★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 502.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
社民共生連合で自公「戦争と弱肉強食」政権を倒すー(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/502.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 04 日 07:13:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

社民共生連合で自公「戦争と弱肉強食」政権を倒すー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sokvki
3rd May 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


憲法記念日である5月3日の今日、午前11時から、


東京の有明防災公園(東京臨海広域防災公園)で


憲法集会が開催された。


午後1時に開会された本集会では、


解釈で憲法9条壊すな!実行委員会


の高田健氏が開会あいさつをした。


むのたけじさんなどのあいさつの後、


野党4党の代表である


岡田克也氏、志位和夫氏、吉田忠智氏、小沢一郎氏が勢ぞろいしてあいさつした。


集会終了後、参集した主権者は二つのグループに分かれて豊洲と台場に向けてパレードした。


安倍政権が憲法改定の手続きを経ずに憲法の内容を変えてしまうという解釈改憲を強行し、


集団的自衛権行使を容認する戦争法制を強行制定してしまった。


本年夏の参院選で安倍政権与党が参院で3分の2以上の勢力を獲得すれば、


今度は憲法そのものの改変に着手する可能性が高い。


この安倍政権の基本姿勢を許さない!と考える主権者が多数存在する。


その主権者が憲法記念日の今日、


安倍政権による憲法破壊、憲法改変を許さない!との思いで、この憲法集会に参集したのである。


集会では、当然のことながら、夏の参院選に向けてのアピールが示された。


政治を変えるには議会の議席構成を変えることが必要である。


選挙に勝たねばならないのである。


その選挙に勝つには、現行の選挙制度を熟知し、選挙制度に見合う戦術を採用することが必要である。


そのような具体的な対応が求められている。


そのためにいま取られているのが野党共闘の推進である。


「安倍政治を許さない!」


と考える主権者と政治勢力が大同団結することが何よりも重要になっている。


社会民主党、民進党、日本共産党、生活の党と山本太郎となかまたち


の4党が大同団結することが大切だ。


頭文字を取って


社民共生連合


を構築するべきである。


これが安倍政治を打破する第一歩になる。


32ある参院選1人区で、


社民共生連合候補を一人に絞り込むことが、まずは重要になる。


そのなかで問題になるのは、繰り返しになるが、


民進党のなかに「隠れ自公派」が潜伏していることだ。


この「隠れ自公派」こそ、2009年に樹立された主権者政権を破壊した主犯である。


集会で岡田克也氏があいさつしたが、拍手はまばらだった。


民進党の支持率は低迷を続けている。


主権者の民進党不信、民進党嫌いは、ほとんど是正されていない。


社民共生連合が候補者を一本化し、


生活の党の小沢一郎代表と他党代表者が並んで応援演説をすることが必要なときに、


小沢氏排除を主張しているようでは主権者の信頼を得られるわけがない。


諸悪の根源は民進党悪徳10人衆にある事実は変わらない。


この「障害」を抱えたまま、安倍政治に対峙しなければならないのだから、


前途は容易ならざるが、主権者のための政治を実現するには、この問題点も克服してゆかねばならない。


そのために重要になるのが


「政策基軸」


の考え方である。


「安倍政治を許さない!」


内容を、より明確に示してゆく必要がある。


原発稼働、憲法破壊、TPP参加を許さない。


辺野古基地、格差拡大を許さない。


の政策路線をより明確に示してゆくことも重要になる。


政策を明示することにより、


「隠れ自公派」


をあぶり出すことが可能になるからだ。


主権者の分布は次のようなものだ。


選挙に行く国民が全体の半分。


選挙に行かない国民が半分。


選挙に行く国民のうち、半分が自公支持。


残りの半分が反自公。


これが基礎票である。


参院の1人区、衆院の小選挙区で、反自公が複数候補を擁立すると自公が圧倒的に有利になる。


だから、反自公は候補者の一本化を実現しなければならない。


選挙に行かない残りの5割の主権者のなかでは、


3割が自公支持、7割が反自公である。


したがって、投票率を5割から6割に引き上げることができれば、政権交代実現の可能性が大幅に高くなる。


投票率が5割から6割に上昇する場合、


この10%の有権者のなかの


3%部分が自公に投票し、7%部分が反自公に投票する。


これを式にして表すと


25+3<25+7


になる。


北海道5区の選挙でも、無党派層の7割が池田真紀氏に投票したと見られている。


反自公勢力が政権を樹立できる基礎的条件は整っていると言ってよいだろう。


障害は何か。


それは、


社民共生連合のなかに、この連合の構築を妨害する勢力が潜んでいることだ。


野党統一候補を選定するなかで、


共産党候補が一人も野党統一候補として選定されないことはおかしい、と共産党の小池晃書記局長が述べた。


当然の言い分であると思う。


社民共生が共闘体制を構築するのであるなら、


それぞれの勢力がメリットを感じられるように共闘体制を構築することが重要である。


ウィンウィンの関係を構築することが成功の秘訣である。


安倍政権は


社民共生連合が構築されることを強く警戒している。


そのために、その妨害活動を活発化させている。


その妨害活動を担っているのが、


民進党の隠れ自公派=悪徳10人衆であり、


共産党を排除した野党連合構築を提唱する運動である。


この事実を見つめれば、主権者がどのように行動すればよいのかが見えてくる。


共産党を排除する野党連合の提唱は、安倍政権の意向を受けた工作活動であり、


したがって、野党連合のなかに、必ず共産党の参画を求めるべきであるということになるわけだ。


憲法集会の参加者の平均年齢はかなり高めである。


SEALDSの奥田愛基さんもリレートークに登場したが、会場に多数の若者が参集したわけではない。


大事なことは選挙に参加することで、集会に参加することが必ず必要ということではないが、


日本の未来を左右する重要問題の決定に関して、


年齢の低い有権者が積極的に参画するべきことは言うまでもない。


夏の参院選に向けて、若年層に対して、重要な情報を提供し、参政権を放棄せずに行使することを、


どのように働きかけてゆくか。


ここに大きな課題がある。


若者が政治に関心がないはずがない。


若者を取り巻く経済環境は25年前に比べて格段に悪化している。


マスメディアがアベノミクスを絶賛しても、経済環境改善の実感は若年層にまったく届いていない。


戦争、原発、消費税などの問題について、若年層はそれぞれに意識と主張を持っていることだろう。


民主主義は主権者が望む政治を実現できる政治制度である。


その実現に向けての道筋を示し、主権者として何をするべきであるのかを、


若年層に対して、しっかりと説明してゆくことが必要だ。


政党エゴを取り除き、すべての有権者、主権者に正確な情報を提供し、


主権者が自分の目で現実を見て、自分の頭で考えて判断し、そして行動する。


このプロセスを確実に実行するなら、日本の政治を刷新し、


主権者のための政治を実現することができるだろう。


現実がいかに悲惨な状況にあろうとも、私たちは希望を捨てる必要がない。


当たり前のことを、当たり前に、確実に実行すれば、必ず道は開ける。


妨害工作を展開する者があろうとも、その妨害者の正体をあぶり出すことにより、


妨害者を排除することも可能になる。


今年夏の参院選で、日本政治刷新の第一歩を確実に踏み出さなければならない。


2016.05.03 明日を決めるのは私たち 平和といのちと人権を!5.3憲法集会 《集会編》

※、政党代表あいさつは28分24秒からです。:民進党・岡田克也代表、共産党・志位和夫委員長、社民党・吉田忠智党首、生活の党と山本太郎となかまたち・小沢一郎代表


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月04日 07:19:50 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2031]
「社民共生連合」

オリーブの木でも、さくらの木でもかまいませんが、とにかく大きな集合をつくりましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2016年5月04日 09:39:55 : mmHxokLuFo : TnlIGqO25@k[2]
> 集団的自衛権行使を容認する
  戦争法制を強行制定してしまった。

−自民悪性政治史に残る議事録ねつ造は
 ビデオ録画と共に永久に残るものです


3. 2016年5月04日 11:00:07 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2034]
「妨害工作を展開する者があろうとも、その妨害者の正体をあぶり出すことにより、妨害者を排除することも可能になる。」

具体的にはどなたなんでしょうかね…
気になります。


4. 2016年5月04日 11:09:40 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2035]
島薗進氏
「日本会議や神道政治連盟と創価学会が引っ張る政権を怖いと感じるのは自然でしょう。民進党のなかでその感覚が弱いのが不思議です。」
https://twitter.com/Shimazono/status/727680801832198145

不思議な民進党。


5. 2016年5月04日 19:11:04 : bOe8YvxgKU : iaHnQrHc@zs[62]
民進党の中に自公と同じ思想の議員がいるということですね。怖いですね。この人達は決して考えを変えないでしょう。具体的に名前もかなり判明しているようですから落選運動をやりましょう。

6. 2016年5月04日 19:13:52 : ePSwaHRcD2 : SSHcE5nVEl4[18]
民進党と組んだら、また負けることは目に見えている。
民進党と、その背後にいる連合という、
自民党より質の悪い嘘つきどもは、
信用という、政治にとって一番大切な価値を破壊した。
国民多数派はこんな連中に二度と政権を渡さないと決めている。
民進党が野党候補一本化に応じても、
結果的に民進党議員が増えるという結果が予想されれば、
候補を一本化しても敗北する。
政策が大部分一致する三党が結束した方が国民にとってもわかりやすい。
これほどのデタラメな暴政の自民党がまだ政権を握っていられるのは、
ひとえに野党がだらしないからだ。
植草氏の言うとおりだ。

7. 2016年5月04日 19:37:44 : kfjbJjCPAw : CxMRyuEuEZ0[1]

植草先生に大賛成です。

共産党もオリーブの仲間です。

偏狭で知性のカケラも無い細野議員を排除しましょう。


8. 2016年5月04日 19:49:03 : vV2JMJEjkA : 5Nb0r57gAbg[3]
>>6
植草氏は、隠れ自民党を排除したり押さえ込むことを主張しています。
民進党を一括りで否定しているわけではないですよ。
あなたの考えに従って選挙を戦うと、また自民が圧勝することになるのでは?
民進党にもそれなりの票が集まりますから、以前と同じように票が分散しますね。
民進党を除外して選挙で自公に勝つ方法なんてあるんでしょうかね。

あなたは野党が統一候補を出す理由を理解できていないように思います。
理解していて>>6のようなコメントをしているならば、あなたの投稿は野党分裂を狙っているようにしか見えませんね。


9. マッハの市[912] g32DYoNugsyOcw 2016年5月05日 01:56:33 : xaA8XTd69Y : so1AW3AOTSg[55]
>6
私も、民主政権誕生のときは投票した一人として、貴殿の気もちはよくわかります。
しかし自民を倒す為には、社民共生連合≠支持します。 
野党協力に尽力する、共産党と生活小沢氏には、特に感謝しています。
共産党は野党第一党としての存在感を感じる。小沢氏の活躍も大きいと思う。

共産党とは組めないなどという細野豪志や野田佳彦は表にでるな、無党派層が腰をひく。、排除すべきだ。


10. マッハの市[913] g32DYoNugsyOcw 2016年5月05日 02:37:15 : xaA8XTd69Y : so1AW3AOTSg[56]
植草一秀氏
>野党統一候補を選定するなかで、
>共産党候補が一人も野党統一候補として選定されないことはおかしい、と共産党の小池晃書記局長が述べた。
>当然の言い分であると思う。
>それぞれの勢力がメリットを感じられるように共闘体制を構築することが重要である。

私も、同じ思いです。野党各党の勢力に応じて割り振るのが普通でしよう。
欲深の民進党では、真の支持者は得られないと思う。なんとも情けない政党だ。

民進党は、他党候補にも配慮せよ。・・・大人になれんのか・・・-    -   -   私は愛知の無党派層


11. ぐう〜たら親父[24] gq6CpIFggr2C55BllYM 2016年5月05日 06:43:58 : ZaWhA5vkEs : NveVO@skC@Y[2]
岡田は本気で参議院選挙を勝つ気はあるのだろうか?
確か3〜4年くらい前だったと思うが…大畠章宏(茨城5区)が…「国民の民主党に対する感情は憎悪に近いものがある…」と、語っていた。
正にその通りであって、現在の支持率に直結しているのである。

北海道補選で負けはしたが、野党が一つになれば勝てる手応えは確実にあった。
そして今回の参議院選挙…何としても自公連立に勝つためには、32ある1人区全てに野党
統一候補者を擁立しなくてはならないのだが…共産党・小池書記局長の言う通りで、共産党
の候補者が1人も選ばれていないのは全くおかしな話しである。
何故、お互いに花を持たせるくらいの大人の対応が出来ないのだろうか?

3日、細野は夏の参議院選挙に向けて共産党候補者の擁立調整していることに関して
「われわれの選挙にプラスになるので認めているにすぎない」と語っている。
野田の小沢排除といい、今回の細野発言といい…参議院選挙で野党共闘が成功するか、否か
全て岡田民主党の対応が鍵を握っていると思う。

ましてや「隠れ自民」の時限爆弾を抱えていたら、いつ爆発するか分からない。

参議院選挙後の代表選挙で岡田から江田当たりに代わって、本格的に野党共闘に取り組む
ことを期待している。
党を割って連合と離婚するくらいの大改革をしない限り民進党の再生・支持率回復はないと
思う…煮え切らない岡田を見てるとイライラしてくる。


12. 2016年5月05日 10:27:13 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[437]
>>6 ePSwaHRcD2 : SSHcE5nVEl4[18]
>自民党より質の悪い嘘つきどもは、信用という、政治にとって一番大切な価値を破壊した。
>国民多数派はこんな連中に二度と政権を渡さないと決めている。

「国民多数派はこんな連中に二度と政権を渡さないと決めている。」って?あんたの言う国民って誰の事や〜?国民の多数派って、野党の事か〜?
だったら国民は大多数が野党を支持しているって事だよ。
あんたは野党派なんかじゃないじゃないのよ!

「候補を一本化しても”敗北する”。」だなんて、自民党派が「野党は敗北する」なんて言葉を使うのは、希望的観測でしかない!
自民党派のあんたが「野党派は決めている」なんていうのはまさに滑稽だよ。

国民多数派は「もう自民党になんか金輪際政権は渡さない」って決めてるのさっ!

現憲法じゃ戦争が出来ないから、憲法を勝手に変えて日本を戦争の出来る国にするなんていう自民党を国民が支持する筈が無いって思わないのか?

大体憲法って時の政権が勝手な事をしないように縛りを書けた鎖だよ。
それを政権自身が勝手にその鎖を切り刻んで、ましてその自分達を縛っていたその鎖を今度は国民にかけちゃおうなんていう自民党政権を国民が許す筈が無いだろうがっ!

国民が許さない、そんな事。
憲法では国民主権なんだよ。
その国民が許さないって言ってるんだよ。

自民党、公明党、おおばか維新は消えてなくなれ!


13. 2016年5月05日 12:14:42 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[50]
>>11.ぐう〜たら親父さん
こんにちわ。

>>岡田は本気で参議院選挙を勝つ気はあるのだろうか?

勿論、無いと思いますよ。笑
確かに岡田代表の態度を見ていると本当にイライラが募ると思います。
同じ思いの国民はかなり多いでしょう。

この岡田代表率いる民進党、特に執行部の面々。彼等の此れ迄の態度を見て限りでの私なりの結論を書きます。

彼等は参院選に「本気」で勝つ気など全く無いでしょうね。
現在仲良く手を繋いでいるのは、世論の流れから、"そうせざるを得ない"だけの事に過ぎず、簡単に言えばただただ流されているとだけのようにしか見えません。ですので、彼等に対する期待はゼロポイントです。

私は国民は騙されていると思いますよ。
言葉を鵜呑みにし過ぎず、判断すべきは言葉と行動がどう合致しているかしかありません。私にはとてもでは無いですが、彼等に本気で「勝つ気」があるとは思えません。

言葉としては正しいがどうか分かりませんが、国民は政治家の言葉を鵜呑みにして何かに期待するのではなく、主権者なのですから、どう彼等を使い、どう彼等を正しく働かせる事が出来るかを考えた方がいいと思います。

現在のままでは、中途半端な状況であり、小沢一郎の言葉を借りれば未だに野党連携は不十分の為、表面上の連携だけでは自公に勝てない可能性の方が高いと私は思います。

その良い例が北海道5区でしたが、この結果を不正選挙のせいと言っている限りは、やはり同じく自公には勝てないでしょう。要は不正などは初めからありきであり、それらも含めて勝たなくてはなりません。

具体的には国民からもっと生活の小沢一郎、それに共産党の志位委員長を後押しする声が必要かと思います。

果たして、今回の会合にて、この両者と並んで、岡田代表ではなく、前原、細野などの執行部の面々は同じ壇上に立ったのでしょうか。これが重要。

私はここが一つの壁だと見ていますが、前原、細野、共産党から小池さん、生活から山本太郎。これは既にありました。

そして、今回のような4党代表揃い踏みは既に以前の国会前デモで実現しています。これが、仮に大勢の国民の眼の前で、余計な配慮という垣根を越えて、4党代表プラス、前原、細野、小池、山本太郎と。全て同じ場に立てる時が、本当の野党連携であり、民進党内部の反勢力が折れたという証になるでしょうね。

特に小沢一郎、志位委員長と細野、前原などです。これが同じ様に手をつなぐ事が出来て初めて、「本気」で勝つ気が出てきたと言えるのだと思います。

それが出来ない限りは結局政権交代したとしても旧民主党崩壊の二の舞になりますし、それを多くの国民は肌で感じ取る為に積極的支持にまでは至らずに、結果として野党連携は中途半端に終わり、中途半端な結果として自公に負けるでしょう。

一番簡単なのは小林教授やシールズの奥田さん、または著名人辺りが小沢一郎待望論の声を大きく上げる事でしょう。

要は自公とは違い、幾ら野党連携をしてもその代表たる旗印として岡田代表では役不足であり、本人もそれを自覚しています。安倍総理に対峙するトップとしての対抗軸が必要不可欠なのは間違いありたせん。

社長がいなければ会社すら起こせない様に、国民は野党連携野党連携という前に一体ぜんたい誰にこの国の舵取りをして欲しいのでしょう。声高に野党連携を訴えるのも勿論必要ですが、それ以上にもっとトップを求めなければどうしようもありません。野党第一党の代表だから何となく岡田代表でも駄目ですし、それは共産党の志位委員長でも無理なのです。

消去法で考えてみても、実績、経験からみても好き嫌いにかかわらず、自ずと誰かは浮かび上がってくるのですが、ここに至らないのがこの国が他と違う所かもしれませんね。普通は先ず先頭が決まりますし、それに野党や国民が追随するものかと思いますが、どうなるでしょうね。
まあ、岡田代表じゃ無理だと思います。

スマホでざっと書いたので読み返しませんが、誤字あったらごめんなさい。

都民


14. ぐう〜たら親父[26] gq6CpIFggr2C55BllYM 2016年5月05日 22:58:19 : vqUPSQ9H3M : 5j8VXyPSF6c[1]
>>13 都民さん 今晩は

>>勿論、無いと思いますよ。笑
やはり都民さんも、そう思われますか。(笑)

私は先の北海道5区補選の負けから何を学習するかが岡田の宿題だと思っていました。
そして学習した答えを示してくれると思っていましたが…
見てのとおり、岡田の情けない姿に本当にイライラしています。

では岡田は、いったい何を学習したのでしょうか?
それは国民の小沢と共産党への期待の大きさが、余りにも大きいことを肌で知ったのだと思います。
そして国民の期待に応える野党共闘の形を示そうとすれば、岡田及び執行部は表舞台から一歩も二歩も引かなくてはなりません。

それは彼等に到底できないことであり… 都民さんの仰るように一応、格好だけ野党共闘の形を見せているだけだと、私も思っています。
そして今の野党共闘のまま参議院選挙に入っても、1人区では共産党の票も見込めるので民進党からすれば、現状維持か若干上積み出来ると計算しているのではないかと?
今の民進党の支持率で現状維持出来れば、御の字であり… あわよくば代表続投を視野に入れていると思いますよ。

やはり民進党は参議院選挙後の代表選挙で江田当たりに代わってくれないと、野党共闘が深化していかないと思います。
私は夏の参議院選挙は野党トップ揃い踏みで勝負してほしいと願っていますが…
都民さんも仰るように、トップ+小池氏や太郎ちゃんや前原君等がキチッと脇を固めた野党共闘の形を見せてもらいたいものです。

衆議院選挙では野党連合政権の形を国民に示して信を問うのが筋だと思います。
頭は、どう考えても小沢しかいないでしょ (笑)

しかし、岡田って本当に政治音痴で力量が無いですわ…

晩酌しながら書き込んだので誤字があると思います… 御容赦を


15. 2016年5月06日 09:17:15 : AkaWWtP1Xg : 0qGREBlahkE[1]
>>14.ぐう〜たら親父さん
こんにちわ。

お気持ちは良く分かります。
でも民進党の態度に一喜一憂していると本当に精神衛生上大変ですよ。笑

彼等は政権を取るというよりも、寧ろ野党第一党という立場の保持。または、民進党の党勢維持にこそ注力しているように思えます。

何しろ、政権交代しても運営方法を知らない方達ですから。笑
まるでペーパードライバーに免許持っているのに何故運転しないの?という問い掛けに近いものがあると思います。

何しろ、政権を担っても分からない事を聞く人間すらおらず、それが官僚か自民党議員、または、米国ではどうしようもありませんね。笑

それに、責任ある立場より、程々の二番手で良いという方達は世の中にも多いです。ちなみに私もそうです。笑
重責ある立場は大変ですからね。

ただ、政治家はそれではいけませんね。

特に岡田代表という人は知る事は十分既に知っているとは思います。
しかし、知っていてもやらない。知らないならまだしも、このような出来るのにやらないという方達が存在します。
このような方達は、社会に於いても往々にして面倒でが、現代社会では良く見られる現象であり、同じ傾向はマスコミなどでも顕著に散見できるかとは思います。寄らば大樹の陰というやつですね。

要は、面倒事を避けて皆に良い顔をしながら現状の立場を維持するという現代風の処世術とも言えますね。

国民にも、他野党にも、自民党にも、連合にも米国にも皆に良い顔を通す。

特に岡田代表の態度は、極端に好かれもしないが、極端に嫌われもしない。
いや、嫌われたとしても党勢は守っている。何しろ現実として野党第一党ですからね。

彼等は、共産、生活、社民との連携より維新との合流を選択しましたよね。
これは勿論、国民の為などではなく、如何にして野党第一党という立ち位置を守るかという事です。これは党内勢力、特に前原、細野辺りの意見がまだまだ党内では幅を利かせているという事でしょう。平たく言えば、国民は優先順位としては下位であり、決して最優先という態度ではありません。

国民はこの辺りを理解した上で、民進党の執行部を詰めていかなければなりません。それも自動的にですね。
駄目社員に期待しても無駄ですし、小学生の子供に夏休みの宿題をやれと言ったところでやる訳はないのです。

岡田代表は今更何かを学ぼうという気概はないと思いますよ。何故なら、仮に政権交代を果たせたとしたらそれはそれて良いですし、自公に負けたとしても野党第一党だから特に困らないのですよね。

彼等には我々と同じ危機感など全く無いでしょうね。

国民は、共産、生活、社民をより強く後押しして、民進党はあくまでも頭数として必要なのだとちゃんと伝えなければなりませんね。特に会合に参加しているシールズや小林教授などは特にそうです。

ここがきちんと伝われば、民進党は自動的に詰みの方向に進んでいくのではないでしょうか。その最も簡単な方法が、国民から小沢待望論のようなものを興す事だと私は思います。

これが無いと野党連携は中途半端になり、中途半端な結果として自公に負ける事になると私は思います。

では、何故小沢一郎かとなると、いや別に志位委員長でも良いのですよ。しかし、現実として志位総理はなり得るでしょうか。または、岡田総理で国民は納得するでしょうか。

別に小沢一郎ではなくても良いのですが、先を考えるなら安倍総理に成り代わる人物。要はこの国の舵取り役に誰を国民は望んでいるのか。

これに即答出来ないようでは、安倍政権は続く事になるかもしれませんね。
連携した野党にどう運営してもらいたいのか、誰にその采配を任せるのか、その代表的立場は誰が良いのか。

ここが無いから、それならば経験ある自民党の方がという意見は割と多いです。
これら運営上の不安を無くすためには、やはりそれなりの誰かが何れは必要になってくるでしょうね。平たく言えば野党連携の旗振り役ですが、それは多分岡田代表では無い事は確かだと思います。

都民


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ