★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205 > 922.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
速報 舛添都知事が緊急の記者会見中!言い訳を連呼、コメント欄は大荒れ状態に!私的な支出が混じっていたことを謝罪
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/922.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 13 日 15:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【速報】舛添都知事が緊急の記者会見中!言い訳を連呼、コメント欄は大荒れ状態に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11493.html
2016.05.13 14:48 真実を探すブログ



☆ニコニコ生放送 《政治資金疑惑》舛添要一 東京都知事 定例記者会見 生中継 [詳細]
URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv262756581?ref=zero_nicotop





舛添都知事が午後2時から会見 政治資金問題など報じられる ライブ


以下、ネットの反応














≪舛添会見まとめ・2≫
食べ終わってないのに秘書がお金を払うの?
食べ放題飲み放題でなければ金額が確定しないよね?
そんな運転手のメシ代くらい気持ちよく自腹きれや
見苦しいな。言い訳に終始して身の保身に必死。権力にしがみつくダメな政治家の見本だな。
公共の電波使ってコレか・・・
— 雅人のとうちゃん/たけやん (@takesaotakeyan) 2016年5月13日










騒動の謝罪をしましたが、辞任については否定していますね。あくまでも職務に取り組むことで責任を取るとしており、辞任や給料の返還などの対応はしないとのことです。
これだけの騒動になったのに、具体的な対応が無かったことでネット上は批判の嵐になっています。仕方がない事だと言え、今後もしばらくは舛添都知事の問題は続きそうです・・・(汗)。


                ◇


舛添都知事、私的な支出が混じっていたことを謝罪「これからしっかり仕事する」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000085-sph-soci
スポーツ報知 5月13日(金)14時41分配信



舛添要一都知事


 東京都の舛添要一知事(67)が13日、都庁で行われた定例記者会見で、収支報告書に数件の私的な支出が混じっていたことを謝罪。削除訂正を行い返金すると語った。


 舛添知事は不明瞭だった収支の報告を行ったあと「長年の秘書経験を持っている会計責任者に全て任していた。今までは詳細については十分な把握をしていなかった、今回報道された事実関係の確認においていくつかの不適切な点があったことを踏まえ、政治資金に精通した第三者の専門家にチェックをお願いすることにした」と説明。


 疑惑を持たれたことは、非常に恥ずかしい事として反省すると語ったが、今後は「しっかり仕事をして、今まで以上に全身全霊を欠け打ち込むのが今の気持ち」と語り、「東京を世界一の都市にするんだ。東京五輪、パラリンピックを史上最高の大会にするんだと全力を挙げ努力していく」と誓った。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月13日 15:24:11 : OkXopCDtCI : A8c@zeLIHq8[100]
せこい奴。舛添。知事の器ではない。

2. 2016年5月13日 15:24:40 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[21]
舛添都知事 政治資金収支報告書を訂正し返金へ
5月13日 15時00分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519591000.html

東京都の舛添知事は、自身の政治団体が千葉県内のホテルに会議費として支払っていた支出が家族旅行の費用に使われた疑いがあるなどと指摘されたことについて、「会議はしているが、家族も宿泊した部屋を使用したことで懸念を招いたことは反省している」などと説明し、政治資金収支報告書を訂正したうえで費用を返金することを明らかにしました。

政治資金収支報告書によりますと、舛添知事のすでに解散した政治団体「グローバルネットワーク研究会」は、知事就任前の平成25年と平成26年のいずれも1月に、千葉県木更津市のホテルに合わせて37万円余りを会議費として支出していますが、今週発売された「週刊文春」が、実際には家族旅行の費用に使われた疑いがあるなどと報じました。

これについて舛添知事は13日、記者会見し、「いずれも事務所の関係者と都知事選挙への対応などについて会議をしているが、家族も宿泊した部屋を使用したことで懸念を招いたことは反省している。

今後は、誤解がないよう会議に使う部屋を別に用意する」などと説明し、収支報告書を訂正したうえで費用を返金することを明らかにしました。

また、グローバルネットワーク研究会と現在、舛添知事が代表を務める政治団体が、世田谷区の自宅周辺の飲食店などに飲食代として支払った10件の支出のうち、5件についても、「個人の飲食代が誤って計上されていた」などとして、収支報告書を訂正して返金することを明らかにしました。

そして「会計責任者のチェックが十分でなく、訂正することになった。会計責任者にすべて任せていたので十分に把握していなかった」などと説明したうえで「疑惑を持たれることは政治家として恥ずかしいことで、二度とこのようなことがないよう努力し、これから都民のために今まで以上に働く」などと述べ、引き続き、都知事の職務に専念する考えを示しました。

問題視された支出とは

「週刊文春」は今週号で、舛添知事のすでに解散した政治団体が、千葉県内のホテルに会議費として支払った37万円余りが家族旅行の費用に使われ、政治資金規正法の虚偽記載の疑いがあると報じました。

政治資金収支報告書によりますと、舛添知事のすでに解散した政治団体「グローバルネットワーク研究会」は、知事就任前の平成25年と平成26年のいずれも1月に、千葉県木更津市のホテルに合わせて37万円余りを会議費として支出しています。1回目の支出は舛添知事が参議院議員を務めていた時で、翌年は、都知事選挙の1か月前にあたります。記事では、この支出について、実際には会議は行われておらず、知事の家族旅行の費用に使われた疑いがあると指摘しています。

また、記事では「グローバルネットワーク研究会」と現在、舛添知事が代表を務める政治団体が、平成24年から平成26年にかけて、世田谷区の自宅近くにある飲食店などに飲食代として10回にわたって支払った合わせておよそ30万円についても家族との食事が多く、政治活動ではなかった疑いがあると指摘しています。

さらに、これら2つの団体と知事が代表を務めていた政党支部が、新宿区にある画材や額縁などの販売店で、「備品」や「消耗品」などとして合わせて178万円余りを支出していたほか、多数の美術品の購入費用も支出していたと報じています。

この報道に対し、舛添知事はこれまで「残っている領収書など資料を精査し、全体像が分かってから説明したい」としていました。


3. 2016年5月13日 15:27:45 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[22]
【舛添知事釈明会見(1)】
ホテルは「家族と使用していた部屋」…でも「会議もした」釈明し削除訂正へ
2016.5.13 15:11 産経新聞

 《家族との旅行費を自らの政治団体から支出した疑いがあるなどと報じられている東京都の舛添要一知事が13日の定例会見を始めた》

 《政治資金収支報告書によると、舛添氏の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)は平成25年と26年、千葉県木更津市内のホテルに「会議費用」として計約37万円を支出。週刊文春はこの支出が家族旅行だった疑いがあるなどと報じている》

 《これまで週刊誌報道に関する説明をこの定例会見で行うと強調し、12日夜のBSフジのニュース番組でも「精査している」などと繰り返していた。都庁の会見場では新聞、テレビのほか、ネットメディア、雑誌、海外メディアなどの多数の記者やカメラマンで通路まで埋め尽くされた》

 《定刻の午後2時に会見場に姿をあらわした舛添氏にフラッシュが注がれる。マイクの前に立った舛添氏は腕時計を外して机に置き、机上にあるペットボトルの水をコップに注いで飲み、口を開いた》

 「先日発売の週刊誌の掲載記事についてマスコミから問い合わせがあるので、この件から始めたいと思います。事実関係を確認したので、説明します。事実関係についてはこれから説明しますが、その前に今回、このような懸念をいただいていることには不徳のいたすところで、皆様におわびします」

 《舛添氏はいったん、その場で頭を下げた》

 「この機会に皆様から意見をいただいていることに対しても真摯(しんし)に受け止め、今後の政治活動や都政の運営にあたり、しっかり心がけて参ります。そこで調査内容ですが、順次、話します」

 「まずホテルの会議費用について説明申し上げます。グローバルネットワーク研究会、以下、研究会と申しますが、25年1月3日に23万7755円、26年1月2日に13万3345円の各支出については、いずれも同ホテル内の宿泊していた部屋で、事務所関係者らと会議をしています」

 「(会議内容は)25年については直前の総選挙、24年12月の選挙の結果の総括、25年7月に予定されている参院選への対応について。そして、翌年26年については、その直後に出馬表明することになった東京都知事への対応について会議していました。ただ、会議に使用していたとはいえ、家族と使用していた部屋を利用し、懸念を招いたことを反省しています。(今後は)誤解を招かぬように、別途部屋をかります。この2点の会議費は、政治資金収支報告書政治資金を訂正削除をして返金します」

 《舛添氏はここで水を飲んだ後、東京都世田谷区のイタリア料理店での飲食代についての説明を始める。収支報告書によると、研究会から25年1月の4万590円▽同年6月の1万6665円▽同年8月の5万6090円の3件、泰山会から26年4月の8万3416円の1件の支出があった》

 「(週刊文春の)記事では世田谷区の飲食店の飲食代であることから、家族のプライベートの会食の支出という指摘がありました。確かに自宅の近くで家族も利用していますが、他方で政治団体の事務所の近くでもありました。このイタリア店が打ち合わせで便利なので、事務所関係者の会合とも利用しました。ただ25年6月は政治活動の確認ができなかったので、訂正削除をして、返金することにしました」

 《説明は、研究会から神奈川県の回転すし店で支出された24年12月の1万6560円▽25年3月の1万5560円▽25年4月の1万5190円に移る》

 「報道されている回転すし店は役員をしている会社、湯河原の会社の近所。私的に家族で利用することがあるが、(会社)施設にきた事務所関係者と打ち合わせしているのも事実。事務所で今回確認したところ、研究会の24年の1件、25年の3月の利用は事務所関係者との打ち合わせや、会合にかかる支出でした。収支報告書に計上したことは法律上、問題ありません。ただ、25年4月の支出は改めて確認したところ、政治活動に利用したことまで確認できなかったので、訂正削除をして返金します」

 《さらに私的に使用していた疑惑として指摘されているのは、世田谷区の天ぷら店での支出だ。研究会から25年5月の1万8050円▽25年8月の1万7700円▽26年1月の1万6800円の3件の支出があった》

 「研究会の25年2件、26年1件は私の個人の飲食代が誤って計上されていました。この3件については収支報告書の訂正削除をして、返金することにしました。以上、私的に利用されていたことが判明しました。当時の経理担当者によれば、いずれの飲食店も政治活動で利用している飲食店でもあったことから、個人の飲食だと思わず、誤って計上したようです」

=(2)に続く

http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130007-n1.html


4. 2016年5月13日 16:35:06 : IHnhpOq7ln : KZJzHXuvYpU[1]
昔は
記憶にございません。
今は
曖昧なことは言えないので
精査して、精査して、、、
つじつま会わせと、醜い
言い訳にを考える‼
こいつの話だと
何をしてても
誰かと政治のことを話しても
電話でも!自信が政治活動だと
思えば、政治資金として
使える。と言っている。
今回返金は、回転寿司代金
一番少額だよな。
リコールしかないよ!
こいつは何を言われても
居直るだろうから
それだけ、美味しいことが
一杯あるのだろ。

5. 2016年5月13日 16:53:21 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[23]
【舛添知事釈明会見(2)】
自著100冊購入は「都政の資料として配付、問題ない」 進退問われ「都民のために全力をあげて取り組みます」
2016.5.13 16:26 産経新聞

 《東京都の舛添要一知事は13日の定例会見で、政治団体から千葉県木更津市内のホテルに「会議費用」として計約37万円や、東京都内や神奈川県内の飲食店で支出した飲食代の一部について返金する意向を表明した。舛添知事はさらに政治団体からの支出に関する説明を続けていく》

 「続きまして、平成25年に千葉県内のアウトレットで購入した事務所用品の指摘ですが、確かに小さな事務用品を入れるのに便利なポーチを買いました。政治活動で使っているので、法律上の問題はありません」

 「(画材、額縁の専門販売店)世界堂での支出は、私は海外との交流の仕事が多いです。国会議員の時代も知事になってからも議員外交、都市外交をやっていて、書や版画をツールで活用しています。(支出は)そのような書、版画の額装にかかる部分が大半です。額装することで、見栄えがよくなります。また、私は書道をやっていて、揮毫(きごう)してほしいと海外の人に頼まれます。それを額装して、費用として計上しています。法律的には問題ないです」

 《海外との交流の仕事が多いことや都市外交を積極的に行っていることをあげ、浮世絵や書などを交流のツールとして活用していると明かした舛添知事。世界堂への支出は問題ないと説明を続ける》

 「私が美術品に興味あるのは事実です。ただし、国際交流に使うものと、趣味は分けています」

 《身ぶり手ぶりを交え、強い口調で断言するとカメラのフラッシュが一斉にたかれる》

 《週刊文春の報道はほかに、舛添知事が政治資金で自著「東京を変える、日本が変わる」を100冊買い上げていたとしている》

 「これは私の都政の考えを記したもの。資料として配布することを想定していたもので、法律上問題ないと思っています」

 《ひと通りの説明を終えると、舛添知事は正面に向き直り、姿勢を正しておわびの言葉を述べ始めた。頭を深く下げるたび、カメラのシャッターを切る音が響き、フラッシュがたかれる》

 「事務所で確認したところ、私的な支出があったことを心からおわびします。訂正すべきところは早急に正します。これまで秘書経験が長い会計責任者に全てまかせていましたが、今後は会計の専門家、さらに事務所とは関係のない第三者に任せるようにしようと考えています。今後、こうしたことがないように適切な対応をしていきます」

 「今回の報道において、都民の皆さまにご迷惑ご心配をおかけし、不愉快な思いをさせたことおわびいたします。深く反省し、二度とこうしたことないように致します。お店の皆さまにもご迷惑をおかけしました。私の目的は、東京を世界一の街にすることと、2020年東京五輪・パラリンピックを史上最高の大会にして、さらに良い東京にしていくことです。都民の信頼回復に努めたいと思います」

 《会見は記者との質疑応答に移る》

 −−政治資金について訂正にいたる問題があった。責任についてどう考えているのか。今日の説明で有権者から理解が得られたと思うか

 「しっかりと調べて報告した通りです。訂正に至ったのは政治家として恥ずかしいこと。反省するとともに、しっかりと全身全霊をこめて仕事をやりたいです」

 −−宿泊費について、なぜ(会計処理の)ミスがおこったのか。会計責任者のミスとのことだが、会計責任者はその会議に出席していたのか。領収書はどうなっていたのか

 「例えとして、2つの箱があることを思い描いてもらうとわかりやすいと思います。政治資金の箱と、個人のお金をプールしている箱があって、会計を担っている人は両方の箱から出たお金の領収書を処理します。毎日領収書の仕分けをすればよいが、1週間ためてしまうこともあります。会計責任者は私の行動をみているので『ああ、あのときの(領収書)』とわかる場合もあります。会計責任者を責めるつもりはないです。私自身も一生懸命、記憶をたどりました。今後こうしたお金の出し入れシステムをどう変えるか考えていきます」

 −−監督責任はどう考えているのか

 「長年の経験があって素晴らしい人。既に退職されているし、高齢の人なので責めるつもりはないです」

 −−白紙の領収書を受け取るという報道もあったが

 「何も書いてないのではなく、あて名が書いていない領収書という意味」

 −−金額が書いていないということもあったのでは

 「いやいや、金額がないことは絶対にない。お店の名誉のために申し上げるが、金額が書かれていないことなど経験がないです」

 −−上様とも書いていないのか

 「書いていないです」

 《冷静を保っていた舛添知事だったが、繰りかえされる念押しの質問にいらだった様子を見せ始める。質問が終わらぬうちに回答し、記者の声と舛添知事の声が被る》

 −−宿泊費の件。家族が一緒だったということでいいか

 「はい」

 −−プライべート旅行の認識だったのですか

 「日付を見てもらえばわかりますが、直後に都知事選に手を挙げました。いつまでに決めるのか、どこの政党から支援を受けるのかなど、こういった問題は緊急で重要。この日しか(会議を)やる日がなかった。ただ、子供たちとは約束をしていたので…。政治的機微に関わることなので、大きな会議室をとるわけにもいかず、宿泊していた部屋で行いました」

 「その1年前はまた正月だが、前年の12月には総選挙がありました。新党改革は大惨敗したわけです。敗戦処理をしなければいけない。年明けには自分の参院選出馬があり、その調整もありましたが、日程が限られていたので、この場所(宿泊している部屋)で会議をしました。ただ、そこには家族がいました」

 −−知事の職は今後も続けるのか

 「都民のために全力をあげて取り組みます」

 −−今回の問題の前には海外出張の問題、公用車を使って湯河原まで行った問題もあった。知事の質が問われていると思うが

 「出張経費の問題は、どうしたら削減できるか全力で考えています。湯河原も温泉の効果で体調よくなっています。都民の負託に応えることが私のやるべき仕事だと思っています」

 −−監督責任の話について。会計責任者の処理の仕方は分かったが、政治団体は舛添知事自身のもの。自身の責任についてはどう考えているのか

 「見落としがあったので反省しますが、会計責任者が悪かったとはいわない。全体の問題だと思っています」

 −−会計責任者は真面目な人だというが、ミスが連続して何件も起きていることから、システム的におかしかったのではないか

 「誰でもミスはあります。混同しやすい面があったと思うので、それは改めたい。私個人のプールしたお金から出していたことも事実。(こうしたやり方を)なんとかできないか考えています」

=(3)に続く

http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130009-n1.html


6. 2016年5月13日 17:23:35 : vXdymEHLvE : l_vt14buWIY[1]
2.26の将校達、甦れ!腐りきった日本の政治屋、財界人、司直
を斬首してくれ!本当に国民は望んでるだ!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
7. 新共産主義クラブ[1975] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月13日 18:03:13 : cuas9oFfFM : VbihUStfFTY[2]
 
 安倍自民党は、憲法を、法というよりも、道徳基準として、勅語のようなものに改正したいのだと思う。
 
 教育勅語のように、国民道徳の絶対基準として、すべての小中学生に暗誦させたいのだと思う。
 
 その危うさを、舛添氏は指摘したかったのだろうが、安倍首相と側近達の逆鱗に触れたようだ。
 
 
■ 自民党が発表した『憲法改正草案』について批判する舛添要一氏
 
 https://www.youtube.com/watch?v=eb4VqMUhwew
 
■ 自民党憲法改正草案(2012年)
 
 第百二条  全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
 

8. スポンのポン[2621] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年5月13日 18:07:35 : 4XlTuD9eO6 : VvN5b2itcHo[819]
   
 

■はるかに酷いことをしていたはずの石原の時は何も言わず、
 今にわかに舛添だけを叩くマスコミの異常。
 国民はその作為に気づかぬアホウばかりではない。
 オリンピックのことで自民党に逆らったことが
 舛添叩きの本当の理由ではないのか。
 
 


9. 新共産主義クラブ[1976] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月13日 18:09:22 : cuas9oFfFM : VbihUStfFTY[3]
 
 7月国政選挙と同時の東京都知事選挙を、安倍政権が仕掛けていると見て間違いないだろう。
 
 安倍政権は、自民党の憲法改正案に前向きの発言をし、オリンピック財源の捻出のためにさらに安倍内閣に協力的な、東京都知事が欲しいのだろう。
 
 スキャンダルが事実である以上、舛添氏は、東京都知事を辞めざるを得ない。
 
 しかし舛添氏は、安倍政権に最もダメージを与える形で辞めてほしい。
 
 おそらく自民党からの発議で、参院選挙の前に、舛添要一不信任案が都議会に提出される。
 (舛添辞任要求が、安倍内閣からの要請であることを明確にするため、共産党、民進党は自民党からの発議を待った方がよい。)
 
 共産党、民進党も賛成し、舛添要一不信任案は議決されることになるが、舛添氏は直ぐに辞任せず、必ず、東京都議会を解散してほしい。
 
 東京都議会の選挙結果次第では、7月の国政選挙に大きな影響を及ぼすだろう。
 
 あれだけ自民党憲法改正草案(2012年)を批判してきたのだから、必ず、安倍政権に一矢を報いてから、東京都知事の座を降りてほしい。
 
 できるだけ早く、「都議会選挙をやって、都民の声を聞きたい」と、舛添氏の方から、都議会に不信任案の提出を持ちかけてほしい。
 
 そして、不信任が議決されてから、必ず、東京都議会を解散してほしい。
 
 舛添氏は、選挙後の新しい都議会でも不信任は避けられないだろうが、安倍政権の憲法改正の思惑を崩すことはできる。
 
 それが、日本国民全体のためなると思う。
 
 
■ 地方自治法
 
第百七十八条  普通地方公共団体の議会において、当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をしたときは、直ちに議長からその旨を当該普通地方公共団体の長に通知しなければならない。この場合においては、普通地方公共団体の長は、その通知を受けた日から十日以内に議会を解散することができる。
○2  議会において当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をした場合において、前項の期間内に議会を解散しないとき、又はその解散後初めて招集された議会において再び不信任の議決があり、議長から当該普通地方公共団体の長に対しその旨の通知があつたときは、普通地方公共団体の長は、同項の期間が経過した日又は議長から通知があつた日においてその職を失う。
○3  前二項の規定による不信任の議決については、議員数の三分の二以上の者が出席し、第一項の場合においてはその四分の三以上の者の、前項の場合においてはその過半数の者の同意がなければならない。
 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO067.html
 

10. 新共産主義クラブ[1977] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年5月13日 18:22:53 : 6lHCmRWgrk : v8W9iafWebI[10]
>>7(補足)
>その危うさを、舛添氏は指摘したかったのだろうが、安倍首相と側近達の逆鱗に触れたようだ。
 
 
 
■舛添要一 東京都知事 政治学者 『憲法の基本を知らない国会議員たち』
投稿日: 2015年08月10日 08時39分 JST 更新: 2015年08月10日 08時39分 JST
 
最近の国会議員の言動をみるに、憲法の基本を学んでいるのだろうかという疑問を持たざるをえない。自民党は、2005年10月28日に、「新憲法草案(第一次草案)」を発表し、2012年4月27日に「日本国憲法改正草案(第二次草案)」を決定した。私は、第一次草案の取り纏めに深く関わったが、当時、与党であった自民党は、政権党の矜持をもって、人類の智恵の集積に依拠し、バランスのとれた責任ある草案を作成した。その私は、すでに自民党を離党し新党改革を立ち上げていたが、野党時代の自民党が纏めた第二次草案を一読して驚いてしまった。それは、右か左かというイデオロギーの問題以前に、憲法というものについて基本的なことを理解していない人々が書いたとしか思えなかったからである。
 
そこで、昨年、『憲法改正のオモテとウラ:憲法改正とは政治そのものである』(講談社現代新書)という本を書いて、「立憲主義をわかっていない国会議員に任せて大丈夫?」という疑問を呈したのである。しかし、拙著など国会議員は読まないのか、私の危機感は伝わっていないようである。拙著の4ページに以下のように書いた。
 
*      *      *      *
 
「第二次草案」をまとめたと言われている自民党議員は東大法学部の出身であるが、母校の憲法の授業で立憲主義について教わったことがないと言ったという。それを聞いたら、憲法講義の冒頭に立憲主義を教えたはずの故芦部信喜教授が、何と言うであろうか。ちなみに、芦部教授は私の師でもある。」
 
*      *      *      *
 
この自民党議員とは、法的安定性軽視発言をした磯崎陽輔補佐官である。拙著では、名前は伏せておいたが、ご本人が、立憲主義についての同趣旨の発言を公開しているし、それはすでに報道などで伝えられているので、もう伏せる必要もない。
 
武藤貴也衆議院議員は、戦争の悲惨さ、怖さを体験したことがあるのだろうか。取材や視察で、カンボジアやイラクの戦場に身を置いたことのある私は、一発の銃声に恐れおののき、平和や戦争は机上の空論ではなく、実に具体的なものであることを痛感したものである。この議員の憲法観もまた、人類の長年の智恵を踏みにじるものである。自民党の第二次草案のPR用パンフレットでは、「西欧の天賦人権説」が否定されているが、人類が戦って獲得してきた基本的人権についての理解に欠けると言わざるをえない。
 
国民の代表として期待されている仕事をするためには、国会議員は、日本国、また諸外国の憲法について基本的な理解をしておく必要があるのではないか。
 
(2015年8月9日「舛添要一オフィシャルブログ」http://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12059792294.htmlより転載)
 
http://www.huffingtonpost.jp/yoichi-masuzoe/constitution-councilor_b_7963112.html

11. 2016年5月13日 18:28:22 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[25]
【舛添知事釈明会見(3)】
領収書はあて名なし、家族分も宿泊費計上…それでも「重要な政治活動」
2016.5.13 17:13 産経新聞

 《東京都の舛添要一知事の定例会見は質疑応答が続く。質問はあて名のない領収書によるあいまいな経費処理の方法に集中。家族の宿泊費を「政治活動費」とするなど、舛添氏の都知事としての感覚や資質を問う質問も相次いだ》

 −−明確に私的なものは処理しているということだが、家族で食事をしたものは明らかに私的では。(領収書に)あて名を書いていなかったから混同したと思うが、なぜそのようなやり方をしたのか

 《舛添氏は店での会計では自身が払うこともあれば、秘書が払うこともあると述べた上で、領収書のあて名を書いていないケースへの説明を続けていく》

 「私が動くときにはたいてい秘書がついて、運転をしたりしましたから。家族で食べるときも、秘書が迎えに来ているときは、そこでお金を払ってしまう。そういう時に、(あて名は)1回1回、書いてしまうということより、何も書かないので。誰が払ったというより、30万とか、プールしているお金も会計の担当が処理しているので、これについてどうするか。早急にシステムを変えたいと思います」

 −−あて名を書いていないことが混同の原因になったのでは。そうなると予想していなかったのか

 「そうまでは予想していません」

 −−あて名を書くよう指示したことはないか

 「お店にもよるが、(領収書を)ぱっともらうことが多かったです。(あて名を書いてもらうことについて)今後はそういうことも考えたいと思います」

 −−ホテルは何日間滞在して、どれくらい会議したのか

 「平成25年1月3日は2泊、翌年は1泊。会議は昼間でした。だが、朝から晩までやっているわけではないです。都知事選の公約など重要な案件について話し合いましたから。そこへ来てもらわなくても電話でも相当できますが、最後の詰めをやらないといけなかったので。(事務所関係者が)どれくらい(の時間)いたかは分かりませんが、相当やっていたと思います」

 −−会議の時間が短いと、プライベートだという印象を受ける。家族との時間がとれないという理由でそこへ呼んだのは、あまりにプライベートを重視していたのでは

 「1日時間が遅くなったら、都知事選に立候補できないと、そういう時期でしたから。マスコミのみなさんに追われていたこともあり、こっそり自宅とは別のそういうところでやると。プライベート重視と言うよりも、最終的に立候補するかしないかは、ものすごい大きな決断でしたから」

 「(会議が)仮に10時間でなく3時間であっても、それは極めて重要な内容の会議。『東京世界一』という公約を作るのですから。ただ、家族がいるところに来させるというのは、このように疑惑を招くので、返上したいということです」

 −−東京の事務所で会議をやるという選択肢はなかったのか

 「私の家は大きな門があって、マスコミに張られているので、出入りすら自由でない状態で。こういう選挙の機微に関わる話は、絶対に無理。絶対に。みなさんもよくご存じでしょうが」

 《苦笑いを浮かべて水を飲み、一呼吸を置く》

 −−ホテルの会議については誰が、何人来たのか

 「それについては政治的な機微に関わることなのでお答えは差し控えたい。人数もです」

 −−泊まったのはどんな部屋か。会議のできる部屋か

 「4人泊まれるのだから、結構大きな部屋だと。2つか3つ部屋があったと思います。確かでないが、数人で議論できるスペースはあったと思います」

 −−支払いしたのは家族4人分か

 「私の中ではこれは一番重要な会議という認識だったので、政治活動として払いました」

 −−家族の分もか

 「私はこれは政治活動という意識だったが、ご懸念を招くということで訂正削除、返金します」

 −−緊急な会議を、なぜ家族と一緒のホテルで

 「日にち。これにつきます」

 −−もともと宿泊することは決まっていたのか

 「そう。選挙に手を挙げるのに、話をしないと間に合わないということでしたから」

 −−百歩譲ってそこで会議があったとしても、現に疑いを持たれている。そして精査をした結果、公私混同が見つかった。リーダーとして、都の職員に対しての気持ちは

 「それは非常に申し訳ないです。しっかりと反省をしてやっていきたいです。そういう気持ちで都知事として、さらに、徳を積んで頑張りたいと思います」

 −−東京五輪を控え、職員は前向きにやらなければならないときにこうなってしまったことは

 「私自身が一番じくじたる思い。挽回できるよう、全身全霊を尽くしてやりたいと思います」

 −−先ほどのホテルの関係で。宿泊費も全て込みで会議として支出したということだが、少なくとも家族の宿泊費を会議費としてのせているのは、おかしいんじゃないかというのが普通の認識だと思うが

 「私自身が政治活動という認識を持っていたので。ただ、ご指摘の内容は十分反省をして、今後こういうことはないようにしたいと思います」

 −−ホテルの宿泊代、家族の分を当然と思って計上していたというのは都民の感覚からずれていないか

 「ですから、その点は深く反省して、おっしゃるとおりですので、報告書から訂正削除して返金するということ」

 −−東京五輪に向けて、都知事を勤め上げられるのか

 「大会を成功させるため、全力をあげたいと思います」

 −−個人的な支出まで領収書をもらって、返金すれば済む話なのか

 「プールしていたお金で、私自身が払ったり、秘書が払ったりしていました。そこは改めないといけないと思います。これは本当におわびをしなければいけない。返金して、心新たに、2度とこのようなことがないようにしたいです」

 −−有権者はそれで納得できると思うか

 「それは有権者のご判断だが、真摯に調べて真摯な対応をとったと思っています」

 −−個人の支出も混在するようなシステムでこのようなことになった。他の支出については調べないのか

 「今日は、何とかこの時間に間に合わせるためにやったということです。これから、そういうことのないように精査します」

 −−領収書にあて名を書かないのはなぜか

 「店によって。尋ねられることもあるし、ケース・バイ・ケース。これも改めたいと思います」

 −−家族の宿泊費でこういう指摘を受けたことについて、家族の反応は

 「家族のことをここで引き合いには出したくないと思います。それはうちの中のことですから。それより心を痛めているのは、(利用した)お店やホテルの方々が、(取材で)臨時休業をしないとならないというような、私のことでご迷惑をおかけしているのは、本当に申し訳ない。1軒ずつ謝りに行きたいほど。ぜひ、私から言うのもなんだが、節度ある取材をお願いします」

 《2度、深々と頭を下げ、「私の責任なのですが…」と漏らした》

 −−あて名をきちんと書いていれば、このようなこともなかったのでは

 「それは長年やってきていることだが、今後考えていきたいと思います」

 −−プライベートのものもなぜ領収書で処理していたのか

 「プールしているお金があったので、そういう管理にしていました。これはこれで合理的な面もあるんです。私はこういう仕事なので、1回1回自分で計算することは無理。今後、いろいろ考えたいと思います」

 −−会計責任者はいつ退職したのか。また、すでに解散した団体に、返還するというおかしなことになっているが。虚偽記載の事実には変わらないのでは

 「1点目だが、私が知事になる前後だと思います。細かく何月何日かは分からないが…。年度末の3月とか、きりの良いとこだったと。2点目は、総務省に指示を仰いで、適切に処理をしたいと考えています」

 −−3月末というのは去年か、一昨年か

 「それは確認させてください」

 −−家族、自身の宿泊費用含めて政治活動費と言いきったが、この感覚のズレはどう直していくのか

 「政治活動をちゃんとやったということは説明した通り。だが、批判をいただいているので、今後はそういうことのないようにします」

 −−政治家に対する国民の不信感が高まっているが

 「ざんきの念にたえない。全力をあげて信頼の回復に努めたいと思います」

 −−ほかの知事が同じようなことをしたらどう感じるか

 「今は私の説明をしています。仮定の話はしないようにしたい」

 −−政治資金についてはさらに精査するのか

 「今日の話をしてもさらに批判はあると思う。さらに努力を続けて国民の皆様の信頼を回復するように成果を上げたいと思います」

=(4)に続く

http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130010-n1.html


12. 2016年5月13日 19:11:28 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[213]

>>9>>10、新共産主義クラブ

全くの同感である。全面的に同意見だ。

安倍自民党は、ここで小うるさい都知事をすげ替えられると考えるほどおごって油断しているものと思うが、これが上手の手から水が漏れるとならんことを祈る。

あの戦争で死んだ300万余の日本人の霊魂たちよ、今こそ甦って復活しつつある右翼ファシズムを滅ぼしたまえ。


13. 2016年5月13日 20:42:13 : koy0w0Kefw : _KuT@QH76B4[34]

舛添の政治生命も風前の灯だな。

最後に一つくらいは良いこともして辞めてくれよな。


14. 2016年5月13日 21:28:58 : cXS9jjEC0k : qphTslJTgpo[87]

舛添をバッシングして喜ぶのは
  自民党だけ。

 願わくば、参院選まで続いて欲しい・・・と。


15. 2016年5月13日 21:36:37 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[26]
【舛添知事釈明会見(4)】
お盆の日光宿泊も「家族旅行か?」 新たな疑惑の指摘相次ぐ
2016.5.13 21:22 産経新聞

 《東京都の舛添要一知事の定例会見は続く。舛添知事が家族で宿泊したホテルの部屋で事務所関係者らと会議をしたとして、宿泊代全額の計約37万円を政治団体から「会議費用」として支出していた問題への質問が相次ぐ》 

 −−反省している段階で、政治資金をプライベートで使っていると認めているのでは

 「記載ミスはあったが、基本的にプライベートとは分けてやっている」

 −−ホテルはいつ予約を入れたのか

 「分かりません」

 −−家族はきっちり泊まっている。プライベートで処理すればいいのでは。なぜ急に政治資金を使うことになったのか

 「不徳の致すところだと思っています。そういう質問をされないようにしっかりやっていきたい」

 −−なぜ今日の会見まで説明しなかったのか

 「一つひとつ書類を確認していました。1年前のことで記憶が薄れているので確認する必要がありました。やれるだけ調査をして報告したかった」

 《舛添知事は政治資金で自著「東京を変える、日本が変わる」を出版社から100冊買い上げ、都政に関する参考資料として配布していた。印税は当然、著者の収入につながる》

 −−印税の処理は

 「しっかりやっています。全く問題ないです」

 −−返金はいつごろになるのか。解散した団体もある

 「どういうふうにやるかは、総務省のご指示を仰いで、なるべく早く(やりたい)」

 −−宿泊費の件で、政治活動費として領収書をもらったとき、後ろめたい気持ちはなかったのか

 「誰がもらったか記憶にないが、そこはしっかり反省して今回、訂正・削除して返金したいです。先ほども記者さんに言われたので、鈍感さをやめていく方向でいきたい」

 −−領収書はまとめて会計士に渡しているのか

 「ケース・バイ・ケース。まとめて渡すのを忘れることもあります」

 −−領収書に対する認識は

 「私はケチだと言われているが、必ず領収書をもらう癖があります。大事な紙だという思いはあります」

 《ここで記者から新たな疑惑が指摘される》

 −−報告書の中に「2012年8月13日」に日光市のホテルの宿泊費が計上されている。家族で泊まったのか

 「精査したい」

 −−記憶にあるのでは

 「今は不正確なことは言いたくないので」

 《収支報告書によると、日光市内のホテルへの支出額は「約8万4千円」。お盆の時期であり、確かに不自然だ》

 −−「週刊文春」では美術品の総額が900万円、世界堂に払っているのは178万円。額装や揮毫するときに使ったということか

 「そうです」

 −−残りのものは記載されているのか。900万円という額で合っているのか

 「美術関係の書籍がある。私なんか浮世絵の研究とかに相当買いますから。世界堂については政治活動とプライベートでは基本的に分けています」

 −−政治活動費として掛け軸とか浮世絵とか屏風とかは含まれているのか

 「物によりけり。版画でもめちゃくちゃ高価なものもあるが、何千円で買える物もあります」

 −−美術品を政治資金で買ったことがある?

 「財テクとかで買っているわけでない。外国のおもてなしに使っていいます」

 −−買っていることは買っている?

 「それは物によりけり。『浮世絵を買っていますか』(と聞かれれば)『はい、買っています』。それは外国の方のプレゼントに使いましたと」

 《ここで別荘のある神奈川県湯河原町の回転ずし店で飲食代約4万7千円を支出している点についての質問が出る》

 −−湯河原には今日行くのか

 「この会見後にも仕事があるので」

 −−最後(に湯河原に行ったの)は

 「こういう状況ですから。行けと言えば行きますが」

 −−自身の領収書はどうしているのか

 「それはたまっていっちゃうので捨てていますよ。明確に私が本屋で政治活動のために買った本があれば政治資金から出してもらいますが」

 −−個人的な支出でも会計責任者に何でも領収書を渡しているのか

 「基本的にはそうですね。プールしているお金の中から使っているので」

 《ここで話題は変わり、2020年東京五輪招致をめぐり、国際陸連のラミン・ディアク前会長(セネガル)の息子が関係する会社に、多額の資金が振り込まれたとされる疑惑についての質問が始まる》

 −−『史上最高の五輪にしよう』と言っていたが、疑惑が挙がっている。2億2200万円の報道は知っているか

 「知っています。都は公費は一切支出していません」

 −−スポーツ庁がJOCと都に調査の要請をするというが

 「私は(午後)2時にここに来ましたが、その情報は入っていませんでした。聞いたのはJOCが、この件について発表するということです」

=(5)に続く

http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130012-n1.html


16. 2016年5月13日 21:50:46 : uNjbaO14N6 : DEvDaeMqjFs[24]
右からも左からも総叩きだな
これだけまんべんなく嫌われる奴も珍しい
味方は民団ぐらいか

17. 2016年5月13日 21:59:28 : tTIKVbZQ76 : yRnelF0k16E[1]
さもしい。
見苦しい。
勤労意欲を喪失するぜ。
納税の義務を放棄したくなるぜ。
国民・都民はウォーミングアップとしてまずは小者公金タカリを退治して、本丸口利きにせまるべきです。

18. 2016年5月13日 22:32:21 : koy0w0Kefw : _KuT@QH76B4[35]

辞めるなよ。

簡単に辞めるなよ。

嵌めたやつらを道ずれにするまでは、恰好悪くても、辞めるなよ。

醜態さらけ出しても、敵がボロを出すまで頑張れ。

どうせ終わりだ。


19. 2016年5月14日 00:59:36 : JsmLh3tYPI : skn8z1O1p5o[27]
【舛添知事釈明会見(5)完】
「プールみたいなところで泳いだ記憶も…」自嘲もにじませ
2016.5.13 22:05 産経新聞

 《東京都の舛添要一知事の定例会見の開始から1時間半以上が経過した。同じような内容の質問が散見され、舛添知事は「まだ質問していない方に…」「幹事社でとりまとめていただけると…」などと繰り返し、会見を終了させたい意向がうかがえるが、質問のため挙手する記者の数は減らない》

 −−ホテルには別料金で遊技施設があったが、利用したか

 「記憶にないです。ただ、私もプールみたいなところで泳いだ記憶はありますよ。私も温泉は好きですから」

 《公用車で、温泉地の神奈川県湯河原町に通っていたことが問題となった舛添知事。自嘲気味に温泉好きを公言すると、記者からも笑いが漏れる》

 −−何階に泊まったのか

 「何階の何号室だったかまでの記憶はないです。初日の出は見ましたよ。まあ、ホテルの目の前が海だから特別高層階でなくても見えるわけですけれど」

 −−宿泊していた部屋の料金は

 「今はわからないですけど、領収書を見て人数で割れば金額は出てくると思いますよ」

 −−前回の米出張で経費を3割削減したとのことだが、これからどんどん経費を削減していくと、今までの経費は浪費が多かったということになると思うが、これまでに削減の見直しが行われていなかったのではないか

 「その点も含めて検討したいと思っています。ただ、行く国によって値段が違う。同じ時季に同じ街に行けば同じ値段になるが、ハイシーズンで高い、物価がものすごく高いということもある。秋の欧州と、今回の4月の米国は日本からの距離的にも一緒で、ほぼ1週間という期間的にも同じ。そういうことで比較すると、前者が5千万だったのが、後者は3500万だったので約3割カットということになる。今後さらにカットできるかどうかだが、無駄な経費はカットしなければいけないが、仕事が阻害されるほどカットすることは問題。検討している最中です」

 《共産党都議団の調査によると、舛添知事就任以降に行った全8回の海外出張は、「豪華出張」と批判を浴びた石原慎太郎元知事より、1回の平均出張費が約1千万円高かったとされる。また、石原氏、猪瀬直樹前知事時代にはなかった空港の「貴賓室」の借り上げも行われ、2回の出張で計165万円を支払っていたことも判明している》

 −−今までの出張がぜいたくだったと都民は思っているはずだが、そうした認識はあるか

 「例えば、ガイドがいらなかったのではないかということもあります。自分でチェックをしていなかった点を反省しなければいけないです。今後しっかりと努力したいです」

 −−2013年にホームセンターでいろいろ購入しているが、店員の証言ではネジやクギ、ネコの餌なども含まれていたようだが

 「それはプライベートです。ホームセンターは文具などもあって便利ですから、政治団体で使うものもたくさんあります。ただ、そことプライベートは割り切っています。店員の方は私がどのコーナーで何を買ったか、レジもたくさんありますから、24時間私の後をつけて歩いたのでしょうか。そこまでいったら店員さんがかわいそうじゃないですか」

 −−ホテルで行った会議の人数の部分だけ「微妙な話だから」とお答えにならないが、人数を明かすことがどうして微妙な話になるのかわからない

 「これも何人でどうというのは差し控えたい」

 −−極端な話をすると、本当はプライベートだけで過ごして、会議なんてやっていないのではないかと疑いが持たれてしまう。人数さえ答えられないとなると、不透明な匂いが残る

 「疑問はわかります。ただ政治の問題で、機微にあたるので私は差し控えたいと思います」

 −−ホテルの話の追加だが、どういった方が参加したのか可能な範囲で教えてほしい

 「事務所関係者等といったが、そこが一番機微にあたるので本当に申し上げられません。数十人入るような部屋ではない」

 −−説明責任が果されているかどうか、本来ジャッジメントするのは誰だと思うか

 「それは有権者、東京都民です」

 −−この会見を受けて、都民から説明責任が果されていないという声が上がったら、また何らかの動きを示してくれるのか

 「どういう風にその声を計るのか、1350万人全員の声を聞いて、何百万対何百万という数字を出すのかということですから。批判は謙虚に受けるが、私は今日、真摯(しんし)に答えたつもりなので有権者、都民のご判断にお任せしたいと思います」

 《前夜(12日)に出演した民放の報道番組では、「精査してから答える」と繰り返すばかりだったが、一転して私的な支出を認め、収支報告書を訂正する意向を示した舛添知事。会見の最後まで「説明責任が果されていないという声が上がったら…」との質問があがる中、会見は終了した》

http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130014-n1.html


20. 安倍を辞めさせる会[202] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2016年5月14日 16:35:44 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[162]
東京都民よ自らの不明を恥じよ。青島に始まり石原、猪瀬、それに舛添、まともな知事を選ぶ能力がないものの集まりなのか。舛添に抗議の電話かメールか知らないが、その前に自分の不明を恥じてください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK205掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK205掲示板  
次へ