★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 388.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「安倍政治を許さない!」闘いに共産参画不可欠ー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/388.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 01 日 16:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「安倍政治を許さない!」闘いに共産参画不可欠ー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sokltm
1st May 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


5月を迎えた。

熊本、大分では依然として地震活動が活発で、

ゴールデンウィークも多くの市民が厳しい生活を強いられている。

行政はこのような局面でこそ真価を問われる。

また、地震の発生源は中央構造線にあり、中央構造線上の地震発生には今後も警戒が必要である。

鹿児島県薩摩川内市にある九州電力川内原発と愛媛県伊方氏にある四国電力伊方原発は、

この中央構造線上に位置しており、原発を廃炉すべきである。

そのような基本的事項を判断できないことろに、この国の政治の劣化が明確に浮かび上がっている。

地震予知に巨大な血税が注ぎ込まれているが、

「正確な地震予知はできない」

ことが明らかになっている。

気象庁長官の、

「いつどこで巨大地震が起こるのかを特定することはできないから、その巨大地震に備えることが大事だ」

との答弁は無責任な答弁に見えるが、偽らざる現実を示す言葉である。

断層がズレて地震が発生すれば、断層上の地点では1000ガル、2000ガルを超す地震動が観測される。

このような揺れに耐えるように原発は建造されていない。

「めったに起こるものでないから原発を稼働させる」

のは間違いで、

「小さな確率でも激しい揺れを伴う地震が発生する可能性があるなら、原発を稼働させることは妥当でない」

と判断するのが正しい。


さて、連休が明けると、重要政治日程が立て込み、7月の参院選になだれ込むことになる。

熊本の状況を踏まえれば、衆院選まで実施することは妥当でない。

安倍首相が衆参ダブルに突き進むなら、それは、国民無視の暴走と言わざるを得ない。

5月末に伊勢志摩サミットがあり、通常国会は6月1日に幕を閉じる。

6月20日ごろに参院選が公示され、7月10日に投開票日が設定されることになるだろう。

今年の参院選のメインテーマは、

「安倍政治の是非」

である。

多くの主権者が

「安倍政治を許さない!」

と考えている。

昨年9月19日の戦争法強行制定に対して、多くの主権者が怒りの声を上げた。

それから時間が経過したが、

「戦争法を許さない」

という声が、

「安倍政治を許さない!」

という声に、大きな広がりを示している。

安倍政治の暴走にブレーキをかけるには、

「安倍政治を許さない!」

勢力の連帯、大同団結が必要不可欠である。


このなかで北海道5区の衆院補選が実施された。

「安倍政治を許さない!」連帯が、

安倍自公と対峙勢力の闘いを互角のものにした。

この現実を踏まえなければならない。

「自民に公明がついている」勢力に対抗するには、

「共産党を含む野党連合」で戦うほかに、勝利の方程式は描けない。

ところが、この現実が存在するなかで、

共産党を排除する野党連合構築の動きがある。

これは、自公勢力が望み、自公勢力が裏から仕掛けている工作活動であると警戒するべきだ。

原発、戦争法、TPP、辺野古基地、格差=消費税

の問題に対する主張対立を踏まえたときに、

共産党を排除する理由は存在しない。

むしろ、自公路線に明確に対峙する勢力の中心に共産党が位置しているというのが現実である。

安倍政権にとっての脅威は、共産党を含む市民連合が強固に構築されることである。

この脅威が大きいから、共産党を除外する野党共闘の枠組み構築が目論まれているのである。

共産党の参画なくして「オールジャパン」の闘いを展開することはできない。

この点を明確に認識し、

共産党を含む野党共闘=市民連帯の体制を構築することが、いま何よりも求められている。


共産党を含む野党連合=市民連合の構築を妨害しようとしているのは誰なのか。

それは、民進党の一部勢力である。

民進党の一部勢力は、野党連合=市民連合と同じプラットフォームに立っていない。

自公と同じ基盤の上に立っている。

隠れた自公補完勢力なのだ。

具体的に考えてみればすぐに分かる。

原発の問題について、民進党は明確な方針を示しているのか。

「安倍政治を許さない!」連帯の共通認識は、

原発稼働を許さない!

というものだ。

しかし、民進党内部には、原発稼働容認の勢力が確実に存在する。

そして、その背後に存在するのが、民進党の支持母体である連合だ。

連合は、電力、電機、自動車の労組によって牛耳られている。

この中核勢力が、原発反対ではなく、原発推進なのだ。


TPPについて、民進党は明確な路線を示しているのか。

否である。

岡田克也氏と野田佳彦氏は、いまも、TPP推進の姿勢を崩していない。

「安倍政治を許さない!」

側に立っているのではなく、安倍政治を支持する側に立っているのだ。

TPPは日本の国民の利益拡大を目指すものではなく、多国籍企業の利益拡大を目指すものだ。

TPPの内容は、

「いのちよりカネ条約」

である。

民進党の一部議員は、国民の側ではなく、多国籍企業=米国の側に立っている。


戦争法、集団的自衛権の行使を、民進党議員の一部は肯定している。

民進党には、自民党議員よりも右寄り、米国寄りの議員が多数存在する。

これらの議員は、いまの戦争法には反対を表明するかも知れないが、

集団的自衛権行使を容認するスタンスを示している。

「安倍政治を許さない!」

側に立脚していないのだ。

同じことは、辺野古米軍基地建設問題についても言える。

民進党議員の一部は、辺野古米軍基地建設に賛成もしくは容認なのだ。

ここでもやはり、

「安倍政治を許さない!」

ではなく、

「安倍政治を許す、安倍政治を支持する」

側に立脚しているのだ。


そして、安倍政権が推進する消費税増税の方針。

よく考えてほしい。

2012年に主権者との公約を一方的に破棄して、消費税増税を強行決定した主役は、

野田佳彦氏率いる民主党だった。

主権者との公約を一方的に破壊したのは、前任の菅直人氏である。

この、菅・野田の背信行為によって、民主党は主権者の頼を全面的に失った。

これが2009年の政権交代の偉業を木端微塵に破壊する主因になったのだ。

主権者との公約を守り抜こうとした「正統民主党」勢力が民主党を逆に離党するかたちになり、

民主党が崩壊したのである。


主権者にとって大事なのは

政策

であって

政党

ではない。

オールジャパン平和と共生

https://www.alljapan25.com/

政策を基軸に、党派を超えて、主権者が主導する

日本政治刷新の運動である。

政策が大事なのであって、政策を無視して、特定の政治勢力を排除しようとするのは邪道である。

「安倍政治を許さない!」

と考える主権者が目指す政策方針と共産党が提示する政策方針が一致している以上、

この連帯から共産党を排除する理由は存在しない。

排除しなければならないのは、民進党の一部議員であることは間違いない。

ただし、選挙も近付き、32の1人区での野党候補一本化の努力が推進されている以上、

不協和音を出さないために、

「野党連合」

を大切にしようという機運が「安倍政治を許さない!」主権者の間に広がっているに過ぎないのだ。

この基本を忘れてはならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[2325] koaQ7Jey 2016年5月01日 17:09:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2545]
野党連合は日本を破滅させる


官公労に依存する民進党は公務員・財務省のエージェントでデフレ・円高・消費税上げ, TPP推進派

小沢や橋下は国際金融資本の手先の新自由主義者

野党連合は第二自民党にしかならない

連携したかったら野党議員を共産党に入党させればいいんだ

今週は唐突ではあるが民進党を取上げる。ただ民進党そのものについて多くを語るつもりはない(例えば国民のほとんどが民進党に期待していないと言ったことなど)。取上げることは筆者が奇妙に思う民進党の基本方針である。その一つが消費税の再増税への対応である。

民進党を除く野党は、再増税に対し反対あるいは延期する方針を明らかにしている。自民党は建前上は延期しない考えだが、今後は再増税延期に大きく傾いて行くと思われる。ところが民進党だけが再延期に反対することを先日表明した。

民主党は旧社会党や旧民社党の支持母体であった労組の支持を引継いで、選挙となればこの労組に頼っている。ポスター張りや電話による投票依頼を行う実行部隊は労組から派遣される。したがって民主党(民進党)への風が止んだ今日、選挙は労組に依存する度合がますます高まっている。

ただ一口に労組(連合)と言っても、日教組や自治労と言った官公労と一般の民間企業の労組がある。どう見てもイデオロギー色の強い前者の官公労の方が選挙活動に熱心である。

消費税増税を推進する官僚と官公労

選挙のことを考えると民進党の消費税への対応は極めてリスクが大きい。また軽減税率導入に際しても「その財源はどうするのか」と自公政権に噛み付いていた。このような岡田民進党の有権者の神経を逆なでする方針は一見理解不能である。しかし民進党の支持組織(選挙運動の際の実行部隊)を考えると納得が行くのである。

今日の民進党を支えているのは労組であり、ただ労組と言っても官公労だけである。そしてこの公務員の集りである官公労が消費税増税を推進していると考えると、民進党の行動も理解できるのである。そしてまさにこの官公労と官僚(特に財務官僚)は利害が一致しているのだ。

しかし民主党に風が吹いていた時代(比例票を2,500万票も集めていた)が去った今日、民進党の中で官公労の選挙協力なくして当選できる立候補者はほとんどいない。大阪維新から離れた「維新」も官公労の選挙協力を期待して民主党に合流したと言える。たとえ「野合」「期待しない」と批難されても彼等には聞く耳がない。


民主党は政権を取るまでは「公務員の天下りの根絶」「事務次官会議の廃止」と言ったむしろ反公務員的な政策を掲げていた。これも無党派層の圧倒的な支持を受けていたため、このような方針を採ることができたのである。ところが今日、官公労の意向に逆らっては民進党の中では誰も生きて行けないと筆者は思っている。

選挙に大敗してからの民主党の左翼旋回は鮮明である。昨年夏からの安保国会でも際立っていた。安保法案への反対行動は一頃の旧社会党より極端であった。しかしこれも民主党が官公労によって完全に牛耳られていることを考えると理解ができる。


では何故、官僚を始め公務員が消費税にこれほど執着するのかということになる。しかしこの答えは簡単である。彼等は消費税こそが金を配るという彼等の権限を保証し、また将来の公務員の生活を保証すると思い込んでいるからである。

一方、所得税や法人税は景気の波に大きく左右される。またバブル崩壊後、度々日本の名目GDPが減少するといった、それまであまり経験したことがない現象に何回も遭遇した。さらに国際的な流れから所得税や法人税を下げることがあっても上げることはほぼ不可能である。こうなれば安定した消費税の増税しかないと彼等が思っても仕方がないのである。


そもそも公務員はその置かれた立場から「インフレ」を極端に嫌う

日本の歴史教科書の記述においてもこの公務員の意向を反映してデフレ政策を採った指導者を持ち上げ、インフレ政策を行った為政者を貶める記述が目立つのである。
http://www.adpweb.com/eco/eco887.html


2. 2016年5月01日 17:33:46 : Fa3AZjwHKo : wExGLKzeihA[18]
>>>安倍政治を許さない!

大いに賛成だが、不正選挙マシーンを有効に活用している安倍政権に対抗する民進党のトップが、安倍政権を支持しているならば、この国民は滅亡する。

国民が生き残るために、「ムサシ」を活用している選挙管理委員会のトップを辞めさせなければならない。

次に、「ムサシ」を使用しない。

すべて、人手計測。結果は時間がかかっても公正に。

参院選前に、この体制を確立すべきなのだが、動きがない。残念!!!

泥棒に母屋を取られている。


3. 2016年5月01日 18:44:58 : XAWda3GNMw : UFjhbNxBdJI[8]
>>1
今日も日本を腐敗させるための工作活動お疲れさん

4. 2016年5月01日 19:16:10 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1981]
「共産党を排除する野党連合構築の動きがある。これは、自公勢力が望み、自公勢力が裏から仕掛けている工作活動であると警戒するべきだ。」

具体的には誰でしょうね。
とにかく野党は共闘!です。とりまUNITEです。

植草氏、がんばってください。応援しております。


5. 2016年5月01日 19:25:22 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1982]
あさか由香氏
「北海道5区補選「無党派の7割が池田氏に」の報道で、自民は「大きな課題」と運動を本格化。野党は「格差拡大×」「消費増税・TPP反対」「脱原発依存」など政策課題の一致も拡大。一歩づつ前進です。野党と市民が共闘する初の選挙、必ず勝とう!」
https://twitter.com/asakayuka/status/726716970633064448

あさか由香氏は公明党との闘いですかね。
1人区だけじゃなく、複数区でも、戦争大好き・人殺し大好き・子ども大嫌いの公明党を撃破してほしいです。


6. 2016年5月01日 22:13:49 : CYqcPSNFiI : dMfGQeOqbqM[1]
>断層がズレて地震が発生すれば、断層上の地点では1000ガル、2000ガル を超す地震動が観測される。
 このような揺れに耐えるように原発は建造されていない。

つまり、いつ日本が終わっても不思議ではないという事だ。

この恐るべき現実をほとんどの国民は知らされていない。

何となく根拠もなく大丈夫だろうと思っているに過ぎない。

誠にオメデタイ限りだ。


7. 2016年5月02日 10:08:42 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[660]
>>1
池田大作(カルト)との共闘では日本はどうなるのかな。

(俺には御彼岸しか見えないんだが(笑))



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ