★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 736.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪必見≫新党「国民怒りの声」発足会見!小林節氏「中間層の受け皿を作った。候補者は空に向かって公募」
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/736.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 09 日 17:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【必見】新党「国民怒りの声」発足会見!小林節氏「中間層の受け皿を作った。候補者は空に向かって公募」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/16780
2016/05/09 健康になるためのブログ



小林節 参院選出馬会見 新党「国民怒りの声」 2016年5月9日


http://blogos.com/article/174707/

統一名簿方式による野党共闘を唱え続けてきた憲法学者の小林節・慶大名誉教授が、きょう、新党を発足させた。党名は「国民怒りの声」。


 基本政策は―
1、言論の自由の回復(メディアへの不介入)
2、消費税再増税の延期と行財政改革
3、辺野古新基地建設の中止と対米再交渉
4、TPP不承認と再交渉
5、原発の廃止と新エネルギーへの転換
6、戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換 / 改悪労働法制の改正等により共生社会の実現
7、憲法改悪の阻止


 7月の参院選挙には小林代表自ら比例区に立候補する。


以下会見の内容の抜粋とネットの反応。


旗を立てただけ
空に向かって公募するってのはいいな。


一切お願いはしない 来た人とやるだけ


組織的に一緒になることは一切ない。


すそ野を広げなければ絶対に勝てない


中間層の受け皿がない


裾野を広げることが重要である。固定的支持層は別として、無党派層に裾野を広げることが重要。


サンダースの選挙に影響を受けた


資金はクラウドファウンディングでも集める


野党共闘が私の望む形になったら、退く。いろいろな政治家に会ったが、みな自分を利用しようとする。それだけは避けてきた。


空に向けて公募したい。誘わない。思いがたぎったら来てください。既存の政治家も誘わない。自らの意思で来る人のみ。審査も行う。


ジャパンハンドラーを抜いて、アメリカとの交渉か…ちょっとうまくいくかわからないけど…ワクワクはするね


この会見で統一名簿方式に前進があるなら喜ばしい。


出ることが目的ではない((。_。(゚д゚ ) いつまで経ってもガタガタ言って共闘しようとしない人たちに喝入れられたらいいね


政治を目的にしている方とは組みたくない。


「短期で闘うためにはインターネットの活用しかない」










会見はぜひ見て欲しいです。僕は「国民怒りの声」が参院選で自公をストップする最後のチャンスだと思います。「国民怒りの声」に賭ける以外に自公をストップする案がある人はぜひ教えて下さい。


会見の要旨を見てもわかるように「国民に求められなければ当然のように選挙に出ないこともある」という事ですから、「国民の怒りの声」を国政に届けられるか、それともこれまで通りの政治を死ぬまで続けられるかは、ひとえに有権者である我々国民にかかっています。


今の政治に怒っていても選挙に出られないしょうもない我々のような人たちのために、小林教授は「受け皿」を作ってくれたということですね。


⇒「国民怒りの声」のツイッターフォローはこちら
https://twitter.com/kokminnokoe?lang=ja



               ◇


【速報!】小林節・慶大名誉教授が参院選に出馬表明! 政治団体「国民怒りの声」を結成、「改憲勢力に3分の2議席を取らせない」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/301003
2016.5.9 IWJ Independent Web Journal


※詳細なテキスト記事と動画は、準備が整い次第掲載します


 5月9日(月)14時より、慶應義塾大学名誉教授の小林節氏が記者会見を開き、今年夏の参議院選挙に比例区から立候補することを表明した。同時に、政治団体「国民怒りの声」設立を発表。安保法の廃止、辺野古新基地建設の中止、TPP再交渉、原発の廃止、憲法改悪の阻止などを主要政策として発表した。


 今後、「空に向かって」(小林氏・談)候補者を公募し、参院選比例代表で10人以上の候補者擁立を目指す。選挙資金は、米民主党のバーニー・サンダース氏にならい、「クラウドファウンディング」方式で集める予定だという。


■会見動画(準備が整い次第、vimeo動画に差し替えます) ※8分40秒からです。

Broadcast live streaming video on Ustream


■会見場で配布された「国民怒りの声」設立宣言


https://docs.google.com/viewerng/viewer?url=http://iwj.co.jp/info/whatsnew/wp-content/uploads/2016/05/20160509160611.pdf


               ◇



“棄権票の受け皿”に 小林節氏が参院選比例区へ怒りの出馬
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180990
2016年5月9日 日刊ゲンダイ



「既存の政治家とは一線を画す」と小林節氏(C)日刊ゲンダイ


 違憲の「安保法」に反対している弁護士で憲法学者の小林節・慶応大名誉教授(67)が、政治団体を設立して、夏の参院選に比例区から立候補する。「安倍政権打倒」を旗印にして、インターネットなどで候補者を募集。公職選挙法で政党に準じた選挙運動ができる「確認団体」となるため、小林氏本人を含め10人以上を擁立する方針だ。供託金や選挙資金についても、ネットで寄付を募る。


 参院選の比例区について小林氏は、いわゆる「オリーブの木」方式の統一名簿による野党共闘を唱えていたが、民進党が消極的なため、戦い方を変更した形。小林氏は本紙にこう言った。


「自分のことしか考えない既存の政治家とは一線を画した方がいいと判断しました。このままでは民進党はイヤ、共産党にも投票する気になれないという人が棄権してしまう。そうなると安倍政権が続いてしまいます。行き場のない票の受け皿をつくりたい」


 政治団体の基本政策は次の通り。(1)言論の自由の回復(2)消費税再増税の延期と行財政改革(3)辺野古新基地建設の中止と対米再交渉(4)TPP不承認と再交渉(5)原発の廃止と新エネルギーへの転換(6)戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換、改悪労働法制の改正等により、共生社会の実現F憲法改悪の阻止。


 9日午後、都内で記者会見して発表する。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月09日 18:13:15 : eQjj0yD4vU : 4tmpea7gaTc[7]
国民怒りの声・小林節「出馬が目的ではない。失うものは女房しかない」
2016/05/09 17:40 銅のはしご

憲法学者・小林節教授の立ちあげた「国民怒りの声」。
 午後2時から記者会見が生中継されていた。なお,内容は公式のものではないことをお断りします。

自由と平和と豊かさを求める社会をつくる
 「国民怒りの声」の基本政策(*),その基礎となる考えは「自由と平和と豊かさを求める社会をつくる」。
 今週中に東京都に政治団体の届け出などをする。

出馬が目的ではない。失うものは女房しかない
 7月10日の参院選挙に自らが比例区に立候補するが「国民怒りの声」結成は,出馬が目的ではない。野党共闘が実現したら“応援団”に戻りたい。
 私は学者であり,世の中の役に立ってこそ学問とハーヴァード大学で叩きこまれた。
 すでに失うものは女房しかない。
 仲間(辻 恵 弁護士ほか)は,現在11人。もっと増えるだろう。

空に向かってオープンに公募
 全国に能力,志のある方がいっぱいいる。参議院選挙,空に向かってオープンに公募する。
 比例区候補の擁立は,政党要件を満たす数10人を目標にする。
 衆参同日選には目標は立てない。素人が,忙しい者が,急遽集まって今立ち上がったばかりだ。

野党全体として 自公お維に3分の2を獲らせない。とにかく選挙に行くこと! 選挙に行けよ!
 野党全体として,自・公・お維に3分の2を獲らせない。
 選挙に行かない層,棄権する層にはたらきかけて裾野を広げる。中間層の受け皿になる。1人区には候補者を擁立しないが,無所属候補の要請があれば推薦をする。
 「どうせ政治は変わらない」と思っている無党派層に,すでにアピールできている。

聞け,国民の声
 安倍政権は,人の話を聞かない。安倍政権の強圧的,高圧的姿勢が,いちばん不思議だ。
 世襲議員,××政経塾出身などは日本を良くしていないし,今の政治に疑問を持つ既存政治家も多い。
 自民への怒りとは,まず言論統制をする政治を止めること。野党への怒り,それは主権者に見放されない政治を実現すること。
 私を道具として利用しようとする政治家にも怒りがある。

バーニーサンダースに学ぶ
 我々の志に不特定多数の世論の支持を得るためにも,選挙資金はクラウド・ファンディングにより募集もする。これは米大統領候補 バーニー・サンダース氏に刺激されて。
 短期決戦なので I T 型選挙戦略を採るだろう。短期決戦で山を越えたら,党名から「怒り」を外すつもりだ。

政治を目的としない
 政治を手段とするか目的とするかが,既存政治家たちとは違う。政治を目的としている方と一緒にはならない。
 特定の個人やグループには呼びかけはしない。確執を生むから。
 判断を誘導するつもりもない。
 組織的に既成政党と連帯する気はない。
 霞が関は試験で選ばれているが,政治家はすべて人気で選ばれる。

政権交代は,あと1〜2回の衆院選に依らなければならない
 政権交代したら,辺野古についての具体的な交渉は,アメリカのジャパンハンドラー以外のシンクタンクと交渉する。
 アメリカン・デモクラシーでは,憲法95条に反する「国家が住民投票をくつがえす」ということは理解されるわけがない。

(*)「国民怒りの声」 基本政策
1 言論の自由の回復
2 消費税増税の延期と行財政改革
3 辺野古新基地建設の中止と対米再交渉
4 TPP不承認と再交渉
5 原発の廃止と新エネルギーへの転換
6 安保関連法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換。労働法制の改正等
7 憲法「改正」の阻止

http://4472752.at.webry.info/201605/article_8.html


2. 2016年5月09日 18:16:14 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2164]
小林節氏
「首相の口癖は過去一年聞かされたが『丁寧に説明する』その言葉だけはクリアに入ってるのだが、一生懸命聞いておりますけど、一度も説明された記憶はありません。紋切り型の決まりきった返事か、後はレッテル貼りと、逆切ればかりであります。」
https://twitter.com/whatsdemocracy/status/729525161431441409

丁寧に説明する。(説明しない)
全く問題ない。(とても問題)
その批判は当たらない。(図星)
レッテル貼りだ。(自分が)


3. 2016年5月09日 19:08:28 : eQjj0yD4vU : 4tmpea7gaTc[8]
「「新自由主義から共生社会を目指す。」小林節氏による記者会見:IWJ 実況ch4」
2016/5/10 晴耕雨読

https://twitter.com/IWJ_ch4

5月9日(月)14時より、慶應義塾大学名誉教授・小林節氏による記者会見の模様を実況します。

小林氏は夏の参院選への出馬を表明するものと見られています。Ch4→https://t.co/hVXJMgIk6c

小林氏「政治団体『国民怒りの声』を設立します。宣言文を読み上げます。政治の使命は国家権力を用いて主権者国民の幸福を増進することにつきる。立憲主義の危機である。許されることではない」http://bit.ly/1gNf5hT

小林氏「アベノミクスは失敗している。戦争法の制定による防衛法の突出はわが国の富を失わせている。安倍内閣には一日も早く退陣してもらわなければならない。参議院1人区では野党統一候補が着実に誕生している」http://bit.ly/1gNf5hT

小林氏「基本政策は以下のとおり。言論の自由の回復。辺野古新基地建設の中止。TPP中止。原発再稼動の中止。憲法改悪の阻止。以上です。それでは、質問を受付ます」

バズフィードジャパン記者「小林先生の専攻は憲法学だが、憲法以外の政策も述べている。ブレーンは誰か」

小林氏「自由と平和に奉仕するという観点から言えば、政策はおのずと出てくる。ブレーンとしては、友達がたくさんいます」

記者「SEALDsら市民の応援は入るのか」

小林氏「方針はまだ決まっていない。このまま言ったら、安倍総理の暴走は止まらない。ねじれ国会を再び起こすことが重要。すべての人に『気があったら』くらいで呼び掛ける」

小林氏「新自由主義から共生社会を目指す。これと意見が違う人がいたら、一緒に闘ってくれなくて結構です」http://bit.ly/1gNf5hT

朝日新聞記者「既存政党に対する野党票が割れるのでは」

小林氏「割れるという意味がわからないのだが」

記者「食い合う、という意味です」

小林氏「勝つためには、まず裾野を広げなければいけないと思う」

フリー・田中龍作記者「参院選で1人区に候補者を立てるか」

小林氏「立てるつもりはない。推薦を求めてきたら、喜んで推薦する」

田中「選挙資金は」

小林氏「クラウドファンディングを考えている。サンダースの影響が大きい」

田中「党名の由来は」

小林氏「制服向上委員会の歌を聞いたんです。我々には時間がない。インターネットですぐキャッチアップできると思う。いずれ、『怒り』をとって『国民の声』にしたいとも思う」

ファクタ・宮嶋記者「民進党への怒りがあるのか」

小林氏「本当に野党共闘が実現したら、私は引っ込んで応援団に戻りたいと思う。しかし、私を道具として利用しようとする政治家が多すぎる」http://bit.ly/1gNf5hT

小林氏「野党でも縄張り争いが起きている。そうこうしているうちに時が迫ってきた。『世の中の役に立って、はじめて学問である』とハーバードで学んだ。私には女房以外失うものはなにもない」

時事通信記者「既にメドの立っている候補者は」

小林氏「空に向かって公募する。講演で回って分かったが、全国に能力があって志のある人がたくさんいる。既存の政治家にも志を持っている人がたくさんいる」

東京新聞記者「32の一人区で野党統一候補ができた。民進党の候補者に推薦するか。政治団体の届け出はいつか」

小林氏「政策に共鳴し、向こうから言ってくれれば、推薦は出します」

沖縄タイムス記者「辺野古新基地建設を政策にあえて入れた理由は」

小林氏「辺野古なんて、なぜあんなナンセンスなことが続いているのか。自治体が嫌だと言っていることを国策だとして押しつけるのは、デモクラシーに反している」

小林氏「日本の政治家はジャパンハンドラーとしか交渉していない。鳩山さんが言った『少なくとも県外』は常識です。私にやらせてもらえれば、再交渉はできます」

中国新華社通信記者「安倍政権の政策で一番怒りを感じるのは安保法か」

小林氏「怒り心頭です。中国とは経済的に依存しています。米国が1軍で英国が2軍、だから日本が3軍になる、というのは間違っています。政策として愚かだと思います」

月刊正論「自衛隊の存在は合憲か」

小林氏「私は自衛隊合憲説です。専守防衛に徹する第2警察としての自衛隊は合憲です。米国の都合で世界の喧嘩に介入する気はありません」

東京新聞記者「参院選の目標は。それから衆参同日選になったらどうするか」

小林氏「野党全体として、自公+おおさか維新に3分の2を取らせないこと。同日選になったらてんやわんや。参議院に向けてしか能力も資格もないと思う」

フリー上田記者「北海道5区補選では野党が敗れた。投票に行かない人にどうパフォーマンスするか」

小林氏「パフォーマンスはしない。我々が立ったこと自体がサプライズ。これで、選挙に行く楽しみができた、という方もいます」

東京新聞記者「若い世代への呼びかけをお願いします」

小林氏「とにかく、選挙に行くことですね。2年前に大学を辞めた時、無関心層に本当にうんざりしていました。でもSEALDsなどのような若者が出てきた」

フリー・田中龍作記者「政策が近い社民党や生活の党と近いと思うが、一緒になることはないか」

小林氏「そういうことは考えていない。政治を目的とする方とは一緒になるつもりはない」

NHK 記者「参院選まで間もないが、どう臨んでいくのか」

小林氏「私はガラケーだけで生活しているが、10人の仲間にはITに詳しい人がいる。インターネットを活用して政策を訴えていくつもりです」

フリー畠山記者「10人のお仲間を教えてください」

小林氏「それは無理だと思います。ビジネスをやっている方もいますので。友人をここにさらすわけにはいきません」

畠山記者「クラウドファンディングの目標額は」

小林氏「私はよく分からないんです。。サンダースのやり方がいいな、というだけで。供託金、交通費、ポスターが必要だということぐらいしか分からないんです。申し訳ない」

朝日新聞記者「10人のお仲間の中に、これまで市民運動をやってこられた方もいますか」

小林氏「いますね。でも、名前は言えません」

共同通信記者「候補者擁立のメドは何人でしょうか」

小林氏「現時点では私ひとりです。空に向かってオープンに募集します。こちらから誘うと、『誘われて来てやってる』になってしまいますから」

読売新聞記者「候補者が集まらなかった場合、小林先生が単独で東京選挙区から出る、ということはありますか」

小林氏「それはありません」

東京新聞記者「政策が既存の野党と重なっている部分が多いと思います。政策はもう少しブラッシュアップするのか」

辻恵事務局長「今週の金曜日に報告集会をします。ブレーンと詰めて、5月いっぱいにはブラッシュアップしたものを出していきます」

以上で記者会見終了。中継・実況も終了します。ご視聴いただきましてありがとうございました。動画アーカイブは、準備が整い次第、IWJのホームページにアップいたします。http://iwj.co.jp

http://sun.ap.teacup.com/souun/19975.html


4. 2016年5月09日 19:09:20 : 5t4JEp7Ocs : V8qi0o4cxv8[8]
現在の野党協力は
不十分であることはもちろんだが
民進党のみが一方的に利するような不公平なものでもある。

これをもっと公平なものにするために
野党協力の重心を
もう少しリベラル・左翼の方向に移すことが必要だ。

今回の新党がそのために役立つのなら歓迎したい。

しかし野党同士の票の奪い合いを
さらに深刻なものにするだけなら懸念せざるを得ない。

前者となることを心から祈っている。


5. 北の吟遊詩人[596] lmuCzIvhl1aOjZBs 2016年5月09日 19:10:30 : o0flt10WyM : 6CtPrns1c0A[34]
>私は学者であり,世の中の役に立ってこそ学問とハーヴァード大学で叩きこまれた。
 すでに失うものは女房しかない。

かっこいい!!コバセツ
本当にかっこういい大人だ!

さすが天下のハーバードだ。

>世の中の役に立ってこそ学問

肝に銘じたい

私も生き方を改める、目が覚めた思い。

全国の若者学者はコバセツの応援を。

まずは石田純一が公募に応募することを望みます。


6. 2016年5月09日 19:14:09 : uNjbaO14N6 : DEvDaeMqjFs[15]
与党も野党もボクの言うこと聞いてくれないから自分が政治家になる―か
結局根底に安倍憎ししかないから他の野党と差別化できる訳もなく
ただ野党票が割れて与党に有利に働くだけ
ご苦労様です

7. 2016年5月09日 19:22:14 : btrh8EBHjv : MyKAxu1hd5g[1]
とりあえず「ネット軍師さま」には気をつけましょう
新党相手なら自分が主導権を握れると勝手に思い込んで
「民進党は第二自民でし尿で着ない 独自候補を立てて応援すれば勝てるはず」と
票を割ろう割ろうとするはずです。
気をつけてください

8. 2016年5月09日 19:31:15 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2166]
達増拓也氏
「憲法学者・小林節先生の樋口陽一先生との近著『「憲法改正」の真実』にある「権力による憲法破壊クーデターvs立憲主義的革命」という切羽詰まった問題意識からすれば、「国民怒りの声」設立は理解できる。」
https://twitter.com/tassotakuya/status/729617117633335297

国民の理解も得られるでしょう。


9. 2016年5月09日 19:55:39 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[2167]
山口二郎氏
「小林節先生の決起の件。志はよくわかる。比例で戦うことによって、既成政党に行きたくない無党派層を掘り起こすという戦略があるなら、大いに頑張ってくださいとエールを送りたい。」
https://twitter.com/260yamaguchi/status/729592672436920325

頑張りましょう。


10. 2016年5月09日 19:56:23 : Kn3BJwR9ST : NkwTT4XjVpg[39]
市民の受け皿が無いことに焦っている。

北海道・補選の投票率が上がらなかったことで決断したのだろう。

誰しもそう思っており、いろんな試行錯誤が必要だが時間が無い。

根っからの政治家では無いから、市民の受け皿という感触が掴めれば辞めるでしょう。

労組が支持母体でない政党は「生活」のみだから引き継げば良い。

残念だが官公労が支持母体というだけで政党の得票は頭打ちになる。

橋下が辞めていなければ官公労嫌いは「お維新」になびいた筈だ。


11. 2016年5月09日 20:02:50 : AoKIxkaJeo : ivdA_Q04KlE[10]
趣旨に全面的に賛成である。政策にも全面的に賛成である。民進党内の自民党別働隊に対する痛烈な一撃になる。、

つまりは自民党別働隊の民進党候補には推薦は出さないということだ。はっきり名指しすれば前原、細野、野田、長島、玄場、その他それらの人につながる候補者は決して推薦しない、信用しないということだ。政策で一致する候補者を推薦するとはそういうことだ。


12. 2016年5月09日 22:03:02 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[124]
「国民怒りの声」心の叫びですね。出馬は目的ではないと思う。賢者は人の役に立つことが学問の目的です。
自己保身と縄張りの政治は変えなければならない。死ねまでこのままの政治が続けられたら若者の未来はない。

「共生社会」「言論の自由の回復」憲法違反の「戦争法廃止」TPPも原発必要ない。選挙期間中の訴える事だ。
戦争経験者の説得に無反応の国民は、心と良識が失ったと思うね。最近の人は隣近所との付き合いはしない。
ただ働いて税金を納めるだけ、温かみのある社会は無くなっています。寂しい事です。

自分の国を良くしたいと思う人。国民の命と生活を守りたい有志の立候補を切望します。日本を変えるましょう。
侵略戦争はしない。武力行使は問題の解決にならない。周辺国と友好関係を築くことが最大の抑止力です。


13. 2016年5月11日 08:46:17 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[693]
基本政策は生活の党とほとんど一緒。8)で格差是正も入れて欲しい。

14. 安倍を辞めさせる会[199] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年5月11日 12:44:39 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[159]
投票率を上げるための政党。発想の転換

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ