★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 108.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改憲問題「個人の権利」がアブない! 自民党草案に「公共の福祉」を激変させる一言があった(週刊現代)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/108.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 14 日 08:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


改憲問題「個人の権利」がアブない! 自民党草案に「公共の福祉」を激変させる一言があった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48614
2016年05月14日(土) 堀川惠子 現代ビジネス


■沖縄基地移設問題での詭弁


最近、日本国憲法第一三条が気になっている。「すべて国民は、個人として尊重される」で始まる有名な条文。戦後世代が読めば、何を当たり前のことをわざわざ憲法に、と思うだろう。かつての私もそうだった。すべて国民は個人として尊重されなかった歴史が、そう遠くない場所にあったことを知るまでは。


翁長雄志著『戦う民意』は沖縄の基地問題をテーマに、国家に対する個(県民)の尊厳はどうあるべきかを深く考えさせられる1冊だ。自民党出身の翁長氏が、保守も革新もないオール沖縄を掲げて知事に就任した経緯は記憶に新しい。



国土面積の0.6%に過ぎぬ沖縄には、73.8%の基地が集中する。政府は普天間基地の移設等により「沖縄の負担を軽減する」との一点張りだ。確かに今後、5つの基地の返還が予定されている。


ところが全ての基地の返還が実現しても、その面積は0.7%しか減らない、つまりほとんど変わらない。


老朽化した基地が沖縄県内に新設され、より長期に固定化される構図を「負担軽減」とすり替えるのは政府の「ウソ」と知事は憤る。


「日米安保体制の名のもとに、自由、人権、平等という価値を守る民主主義国家にあるまじき現実が沖縄で繰り広げられて」いる現在。お国のために犠牲は甘受せよとのごとき政府の主張は、本質的に戦時中のそれと変わりないように見える。


選挙によって沖縄の意志が明確に示されて以降も、政府の姿勢は全く変わらない。同じ構図は福島にも見えると知事は言う。万という単位の国民が故郷を追われ、定住する場も持てず、原発事故の原因はいまだ定かでない。なのに国益の一点で原発は再稼働。


「民主主義の蹂躙に対してもの申す人が、現在の政府、与党にはいなくなってしまいました。だからこそ、全国の都道府県でも沖縄と同じような状況が起こっても何も不思議はありません」という指摘は重い。


■どんなに美しい憲法であっても


先に引いた憲法一三条。国民に与えられた権利には条件がある。「公共の福祉に反しない限り」という文言だ。公共の福祉とは何か。戦後、広く共有されてきた解釈は「他者の権利」である。


たとえばヘイトスピーチをする自由と、それによって誰かの尊厳が傷つけられる場合、前者は制限される。公共の福祉=国益ではない。憲法は権力を縛るためのものなのだから当然のことだ。


井上卓弥著『満洲難民』は、戦場において個人の尊厳が国家により露骨に奪われた過去を浮き彫りにする。8月9日のソ連侵攻を前に軍は早々と退却、取り残された日本人居留民の悲愴な歴史は様々な形で伝えられてきた。本書は、官吏の家族を中心とした逃避行の様子を記した貴重な一次資料を元に著されている。



満州から北朝鮮に逃れた開拓民は38度線前の郭山で足止めを食らう。第二次大戦が生んだ境界線を挟み、悲劇は生まれた。体力のない幼児から次々に亡くなり、女性はソ連兵の凌辱に晒される。


同じ避難民の中にも一口の握り飯を巡って争いが起き、持てる者と持たざる者の差異が顕わになる。みな自分が生きるだけで精一杯。戦場において個人の尊厳など絵空事だ。


さらに本書は、当時の日本政府が終戦前、中国への賠償の一部に、自らが送り出した在留民間人たちを労働力として提供する可能性まで検討していたと書く。


著者はこの棄民政策が、満州からの引き揚げに伴って約30万もの死者を出す元凶となったのは間違いないと述べている。


どんな美しい憲法を持っていても、いざ戦争になれば同じ風景は再生産されるだろう。戦争へと向かう動きに身を挺して抗わねばならない所以はそこにある。


藤野裕子著『都市と暴動の民衆史』は、暴動に於ける民衆蜂起の論理を研究している。中でも関東大震災後の朝鮮人虐殺事件の分析は秀逸だ。著者は、これまで埋もれていた膨大な刑事裁判記録を掘り起した。



それによると、まず朝鮮人に関するデマが流れる。それに官憲が信憑性を付与し、さらに軍という「公権力による虐殺」がデマに真実味をもたらし、民衆による虐殺の連鎖へと繋がる。そして朝鮮人からの報復を恐れ更なる虐殺が続く。


南綾瀬村(現・足立区)での市民による虐殺には三つの自警団が関与した。その一つは「義侠心」が動機だったという。日本人の避難民には率先して食糧や水を分けて弱きを助く一方で、朝鮮人を次々に襲撃。日本人を守るために立ち上がった勇者たちは、他者の生きる権利を踏みにじる虐殺者だった。


今の御時世、この虐殺事件すらでっちあげだと吹聴する向きもあるようだが、裁判記録には当時の経緯が詳細に立証されている。「お国のため、日本のため」。響きの良い言葉の裏側には常に危険が潜む。


自民党の改憲草案は、憲法一三条の「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」と書き換えた。市民の人権の衝突を回避するための一三条は、大きく趣旨を変えられている。より良い憲法を作るための活発な議論は否定しない。だが、現行の自民党草案に沿っての改憲だけはお断りしたい。


ほりかわ・けいこ/'69年、広島県生まれ。ジャーナリスト。『教誨師』で第1回城山三郎賞受賞。最新刊『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』(文藝春秋)。月刊誌「本」(講談社)に『戦禍に生きた俳優たち』を連載中
※この欄は中島丈博、堀川惠子、熊谷達也、生島淳の4氏によるリレー連載です。


『週刊現代』2016年5月21日号より
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月14日 09:02:32 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-3]
アメリカ製憲法を尊崇してやまない似非日本人が書いた御文章だね。
アメリカ人が、アメリカ人の理想を歌い上げたのが、現行憲法だ。
それを崇めるやうに仕向けられたのが、戦後日本だ。その結果が
このやうな、日本の過去を悪として断罪し、歴史を切断し、新しく生まれ変わった
のだっつ、アメリカ人への変貌をなしとげた戦後糞サヨ似非日本人。
  人権だの、個人だの、騒ぎ立てるのだな

戦後日本は、純粋日本人 vs 似非日本人(アメリカ化した日本人)

の戦いであったといふべきであろう。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年5月14日 11:10:40 : NMaoDTizjo : EEA@zYsRimQ[2]
大日本帝國憲法を盲信するドアホ=日本人の皮被った朝鮮系は黙ってろ。

その大日本帝國を滅ぼした奴等が、アメリカにヘーコラした歴史の事実から目を背けるな。


3. 2016年5月14日 11:51:08 : HshCuSsEKG : WvyN1PBMs0Q[-91]
01>エセ日本人はおまえのことだ。北鮮カルトがなぜ日本の政治に口出すするのだ。

おまえは白頭山で強制労働でもしていろ!このキムチ野郎!

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

4. 2016年5月14日 12:23:07 : kj6MLorCxs : EBsaq63KPXs[132]
1って。
憲法を変えて、アメリカ様を守るために世界中で戦います。国民の命を危険にさらしますっていってるのはスルーだな。
自衛隊がアメリカの艦船をまもるんでしょ。
思いやって恵んでやるし、アメリカ軍守って戦えるし、
スゴイですね日本。
邦人を乗せたアメリカ艦船、って安倍の寝言は、アメリカに「乗せたげないよ」って否定されてるよね。

千田これあ(故人)、って名前の舞台監督の名前は、関東大震災のとき、千駄ヶ谷でコリアンに間違えられたからだって何かで読んだか聞いたかしたな。
彼は東京の人だけど、訛りのせいで「変な日本語」だからって怪しまれて殺された人もかなりいたらしい。名古屋の河村とかやばいな。


5. 2016年5月14日 12:38:30 : dxQ8TV7vKs : LSVekbYHp9A[5]

自民が本当に狙うのは明治に作られた大日本帝国憲法の復活である。今の安倍政権についてるのは日本会議だが、それがあの団体の長年の悲願であった。70年前のあの悲惨な敗戦までの歴史を追体験したい、あの歴史を今の我が身の立場で生きたいと心より願う人々は、ぜひ、自民党を支持されることをお勧めする!

6. 2016年5月14日 13:28:46 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[507]
>>1.

今時誰も使わないみっともない古臭い思考。
古物には古物にふさわしい置き場所が有り、化石は化石にふさわしい場所にあってこそ美しい。
あなたは華々しい政治の世界より、もう侘びさびの世界にこそ居場所を見つけるべき。
年甲斐も無く若者を押しのけて出しゃばって出てくるな。
みっともない。
自分では気が付かなくとも、そのかな使いを見れば誰だって、あなたはもう明らかに老害の匂いがしていると感じます。
もうあんたの未来など残り少ないのだから、あなたの手慰みに政治の書き込みして
若者や子供の未来を踏み潰す権利はもうあなたには無いのだよ。
大人しく花でもいじって余生を過ごしましょうね。



7. 2016年5月14日 13:40:51 : 5Y0SvjBu4w : KSF@qgQsYQU[3]
>>5
ついでに言えばその帝国憲法を作ったのは薩摩と長州の元下級武士たちだ。維新の志士とは言っても高杉晋作や久坂玄瑞のような筋目の上士の子は何故か早くに死んで、生き残って天下を取ったのは「武士」とは名ばかり、実際には足軽身分でさえなかったともいう、出身も怪しい下級武士ばかり。そして彼らを後押ししていたのは当時、世界的な政商だったガーディンマディソン商会だ。
私は鬼塚なんとかいう人が書くような、極端な陰謀論はあまり好きではなかった。しかしそうした史実から見ても明治維新にはまだ我々の知っている歴史の表には出ていない裏があるのではと感じるようになった。
>>1のような、小学生のピンポンダッシュ並みの書き込みしかできないネトウヨに言っても意味ないことだが。


8. 斜め中道[326] js6C35KGk7k 2016年5月14日 18:49:31 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[295]
「福祉」ってのは、本義は幸せであることだ。
(安倍は知らんだろうが、経世済民も似たようなもんだ。)
こりゃ、個人のものだよな。
その集合体が、公共の福祉だろ??

ところで、俺は熊襲系だが、維新時の薩長は好きにゃなれんな。
失敗した革命は犯罪と言われるが、
あれは、一応成功なんだろうが犯罪的なものだったと思うな。

再びところで、
熊襲系から見りゃ、朝鮮系だろうが大和系だろうが知ったことか・・・ということもできるよな?
そんなんどうでもいいだろうが。キムチはうまいしさ。


9. 2016年5月14日 21:21:34 : qCzO4b7QM2 : Rg5VB2ZKC8c[62]
白川メモを知っているのだろうか?
帝国憲法とGHQの作成した憲法原案とを国民投票にすればいいとGHQに迫られた日本政府。
帝国憲法でひどい目にあった国民が取りらを選ぶか明白だ。
自民党は都合の悪い事は無かったことにする。
おめでたい、いや、悪辣な政治団体。

10. 2016年5月15日 13:55:31 : MbAcs0pls2 : b6oHJmughHc[9]
>、生き残って天下を取ったのは「武士」とは名ばかり、実際には足軽身分でさえなかったともいう、出身も怪しい下級武士ばかり。

そもそも連中、中間とか奴という身分で武士の範疇には入らなかったらしいよ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ