛同する勢力で改憲の国会発議に必要な定数の3分の2の議席確保を目指す考えも重ねて示した。憲法改正が参院選の争点となるのは必至だ。番組は28日に収録された。

 野党内の改憲派にも秋波を送ることで、参院選に向けて進む野党共闘の強化を阻みたい狙いがあるとみられる。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016042901001633


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ