★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 294.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相は、「私が立法府の長であります」と、堂々と答弁――これで国会は止まらないのか(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/294.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 18 日 13:20:28: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/18fa04c329f54ec785b489bd248679a0
2016-05-18 09:42:20

 安倍首相は、一昨日5月16日に、衆院予算委員会で「私が立法府の長であります」と、堂々と答弁しました。しかし、朝日新聞をはじめ、日本のメディアは完全に黙殺しました。これまでの国会答弁なら、審議がストップし、やっさもっさのあげく内閣総辞職に進むはずのものでした。

 5月16日に民進党からは山尾志桜里政調会長が質問に立ちました。それに答えて安倍氏が放ったのは、「山尾さん、あなたは国会の運営について、少しは勉強した方がいいですよ。私が、立法府の長であります」と、やったのだ。

 日本は、三権分立の手前、立法府の国会の長は、衆議院なら衆院議長です。参院なら、参院議長となります。行政は、内閣の長です。そのケジメモわからぬままに、うろ覚えの無駄口をたたくから、えらいことになります。ただ残念ながら、山尾氏はこの絶好の機会をはずしました。

 この質疑については、朝日新聞が4面で、例えば、山尾氏が保育士窮余の引き上げについて質問し、「女性の賃金だけをもとに話すのは、男尊女卑だ」としたのに、安倍首相は「男尊女卑とは、誹謗中傷だ」と、激しく反発。そうした紙面がありながら、朝日も「立法府の長」発言は、知ってか知らずか見逃した。山尾氏も、「立法府の長」はどうやら見逃してしまったようです。

 この「立法府の長」問題は、黙って見過ごすわけにはいきません。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新しい天使[38] kFaCtYKik1aOZw 2016年5月18日 15:36:39 : W5QhKEezNQ : LDmQ6@5W510[20]
一般人ならともかく、お前さん首相だらう。
本当に成蹊大学法学卒のOBOGへの風評被害を撒き散らす安倍くんなのれした。
またこのあほ発言のどこがあほなのかさえ指摘しないあしゃひ貧ぶんは、あきら
かに読者をなめてかかっているのでした。


2. 2016年5月18日 15:50:00 : x77MXoyvl2 : w40XIxOzBhA[111]
 
 党首討論で質問してもよかったんだよな。

3. 2016年5月18日 16:06:56 : xM05bDnG9Y : gHaWXxEGgOY[241]
さっき珍相が「ただ言い間違えただけだ。揚げ足を取るな」と叫きちらしていたけど、安倍晋三の今までの国会での発言を思い出せば、言い間違えたと思う方がおかしい。


4. 2016年5月18日 19:08:39 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[543]
    行政府の長と公言していたのが、今度は立法府の長だと言っているのか。
    立法府の長とは一体何だろうか。
    大統領制であれば、かろうじて、数年を掛けてその資質を国民全体で吟味し、国家のリーダーとしてある程度の責任を賦課するのであるが、それとても、まずは議会が全てに優先するのであり、例え大統領の方針で予算を出したいと考えても、議会が合意しなければ不可能である。
    しかも、採決は保守も革新も無く、全ての議員が一人一党の精神で採決に臨むのであるから、多数議員を抱えていたからと言って、日本のように行政立法案が財務省に群がるロビイストの意向を体現し、与党の数の力で絶対的に可決を見る、などという安易なものでは無いのである。
    それに比べても、安倍首相は単に自民党の党首であるというだけだ。自民党という内輪の合意で党首が決まっているだけであり、例えば資産家であるとか、有名な家の出であるとか、そういう理由だけでも党内では党首になれるのであり、それが多くの議員を抱えた事で、たまたま首相になった、というだけである。
   要は、大統領制のように国民総意で選出されたものでは無いのだから、当然ながら、長、などという立場にはなり得ないのである。
   ましてや租税主義国であり、納税者が税の使途を国会で決めるにあたり、長に委ねる構造では無く、国民議会での法制化と事務方の歳出処理が全てである。
   あえて長というならば、行政事務の管理監督責任義務であろう。
   最高法規である憲法と憲法に則って決定された基本法の原則に忠実な実務が行われているか、大臣による監督義務と、その大臣を束ねる総理義務は、安倍首相には有る。そういう意味では、行政の長、というべきである。
   だが、その行政に於いて自民党が何をしているかというと、行政事務の管理監督どころか、行政と一緒になって行政立法案を通し、血税を、納税者では無く、財務省の廊下に集まるロビイストの意向に沿って流すことに手を貸しているのである。その謝礼として、幹部公務員には様々な天下り先と風俗接待、自民党には団体献金、というリターンを、行政と自民党が一体化して謳歌しているのが現状だ。
   立法府というところは法が支配する場であり、与党も野党も区別無く、予算の優先順位を決定するための法整備をするところである。いわば、法が、立法府においては最高の権威主体であり、政権党の出る幕は無い。有るとすれば、いわば一人一党の精神で保守、革新交えて各代議士が支持者の声を基に公平、公正な論戦をするための国会という舞台を運営する義務が、総理、閣僚にはあるが、その際には、所属する政党を前面に出してはならず、あくまでも公平であるべきだ。
   いずれにしても、安倍首相の勘違いが極まった、というべきである。
   

5. 2016年5月18日 21:50:15 : yvYUQYdlGg : DEznnQ_tQCA[13]
この安倍、防衛大の卒業式で私が(軍)の最高指揮官だと十数回繰り返したそうだ。

6. 2016年5月18日 23:08:53 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[517]
安倍晋三総理は確か「私がいう事が正しいのです。だって私は総理大臣ですから!」と言った事も有りました。

あの人、確かに変ですよね〜・・・


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ