★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 365.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「日本の政府のやり方はナチスのまねばかり」半藤一利さん
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/365.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 01 日 00:42:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「日本の政府のやり方はナチスのまねばかり」半藤一利さん
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-12154756219.html
April 28, 2016 かばさわ洋平


日本の政府のやり方はナチスのまねばかり!

ベストセラー『昭和史』で知られる昭和史研究の重鎮で作家の半藤一利さんが、安保法制を強行した安倍政権の手法はナチスのまねだと厳しく批判しています。内政がうまくいかないときは外国に対する危機感や恐怖感をあおり、愛国心をあおり国民の意識を外にそらすという権力者が使う古典的な手法についても言及されています。自身の戦争経験も赤裸々に語られており、改めて失敗の歴史を学ばなければならなと強く思います。



赤旗日曜版 5/1・8号

秘密保護法が出来たあたりから、これは危ない時代に入りつつあると感じていました。ただ、戦前と違い、まだいくつかのメディアはがんばっています。戦後、言論の自由を大事にしてきたことで、日本は戦前と根本的に違う国家になりました。憲法の一番大事なところは、9条の平和主義と言論の自由、そして基本的人権の尊重だと思います。この三つはこれからも大事にしていかなければ。

一内閣の勝手な判断でこれまでの憲法解釈を変え、安保法制=戦争法を強行した安倍政権の手法は、あれはヒトラーのまねですよ。日本の政府のやり方はナチスのまねばかり。例えばナチスは国会議事堂放火事件の後、政府が立法権を行使できる授権法を成立させ、民主的なワイマール憲法を骨抜きにして独裁体制を固めました。麻生大臣の『ナチスの手口を学ぶ』という発言は冗談ではなく本音で、本当に政権内部で話し合っていたのだろうと思います。

私は3月10日の東京大空襲で火と煙に追われ、川に落ちて死ぬ思いをしました。何とか助かりましたが、たくさんの人が死んでいくのを見ました。お母さんと子どもの死体などがごろごろしていた。それを見ても、何の感情もわかなかったんです。後で思うと不思議でしょうがない。疎開先の新潟県長岡市でも、空襲による死体をたくさん見ました。でも何とも思わなかった。終戦を伝える8月15日の天皇の放送を聞いた時も、助かったとは思ったけど、たくさんの犠牲者のことは考えませんでした。

私は戦争で、実に非人間的な男になっていました。戦争は人間を殺すことでしかない。戦争は、人間をとことん非人間的にする愚劣なものです。そのことを、戦後しばらくたってから、やっと痛感しました。こうした体験は、ちゃんと残しておかなければ。それが昭和史に食いつくようになった始りです。空襲で逃げる時、川のなかで人を蹴飛ばしたり、はねのけたりしました。歴史の本を書きながら、自分自身の戦争体験は戦後何十年も書いたり、話したりしませんでした。こういうことは、好んで話したいようなことではないですよ。でもやがて、歴史を書いているものとして、自分はどういう体験をしたのかを、東京の下町の戦争を知る者として伝えなければ、と思うようになりました。

昭和前期の歴史のような、失敗の歴史のなかにこそ、教訓がたくさんあります。これをよく学んでほしいですね。内政がうまくいかない時は、外国に対する危機感や恐怖感をあおる。国民の意識を外にそらす。これは権力者がよくやる古典的な手であり、これがなかなか有効なんです。

今度の選挙で共産党さんが本当に共闘してくれるのなら、ありがとうございますと、お礼を申し上げたい。よくぞ踏み切ってくれたと思います。第2次大戦前のドイツでは、小党分立でバラバラでナチスの台頭を許していまいましたから。参院選で野党が共闘して、戦争に向かいかねないこの流れを止めてほしい。いまの日本にはまるで昭和13、14年ごろのような不気味さも感じます。同時に、戦前と違い現在は、戦後70年間で築いてきた民主主義の理念がまだ大きく根付いています。若い人たちの間にも、シールズのように自分の頭で考え自発的に行動を起こす動きが出ている。私はとても期待しています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. スポンのポン[2537] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年5月01日 08:17:05 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[735]
 
 
 
■自民党の頭の中には権力を維持することしかない。
 
 
 

2. スポンのポン[2539] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年5月01日 08:37:09 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[737]

 
■自由民主党というブラックジョーク。
 
 

3. 2016年5月01日 10:09:50 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[180]
半藤さん 多いに 語るべし。

4. 2016年5月01日 11:28:00 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[125]
安倍、麻生とかの戦争大好き人間が国のトップにいては無理矢理戦争法案を通し秘密保護法案を利用し自分たちの思うままにされてしまう。何とかして安倍政権を打倒しなければ国民は救われない。創価の人達はそれでも自民党を支持するのか、公明党の山口代表は狂っている。いい加減創価信者は目覚めて欲しい。今変えなければ後の祭りになる。

5. 2016年5月01日 11:33:14 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[66]
> 日本の政府のやり方はナチスのまねばかり。例えばナチスは国会議事堂放火事件の後、政府が立法権を行使できる授権法を成立させ、・・

半藤一利は、「安倍政府はナチスのまねばかりし、国会議事堂放火事件の後、政府が立法権を行使できる授権法を成立させ、・・」と云いたいのか? 
何故、見え透いた嘘を吐くのか?

> 改めて失敗の歴史を学ばなければならなと強く思います。

失敗の歴史を学んで居ないのが半藤一利である。
半藤一利は今も真珠湾攻撃は大成功だと云っている。
真実は、真珠湾攻撃はルーズベルト大統領の仕掛けた罠だった。

歴史を無視し、憲法9条が日本の安全を守っていると大嘘を共産党と一緒に吐く無知で愚かな半藤一利。

[1] 真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々 単行本 – 2001/6/26
ロバート・B・スティネット (著), 妹尾 作太男 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E2%80%95-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E6%AC%BA%E7%9E%9E%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%85-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/dp/4163575308
アメリカ側は単に襲撃を察知していただけでなく、むしろ意図的に日本をそこへ導いたというのが、本書の主張である。にわかには信じがたいような話だが、「情報の自由法」(FOIA)により近年ようやく日の目を見た未公開資料の山が、圧倒的な説得力で迫ってくる。なかでも中心となるのは、真珠湾の前年、海軍情報部極東課長マッカラムが起草した、日本への戦争挑発行動覚え書だろう。以後の対日政策は、まさにこの覚え書どおり進行している。また、開戦直前の日本艦隊には「無線封止」が行われたというのが定説だが、実際はきわめて無造作に通信が交わされており、その大半が傍受解読されて作戦は筒抜けだった。これまた驚くべき話だが、130通にも及ぶ傍受記録をつき突き付けられては納得するしかない。
著者は執拗なまでの粘り強さで資料を博捜し、これまでの常識や偽られた史実を次々と覆してゆく。情報重視の姿勢は、収集した資料を公開するほどの徹底ぶりで、有無を言わさぬ信憑性がある。むろん、いまだ閲覧を許されない極秘文書は数知れず、各方面からの反論も多々想定されるが、本書によって真珠湾研究が次の段階へ入ったことは間違いない。今後、この著作を経ずして真珠湾を語ることはできないだろう。それだけの重みをもつ本である。(大滝浩太郎)

内容紹介
卑劣な騙し討ちと罵られた真珠湾攻撃。だが、騙したのはアメリカ側なのだ。17年の歳月をかけ膨大な新資料を駆使して迫る戦慄の真相


6. 斜め中道[132] js6C35KGk7k 2016年5月01日 13:14:22 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[101]
ナチスも、赦せないことも多いが、
それなりに評価できる施策もいろいろとやってる。
(福祉・健康関連の施策など・・)

そういうところは、真似る気もないらしい。

「ア」以下、現政府のやらずぶったくり・・・という姿勢は、ナチスにも劣るよなぁ。


7. 2016年5月01日 13:26:19 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[10]
>05さん
一つの本だけを鵜呑みにして、半藤一利氏を批判するのはバカネトウヨと同じ。
もっと昭和史を勉強しようね。
あなたに半藤さんほどの本が書けるかね?

8. 2016年5月01日 16:51:26 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[396]
>>5 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[66]
>騙したのはアメリカ側なのだ。

だったらなお更、今日本がそのアメリカの戦争に加担して地球の果てまで自衛隊を派兵する為に憲法まで改悪すると言うなど安倍は狂っているって事になるな。


半藤一利氏の目が良いね〜。

やっぱり真実を言っている人の目はきれいに澄んでいる。
スガのあの目と比べてごらんよ。
安倍のあの目と比べてごらんよ。
分かんないかな〜、あんたには分かんないだろうな〜。

確かに政権はその落日前には必ず「北が攻めてくるぅ〜〜〜〜〜」「北と韓国が戦争になりそうだ〜〜〜〜」「日本海に北がテポドンを〜〜〜、ノドンを〜〜〜〜」「中国が〜〜〜〜あわわわわ〜〜〜」「ロシアが哨戒機を日本海に〜〜〜〜」「北が大陸弾道弾を〜〜〜〜〜」「北が核爆弾を〜〜〜〜、あぁ衛星でたぁぁぁぁぁ」とわめきだす。
国民は「あぁそうかい、じゃぁ今日はプールだな」ってな具合だよ。
ナチスの真似ばっかりしている自民党が「緊急事態法」?
キ○ガイに刃物って言うより、機関銃、核爆弾のボタン、位以上だよ。
あの麻生のThe ヤクザスタイル 見たか?
麻生は、あの服はもう着ないのかね〜、箪笥の肥やしか?

度肝を抜かれるバカだよね〜。


9. 2016年5月01日 17:34:44 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[408]
半藤一利さんの発言に賛同します。これからもどんどん発信して欲しい。

10. 2016年5月01日 19:31:24 : QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[141]
う〜ん、どうも安部さんは誤解されやすい人だからな・・・
昔は教育改正のデモに参加してたし、皆さんが思ってるよりいい人ですよ。
テレビに乗らない安部さんの姿がこれ↓です
https://www.youtube.com/watch?v=ZChBDYx-354
安部さんの演説で多くのデモ参加者が笑顔になってます。
ウソだた思ったら是非見てください。
これを見てしまうと安部さんのイメージが、ガラリと変わるでしょう。

11. 2016年5月01日 19:58:56 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[401]
>>10 QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[141]
へぇ〜ぇ、日本を戦争のできる国にする人が良い人なんですかね〜・・・・
自衛隊をアメリカの戦争に参加させて自衛隊に兵隊の任をさせるのが良い人なんですかね〜。
五戒も六回もあるかい!
アレの何処が良い人なんだ!

12. 2016年5月01日 20:01:51 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[402]
>>11IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[401] です
間違っちゃったよ!
>自衛隊をアメリカの戦争に参加させて自衛隊に兵隊の任をさせるのが良い人なんですかね〜。

は間違いです。

自衛隊をアメリカの戦争に参加させて自衛隊に「兵站の任」を負わせるのが良い人なんですかね〜。

って書きたかったんですが。
これもっと書きたいんですが、今ちょっと手を離せない、ではまた。


13. 2016年5月01日 20:02:18 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[69]
>>7. 2016年5月01日 13:26:19 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[10]
> 一つの本だけを鵜呑みにして、半藤一利氏を批判するのはバカネトウヨと同じ。

アメリカの議員ハミルトン フィッシュもアメリカのフーバー大統領も日米戦争はルーズベルト大統領の仕掛けたものだと云っている[1],[2]。

> もっと昭和史を勉強しようね。

もっと日米戦争史を勉強しようね。

> あなたに半藤さんほどの本が書けるかね?

無知蒙昧の半藤さんのような嘘だらけの本は書けないね。

[1] ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言 単行本 – 2014/9/11
ハミルトン フィッシュ (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E9%96%8B%E6%88%A6%E8%B2%AC%E4%BB%BB-%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%8C%E6%9C%80%E3%82%82%E6%81%90%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%B7%E3%81%AE%E8%A8%BC%E8%A8%80-%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/4794220626/ref=pd_sim_14_3?ie=UTF8&dpID=512IOjunl8L&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR112%2C160_&refRID=1T9DDEFPAVPM7Z66EX2P
1941年11月26日ルーズベルトは、日本に、日本軍及び警察のインドシナ、中国( 満洲を含む) からの即時全面撤退を要求した最後通牒( ハルノート) を突き付けた。ルーズベルトは、この文書が最後通牒の性格を有することを認識していた。日本がこの挑発に乗らなければ、さらなる第2の最後通牒を発することを検討していた。国務長官スチムソンは、日本が挑発に乗らなければ、米国から戦争を仕掛けるべきと大統領に進言していた。日本を挑発し、英国を支援し、欧州戦争に裏口から参戦するためであった。
米国からの最後通牒により、日本は、自殺するか、降伏するか、さもなくば戦うかの選択しか残されていなかった。この最後通牒は、米国議会、米国民には、全く、知らされていなかった。

[2] 日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/18
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%81%8B-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E7%BD%AA%E7%8A%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E5%9B%9E%E9%A1%A7%E9%8C%B2%E3%82%92%E8%AB%96%E3%81%9A-%E8%97%A4%E4%BA%95-%E5%8E%B3%E5%96%9C/dp/458523036X/ref=pd_sim_14_1?ie=UTF8&dpID=51VpLfFe-nL&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR109%2C160_&refRID=1T9DDEFPAVPM7Z66EX2P
第2次世界大戦がF・D.・Rの誘導によって日、独がやむを得ず戦争に立ち上がったことは他の米国の著作者たちによって証明されている。 フーバーはルーズベルトを狂人とみなして19の誤りを犯したと糾弾する。 宣戦布告には議会の承認が必要である。 これを省略してハル・ノートを手交したのは国家的詐欺罪と告発する。 キッシンジャーもカンボジア空爆を議会の承認なしに秘密裏に行っている。 この隠蔽のためにウオターゲイト事件が起こされたという。 米国はインデアン、スペイン人、メキシコ人、ハワイ人から北米大陸の大半を強奪してきた盗賊国家である。 フーバーはヤルタ会談で世界をスターリンに差し出した秘密協定を悪魔の仕業と糾弾する。


14. 2016年5月01日 20:34:07 : QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[142]
>>10 QN5S1WvDYw : fJh329qpraM[141]
>へぇ〜ぇ、日本を戦争のできる国にする人が良い人なんですかね〜・・・・
>自衛隊をアメリカの戦争に参加させて自衛隊に兵隊の任をさせるのが良い人なんですかね〜。
>五戒も六回もあるかい!
>アレの何処が良い人なんだ!

ちゃんと動画みてからコメントしなよ。
ただの風刺動画の紹介ですよ。
ホントにせっかちさんだね♡


15. 2016年5月01日 21:43:24 : bkTIDlz0eY : JTN7CNZoyO8[68]

   日本会議、稲田が、連続して週刊誌に敗訴・・・・いいねぇ・・・


    ★:稲田朋美サイドが在特会報道に続き「ともみの酒」問題で「週刊新潮」に敗訴!

       メディアはスラップ訴訟に臆するな
                URL http://lite-ra.com/2016/04/post-2199.html


    ★:週刊新潮 女性初の宰相候補という「稲田朋美」政調会長の地元の疑惑
   
       URL http://www.dailyshincho.jp/article/2015/04010815/?all=1
   
    
    =====


        マスコミは、もっとがんばれよ・・・、


16. 2016年5月01日 22:12:28 : pqOmvGCP9A : Z1yCzvOh8N0[118]
誰だろう ナチスの真似を させるのは

17. 2016年5月02日 00:30:37 : fFg6BEaQs6 : pNHrYqbya48[13]
>16.

>誰だろう ナチスの真似を させるのは

飯島だろ。北に土産持っていそいそと行くぐらいだから。

>米国からの最後通牒により、日本は、自殺するか、降伏するか、さもなくば戦うかの選択しか残されていなかった

まあ、そういう説は沢山あるが
ハルノートに中国や大陸からの撤兵だとか、有るが期限が明記されていないのよ。
だから、どうにでも引き延ばし出来たのも事実、結局は外交音痴のなせる業だよ。


18. 2016年5月02日 02:27:10 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[491]
>>17
そもそも、ハルノートが突き付けられた時点で日本の機動部隊はもうすでに 択捉島ヒトカップ湾を抜錨し
真珠湾に向かっていたのだから 開戦をハルノートのせいにするのは典型的なウヨ論理
「開戦は12月上旬」 と決めたのは 11月の(天皇を前にした)御前会議なのであるから
しかも、ハルノートは 詳細に分析すると 言われるほど強硬な内容ではなく それまでの米国の主張を
大きく逸脱するものではない ウヨの言い訳でしょうな

>>13
そりゃあ 米国にだって 思惑と言うものが有り 先に日本に手を出させようという策略は当然あったが
それはあくまで、「戦争を始めるキッカケ」 に過ぎない事で 「戦争の原因」 の大部分を作ったのは
日本側である事は 動かしようのない事実ですから 貴方の論理は それを隠したいウヨ連中の思惑に迎合し
「あの戦争は 米国のせいだ」 としたい“責任転嫁”に利用しているだけです

「張作霖爆殺」「柳条湖事件」「石原莞爾」「板垣征四郎」「甘粕正彦」「川島芳子」「田中隆吉」
「国際連盟脱退」「第一次上海事変」「華北分離工作」「南部仏印進駐」 これらのワードで検索すれば
うんざりするほど 戦争の原因を作ったのが日本であると 出てきますから

まあ、半藤一利を無知蒙昧とか言ってる時点で 貴方もネトウヨそのものかもしれませんが。


19. 2016年5月02日 06:31:48 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[467]

  半藤さんの本の読者です。
  今の内閣・・・大臣たちの顔、
  ナチスの幹部に見える、恐ろしい〜。


こ     ナチスを見習え、ではなく否定してほしい。
わ     民主主義の発明者たちは、政治リーダーたちの人間悪を前提に、
い     さまざまな暴走へのブレーキ装置を仕掛けていきたが・・・。

     ブレーキが外されてゆく。
→     果たすべき権力暴走のブレーキ役の
     マスコミが、アクセルを踏んでおもねいている〜。


20. 2016年5月02日 08:56:48 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[70]
>>18. 2016年5月02日 02:27:10 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[491]
> そもそも、ハルノートが突き付けられた時点で日本の機動部隊はもうすでに 択捉島ヒトカップ湾を抜錨し真珠湾に向かっていたのだから 開戦をハルノートのせいにするのは典型的なウヨ論理

確かに1941年11月26日にハルノートが突き付けられた時は日本の機動部隊はもうすでに 択捉島ヒトカップ湾を抜錨し真珠湾に向かっていた。しかし、日米交渉がまとまれば攻撃は行わず帰国するよう厳命されていたのは有名な事実。

>「戦争の原因」 の大部分を作ったのは日本側である事は 動かしようのない事実ですから 貴方の論理は それを隠したいウヨ連中の思惑に迎合し「あの戦争は 米国のせいだ」 としたい“責任転嫁”に利用しているだけです

真珠湾攻撃はルーズベルト大統領の陰謀だったと主張するフーバー大統領も真珠湾攻撃の翌日の12月8日(ワシントン時間)の下院でルーズベルト大統領の対日宣戦布告に賛成演説を行った共和党の大物議員ハミルトン フィッシュも「ウヨ連中の思惑に迎合し『あの戦争は 米国のせいだ』としたい“責任転嫁”に利用し」たと大嘘を主張するのは、嘘吐きの半藤一利さんに感化されたからなのか?

それとも常日頃嘘を吐いているから同類の半藤一利さんを好きになるからか?

それにしてもフーバー大統領や共和党の大物議員ハミルトン フィッシュが「『あの戦争は 米国のせいだ』としたい“責任転嫁”」したとは、珍説である。
半藤一利さんもびっくりするだろう。


21. 2016年5月02日 11:30:32 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[108]
>>18さんのコメントを支持します。>>5,13,20 1cz9P1E6DQは<改めて失敗の歴史を学ばなければならない>と思う。
1941年(昭和16年)「日米開戦」の正しさや起因を追究すれば、日本の戦争責任が免れるわけにはならない。

近年来アメリカの悪さは徐々に知られる様になったが、当時の状況と混同して語る事には、違和感を覚える。
それぞれの国にはそれぞれの思惑がある。たとえ、日本がアメリカの陰謀に嵌められたとしても、結果は同じ。
第二次世界大戦は「民主主義対ファシズム」という単純な構図で、米国の正義が世界に認められたのです。

『よい戦争』だと言われる第二次大戦は、結果的に帝国主義と植民地戦争を終結させ、植民地の開放に繋がった。
「大東亜共栄圏」の理想に突っ走る日本が占領した、東南アジア諸国の宗主国の多くは、イギリス帝国である。
米国と英国は「特別な関係」ですね。中国利権絡みもあって、連合国軍が日本を攻撃する原因にもなります。

「天皇陛下」は、1931年の満州事変、この歴史を<満州事変からの歴史を見なければならい>そして、
<いま、我々の将来を考えるために、これを考えなきゃいけない>ということを言われました。
『悔恨と鎮魂』は心に刻むべきです。言い逃れは、次世代のためにも、国の将来にも良い影響は無いと思う。


22. 白猫[840] lJKUTA 2016年5月02日 11:54:44 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[216]
いつの時代でも国家は自国の利益を追求する。
そうした国際情勢の下でいかに自国の国家・国民の生命と財産を維持していくことが国家指導者の果たすべき役割だ。
従って、負ける戦争など決してしてはならないのだ。
いくら当時、中国や米国の謀略があったとしても、それに誘う込まれたこと自体が国家指導者としての義務を果たせなかったもだ。
戦後に国家指導者が負ける戦争を選択した責任を国民によって徹底的に追及されなかったがゆえに、日本会議のような連中やそれになびく安倍政権に集うような政治家が今日恥知らずにのさばっていると思う。

23. 2016年5月02日 11:57:40 : PL1HLpyjxQ : 61btX8vfvEY[13]
御用学者は御用に立てる仕事しかしないのは常識です。
いかに捏造して、いかに人を騙すかということです。
その証拠が、この人が書くものといえば、
支配階級の策略や延命策などのことばかり。
奴隷階級の被害など、
これっぽっちも気にかけていないのですから。
欺瞞の歴史家です。



24. 2016年5月02日 12:29:41 : 0ws7HB4Nmo : AtCqC51FQBI[8]
なんか、戦争につながる〜、軍靴の足音が〜とか、ずいぶん昔から同じようなこと言い続けてる。

今回の安保法案もそうだし、PKO法案、イラク派遣の時にも、前にも聞いたようなことばっか言ってる。

憲法の精神とか言って、この人たちは自衛隊のことをどう考えてるんだろうか。9条の精神から言えば、自衛隊は違憲、即解散すべきだが、この人たちはそういうこと言ってるのか。

この人たちが守りたいのは、”解釈改憲”された憲法に過ぎない。自衛隊は憲法の制定趣旨からいっても違憲な存在だ。

憲法を守り続けたら平和が〜とか、本気で考えているのだろうか。この世界は平和ではない。どこかで戦争は起きているし、どこでも戦争は起きうる。

そういうことを考えないで、ケンポーとか叫んでいる人に、国民は守れるのか。
最悪の事態を考えられない人には、危機管理などできない。

無責任な人たちとか思われて、国民の支持を失っていることに、いつになったら気づくのか。いい加減、左派政党の凋落にも、目を向けたほうがいい。


25. 歯磨き右近高山[671] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年5月02日 13:44:30 : 4s5m68Y9WU : kXfdFOIUTD0[2]
>>7>>20>>23
みたいに、半藤一利さんにケチを付けるのは、現在の「戦争好き連中」を利するものでしかありません。

「Hull Note」は、駄目リカのsideとしては決して「マジ」で言ったことではなく、「日本軍としては、絶対に実行不可能」な要求を突き付けたのは「からかった」つもりだった、という話を、今世紀初頭に聞きました。

外交って、そーゆー難しいシロモノだっていう事を学ばずに、あまりにも広い地域まで戦線を拡げたことは、言い訳の余地は欠片も無い。

そして2010年の魚釣島事件も、中国政府によって我々は「試された」のだった、と見ているのは私だけではありません。

人口の多い中国、あそこの天然ガス採掘量は微々たる量である筈。そして、もし我々が「人が住みたくないし、資源もそんなにあるのかどうか怪しい、という島の事で戦争になったら、割が合わないよ」という、「中国側としては、日本人に言って欲しかった『模範解答』」の態度を取っていたら、数ヶ月後には「万人が忘れていたであろう」事件だったのです。

穿った見方をすれば、棄民党が中国に依頼して、民主党政権を貶める陰謀だった、という可能性も、否定出来ませんよね。

が、現実には、69年の年月を経て又しても、我々は大国の前で「超外交オンチ」振りを露呈し、オバマ政権からも「実に困った顔」をされ、駄目リカとのパイプも細り、良い事は一つもありません。

鳩山由紀夫さん、福田康夫さん以外の人が総理なら、自民党、民主党、あんまり変わらなかったでしょうね。

「ホントはそんなに恐く無い国」を実際の何百倍も恐い、と誤認するバカ国民こそ、東條英機の何百倍も罪深いのです。

「実際の何百倍も恐い、と誤認するバカ」の権化………、それが田母神俊雄である事は、云うまでもありません。


26. 2016年5月02日 13:51:12 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[475]
  18さんと20さんとで真珠湾攻撃に関して激論が為されているが、当の関東軍が証拠となるものを焼却するなどして残していない事もあり、先の大戦に関しては、常に、言った言わない、やったやらない、の論争となり、一歩進んで二歩交代している内に、次の試合(戦争)も辞さないという保守政党が血気盛んに国民を煽り始めているのである。
   戦争とは、スポーツ試合同様に参戦の意思のある国の首謀者が始めるものであり、一旦参戦の意思を示して戦争状態に入った以上、スポーツ試合同様に、勝つか負けるか、それは判らない状況で始めるのは当然だろう。
   だが関東軍は、恐らく参戦すれば勝ちしか無い、と言う思考回路で始めたのだろうが、結果的に負けたのであるから、最低限日本はその敗因を突き止め、分析して、次なる試合に備えるべきだろう。
   ところが、誰が先に手を出しただとか、戦勝国が悪いからこんなみっともない憲法が押し付けられただとか、負け試合を認めず、敗戦を導いたマネージをした軍部を未だに崇めて祀り、崇めない者を反日呼ばわりするなど、全く先の試合の分析をしないスポーツチームのような状態である。戦争体験者も口を閉ざして多くを語らず、あたかも試合に関しては口に出してはならないような戦後70年であった。
   しかしながら、負け試合の監督やコーチが、負けても胴上げされる事は有り得ず、更迭まで検討され、自ら退任を表明する監督が居て当たり前なのである。
   そして今や、あの侵略戦争は無かった旨言い出す者もおり、真珠湾攻撃にまで遡って論戦しているところを見ると、こういう状態で自衛隊を軍隊として今一度解き放つ事の危険性が垣間見えるのである。自衛隊が悪いのではなく、それをマネージすべき為政者が、先の試合のマネージメントを分析せず、つまり敗戦というジャッジを認められない事が問題なのである。
  兎にも角にも、戦後70年を経ても、未だに先の大戦の責任の所在が曖昧である事は間違い無く、戦争というものは事後の検証が非常に困難だ、という事である。
  つまり、一度関わった戦争は恐らく平和裏に決着が付く事は無く、どこかが不満を抱えたまま疲弊して終わるしか無く、それは後世に亘り、くすぶり続ける。
  いわば、武力行使の結果の平和というものは無い、と言うことは明白なのである。
  
  

27. 2016年5月02日 15:15:59 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[109]
>>24 右とか左とかは関係ない!国が悪い方向へ向かわせないために、半藤さんが警鐘を鳴らしているのです。
日本が平和であるから、貴殿がこうやってコメントの書き込みができるでしょ!
戦争に巻き込まれない国になるためには、「平和憲法」の維持と「新安保法制」の廃止が肝要ですね。

あれも秘密これも秘密、国民は何も知らなくてもいい。耳に胼胝ができる程の事も言わなくていい。関連して、
隣の家が火事になったら、助けなければならない。だから「集団的自衛権」が必要だと、次元が違いますね。
「緊急事態法」も要らない!緊急時には緊急体制を組み、臨機応変で解決するじゃないの?「互助の精神」

改憲派の説明は子供騙しだね。被災者の女性が倒れてるそばに幼児が「ママー」と泣き喚く、救助に当たって
いる救急隊員が『ガソリン』さえあれば、助けられたのにと嘆く!「緊急事態法」制定の必要性を訴える。
日本国民の知能指数は、この程度でしょうか?本当に、呆れてしまいます…。


28. 2016年5月02日 17:13:22 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[492]
>>20
ハルノートが出された時点で 機動部隊は出撃していたが それどころか 一年以上前から真珠湾攻撃の準備は
入念に準備されておる 鹿児島湾を真珠湾に見立てて 連日 雷撃の訓練が行われていた事ぐらい
ちょっと軍事に詳しい人間なら 誰でも知っている事 これもルーズベルトの陰謀だと言うのか?

さらに、真珠湾の水深の浅さに合わせた 浅深度魚雷の開発を急ピッチで進め
択捉島単冠湾に 一番最後に滑り込みで入港した空母加賀への積み込みが ぎりぎりで間に合った話も有る

寝ぼけた事を言ってんじゃねえぞ 真珠湾攻撃を計画実行したのは日本海軍であり日本国の意思である
ルーズベルトの責任は あくまでも、「それを知ってて見過ごした」 と言う事であって
【先に日本に手出しをさせようというもの】 でしかない

もちろん、それは米国人にとっては許し難いものである事は否定しない だから批判を受けているのだ
だがしかし、それを批判して良いのは米国人であって 我々日本人がそれを言うのは
厚かましいにも程があると言うものである

● 何度でも言うが あの戦争の根本的な原因を作ったのは 大部分が日本側によるものである
米国の策略は あくまでも日本の侵略と拡大路線を“上手く利用した”と言う事に過ぎない ●


そして、追加して言うが 「日米交渉が妥結したなら引き返せ」 こう言ったのは
あくまで山本五十六個人の意思である これに対して機動部隊の幕僚達は猛反発した事実を忘れてはいけない
「冗談じゃない そりゃ 出かかった小便を止めろと言うようなもんですぜ」
山本五十六以外の海軍将兵は全員 文字通り やる気満々だった事も 動かし難い事実だ。


29. 2016年5月02日 22:57:44 : 1cz9P1E6DQ : a4CWEf3uhtE[71]
>>28. 2016年5月02日 17:13:22 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[492]
> ハルノートが出された時点で 機動部隊は出撃していたが それどころか 一年以上前から真珠湾攻撃の準備は入念に準備されておる 鹿児島湾を真珠湾に見立てて 連日 雷撃の訓練が行われていた事ぐらいちょっと軍事に詳しい人間なら 誰でも知っている事 これもルーズベルトの陰謀だと言うのか?

アメリカは「一年以上前」どころではなく1906年以来、日本へ侵攻する計画、オレンジ計画を作っていた[1]。日本の真珠湾攻撃以前から原爆開発計画はたてられ、日本を爆撃できる長距離爆撃の開発は終わっていた。

> ● 何度でも言うが あの戦争の根本的な原因を作ったのは 大部分が日本側によるものである
米国の策略は あくまでも日本の侵略と拡大路線を“上手く利用した”と言う事に過ぎない ●

● 何度でも言うが あの戦争の根本的な原因を作ったのは ルーズベルト大統領だとフーバー大統領やルーズベルト大統領の対日宣戦布告に賛成演説を行った共和党の大物議員ハミルトン フィッシュは云っている。
米国の策略は あくまでも日本を対米戦争へ踏み切らせることに有った。 ●

> そして、追加して言うが 「日米交渉が妥結したなら引き返せ」 こう言ったのは
あくまで山本五十六個人の意思である 

ワシントンでアメリカ政府と日米交渉を行っていたのは、山本五十六個人の意思だと?
これも珍説である。
日米戦争史に無知な半藤一利さんを支持する者は、公然と見え透いた大嘘を吐くのは何故でしょう?
日本では嘘吐きは泥棒の始まりです。

[1] オレンジ計画―アメリカの対日侵攻50年戦略 単行本 – 1994/6
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%AF%BE%E6%97%A5%E4%BE%B5%E6%94%BB50%E5%B9%B4%E6%88%A6%E7%95%A5-%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4105284010
エドワード ミラー (著)
日本は、アメリカの二百年来の対日攻略戦略に嵌められ通しでああることがよく分かる
投稿者 つくしん坊 トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/23
形式: 単行本
オレンジ計画とは、第二次大戦以前のアメリカの対日侵攻戦略である。アメリカは日本だけを潜在敵国としたわけではなく、主要国すべてに色名を付けた戦略20種類以上が存在していたという。本書はオレンジ計画の発端から始まり、慎重派と突進派との対立を軸にした計画の変遷、太平洋戦争でほぼ計画に沿った戦争の遂行とアメリカが圧倒的な勝利を収めるまでを詳細に追っている。太平洋戦争が勃発した要因は、中国におけるアメリカと日本の権益の衝突や、アメリカの経済封鎖により石油輸入を絶たれた日本が、南方に石油資源を求めたことであることはよく知られている。本書によれば、アメリカは実に長期間を掛けて対日侵攻を準備しており、太平洋戦争においては満を持して戦争に挑んだことがよく分かる。

[2] オレンジ計画
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%A8%88%E7%94%BB
オレンジ計画(オレンジけいかく、オレンジプラン、War Plan Orange)とは、戦間期(1920年代から1930年代)において立案された、起こり得る大日本帝国(日本)との戦争へ対処するためのアメリカ海軍の戦争計画である。


30. 2016年5月03日 00:19:48 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[311]
理由の如何に拘わらず、米国が戦争を始めたら自衛隊が先遣隊になるってのは困るので、今までの政府はしっかりやっていた。ただ、普通なら攻撃して当たり前の場なのに、撃たれるまで攻撃できないとか・・そこを突かれたのかな?。そんな現行法だったから戦争が起きなかったり世界が日本に安心感を持っていたのもある。
どっちしてもそんなにいい人なら、福島の事故救命解析と責任の取り方、何よりも救援支援、或は報道・・食べて応援、なぜ変な事になってるの?。素人でもあの増産される汚染水のタンクの行方や、廃棄物の処理が出来ない事や、メルトダウンの今後の行く末や、どうにもならない断崖絶壁に日本が来てるのがわかるんだけど・・。どうするの?。ずっと前から想定できていた事でもあるのに・・。さっぱり国の意志が分からない。

31. 2016年5月03日 00:50:56 : EcbePK2FgI : E3oZY9m4qbA[1]
>18

>そもそも、ハルノートが突き付けられた時点で日本の機動部隊はもうすでに 択捉島ヒトカップ湾を抜錨し
>真珠湾に向かっていたのだから 開戦をハルノートのせいにするのは典型的なウヨ論理

事実は正確に知るべきだと思うが、攻撃位置に付くように出港したが。
攻撃の決定はまだなされていなかった、11月26日にハルノートが手交され
11月27日に日本に着いたとされている
12月1日御前会議にて開戦のやむなしと決定された。
12月2日に有名な「ニイタカヤマノボレ」が発信されたのだな、その時に
艦隊内で攻撃目標が提示されたとされている。
中止の場合の逆の暗号「トクガワクダレ」は使われなかったのだから、知らないのも当然かもしれん。
ハルノートの内容を精査する十分な時間が有ったと思われるが。

その前に、外務省のパープル暗号を翻訳した米国の不手際も有る。
「最終的譲歩案であり」の部分を「最後通牒であり」と訳したことも解ってる。


32. 2016年5月03日 03:02:11 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[493]
>>29
いよいよ、馬鹿を晒したなネトウヨ君 自分で示したリンクをちゃんと読んでいないだろ?
_____________________________________

「オレンジ計画(オレンジけいかく、オレンジプラン、War Plan Orange)とは、戦間期(1920年代から1930年代)において立案された、起こり得る大日本帝国(日本)との戦争へ対処するためのアメリカ海軍の戦争計画である。カラーコード戦争計画のひとつであり、これ自体は交戦可能性のある全ての国を網羅してそれぞれ色分けされ計画されたもので、日本だけを特別敵視していたわけではない。計画は1919年に非公式に立案され、1924年初頭に陸海軍合同会議(Joint Army and Navy Board)で採用されている[1]。
_____________________________________

あくまでも 想定しうるすべての国との想定した戦争計画であり その一環がオレンジ計画である訳で
【カラーコード戦争計画のひとつ】 って、ちゃんと書いてあるではないか
これをもって、「米国は日本と戦争を企てていた」 と、アメリカへの責任転嫁に利用している
完全なる言いが掛かりで、典型的なウヨ論理だ これを持ちだす事じたい ネトウヨ確定と言える

墓穴を掘ったついでに、カラーコード戦争計画とは これな ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%A8%88%E7%94%BB

↑ >世界の主要国との戦争が発生した場合を想定した戦争計画であり、それぞれの国に色を割り当ていた為この名称が付けられた

リンク先ぐらい ちゃんと読んでから貼り付けな


そして 他人の言った事を 悪意を持って 捻じ曲げて解釈するのもネトウヨ特有だ

「妥結したなら引き返せ こう言ったのは あくまで山本五十六個人の意思である」 を
「ワシントンでアメリカ政府と日米交渉を行っていたのは、山本五十六個人の意思だと?」 と来る

引き返せと命令したのが山本であって、日米交渉をしていたのは政府の外交官である事ぐらい
普通は言わなくても誰でも解る事を あえて曲解して揚げ足を取ろうという さもしい根性が
透けて見えるぞ。


33. 2016年5月08日 22:09:10 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-789]

190 :名無し募集中。。。@\(^o^)/:2016/05/08(日) 11:18:17.04 ID:IyWDaL4n.net
【米紙】 韓国で「ヒトラー・バー」が大流行 ナチスドイツを熱烈に崇拝する愚かな韓国人(TIME)06/05

画像
http://farm2.static.flickr.com/1373/867407244_d24088b630_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1174/866657435_b73cc4d1b5_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1064/866585437_cb4e196b3a_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1412/867407364_987a344539_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1231/856653901_007dbf5819_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1098/856653915_94fcabf9b3_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1200/856653883_e0b6ce3eef_o.jpg
http://farm2.static.flickr.com/1071/856653847_be6d4eeab6_o.jpg
http://www.who-sucks.com/wp-content/uploads/icons/2007/07/hitler-bar-image.jpg
http://www.time.com/time/asia/magazine/2000/0605/southkorea.trouble.html

「日帝の被害者」を自称する一方で、ナチスを熱烈に崇拝するチョーセン人。
ほんと、滑稽だわw

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1462671702/190

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ