★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 437.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
官邸メッセンジャー長谷川 民進党と前原に「悪意の老婆心」(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/437.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 02 日 16:13:42: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/9979daf89c761bb4f3e3467dc9c4b951
2016年05月02日

今夜は仕事に追われているので、長谷川幸洋の“悪意の老婆心”コラムを引用して、長谷川を揶揄ってやろうと思う。本格的な反論と云うよりも、ネット親父の突っ込みだ。先ず初めに言っておくが、長谷川幸洋の左翼運動と云うのは、集会に二、三度顔を出したレベルで、嘗ては共産主義者だったと云う振付け男の胡散臭さには注意が必要だ。転向者として名高い林房雄のようなレベルの話ではなく、ガキの好奇心程度のことである。

書いていることは、日本共産党は「共産党は綱領で安全保障政策で将来の日米安保条約の廃棄、自衛隊の解消を目指している」、「消費税廃止を唱える」‥等、共産党怖いぞと云う印象操作プロパガンダである。今や、右翼ジャーナリストの最右翼に近い位置にいるのが長谷川幸洋だ。“それでいいのか「民共合作」”と正論を語るわけだが、立憲主義に即した正論が通じる相手であるなら、長谷川の論にも一理ある。しかし、相手はナチ手法の右翼だ。立憲より強権で為政に望んでいる安倍に対して、「色んな思惑のある蟻たち」が、凶暴で狡猾なハイエナ集団を滅ぼすために協力し合うのは、所謂、緊急避難なのである。

理屈もヘッタくれもないのが安倍政権なのだから、闘いを挑むのに、「僕たちは〜」等と気取ってはいられない。「保育園落ちた、日本死ね!」と同様に、この際は、国民の叫びを象徴的に吸い上げるのが野党のつとめだ。「食っていけね〜、安倍死ね!」同じことである。単に応援者の一人の発言だが、多くの困窮する生活者の本音は「安倍政権打倒」は合言葉である。死ねと言っても、権力者に対する「死ね」は肉体的な死ではなく、政治権力者としての「死」をシンボリックに言ったに過ぎない。長谷川は、百田尚樹などに比べ、狡猾にして深慮遠謀な性格なので、注意が必要だ。

キチガイが政権を握ったら、前後の見境など構ってはいられない。何はさて置き、その凶暴な暴君を滅ぼすことだ。暴君の金魚の糞になり、甲羅に頭を隠している自民党政治家もいるわけだから、現在の日本政治の悪性腫瘍である安倍政権を摘出手術した上で、今後の治療方針は冷静沈着に考えれば良い。その時、共産党さんお手伝いありがとうと言う選択もある。リベラルな自民党と手を結ぶこともありだ。長谷川に、民進党としても、心配して貰いたくないだろう。前原誠司に対しては、党を割って出ろと嗾けているようでもある。

「勝つためには悪魔とも手を握る」??長谷川曰く「共産党は悪魔だ」なのである。であるなら、公明党と組むのは何なんだ。政教分離に明らかに抵触している「公明党」と手を握り合い、相思相愛なのは自民党じゃないのか。創価学会って学会は何の学会なんだ?公明党の「党是」である「平和」をかなぐり捨てた自民党の朋友「公明党」に対して、何と表現するのか。公明党は味方だから「仏」か?馬鹿言ってんじゃないよ、長谷川よ。自民党にとって「公明党こそ疫病神」だと筆者は思うがね(笑)。最後には「毛沢東やポル・ポト派の大虐殺を思い出す」ときたもんだ。吹き出したくなる大時代な煽りだな。アンタ、酷すぎる。毒饅頭の食い過ぎだ、「大田胃酸」飲んでおけよ。

結局、今井一派の長谷川幸洋が、こう云う事を詭弁弁証法で「悪意の老婆心」を書くと云うことは、自民党の、詳細世論調査データに官邸が震えあがっている可能性を示唆している。民共を共民とまで言い、兎に角、日本共産党は怖いぞ、ポル・ポトの大虐殺を思い出せ、とまで言わせてしまうのだから、相当に焦っている。正論紛いの詭弁広報を担当している長谷川に、今井から厳しい要求があったのだろうと推測できる。まあ、長谷川と云う雑用係も、安倍ハイエナ政権に殉死するのがお似合いだ。


≪ 夏の参院選「民共合作」は日本の政治レベルを下げる暴挙である
“打倒安倍”の一点張りでは政権は担えない

■それでいいのか「民共合作」

夏の参院選は「自民、公明の与党vs野党共闘」という構図が鮮明になってきた。先の北海道5区補選で野党統一候補が善戦した結果を受けた形だ。さて、そうなると「政権交代可能な野党」という民進党のスローガンはどうなるのか。

5区補選は、自民党公認で公明党と日本のこころを大切にする党が推薦した和田義明氏が当選した。負けた池田真紀氏は無所属で立候補し、民進党と共産党、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちが推薦した。

和田氏の13万5842票に対して池田氏は12万3517票と迫り、その差はわずか1万2325票だった。負けはしたものの大健闘に勢いを得たのか、野党は参院選でも野党共闘を進める構えを示している。

4月27日付けの読売新聞によれば「32ある1人区のうち23選挙区で野党候補の一本化のメドがつきつつある」という。今夏の参院選だけでなく、将来の衆院選でも野党共闘を目指す動きが加速しそうだ。

5区補選で池田氏の獲得票数は、単純計算で2014年の総選挙で民主党と共産党が獲得した票の合計とほぼ同じだった。だから、同じような「民共合作」が実現すれば、参院選で安倍晋三政権を追い詰められるという皮算用が働いているのだろう。

だが、ちょっと待ってほしい。政党の側はそれでいいのかもしれないが、選ぶ有権者の側から見ると、野党統一候補というのは当選したら、いったいどんな政策を進めてくれるのか、はっきりしない。ひとくちに野党と言っても、それぞれの政策はてんでんばらばらであるからだ。

■共産党に吸い取られやしないか

具体的に言えば、共産党は綱領で安全保障政策で将来の日米安保条約の廃棄、自衛隊の解消を目指している(http://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/)。民進党は日米同盟を認める一方で、集団的自衛権については認めない立場と一部を容認する立場が混在している。

経済政策でも共産党は消費税廃止を唱える一方、民進党は消費増税反対と増税すべき派がやはり混在している。そもそも経済成長を目指すのかどうかについても、あくまで格差是正を優先すべき派と旧維新グループなど成長重視派がここでも混じっている。

つまり、一口に「野党統一候補」といっても個々の候補者がどういう考え方をしているか、よく分からない。当選した後、無所属で活動するのか、それともどこかの野党に所属して活動するのかもはっきりしない。もちろん「野党統一党」という党も存在しない。

北海道5区の補選で野党連合が唱えたのは、一言で言えば「安倍政権NO!」だった。つまり安倍政権が進めた安全保障関連法を廃止する。アベノミクスもやめる。安倍政権に反対なのは分かったが、では対案として、どういう政策を進めるのかがあきらかにならなかった。

なぜかといえば、根本的には候補を支援している野党各党の政策がばらばらであるからだ。これでは、とうてい責任ある野党勢力とはいえない。もしも政権を握れば、それぞれが勝手な事を言い出して、たちまち分裂してしまいかねない。

民進党は「政権交代可能な野党」を目指していたはずだ。ところが、実際には「安倍政権を倒す」の一点張りで、倒した後、どんな政権を作っていくのか、リアリティを感じられる政権基盤と政策がないのである。

それは世論調査にも表れている。フジテレビの調査では、民進党の支持率は3月19〜20日調査で12.8%だったのに、最新の4月23〜24日調査では7.3%に落ち込んだ。それと対照的に共産党は前回が3.0%だったのに対して、今回は5.2%に増えた。

この結果を見る限り、民共合作といっても、躍進しているのは共産党であり、民進党ではない。民進党は民共合作の甘美な誘惑にのって、自力で党勢拡大を図る努力を放棄した結果、共産党にエキスを吸い取られてしまったのではないか。

■これぞサヨクの本質

5区補選では象徴的なシーンもあった。共産党の小池晃政策委員長と前原誠司民主党元代表が並んで選挙カーの壇上に立ち、真ん中に立った法政大学の山口二郎教授が池田氏の応援演説をした(https://www.youtube.com/watch?v=6-3AunFNJK4)。

山口教授が演説を終えた後、小池氏が前原氏の元に歩み寄り両手で握手を求めると、両者はしっかり手を握り合ったのである。前原氏といえば、民進党内でも集団的自衛権の容認論者として知られている。

その前原氏が選挙とはいえ、日米同盟廃棄を唱える共産党の小池氏と壇上で握手したのだ。まさに「勝つためには悪魔とも手を握る」であり、政策よりも選挙優先と受け止めざるをえない。

ついでに言えば、山口教授は安保法案廃止を求める昨年夏の国会デモ集会でマイクを握り「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる」と絶叫したこともある。これで大学教授か、とあきれるほかない。だが本当を言えば、実はこういう発想こそがサヨクの本質である。

私は高校、大学と左翼運動に関わったから、よく知っている。昔から私の周辺のサヨクは体制側を指して「あれは人間じゃない」というセリフをよく吐いた。山口の絶叫に対しても、集会参加者から一斉に「そうだ!」と歓声が上がっている。

https://www.youtube.com/watch?v=mifhF05u9AA)ではないか。

参加者たちが山口の意見に賛同している証拠である。彼らは自分と異なる意見の持ち主を「人間じゃない」と一刀両断する人々なのである。その一方、政権側に対しては「あいつらは反知性主義。おれたちこそが知性派」とののしって平気な顔をしている。

人を「人間じゃない」とののしる人間のどこが知性派なのか。かつては、せいぜい若い学生のたわごと程度だった。ところが、いまやテレビに登場して、それなりに論陣を張る著名大学教授がこういうセリフを吐いて、支持者がそれに熱狂するようになったのだ。こういう勢力が権力を握ると、何が起きるか。私は それこそ毛沢東やポル・ポト派の大虐殺を思い出す。

元サヨクとしては「いまやサヨクはここまでダメになったか」とがっかりする思いだ。

■暗澹たる思い

さらに言えば、山口教授は「戦争法を作ったり、メディアに圧力を加えるような政権は許せない」と公言している。だが、私の実体験に即して言えば、テレビに圧力を加えたのは自民党ではなく、政権を握っていた当時の民主党である。

私がコメンテーターを務めていた複数の番組で「長谷川が出るなら、オレは出ない」といって現職大臣が出演拒否したり、逆に私がその回を降板させられ たりした。いま私がMCを務めているTOKYO MXの番組『ニュース女子』(月曜夜10時)で最近、この体験を話したら、似たような経験があったのだろう、コメンテーターたちが「その通りだ」と同意してくれた。

話が脱線した。

野党連合に話を戻せば、基本政策が一致していない野党がいくら「安倍政権NO!」で選挙を戦ってみても、安倍批判票をそれなりに集めるだけが関の山だ。けっして政権は担えない。空中分解するに決まっているからだ。

こういう野党連合がしばらく続くのだとしたら、日本の政治は本当に空しい。野党は大きな声で時折、外から暴言を交えてののしるだけの「ヤジ係」になり下がってしまうだろう。安倍政治をチェックして建設的な批判をする役割は、同じ与党である公明党が担う形にならざるをえない。

北海道5区補選の結果と山口教授の絶叫、小池氏と前原氏の握手を見ながら、そんな暗澹たる思いにとらわれた。  ≫(現代ビジネス:長谷川幸洋「ニュースの深層」)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月02日 17:53:24 : HshCuSsEKG : WvyN1PBMs0Q[-54]
アシュラの嵐認定は何を基準にしているのだ。会員番号や糞川隆をのさばらせて

ネトウヨ専用が本音だろう。リベラルを偽装するのはやめたら。まともな人間は

みんな気づいているぞ。

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年5月02日 18:37:56 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[277]
この長谷川の主張するところ、自民党辺りから出てくる論理と寸分違わない。
そっくりそのままで、要するに共闘されちゃかなわない本音がありありである。
野党で共闘しようがそんなものはその野党の都合、本来ほっておけばよい話。
「選ぶ有権者の側から見ると、野党統一候補というのは当選したら、いったいどんな政策を進めてくれるのか、はっきりしない。」
選ぶ有権者、まあ長谷川も有権者として一票を持っているからそう言えなくはないのだが、一般国民の立場の代弁者みたいな言い方は迷惑な話だ。
何をどう言おうが今の政権に反対する立場からすれば、これが最後に残された選択肢なのだ。
そもそもデモを敵視している限りそれを支持する国民を切り捨てている訳である。
長谷川からするとそういう者たちは「国民」の分類には入らず、反日であり敵なのだろう。
そんな不埒な連中は政府の生活社会保障の政策を考える対象にはならないという訳か。
わかりやすい。
このあたり、デモをテロリストと表現した石破の感覚とも通ずるものがある。

3. 2016年5月02日 18:49:57 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[278]
長谷川のサヨク連呼に応ずるなら、和田候補側「遊説隊長 」川田ただひさが在特会と縁の深い人物だという事にはどう答えるつもりなのだろう。
この和田のみならず自民一般、ヘイトスピーチを繰り返す団体とひそかにつながりを持ち、これによってヘイト支持層を票に取り込もうとする。
ドナルド.トランプと何ら変わることがない。
まさかトランプ批判なんかしないよねぇ、長谷川幸弘。

4. 2016年5月02日 18:53:46 : zWcin8NGPQ : Vr_8SoSpDEU[1]
メッセンジャー? 「ドラムキャリアー」の間違いだろ

5. 2016年5月02日 21:37:07 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[15]
なるほど共産党からの転向組はロクなのがいない。
共産党を追い出されるともうすべてのものが敵に見えてきて結局は権力にすがるということになる。
最悪のナベツネを筆頭として権力におもねるどころか権力の提灯持ちをやることになっるということだ。
哀れ、
なるほどこれでは長谷川幸洋は東京新聞では1字も書かせてもらえないわけだ。
その恨みがますます権力にへばりつきということになる。
なるほど。

6. 2016年5月03日 10:03:40 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[600]
長谷川幸洋は東京・中日新聞論説副主幹なんでしたか。

東京新聞を取っていながら不勉強で知りませんでした。

東京新聞自体は新聞の中では一番まともだと今でも信じていますが、論説副主幹さんは要注意ということですかね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ