★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 736.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「赤旗」ピンチで財布も赤い「日本共産党」が資産を大量売却(週刊FLASH)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/736.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 14 日 15:05:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


「赤旗」ピンチで財布も赤い「日本共産党」が資産を大量売却
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/POL/24261
週刊FLASH2016年6月21日号


「全国32の1人区で、野党統一候補が実現しました。すべての選挙区で、自公に打ち勝つ決意です!」

事実上、参院選の号砲が鳴った6月1日、日本共産党の志位和夫委員長は、街頭演説でこう訴えた。2月に志位氏が1人区での独自候補取り下げを表明して以降、共産党は野党共闘の主導権を握る。

2013年参院選では議席を倍増。2014年衆院選でも8から21へと議席を大幅に増やした。今夏の参院選でも躍進が確実視されている共産党だが、その裏では、重大な問題が進行していた。

ジャーナリストの高橋篤史氏が言う。

「2001年の約350億円をピークに、2014年には約224億円にまで党収入が激減しているのです。共産党は政党助成金の受け取りを拒否しており、収入の約85%を機関紙『赤旗』に依存している。部数減が党収入に直結するのです」

「赤旗」の公称部数は、日刊紙と日曜版を合わせて124 万部。とりわけ苦しいのが日刊紙だ。

「戦後、共産党は新聞収入をメインに置く政党として成功し、一時は自民党を凌ぐ財政基盤を誇りました。しかし、2011年7月、月額500円の値上げに踏み切った時点で、毎月2億円の赤字を垂れ流していました。当時の日刊紙の部数は24万部で、今では約20万部にまで減っています」(高橋氏)

「赤旗」の収入減を穴埋めするように、共産党はここ10年間で、次々に不動産を売却している。2007年に死去した宮本顕治元議長の自宅は、多摩市の閑静な住宅街にある。その敷地は、死去の翌年から、少なくとも3度にわたって切り売りされ、1億8000万円以上になった。

共産党にとって頭痛の種が、供託金の没収だ。たとえば、衆院の選挙区で候補を立てるには、1人あたり300万円が必要。有効得票数の1割を獲得できなければ、没収される。

「1人区の候補擁立を取り下げた背景には、この供託金問題があるとみられています。党広報によれば、過去10年、6回の国政選挙における供託金の没収総額は約21億円。2005年の郵政選挙では、一度に6億7000万円を失っていますから」(高橋氏)

郵政選挙の翌年の2006年には、旧国会議員団東京事務所を約8億8402万円で売却。直近の2015年には、代々木駅に隣接する東京都委員会ビルを13億円で売却し、豊島区北大塚に移転先ビルを建設中だ。

それを知れば、“躍進”の下馬評も薄寒く聞こえる。共産党本部に問い合わせると、「参院1人区での候補取り下げは(党の財政事情とは無関係で)野党共闘成功のためであり、それ以外の意図はありません」。不動産売却は、赤旗の部数減とは関係なく、あくまでも「党本部ビル建設にともなう整理・統合」との回答だ。

今後も政党助成金を受け取らないという気概が党勢拡大の源だが、収入拡大の道は見えない。


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月14日 15:17:07 : QHPKzan1vU : fXU7zuuCjII[1]
いいじゃない 甘利みたく業者から金貰うのがいいのですか?

2. 日高見連邦共和国[2061] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月14日 15:25:04 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[899]

だから何?

政治も、人間も“清貧”こそ清々しい!

ほんっとに、だからなんだって!?


3. 2016年6月14日 15:29:07 : NAaOSi2F3g : U_jExBNmk_U[2]
まあ事実、赤旗は苦しいだろうな。

でも機関紙なんてものはそんなもんだ。


4. 2016年6月14日 15:33:03 : WyMdivMWi2 : oS7is_Hyjec[1]
D社くさい

5. 2016年6月14日 16:04:29 : gOFQcXsGdA : WO1EDzJMMAk[102]
組織崩壊は初めに優秀な人材から居なくなる。
組織の長が人材登用に於いてミスを連発することから始まる。
そして集まってくるのは、かつての組織のブランドイメージに時代錯誤の期待を抱き続ける、読めないクズばかりだ。
SEALDs等を利用する戦略と、パトロン中国経済の崩壊が大きく影響した。
旗配り団塊世代のロートルが引退して、新しい人材を得ようにも偏差値28程度しか集まらない。
SNSでの発信がたちまち祭りとなり馬脚を現してしまうので、旧来の拡大方法が全く使えない。
生き残る道は唯一つ。
書記長、委員長の公選と任期制による民主化だ。



6. 2016年6月14日 16:16:25 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[543]
自民党、公明党は黒いカネで丸太りしている。

まともな政治もしないで、、、

二世三世の世襲議員が出てくるはずだわな。

世襲はやめたのでないのか?また嘘か。嘘ばっかりだな〜安倍自民党は。

共産党は、国・国民のため、よくやっているでないか。

批判はできないぞ!


7. 2016年6月14日 16:17:20 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-927]
共産党が庶民の味方だって?バカバカしい、何という無知だ。下の書き込み一つ見てもわかるだろ。


永井 隆雄

「党職員こそ残業もボーナスも交通費も出ないのに『赤旗』配達までやらされたワーキングプアそのものだった」(元共産党議員公設秘書)

『蟹工船』ブームで入党者急増の日本共産党は「現代の駆け込み寺」だって=野村旗守
2009年3月19日(木)0時0分配信 SAPIO 文=野村旗守(ジャーナリスト)

『蟹工船』ブームで、日本共産党が完全に息を吹き返した。07年秋から昨年末までの入党者数は1万4000人にも上る。朝日新聞(1月11日付)は、派遣切りにあった若者たちが共産党に集う様子を「まるで現代の『駆け込み寺』だ」と持ち上げた。しかしどうもこの「駆け込み寺」、票集めのために急ごしらえで作られたプレハブだったようだ。

「格差社会を糾し、平和と憲法を守り抜く確かな野党」それが日本共産党だと、志位和夫委員長はことあるごとに強調する。

 昨年2月の国会質問では、

「日雇い派遣は人間を消耗品のように使い捨てにしている」と福田康夫前首相に迫り、それがネットの無料動画で流れると「就職氷河期世代」と呼ばれる若年非正規労働者層からやんやの喝采を浴びた。

 志位委員長のみならず、議員団や機関紙『赤旗』も、「共産党は派遣法改正に反対を唱えた唯一の政党」だと、ここ数年呪文のように繰り返している。たとえばこんな具合だ。

「日雇い派遣、偽装請負、ワーキングプア。なぜこんな非人間的な労働が広がったのか。きっかけになったのが一九九九年の労働者派遣法の大改悪です。このとき他党がみな賛成するなかで、今日の深刻な事態を予測して反対の論戦を展開したのが日本共産党でした」
(『しんぶん赤旗』08年8月17日付)。

 続けて同紙は、「当時は孤立したたたかいに見えましたが、政府も与野党もこぞって派遣法の改正を言い出しているいま、ここまで状況を動かした『決定的な場面』として光っています」と誇らしげに書く。

 しかし、本当にそうだったのだろうか?

 たしかに99年の派遣法改正後、非正規雇用労働者の待遇問題などについて国会質問したのは、小池晃議員や小沢和秋議員ら共産党の議員たちだった。彼らは法律の名称を「労働者保護法」と改称することや、派遣業務の対象を縮小することなど、党としての改正案を提案していた。しかし、当時の共産党が組織を挙げてこの問題に取り組んでいたのかとなると、甚だ疑問である。

 当時、小沢和秋議員の秘書だった篠原常一郎氏が振り返る。

「派遣法改正で今後大量の失業者や貧困層が出現するだろうと予測し、党としてこの問題に取り組むべきだと最初に提案したのは我々です。ところが、党の幹部たちの反応はさっぱりで、一様に苦虫を噛み締めたような顔をしていました。というのも、支援対象に野宿者(ホームレス)を含めたからです。幹部たちは、野宿者などはルンペンプロレタリアートであって、相手にすべきではないと言うのです。彼らは何十年も前の発想で、ルンプロに対する支援なんていうのは、(彼らがニセ左翼と呼んでいた)新左翼の連中がやることだ、くらいに思っていたのでしょう。そうじゃなくて、時代が変わったんだ、いまは誰もが明日はホームレスになるかもしれないのだと、いくら説明しても理解できない様子でした」

「ウチは慈善団体じゃない」と言い放った党幹部

 つまり、派遣などの非正規雇用労働者問題に取り組んできたのは共産党のなかでもごく一部であって、党幹部らは派遣法改正など歯牙にもかけていなかったのだ。あまつさえ彼ら党官僚は、「そんな票にもならないことをなぜやるんだ。ウチは慈善団体じゃない」とまで言い放ったという。

「共産党に入ればまともな会社には就職できない。運良く入れても出世できない。そういうリスクを負ってでも人助けがしたいと思って入党したのに、『ウチは慈善団体じゃない』とは何事か。それが世の中の風向きが変わった途端、コロッと変わって『格差是正の日本共産党です』と、こうです。何たる偽善でしょうか」

 篠原氏はそう憤る。

 篠原氏は79年に入党。95年に参議院議員(当時)・筆坂秀世氏の公設秘書となった。その後、03年に筆坂氏がセクハラ問題で党の役職を罷免されると、これに抗議して翌年除名処分を受ける。

 篠原氏によれば、共産党の下部専従の生活は、それこそ「ワーキングプア」そのものだったという。

「一応給料は出ていましたが、残業代はつかず、ボーナスも出ない。しかも遅配欠配が多く、交通費などの諸経費は自分で稼げというのが党の方針でした。だから私も、月に一度沼津の港から届くアジの開きをトラックに積んで、党員や支援者の家を回って売って歩きました。給料日前は飯が食えなくて、支援者の家に上がりこんで食べさせてもらっていました」

 その後、議員秘書となった篠原氏は、当時の不破哲三委員長ら、党官僚たちのノーメンクラツーラ(赤い貴族)≠ウながらの華麗な暮らしぶりを垣間見ることになる。

「不破氏には神奈川県の津久井湖畔にある豪華別荘(現在は自宅になっている)のほか、全国に複数の別荘があった。津久井には、護衛、運転手、2人の料理人など、常時5人ほどが泊まりこんでおり、彼らの住む別棟までありました。彼らはみな党中央委員会の職員で給与は党から出ていますが、普通だったら年収1億円以上なければできないような生活でしたよ」

 また、当時の不破氏には国会議員として支給される2000万円ほどの歳費(うち700万円ほどは党にカンパ)のほか、年に数点発行される著書の印税もあった。党員や支持者に売るのだが、内容は不破氏の講演テープを起こしたものが多く、実際に書いているのは秘書たちだ。

 不破氏ばかりでなく、下部職員が低賃金に苦しむなか、常任幹部と呼ばれる20名ほどの最高幹部らも1000万円以上の年収を得ていたという。

 これら篠原氏の証言が本当ならば、とんだ労働者の味方である。

 共産党は、94年に制定された政党交付金を「憲法違反だ」と言って、受け取りを拒否している。これを言ったのは故・宮本顕治元委員長だったと言われており、「支持政党にかかわらず国民の税金が各党に配分される政党助成金制度は、国民の思想・信条の自由を侵している」というのがその理由だ。

 しかし、志が高いのはまことに結構だが、その一方で共産党が現実にやっていることはどうなのか。

 02年、元共産党国会議員秘書で、拉致問題に関わって党を除名された兵本達吉氏らが「党ぐるみで組織的、系統的に、しかも長年にわたって年間何億という資金を国会議員秘書の給与から搾取していた」と、共産党を東京地検特捜部に告発したことがあった。兵本氏が89年から98年まで10年間の給与明細をすべて調べたところ、参議院から支給された1億173万円のうち4813万円、つまり半分近くは党によって「ピンはね(兵本氏)」されていたという。しかも、このような秘書たちの給与からの天引きによって、最盛時には年間3億〜6億円にも及んだ差額≠フ使途は、一般党員はもちろん、「カンパ」したことになっている秘書本人にも一切知らされていなかった。このときの告発は不起訴処分になったが、捜査にあたった検察側は「これで共産党財政の外堀と内堀を埋めることができた。次は本丸を狙えます」と兵本氏に語っていたという。

 ここ最近、『蟹工船』ブームも手伝って「一気に1万4000人もの党員が増えた」と怪気炎を上げる日本共産党だが、前出の篠原氏は「高齢化が進み、活動家の主力は60代から70代。亡くなる人も含めて、実際は減っている数のほうが多いはず」と推測する。この件について党中央委員会に尋ねたところ、「1万4000人というのは入党者が急増したので特別に出した数字であって、全体の党員数は今年開かれる予定の党大会までわからない」との回答を得た。

 また、若者の入党者が増えたからといって、『赤旗』の部数はかならずしも増えていない。それもそのはずで、一日1000円足らずで生活しているワーキングプア層に、日曜版も含めて4000円近い購読料など払えるはずもないのだ。

 今後とも引き続き財政難が予想される日本共産党。意地を張らずに「やっぱり政党交付金をください……」と恥を忍んで素直に申し出たほうかよろしいのでは?
2013年6月7日 0:22 · 公開
永井 隆雄
九大での指導教授が共産党員でした。共産党系の教員は、月刊経済によく登場しています。その教授(准教授)が、党員の給与遅配や待遇の劣悪なことを問題にしていました。また、赤旗はほとんど無報酬で党員によって配達されています。末端の党員もいますが、彼らには報酬は基本的にありません。雇われている場合は生活保護水準が目安です。
3人 · 2013年6月7日

https://m.facebook.com/takao.nagai/posts/497491780324720

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

8. 2016年6月14日 16:34:34 : GrAcgzPEJK : s2E@PN8YM5w[33]
http://www.asyura2.com/08/senkyo55/msg/1143.html
と、共産党の立候補を促すために供託金を下げるはずだったが、無くなったのかな。
元はといえば共産党の活動を妨害する目的の供託金だったはずが…ねえ。

9. 2016年6月14日 16:57:40 : c8f0Yvxre6 : Swqp0N78y@o[16]

「赤旗日刊紙発行危機」の公表が2011年7月、毎月2億年の赤字になっている、それで
最低でも、日刊紙500円値上げし2万部増やさないといけないと、市田書記局長を張り付けて「党勢拡大大運動」を実施した、しかし結果はさらに後退した。
今はその当時より、「赤旗日刊紙」はさらに2万部以上後退、「赤旗日曜版」と合わせて購読者14万人の減少となっている。
2012年には「党員9万人」大量離党まで発表する事態になった。

原発事故、沖縄辺野古米軍基地建設、消費税増税、安倍政権の暴走、TPP、集団的自衛権etc
何があっても「赤旗」購読者は増えるどころか減る一方のようです。
「赤旗」が減る = 日本共産党の政策や活動は人々から関心を持たれない = 存在価値の減少

戦犯・売国の昭和天皇=「象徴天皇制」反対 ――⇒問題ありません完全擁護します。
アメリカ帝国主義 ――⇒2000年より毎回の党大会にアメリカ大使館に招待状を発行しています。
敵は売国的独占資本(大企業) ――⇒財界人の講演会で「大企業とは共存できる」と志位委員長。
「革新3目標」「革新統一戦線」 ――⇒「新しい3目標」「統一戦線」と「革新」は禁句に。
今では、「1点共闘」万能論・・・それ、百回千回やっても「革新統一戦線」にはなりません。
「日米安保条約」破棄 ――⇒将来の国民多数の合意で「廃棄」、と現状の政治課題としては棚上げ、日米軍事同盟は実質容認。
消費税廃止 ――⇒3%から5%、5%から8%、8%から10%いずれも増税反対だけ、

あげればきりのない日本共産党の路線転換―――国体護持、親米・独占資本擁護の口だけ社会主義政党。
多くの古参活動家党員、支持者たちが、そのような欺瞞的な不破・志位党首の路線変質に見切りをつけた、共産党の自己崩壊現象が止まらないのです。

1998年、不破哲三が「政権病」に罹ってオツムが狂ってしまった哀れ日本共産党です。
もうお金がないから選挙本番前に『紙爆弾』もつくれません。
今いる党員は、そんな経過を知らない若者とカルト化した老人党員、党費も納めなく名前ばかりの登録党員になってしまい、、、選挙は風頼みというところです。


10. 2016年6月14日 17:05:29 : EldoBqJNeQ : IU2WMmsliEs[3]
「不動産売却は、赤旗の部数減とは関係なく、あくまでも「党本部ビル建設にともなう整理・統合」との回答だ」


                             「世界の一流紙」
 

 flashとか、下司の勘ぐり、地方では躍進日本共産党を象徴するように、新たな胎動が各地で始まっちょるぞ。首都圏近郊でも、さいたま市じゃあ、新築さいたま市委員会ビル(木造じゃがエレベーター付き)とか、その他地域委員会棟をリフオームするとか、躍進を象徴する事業がバンバン始まっちょるぞ。確かに、この収入減の世で、日刊紙月3497円払うつうんはラクじゃあねえな、しかし住民の暮らしや地域に立脚しおった、こいだけの内容の情報得るつうんは、マスゴミや犬エッチ等からは到底望めねえぞ、そいだけの価値があるつうこった。まあ、放射能汚染食品や呼気被爆の問題なんか、もう少し派手に大々的に取り上げてほしいつう、要望もあるが。消費者側だけでなく、そいで食っている生産者側の事情もあるんで、赤旗側もシャイになっちょるんだろう。
  とにかく一日の始まりは、一杯の渋い緑茶と、赤旗新聞をザッと目を通す、将棋の有段者として将棋欄だけは熟読、こっから充実した一日が始まるんで、どれもがウソ偽りのない真実の世界で、赤旗を除いた一日は考えられねえよ。加えて、こげん新聞が宅配されるちゅう魅力、こりゃあデカイよ。リュマニテにしろウニタにしろ、影響力やで貢献度でえしたもんだが、皆んなスタンド売だったかんな。総合的に赤旗新聞は、分析し批判し総合し、展望を打ち出す点で、NYタイムズ・Wポスト・リベラシオン等世界のどの一流紙にもヒケをとらねえ、我が国代表するだけでなく、世界の一流紙つうことも間違いねえな。


11. 反薩長主義[31] lL2ORpK3juWLYA 2016年6月14日 17:08:53 : Mw4EMvHQEs : fiKrkK9yvC0[25]
光文社よそんなヒマがあるなら
安倍壺三とカスゴミの毒され幹部たちの
「寿司と天ぷら」の癒着を徹底的に調べろってーの!!
まさか光文社よお前のところも安倍と
「その仲間たち」の一員じゃないだろうな?
まぁ、あの石原慎太郎を賛美した本を
出しているエセユダヤ賛美ウヨカスゴミ
だからその傾向はあるかもな。(笑)



[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

12. 2016年6月14日 17:11:31 : xM05bDnG9Y : gHaWXxEGgOY[265]
共産党がよほど怖いようで、今までの選挙とはまったく違うネガキャンばかりだな。

金がないのは共産党ばかりじゃなくって、我々庶民も金がない。
共産党の外郭団体(と言っていいかは分からないが)、民商や社会保障推進協議会、生活を守る会等の組織で働く人も薄給で大変なのを見ている。

それに比べて自民党、公明党はどうだ。
完全に焼け太りだ。政党助成金を貰いながら、経団連企業からはわんさか献金を受け、我々の血税を湯水のごとく使い尽くし、舛添じゃないけど公私混同議員ばかり。
選挙で出て来るのは2世、3世のボンボン嬢ちゃんばかり。

日高見さんじゃないけど「だから何?」っていう記事だよな。

どうせ官邸から金をもらって書いた記事だろう。

自民党には漏れなく「お漏らし安倍晋三」が付いてくる・・・
怖いね。


13. 真相の道[1026] kF6RioLMk7k 2016年6月14日 17:43:20 : 55Mvar4oWo : zIgO6vffks4[403]

赤旗の押し売りは社会問題になっていますね。
   

『【共産党】パワハラで地方自治体の職員に赤旗を押し売りする共産党。何が弱者の味方だ! 』
http://ameblo.jp/vamosabailar53/entry-11963564199.html


皆さんも赤旗の押し売りには、毅然と断りましょう。
  
  


14. 2016年6月14日 20:59:44 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[956]
>>13
百遍バラ撒く都市伝説は対価時給3000円のノルマなかな。

 

 
さてと、(おまえなんかどーでもいーので(笑))

 機関誌とは言え重要な収益とあれば、党側の編成エゴと読者の最低限必要とする内容の
最低限の折り合いの付け所は意識した物だと感じるところだが、
果たして官僚的な柔軟性の乏しさは売上に現れて居るところだ。
 現在新聞として一般的な情報も欲しいと思った場合、赤旗だけでは用が足りない。
結果として赤旗と、そして一つ紙、何某かの一般紙を併読しなければならない訳だ。
ルンプロどころかこのご時世プチブルにすら此れはしんどい出費と言える。
 平たい話が、
なにも一般紙になれ…と云う話ではない。最低限で良い。赤旗だけで用が足りる体裁を整えれば
自然に売上なんざ増えるのだ。
これで基板を確保する。第一段階。
 第二段階は値下げだ。
確保した固定読者を盤石にして、更に購読者を積み増す。
 第三段階は一般紙面分割愛した機関誌としての記事ボリュームを
面数増の形で復活させる。
 第四段階
自社稿待機部分を販売しても良いだろう。
今朝方の東京新聞1面に産経のウヨウヨした広告が載っていたのにはびっくりした。
この様な広告でさえ普段の誌面づくりで読者の啓蒙さえ行き届いて居れば、
「世の中にはこんなおかしな品物がある」と云う問題提起のネタとして配する大胆な構成が可能なのだ。
勿論広告料は毟り取れる。(先様の売上なんざ知った事じゃない)
敵の銃を奪って撃ち倒す程度の狡猾な柔軟性さえ望めれば、
広告に拠る面数の上積みも更にプラスされる。
この上積み部分は必要が生じた場合記事面として活用が可能な余力となる。
通常紙面構成を削ること無く、志位の談話全文でも党公約全文でも載せれば良い。
読者が最低望む情報は確保された上だ。誰辟易する事もない。

此の全ては
「赤旗だけで事が足りる」条件を整える事から始まる。此処が重要だ。
先んじて敵性な価値を整え、結果として価格も適正に戻る。そして正の再生産が始まる。

代々木の姿勢を正したい。 霞を燃料にあかつきの輪転機が回るわけでもなければ、パンのみで毎朝の配達が成される訳ではないのだ。


15. 2016年6月14日 21:22:58 : UwaxGmYDtY : DMPVG6RFTuA[1]
>>7

政治活動なんぞそんなものだ。
企業やら労組やら資産家だかバックにいてたっぷり献金をもらえないとな。

君も無所属で選挙に出てみろよ。
苦労がわかるから。

>『【共産党】パワハラで地方自治体の職員に赤旗を押し売りする共産党。何が弱者の味方だ! 』

押し売りは良くないが、いつから自治体職員が弱者になったのだ?
ハシシタなどの役人批判には飛びつくくせに(笑)


16. 2016年6月14日 21:25:42 : UwaxGmYDtY : DMPVG6RFTuA[2]
>>14

賛成です。
せっかくの赤旗という「メディア」です。
何とか国民のために活かしたいものです。


17. 2016年6月14日 21:28:00 : UwaxGmYDtY : DMPVG6RFTuA[3]
ただ新聞自体が一般紙含めて読者数は減少しているからね。
これまでの機関紙・誌を中心とした「ビジネスモデル」が成り立たなくなりつつある。

18. 2016年6月14日 23:12:03 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[755]
じゃあ、税金からの支出である政党助成金と企業からの口利き賄賂でも貰って何とかすればいいと?いいじゃないか、貧乏でも。赤貧洗うが如しでもガンバレ!
貧乏でも政治参加する政党を残しておかないと政界には自分が金持ちであるか、金持ちにたかって言いなりになる人間しか残らなくなる。そんな連中が庶民のための政治をするはずもないだろう。

19. 2016年6月14日 23:30:26 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[756]
一口千円くらいから、個人からの政治献金でも募ったらいいだろう。
個人的に支持したい気はあるが、新聞だと(断るまでは)ずっと取らなきゃならないから面倒、あるいは「共産アレルギー」の家族や親戚、近所に気兼ねして取れないという人もいるかもしれない。今時だから集まるかもしれんよ。
その代わりタダで見られる赤旗のウェブサイト、もっと充実させてよ。
ウェブを「有料サイト」にするという手もあるが共産党なら金を払えない人にも見れるようにしといてほしい。いずれにしろ紙だけに拘る時代じゃない。

20. 2016年6月15日 02:40:42 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[443]
勘違いしているね。
共産党は,野党共闘の過程で一人区の候補者を下ろし,比例区に回している。
これを見ればわかるように,比例区では過去最高の42人を擁立している。
http://www.jcp.or.jp/web_senkyo/

供託金は選挙区は一人300万円,比例区は一人600万円だよ。
だから,一人区の候補者を下ろした結果,かえってお金がかかるのだ。


21. 2016年6月15日 11:32:18 : vkh08zdnfc : zqmFYISqGS0[1]
14>「現在新聞として一般的な情報も欲しいと思った場合、赤旗だけでは用が足りない。結果として赤旗と、そして一つ紙、何某かの一般紙を併読しなければならない訳だ・・・最低限で良い、赤旗だけで用が足りる体裁を整えれば自然に売上なんざ増えるのだ」


                        「新聞赤旗読めばトクする」
  

  経済情報・投資情報つうか、資産防衛や運用・金銭問題に限って検討すれば、ゴミウリや惨茎は問題外となるが、肉茎レベルの情報を掴んで、多くのもんが結局は資産を失っちょるつうんが現状でねえかい。小生の周りでも、5千万損してる・3千万損してるとか、1万7千にいったら全部売るつもりとか、そんたな声がえっペえじゃな。結局、20世紀末からの経済恐慌つうより、貨幣恐慌・信用恐慌の状況の中で、基軸通貨が揺らぐとき、如何に処すべきかの問題には、木を見るより森を見ねえと対応でけねえつうことだな。口から出まかせで、今日明日を口に糊して凌ぐ経済評論家なら、木だけ見て2万3千にいくよとか煽るんは、食うために止むを得ねえだろうが、そいじゃあ一般大衆は損しっぱなしで困る。
  前世紀末から、21世紀初めの基軸通貨が揺らぐテエヘンナ時代には、森を見るつうか、どうしても大所高所に立つ正確なジャイロが必要だ。マルクスは、時代の制約もあり、貨幣恐慌・信用恐慌問題等に対し、論を全て盡したわけでねえが、そいでも、基軸通貨が揺らぐような時代には、如何に対処すべきか、如何に処して生きるべきか、資本論のコンテキストの紙背の中で、仄めかしちょるよ。新聞赤旗は、その森を見るつうことに関し、具体的に論陣を張っちょるわけでねえが、基本的な視点は提示してくれるんで、有難いよ。新聞赤旗とってるもんで、ここんとこ、大損したつう声は聞かねえな。「知は力なり」つうが、新聞赤旗の知的威力は、庶民の金銭問題でも発揮される時代つうことだよ。換言すれば、新聞赤旗読めばトクするつうことだよ。


22. 2016年6月15日 12:52:57 : ZmIxQ3PkF6 : kXycXtaJD_U[280]
政党助成金貰って無駄使いしている
自公に比べたら
あっぱれだ!

赤旗取る人たちが増えるだろうね


23. 2016年6月16日 15:03:04 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[961]
>>21
知って居る。
その上で述べた。

 赤旗がトクなのは御説の通りの角度で実際トクだ。
だが現状の赤旗にはそのトクを得る事の為に少ない(実際少ない)面数の切り盛りの結果割愛されて居る部分が在る。
 うちは東京新聞だ。
党関係の情報はさて置き赤旗の提示する記事と結構良い勝負の関係なのは述べ立てるでも在るまい御理解と思う。
普段此れを読んでいる目(新聞は金払った分しっかり元を取る主義なので必ず読破する。但し市況欄と、普段無用論を貫いているスポーツ・歌舞音曲は最初から無い事にしている)で、赤旗を読んだ時に
まず地方面で困る。
社会面が半分程度割愛され、にも関わらず扱われる記事の適当の精査が甘い(力を入れていない)。
1面から政治面国際面にかけての党関係の記事とそうでない記事の切り分けが曖昧。
そして恐らくその曖昧のせいで機関誌的情報の部分と一般的な各面の本来記事のボリュームとレイアウトに日々の一貫性が無い。
…面数が少ない状況でこれをやるのは実際「定期購読紙としての普及」を図る上で致命的なところだ。
(立川談志が一見さんお断りの高座ばかりやっている形…って例えは、…逆に解り難くなっちまったかぁ)
気がかりもある。ローカルのラテ欄はどうしているのだろう。

まだ実験してみた事は無いのだが、
以前出張の際に数回手入れた神奈川新聞が、記憶では「赤旗の面数に近い」。
東京新聞といい勝負で意欲的な誌面づくりをして居る処に好感を持ったのが今も記憶に在る。
もう一つ、山梨新聞。記事はローカル特化で且つ凡庸なのだが、
これはキオスクで買った際なんとも懐かしい匂いに気がついた。
此処は恐らく活版設備を更新出来て居ない。どう考えても鉛職人がまだまだ頑張っている様に見えるのだ。(自転車状態なのだろう。とは言えこれは凄い)
何を言わんとしてるか解るだろうか。
赤旗は字が小さい。 いや、此れは語弊がある。そもそも本来の新聞の密度はこう云う物だった。
そういった面で考えれば山梨新聞は「赤旗の密度に近い」
(面数は失念)
両者を取り寄せて赤旗と突付きあわせて考察すれば、
現状レギュレーション内で直近赤旗が取り組むべき課題…
…その差異を具体的に顕在化させて認識し、赤旗のアイデンテティを損ねず盛るべき要素のボリューム、相対して削られるべき優先度の序列整理、その結果を最大活かすに適切な紙面構成且つ各面レイアウトが、
かなり良い筋まで見えて来るのでは無いか、と予感する。

最低必要な物が、最低必要な分量保証されて居る事で、
どうせ便所の敷物にしか使っていないであろうクソ読売やクソ産経の読者からも程度の取り込みは可能になる筈だとの確信もある。
(確信だけにこれがホントの革新!   …すんません。座布団持ってって下さい )

時に此の際。
スポーツと芸能は、例え地域ネタだとしても真っ先に割愛されるべき事は絶対だ。
此等は在っても無くても良いどころでは無く、そもそも重要な事件ではない。
(中でも高校野球に至っては最優先に排除だ。赤旗が集団児童虐待に与する事此れは、絶対に在ってはならない)
面数が少ない処で八方美人の背伸びをするのは愚の骨頂である。
それが程に価値の在る物ならば其れ専門の別紙を試しに発行してみれば良い。
それは余程に売れた物か。在り得ないだろう。 ならばそもそも記事としての価値は無い。
(百歩譲って在ったとしても、其処は既に如何わしい記事の競合市場である。
『朝刊アカハタスポーツ』←買うか? キャッチフレーズは「真っ赤な色のニクイやつ」これだな。
 隣の腐れ夕刊フジに塩贈ってどうしますかぃ…)
『この様な記事に興味を持たない者が居ない筈は無い』と云う、報道機関の謎のドグマを打ち破った結果に
価値を求める読者は相当数存在して居る。故に此処は独占市場と言っても過言では無かろう。
 動機は営業収支都合故の紙面の節約及び再活用改良では在る訳だが、
その見直しの副次効果として此程のメリットすら発生するのだ。
…此処には東京新聞すら踏み込めない事は特筆に値するだろう強調したい。

 

 
さて、
此処迄来たので事の序だから述べる。

実は此れも以前から不満に感じていた所なのだが、
 赤旗を突如手にしたくなる事が在る。 主に、出先でその日稀にかなり早い時間に東京新聞を読破し切ってしまった際、
手持ち無沙汰になってしまうので「ああこう云う時赤旗でもその辺に売ってればなぁ」と感じる事が度々在るのだ。
然したまたま訪れた最中の知らぬ土地で地区委員会の居場所など一々知って居る筈もない。
結果として「ああつまらぬ事を考えた」と自分を納得させ積極的にその事を忘れる事にする訳だ。
こうして代々木はその日、日刊紙一部相当の売上を溝に捨てている事にもなった筈だろう。
幾度もあるので何部も捨てた。…そういう事だ。  これは開拓されるべき市場では無いか。
 然しキオスクに並んで居れば、或いはコンビニに並んで居れば何と便利な事だろう…と幾度思った事か。
あかつき直送の流通事情も在ろう。然し知恵次第で相当とは行かぬ迄も改良の致し様は在る筈だ。
 コンビニの多くはフランチャイズだ。
微々たるものではあろうが各店経営者の裁量権に縋る事も考えるべく、地区委員会から一定半径内のコンビニに委託販売を求める様、何故代々木から指導しないか。
発想の官僚的硬直化故だろう。
台所事情ばかり嘆いて減産型の対処ばかりに走るから、此れ程容易い事でも何時迄経っても壁を打破できない。
(集配所真正面にあるコンビニですら置いていないのには呆れた)
 「『元』看板娘」の存在する向う横丁の角の小窓の店なんてのも、大分肩身が狭くなった風だがまだ使える筈だ。
「赤旗ありマス」なんてな札でも出させれば良い。
チェーンであるコンビニよりも余程地域の顔なので落としやすい筈だ。
 地方議員事務所は地区委員会などよりも余程にお目にかかる。
ここにも置かせるべきだろう。
政治資金収支との折り合いもあるので財布の切り分け方は代々木の法務辺りが一括で指導すれば良い。

ちょいと考えただけでこれだけ出て来た。
客人が来たので筆を置くが、まだまだ、然しあっさりとアイディアなんざ出るはずだ。
要はたったのそれを するか、しないかだけなのだ。
よし。 待たせてるのでここでおしまい!

>>21 いっしょにかんがえて〜! (笑


24. 2016年6月16日 16:16:33 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[962]
御客人(まさに活動員、末端の末端だが当事者だ。
 時折赤旗を読ませて貰ってる御仁其の人だったりする。噂してると来るものだなあ…)
を帰してもう一つ、
たった今気付いた事が在る。
赤旗の立直しの実績と販売躍進成就は、
マネージメント能力の基礎実績を目に見える形にした形になる事から、引いては政権担当能力在りや無しやの評価バロメータとしてかなり有効に働いて来る筈だ。
本気の度合いを行動に表せるか、果たして胡座をかいたまま燃えるに任せる家の中で即身成仏を成し遂げるのか、
果たして其の家に在る一億の同居人が住まうや逃げるや。…そう云う事だと思えば良い。
 赤旗をもって見事鎮火を成し遂げて見せれば、
後日の其の政権の長屋で寝起きする事に迷ったり考えたりする理由が俺には全く無くなる。
今は「ゴリゴリの大家が下手糞な義太夫の御披露目に、俺達店子が生きてる限り毎晩強制動員しやがる」から、
「少なくとも共産大家はそいつをやめさせるらしい」ので、大家交代に期待する向きが大半と言った処だろう。
動機がネガティブだ。 仕方がない。
此の流れに乗って徐々に変えて行くのが今の、雰囲気とも表現したものだろうか漠とした其れだ。
然し案内の通り、赤旗の有り様次第で此処が決定的に転換する。
代々木の『本気』が是非見たい。

25. 日高見連邦共和国[2141] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月16日 16:46:46 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[979]

中学時代の私の愛読誌は『赤旗・日曜版』でした。

土曜日の部活帰り、乾いた喉を母さんの梅ジュースで潤しながら拡げる『赤旗・日曜版』を読む至福〜!

父さんが、付き合いで取ってた新聞で私が“赤化”することを本気で危惧したらしいですが、
アンタのムスコはそんなにヤワじゃない!(笑)その後しっかり、自民党(小沢一郎)支持経由、
現在はもうご立派な『反自民党統一戦線』のゲリラです。(笑)

こんな私が、21世紀の政局シーンで、小沢一郎支持者と共産党支持者との“橋渡し”
をしてるも、“神の見えざる手”の働きとしか言えませんよね〜。(笑)

あ、キッチキチの共産主義者さんは無神論者なんですってね!ちなみに、私の実家は天理教。

例の野ブ田が自らを『ドジョウ』と名乗ったとき、教祖(おやさま)中山みきさんの予言の中核・・・

『この世の終わり、不浄な人間はどじょうになり、世界は天露台を残して水に沈む』

というお言葉を思い出しました。私なんて、“不良信者”なんですがね・・・(笑)




  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ