★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 479.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『笑点』卒業の桂歌丸が語った戦争への危機感…落語を禁止され、国策落語をつくらされた落語界の暗い過去(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/479.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 22 日 15:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                日本テレビ『笑点 放送50周年記念特別展』公式サイトより


『笑点』卒業の桂歌丸が語った戦争への危機感…落語を禁止され、国策落語をつくらされた落語界の暗い過去
http://lite-ra.com/2016/05/asyuracom-2267.html
2016.05.22. 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感  リテラ


 本日の放送をもって『笑点』(日本テレビ)の司会者を勇退する桂歌丸。1966年の放送開始から50年にもわたって同番組に出演してきたわけだが、今日その長い歴史についに幕が下ろされることになる。とはいえ、落語家を辞めるわけではなく、4月30日に行われた会見では「落語家を辞めるわけではありません。まだまだ覚えたい話も数多くあります」「80歳になったら少し、少し楽をして落語の勉強をしたい。ありがたいことに、これからメンバーのみなさんが上納金を持ってきてくれるらしい(笑)」とも語っており、これからも歌丸師匠の噺を聞くことはできそうだ。

 そんな桂歌丸といえば、古典落語の復興に力を注いできたことでもよく知られている。特に彼は、同じ古典でも、もう廃れてしまいどの噺家からも見向きもされなくなってしまったような噺を現代に甦らせる作業に尽力しており、その古典落語への深い造詣は、いまの落語界で右に出る者はいない。

 当の歌丸師匠も、同じく古典落語の復興に力を注いだ人間国宝の桂米朝にこんなことを言われたと冗談混じりに振り返っている。

「みなさんがやってる噺ばっかりやってもつまらないし、誰もやってなければ、比べられることもありませんしね、いつだったか、(桂)米朝師匠(平成二十七年三月十九日没、享年八十九)にも言われたことがありましたよ。あんたは変わった噺ばっかりやってますねって」(桂歌丸『歌丸 極上人生』祥伝社)

 歌丸師匠が古典落語にそれだけこだわったのには色々な理由があるようだが、そのなかでも大きな理由のひとつとして、江戸の庶民文化に息づいていた「人情」を現代に生きる人々にも伝えたいという思いがある。

〈人情がかった噺を聞いたり、やったりしていると、江戸の人のほうが何か活気があって、ずる賢さがない気がしますよ。今の我々のほうがよっぽどずる賢くて、人情味も何にもない。だからあたしは、たとえ2日でも3日でも、江戸時代に行けたらいいなあと思うんですよ〉(「日経おとなのOFF」2007年8月号/日経BP社)

 落語とは、庶民に笑いを届け、明日を生きる活力を与えるものだ。しかし、落語という文化が歩んだ歴史のなかで、実は一度その大切な役割を放棄させられてしまった時期があった。太平洋戦争の戦時下である。

 周知の通り、昨年夏には安保法案が十分な議論もなされないまま強行採決され、日本において再び「戦争」というものが現実味をもって考えられるようになってしまった。そんな時勢を見て、歌丸師匠はこのような発言を残している。

「今、日本は色んなことでもめてるじゃないですか。戦争の『せ』の字もしてもらいたくないですよね。あんな思いなんか二度としたくないし、させたくない」
「テレビで戦争が見られる時代ですからね。あれを見て若い方がかっこいいと思ったら、えらいことになる」(朝日新聞デジタル15年10月19日)

 彼自身、空襲により横浜の生家が全焼してしまうなど、戦争によって悲しくつらい思いをしたひとりである。その経験も踏まえ、歌丸師匠は続けてこうも語っている。

「人間、人を泣かせることと人を怒らせること、これはすごく簡単ですよ。人を笑わせること、これはいっちばん難しいや」
「人間にとって一番肝心な笑いがないのが、戦争をしている所」(同前)

「戦争には笑いがない」。先ほど少し触れた通り、戦時中に落語家たちは、庶民にその「笑い」を届ける権利を剥奪されてしまったという苦い過去がある。

 落語は人間の業を笑うものだ。その噺のなかには、遊郭を舞台にしたもの、また、色恋をめぐっての人々のドタバタ劇といったものも多数含まれる。1940年9月、戦時下において「時局柄にふさわしくない」としてそういった噺が禁じられてしまった。このときに演じるべきではない演目として指定された噺は53種。これは「禁演落語」と呼ばれている。そのなかには、堅物の若旦那が遊び人に吉原へ連れられていく珍道中を描いた人気の演目「明鳥」なども含まれていた。この顛末は、演芸評論家である柏木新による『はなし家たちの戦争─禁演落語と国策落語』(本の泉社)にまとめられている。

「禁演落語」が指定された後、高座にかけることを禁じられた噺たちを弔うため、浅草の本法寺には「はなし塚」という塚がつくられた。わざわざそんなものをつくったのは、当時の芸人たちによる洒落っ気のこもったささやかな反抗であったわけだが、当時の苦い経験を忘れないように、今でも毎年、落語芸術協会による法要が続けられている。

 この「禁演落語」の措置は一応、当時の講談落語協会による自主規制の体裁を取っていたが、事実上、国からの強制である。というのも、40年2月には警視庁が興行取締規則を改正。落語家・歌手・俳優など、すべての芸能関係者が「技芸者之証」を携帯するよう義務づけられたからだ。これにより、政府は芸人たちの表現を管理することが容易くなった。

 これは当時の為政者が、それだけ落語が提供する「笑い」を恐れていたということの裏返しでもある。それをよく示す例として柏木氏は、落語家の鑑札を取り上げられ喜劇俳優への転身を余儀なくされた柳家金語楼の自伝『柳家金語樓―泣き笑い五十年』(日本図書センター)に出てくる、当時の警視庁とのやり取りを紹介している。

〈「きみは、はなし家の看板をはずして俳優の鑑札にし給え。第一、きみがはなしをしたら、お客が笑うじゃないか……」
「そりゃ笑いますよ、笑わせるのがはなし家の商売だもの……」
「それがいかん、いまどきそんな……第一それに、芝居なら“ここがいけないからこう直せ”と結果がつけられるのと違って、落語というのはつかみどころがない……」
「でもねえ、三十何年この方、私は高座を離れたことがなかったんですよ」
「いやダメだ。どうしてもはなしがやりたけりゃ余暇にやるがいい。本業はあくまでも俳優の鑑札にしなきゃいかん……」」〉

 また、当時の噺家たちは演目の一部を禁じられるだけでなく、国が推進する軍隊賛美や債券購入、献金奨励などを物語のなかに組み込んだプロパガンダのような新作落語をつくることも強いられた。こういった噺は「国策落語」と呼ばれており、先のインタビューでも桂歌丸はこういった噺について「つまんなかったでしょうね」「お国のためになるような話ばっかりしなきゃなんないでしょ。落語だか修身だかわかんなくなっちゃう」と、そういった落語について憎々しい印象を語っている。

 実際、その当時つくられた国策落語は本当に何も面白くない噺であった。いや、それどころか、「グロテスク」とすら言ってもいい。たとえば、当時のスローガン「産めよ殖やせよ」をテーマにつくられた「子宝部隊長」という落語では、子どもを産んでいない女性に向けられるこんなひどい台詞が登場する。

〈何が無理だ。産めよ殖やせよ、子宝部隊長だ。国策線に順応して、人的資源を確保する。それが吾れ吾れの急務だ。兵隊さんになる男の子を、一日でも早く生むことが、お国の為につくす一つの仕事だとしたら、子供を産まない女なんか、意義がないぞ。お前がどうしても男の子を産まないんなら、国策に違反するスパイ行動として、憲兵へ訴えるぞ〉

 古典落語の人気演目を禁止され、こんな落語を高座にかけざるを得なかったことを思うと、「戦争」というものが人の命はもちろん、「文化」をもメチャクチャに破壊してしまうのだということが教訓としてよく伝わってくる。

 ただ、これは単なる「昔話」などではない。桂歌丸がいまになって「笑い」の大切さを訴えかけたのは、このまま放っておけばその頃のような状況に戻ってしまいかねないという懸念があるからではないだろうか。

 周知の通り、国境なき記者団が発表した「報道の自由度ランキング」で日本は72位にまで急落してしまうなど、我が国おいて「表現の自由」は急速に危ういものとなり始めている。このままいけば『笑点』においても、三遊亭円楽が得意な時事ネタ・政権揶揄のギャグがなくなるのも時間の問題だろう。

『笑点』を見ながら笑う日曜の夕方が壊される未来も、決して絵空事などではない。将来、そんな状況にならないためにも、歌丸師匠の言葉をいま改めて噛みしめたい。

(井川健二)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月22日 16:24:52 : KzvqvqZdMU : OureYyu9fng[-60]
反戦屋ってのは偽善者なのだね。
冷静な国際関係や軍事情勢を分析することなく、ただ戦争は恐いよぉ〜
と叫びたて、女子供の気を引く。共産主義者がよくやる扇動なのだ。

 国際的な軍事情勢の分析。
 過去の戦争の分析(軍備に怠った側が負けて、悲惨なことになる)

偽善こそ最悪の亡国勢力だ。


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

2. 2016年5月22日 17:15:13 : nvhtDYqzGg : 0LbfKMWGJuc[17]
>>1
>>軍備に怠った側が負けて、悲惨なことになる
 大量破壊兵器を実際には持っていなかったせいでアメリカに侵略されたイラクのことか?

3. 2016年5月22日 17:19:30 : SKLssvmpSU : bqq1LCfyCG0[78]
国際的に進んでいる国には、世界の将来に対して理想を掲げ、世界に役立つことに対する欲求があってしかるべきだろう。現実にだけ足をとられ、その中で汲々として自国だけの利益を求めて邁進するのは、まさに品のない国家社会にすぎない。
1のように、特別な争いもない国際社会に、恐れだけをもって希望や理想を捨てているのは、今日の卑小な日本そのものであろう。


4. 2016年5月22日 18:24:40 : 5CacM0JUXY : 58MTiEolEA4[9]
「禁演落語」の「子宝部隊長」を聞いて見たい。

少子齢化に打つ手のない「安倍」が聞きたがってている。

ギャラは「官邸機密費」から出すから、いくら欲しいか言ってご覧。


5. 2016年5月22日 19:39:07 : cjrG7TrbNQ : mkfAEuSVsPI[16]
クズ神様嗚呼クズ神様!
私は貴方をお慕いしています。
貴方様がアメリカ大使館に自爆テロを決行される事を。
日本人の覚醒の為、神の業を使い売女の娘を姿形なく葬り去ることを。

6. 2016年5月22日 22:02:15 : vGn76WsCLY : KKYNTJqWhFs[1]
1>
共産主義者って、あんた年いくつ?

国粋主義者と共産主義者って、目くそ鼻くそみたいなもの。
国粋主義者が嫌っている、昭和天皇陛下も、確か言ってらしたよ。

結局、戦争何て、権力者は安全地帯にいて、コネがない人間が戦地に送られ、人から名前が変わるだけ。死体って。

今のアホの三代目は自分の虚栄心を満足させるため、国民を自分のおもちゃ若しくは、税金を納める道具でしか見てないでしょう。

その他、外交があるはず。
いかに相手の言質をとって有利に展開するか?力任せ何て、下の下。

唯々諾々と、安保も交渉次第。


7. 2016年5月23日 07:17:43 : kVMGu8bPGk : uEqkEt_32LM[3]
米朝と並び称してるけど、それほどの名人ではない。
悪いけど長生き以外に芸はないだろ、あんまりちやほやするのも違うかなぁ。

8. 2016年5月23日 11:56:20 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[728]
>>6
ぉぃぉぃ、それじゃ共産主義の方が可愛そうだ。
ソ連も中共も取り敢えずコソコソ隠れながらにアネクドートを飛ばす脇の甘さやら
反体制作家や芸術家が暗喩に仕込んで監督官の知性の隙を潜り抜けた表現をカマす余地ってのは在ったもんだよ。
(まぁ失敗のリスクってのも相当なもんだった訳だけど、挑む奴が耐える事はなかったし、今だに無いって処はちと評価したもんじゃ無いかと思うんだが)
顧みて、
>>1の大好きな何処かの国粋の国には… …やぁ、実はね。ウチの近所にぁ特高に拷問された挙句病院で息を引き取った作家の収容されていた病院があるんだよな…。こんなのが日常茶飯。
(島国は気軽に亡命し辛くてイカンわ…)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ