★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 863.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オバマ大統領は、広島市を訪問、「核なき世界」を唱える裏で新型核兵器の開発に力を入れる矛盾抱える(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/863.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 12 日 10:01:43: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/ddd2d64f1bd7f5ca07a1c13cc271e358
2016年05月12日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 米国オバマ大統領が、G7伊勢志摩サミット(5月26日、27日)に出席した後、広島市に足を延ばして、原爆投下の中心地である広島平和公園(原爆ドーム=広島平和記念碑は、元は広島県物産陳列館、原爆投下当時は広島県産業奨励館)・広島平和記念資料館を戦後の現職大統領として初めて訪問する。被爆者の多くは歓迎している。オバマ大統領は2009年4月5日、チェコの首都プラハのフラチャニ広場で「核なき世界」を唱え、核軍縮政策を呼びかけた。このことなどを理由に、10月9日、ノーベル平和賞を受賞した。2017年1月20日に任期満了で退任するので、在任2期8年を締めくくるのに最も相応しい場所として、広島平和公園を選んだとみられる。しかし、米軍機「エノラゲイ」が広島に投下した原爆により爆死した死者推定約14万人のなかに米軍捕虜12人が含まれており、米軍は味方まで平気で殺した。また、長崎市にあるキリスト教(カトリック)の教会・聖堂「浦上天主堂」の真上にも原爆投下した。これは「サタン(悪魔)」の所業だ。そのうえ、オバマ大統領は、「核なき世界」を唱えている裏で新型核兵器の開発に力を入れており、矛盾を抱えている。これをどう説明するのか?

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月12日 10:30:36 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[22]
インディアンを殺しつくしたアメリカ人のやり方を忘れちゃいかん。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
2. 2016年5月12日 11:21:54 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3060]
2016年5月12日(木)
主張
沖縄核密約新文書
核再持ち込みの狙いを許さず

 1969年の沖縄返還合意の際、当時のニクソン米大統領と佐藤栄作首相が結んだ沖縄への核兵器持ち込み密約(沖縄核密約)について、米国防総省の公式文書が初めてその存在を事実上認めたことが分かりました。沖縄核密約は、沖縄返還(72年)後も「緊急事態」には米軍が返還前と同様に、沖縄に核兵器を持ち込むことを認めています。外務省による「有識者委員会」報告書(2010年)では密約の有効性を否定していますが、米国防総省の文書は密約の内容を明記しており、米国が必要と判断すれば、沖縄に核兵器を再び持ち込む狙いを示す重大問題です。
米政府は今も有効と認識

 米国防総省の文書は、戦後の歴代国防長官の任期ごとの歴史を記したシリーズ文書の一つで、沖縄返還の時期を含むレアード国防長官の時代(69〜73年)を扱った文書(第7巻)です。昨年公開されました。同文書は、沖縄返還協定(71年)にかかわって「米国は(沖縄から)核兵器を撤去するが、危機の際にはそれらを再び持ち込む権利を維持した」と述べています。「危機」の際の沖縄への核兵器の再持ち込みは、米国の「権利」だという主張です。

 沖縄核密約はこれまで、沖縄返還交渉の佐藤首相の密使・若泉敬氏が著書で暴露したほか、佐藤首相が保管していた密約文書そのものが次男の佐藤信二元通産相の自宅で発見され、明白になっていました。

 密約はニクソン大統領と佐藤首相の「合意議事録」という形式になっており、大統領が「重大な緊急事態の際、米政府は日本政府との事前協議の上で、沖縄への核兵器の再持ち込みと通過の権利を必要とする。米政府は(日本側の)好意的回答を期待する」と求め、首相は「そのような事前協議が行われる場合は、遅滞なく(米側の)それらの必要を満たす」と答えています。米側は、緊急時の沖縄への核兵器の再持ち込みや通過を「権利」とし、日本政府は米側からの要求があれば直ちに「イエス」と回答するという約束です。

 沖縄核密約については、外務省による「有識者委員会」の報告書が、佐藤内閣の後継内閣を拘束する効力を持ったかどうかに疑問を示し、「必ずしも密約とは言えない」などと結論付けています。しかし、今回明らかになった米国防総省の文書は沖縄核密約の内容をはっきり指摘し、現在も有効であるという認識を示したものであり、そうした言い分は通用しません。

 沖縄核密約が、核兵器を再び持ち込む基地として「嘉手納、那覇、辺野古、ナイキ・ハーキュリーズ基地」を挙げ、「いつでも使用できる状態に維持」するとしていることも重大です。
新基地建設阻止の声広げ

 「辺野古」とは、日米両政府が現在、沖縄の米海兵隊普天間基地(宜野湾市)に代わり新基地建設を狙うキャンプ・シュワブ(名護市)沿岸部に接する辺野古弾薬庫です。新基地には弾薬搭載エリアの設置も狙われています。

 沖縄を再び米国の先制核攻撃の拠点にすることは許されません。日本政府は沖縄核密約の存在を認め、廃棄することが必要です。「核密約ノー」の大きな声を政府に突き付け、辺野古の新基地建設を阻止するたたかいを強めることが重要です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-12/2016051201_05_1.html


3. 2016年5月12日 17:55:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3074]
Domestic | 2016年 05月 12日 17:32 JST
米軍身柄拘束は違法と提訴

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160512&t=2&i=1136912367&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016051201001413.-.-.CI0003
米軍身柄拘束は違法と提訴

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に抗議中、米軍に一時拘束された沖縄県在住の芥川賞作家目取真俊さん(55)は12日、拘束は適正な法手続きを取っておらず違法として、国に慰謝料など約60万円を求め、那覇地裁に提訴した。

 訴状によると、目取真さんは4月1日、辺野古沿岸部にある米軍キャンプ・シュワブ周辺をカヌーで抗議活動中、立ち入り禁止区域に許可なく入ったとして、米軍に約8時間にわたって拘束された。米軍側は拘束の理由を告げず、弁護士との接見も認めなかった、としている。

⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2016051201001382

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ