★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
改めて「消費増税」に反対する。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/504.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 23 日 06:39:43: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5461.html
2016/05/23 05:50

<菅義偉官房長官は22日、来年4月に予定する消費税再増税の可否を判断する時期について、伊勢志摩サミットの議論を踏まえ、安倍晋三首相が適切に判断する考え方に変わりないとの認識を示した。一方、民進党の岡田克也代表は、再増税した上で、景気対策のため財政出動を求めた自民党の提言を批判した。

 菅氏は三重県志摩市で記者団に、首脳宣言などサミットでの合意事項に関し「日本は議長国として率先して実現に努める」と強調。岡田氏は徳島県美馬市で記者団に、自民党提言について「10%に上げても、それをはるかに上回る財政出動をするなら本末転倒だ。古い自民党に戻っただけだ」と述べた>(以上『四国新聞』より引用)


 自民党提案の「増税した上で財政出動を」という提言は財務官僚の権限を増大させるだけだ。しかも消費増税は貧困層に厳しい税のため、格差是正と富の再配分、という税の機能として期待されるものとは程遠いといわざるを得ない。

 デフレ下の消費増税は本末転倒だ。むしろ減税を行って個人消費を増大させるのが経済学のイロハだ。安倍氏が三年半前に2%物価上昇を約束したが、それも経済成長を伴ったインフレ圧力により自然と物価が上昇する者でなければ経済の「健全性」が問われる。安易に物価上昇を政策ターゲットにするのは愚かというしかない。

 世界の先進諸国が緊縮財政を執り、貨幣の増大による低金利政策と、その効果としての為替操作で国内景気の舵取りをしているのは必ずしも健全とはいえない。ドイツに対して安倍氏が緊縮財政を転換するように要請したのは正しいが、それ以前に日本が消費税を以前の5%に戻して個人消費を刺激して日本経済の拡大を堅調なものにしておく必要があった。

 そうした国内策を執らずに消費増税を画策している状態でドイツに緊縮財政をやめろとは説得力を欠くものでしかない。むしろ日本は世界に先駆けて財政出動をして景気対策を大胆に行うべきだ。

 再度提言する。日本国民の多くは貧困層に陥り、生活が以前より困窮していると感じている。そうした景況を転換するには個人消費を増大させる政策を実施すべきだ。それも将来にわたって個人消費を増大させるには少子化対策や子育て支援策に税を投入して出生率を上げることが必要だ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[1560] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月23日 10:26:15 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[568]

昨日の日曜討論もヒドかったが、それでもチェックする懲りない私。

自公の出演センセーが揃って『法律どおり実施』を口にしていたが、ンなもん安倍に『言わされた』に決ってんじゃん!

自民のクソのような“一億総活躍推進本部長さま”にいたってはもったいぶって、
『政府を代表して言うべきではなく、あくまで個人的意見すが・・・』なんて
ワザとらしい言い方が“ミエミエ”だっつーのっ!!(笑)

なあ、自公の諸センセー方よ、問題を理解してる?

今、考えるべきなのは『今、消費税総勢をして良い経済状況かどうか?』だけだろうっ!!!

“それ”が理解できないのではれば、議員バッチを即刻外すべきだと思うね、私は。

私も、少なくとも、ここ2〜3年のうちの、『消費税増税』は“大反対”!!!!!


2. 2016年5月23日 11:06:04 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[396]
こんな議論はやめてしまえ!

消費税をあげたら日本経済崩壊する。

崩壊させてしまったら、安倍政権は血祭りよ!

こんな事しないと、安倍の奴はやめないだろう。

自民党を、下野させないと、日本は崩壊だ。

とんでもない!、戦前に戻る国家体制を企んでいる。

膨大な苦しみをを経て得た国民主権・平和主義だ。簡単に、壊させはしないぞ!


3. 日高見連邦共和国[1614] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月24日 09:05:50 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[622]

01です。誤記訂正。

×(誤): 今、考えるべきなのは『今、消費税総勢をして良い経済状況かどうか?』だけだろうっ!!!

○(正): 今、考えるべきなのは『今、消費税増税をして良い経済状況かどうか?』だけだろうっ!!!


4. 2016年5月25日 13:24:03 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3324]
2016年5月25日(水)
主張
政府月例経済報告
破綻を破綻と認めない無責任

 安倍晋三政権が5月の月例経済報告で、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」という判断を変えませんでした。3月の月例報告で2月までの「一部に弱さ」という表現を変更して以降、3カ月連続で同じです。景気の現状は消費の低迷が長引いているのに加え、賃上げなど所得の改善も不十分で、冷え込みがいっそう深まっています。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の破綻は明らかなのに破綻を認めず、消費税の増税など国民犠牲の経済政策を押し付けようとするのは、まったく無責任です。
国民生活の実態直視せず

 政府の月例経済報告は、景気の現状や見通しについて関係閣僚会議で決定する、公式の報告です。その公式報告で景気の判断を変えず、先行き「緩やかな回復に向かう」と楽観的な見通しを振りまくのは、消費や所得の伸び悩みに苦しむ国民生活の実態を無視したものというほかありません。

 景気を大きく左右するのは、日本経済の約6割を占める個人消費です。政府は3月の月例報告で全体の判断から「一部に」を削除した際、個人消費についても「総じてみれば底堅い動き」という表現を、「消費者マインドに足踏みがみられるなか、おおむね横ばい」に変更しました。消費の低迷は「マインド(心理)」だけの問題ではありませんが、表現の変更が長引く低迷を反映したことは明らかです。このころから安倍首相も、一昨年4月の消費税増税後、「予想外に消費が落ち込み、予想外に長引いている」と認めるようになりました。

 消費の低迷は今年春以降も続き、総務省の家計調査報告では、2人以上世帯の消費支出は3月には前年同月比で5・3%の減少と大幅な落ち込みです。先週発表された1〜3月期の国内総生産(GDP)の速報値でも、同期の個人消費は名目値ではマイナスで、昨年4月から今年3月まで年度を通してみると、個人消費は前年度に比べマイナス0・3%で、14年度のマイナス2・9%に続き、史上初めて2年連続のマイナスです。月例報告が3カ月連続で判断を変えていないのは、深刻な実態に目をつぶったというしかありません。

 「消費者マインド」が足踏みを続け、消費の低迷が長期にわたっている一番の原因が、一昨年4月の消費税増税にあるのは明らかです。消費税増税は家計の購買力を奪い、文字通り「増税不況」を引き起こしています。しかも、家計の所得が長年にわたって落ち込んでいるなかでの消費税の増税は家計を破綻させ、回復を困難にしています。勤労者の実質賃金は4年連続の落ち込みです。大企業がもうけを増やせば賃金や雇用が改善するという「アベノミクス」の筋書きは完全に破綻しており、経済政策の抜本転換が不可欠です。
消費税増税直ちに中止を

 月例経済報告は「緩やかな回復基調が続いている」といいますが、4月以降は今年が「うるう年」だった反動もあり、熊本地震の影響もあって、景気がもっと悪化するという見方も広がっています。破綻を認めず、消費税増税など間違った経済政策を押し付けるのではなく、現実に向き合うべきです。

 来年4月からの消費税増税は直ちに中止を―。それができない無責任な政府に、国民の暮らしを委ねることはいよいよできません。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-25/2016052501_05_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ