★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206 > 538.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民進党というのは、表向き野党共闘と言いながら、本音は自分たちだけの利益を追求。(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/538.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 5 月 23 日 23:33:58: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201605/article_21.html
2016/05/23 21:14

先日、民進の細野氏が米国で、共産と共闘するのは本気ではない。ただ自分たちが有利になるための道具に過ぎないと、思わず本音を漏らしてしまった。これで、民進の言う野党共闘は、方便であると見られてしまった。生活の小沢代表が、野党が本当に一体にならなければ、国民は信用しないと繰り返して述べている。今回の細野発言で、それは全くないことがわかる。

今度は、民進の玉木氏の以下のツイートである。よく国会質問に立ち、細野氏などよりはましな質問をしていて真っ当な男と思っていたが、その男が、以下の発言である。

玉木雄一郎
@tamakiyuichiro
昨日、民進党として参議院選挙に出馬を予定していた岡野朱里子氏の擁立を断念しました。共産党候補者との調整が決裂したことが最大の理由です。香川県の有権者の皆様に選択肢を提示できず心からお詫び申し上げます。なお「一本化」と報じられていますが、共産党候補を推薦するようなことはありません。


共産党との調整で一本化が出来ず、悔し紛れの発言と思われるが、共産を推薦することはないという本音を、不特定多数のフォロワーにツイートする。玉木氏が言うべき言葉ではない。なぜ、細野と同じように、野党共闘に水を差す話をするのかと憤懣やるかたない。当然、自分の発言に気を使うべき議員が2度も同じことを繰り返すことは、うっかり言ったという気がしなくなった。悪意さえ感じる。

どうも安倍首相は、参院選挙の野党共闘を見て、成功されては衆議院選挙でもっと大変だと判断して、衆参同一選挙をやるような気がする。アベノミクスの言葉も全く色褪せてしまった。やるなら今だという感じだ。

衆議院選挙でも、野党共闘をやろうと言っている。野党第1党の本音と建て前発言が正反対なら、決して野党の票は増えない。民進の議員が減るのは構わないが、嘘の共闘で損をするのは国民である。もういいかげんにしろと言いたい!!!
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月23日 23:58:57 : 1ioo7h1uY6 : p1BnCI4sGlI[288]
■かっちの言い分さんの言うとおり

 『嘘の共闘で損をするのは国民である』が

 当たりになりそ〜な雰囲気である!

 と〜と〜投票日まで1.5ヶ月となってしまった!

 民進党には心ある議員はいなかったようである!



2. 2016年5月24日 00:09:04 : K0N2nLIA9w : y6yK9Ylrtsw[1]
またネット軍師さまですか

なんだかんだ言っても共闘はすすんでいるんだら
「民主党はやっぱりダメだ 民主党に入れるな ボクの考えた凄い候補者に入れろ」は
やめようよ。安倍を利するばかりなんだからさ
ほんと官邸の思い通りにうごくんだから


3. 日高見連邦共和国[1617] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年5月24日 09:40:29 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[625]

まあ、民進党への そういう“批判”はまっとうなのでしょうが、あえて擁護すると、
共産党だって『自分達に有利』だと分析しているから、一見“大幅譲歩”をしてるのです。

『W選』になった場合の、比例までの票読みはまだ出来ませんが、『参院シングル』の場合、
このままでは、比例得票で、共産党が民進党を上回る事態になるであろうと予言しておきます。

確かに共産党、一部幹部や古株の支持者の“反発”は大きいでしょうし、民進党のように
表面にダダ漏れのみっともなさは見せませんが、内部での主導権争いも熾烈を極めています。

でも、次の選挙の“結果”で、内外の『批判勢力』は黙らざるを得ないでしょう。

そして、誰の目にもはっきり分かる筈です。この野党共闘で誰(ドコ)が一番得をしたかを・・・

また、参院全32選挙区の一人区で“野党共闘”の体制が整った事への国民のお方の評価を見て、
一部の民進党幹部も認めざるを得ないでしょう。来るべき選挙に於ける『共産党との共闘』の正しさを。

そしてそれが、『民進党の利益にもなる』と“まっとう”に判断できれば、
民進党の“野党共闘”への姿勢も良い方向へ変わって行かざるを得ません。

私は『自党の利益』を悪戯に軽んじては駄目だと思いますよ。

それは取りも直さず、『自党を支持してくれる方々の想い』を国政に届ける事に繋がるし、
現時点での心ある国民の想い、『まず、安倍政権打破。それが出来なくても、国会での
野党の勢力と存在感を高める』・・・ことに直結するのですから!

・・・とまあ、民進党をプチ擁護しつつ、逆にここで対応を誤ると“消えてなくなる”ことを覚悟せよ、民進党。


4. 2016年5月24日 11:38:15 : xqflGZioHs : 0ajCJLDdZao[1]
悪玉これ捨てロール 民進党 隠れ自民党の立ちの悪さ

岡田 前原 細野 その他 右よ右よ

あれも欲しい これも欲しいでは マトマリマ変

余分な物 削ぎ落としてちょ 


5. 2016年5月24日 12:41:46 : EYCSp0M8Tw : qnio2lBwNco[96]
前回政権取ったとき、ここぞと言う時に社民党が「いちぬーけた」とやって、総理が辞任した。
そのトラウマがあるんじゃね。

6. 2016年5月24日 15:00:29 : MylqkCn8rE : JwXMuvOK4ZA[2]
それは共産党だって同じだ
民進と共闘することによって民進の支持層に食い込んで党勢拡大をするんだよ
民共合作なんて同床異夢にすぎない

7. 反イルミナティー主義[2086] lL2DQ4OLg36DaYNlg0KBW47li2A 2016年5月24日 20:49:24 : m23Zv1Qo6U : uGPwlRgcomI[-31]
>>6
そんなに民共協力が怖いですか?(笑)
自公北朝鮮風味キチガイカルトキムチ政権
ネトサポケツ舐めの撹乱分子工作員さん?(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
8. 2016年5月25日 08:06:08 : A8DcndKiO6 : cpFx_956_@4[20]
コメント諸氏の言うように、別の政党なのだから、
各党にそれぞれ自党の党勢拡大の思惑があるのは国民も分かっている。
民進党支持者は安倍自公をストップするのは自分たちしかいないと思っている。
だが、国民多数派の無党派にすれば、
民意を知らされても反省しない民進党の拡大など望まない。
安倍と民進党どちらがましなのと迫られているのと一緒。
私なら、地方区では民進党以外の統一候補なら投票し、
比例区では自分の支持する党に投票する。
どちらも投票したい政党が無ければ、
比例区のみ、よりましな政党に投票する。
地方区は、全国・その地方の情勢によるが、
場合によっては白票とするかもしれない。
結局、これは民進党が姿勢転換しないと踏んでの判断だから、
あと1ヶ月半の状況の推移で変わることもあるとは思うが。

9. 2016年5月25日 17:59:49 : IGtgvn1m2U : UG7N7NBlklo[540]
民進党なんてカスばかりだよ。
それでも自民党の悪党議員よりはずっとマシ。
だから今は自民党をぶっ潰す事に専念すれば良いって思うのよ。

自民党を壊滅してから次の選挙で民進党もふるいにかければ良いんだよ。
たとえ数人でも残れば上出来かもね。
そのうちにもっと良い党が出てくるかも。

兎に角今は自民党をぶっ潰そうよ。
そうしないと「緊急事態法」なんてものを可決されて、あんたの隣の土地に使用済み核燃料を埋められないとも限らないんだよ。
自民党に目を付けられたら、明日あんた、逮捕されちゃう事も決して無いとは言えないよ。
いや、あんたじゃなく、もしかしたら息子や娘や孫かもよ。
自民党なら何でもやりかねない。

だから。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK206掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK206掲示板  
次へ