★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207 > 883.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ポスト安倍の大本命? 岸田文雄外相「現憲法に愛着ある宏池会を再び表舞台へ」〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/883.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 17 日 12:55:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

岸田文雄きしだ・ふみお/1957年生まれ。早稲田大学卒。広島1区で当選8回。外相、宏池会8代目会長。祖父(正記)、父(文武)と3代続けて宏池会に所属。沖縄・北方対策担当相、規制改革担当相、自民党国会対策委員長などを歴任(撮影/写真部・東川哲也)


ポスト安倍の大本命? 岸田文雄外相「現憲法に愛着ある宏池会を再び表舞台へ」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00000188-sasahi-pol
週刊朝日  2016年6月24日号より抜粋


 来年60周年を迎える名門派閥、宏池会を率いる岸田文雄外相(58)。歴史的な米国・オバマ大統領の広島訪問の立役者となり、ポスト安倍としても注目されている。「現憲法に愛着を持つリベラル集団」のプリンスは今後、保守本流の意地を見せられるのか?「週刊文春」のトップ屋として活躍し、幅広い著述活動を展開する大下英治氏が話を聞いた。

*  *  *
大下:岸田さんが古賀誠元幹事長から引き継いだ派閥「宏池会」が来年、60周年を迎えます。保守本流の名門ですが、もともとはどういう縁だったんですか?

岸田:私が生まれた昭和32年、宏池会が結成されたのですが、私の祖父も立ち上げたメンバーでした。以降、3代にわたり、宏池会です。過去には池田勇人、大平正芳、鈴木善幸、宮沢喜一と歴代4人の首相が輩出しましたが、最近は政権から遠ざかっておりますね。かつて先輩方がいかに努力し、苦労し、成功したかを今、若手(当選2回以下)が中心になって勉強会で学んでいます。来年に向けて歴史を振り返り、政策を提言して60周年を意義ある年にしたいですね。

大下:宏池会らしさとは何でしょうか?

岸田:昭和30年の自民党結成に合流した吉田茂自由党の流れを深く継いでいる、「言論、表現の自由」を大事にするリベラルと言われる政治集団で、ハト派とも言われています。さらに宏池会の先輩方は日本国憲法の制定の現場にかかわった方が多いので、宏池会としては現憲法に対する愛着というのはあると思います。

大下:改憲に対するご見解はいかがですか?

岸田:われわれは改憲に反対というのではなくて、愛着があるから、時代の変化にも対応してよりいいものに変えていこうというスタンスです。もともと現憲法そのものを否定するスタンスではないということです。

大下:今は憲法改正というと、岸信介元首相の孫でもある安倍首相というイメージがありますね。

岸田:その系譜は清和会へとつながり、そして吉田自由党の流れは、宏池会と平成研(旧田中派)につながっていると思います。

大下:宏池会はリベラル、平和主義ですね。

岸田:はい。安全保障については、軽武装、経済重視でいかないと、戦後、国民は食べていけなかった。そして日中国交回復も深く関わりました。

大下:田中角栄さんと大平さんですね。

岸田:そうですね。宏池会の先輩方は韓国との関係も含め、近隣諸国との関係において具体的に汗をかいた。政治スローガン、イデオロギーに振りまわされるのではなく、国民の声を聞きながら、極めて現実的な対応をしていくというのが宏池会で、それが保守本流の基本的なスタンスだと思っています。

大下:歴代の宏池会の政権の特徴としては「寛容と忍耐」でしたね。

岸田:はい。池田内閣のスローガンでした。宏池会の政権の特徴としては、権力の使い方に対し、極めて謙虚でした。ですから、われわれも寛容と忍耐を受け継いで、丁寧に謙虚に権力を使わなければならないというスタンスを大事にしています。

大下:安倍政権との距離感はどうでしょう。

岸田:憲法を変えるのに反対というのではなく、改正すべきところは改正し、協力できるところもたくさんあると思います。全否定するとか、全肯定するのではなく、要はバランス感覚ですよね。

大下:古賀誠さんが、岸田さんを「ケンカしない。言葉がやさしすぎる」と評しておられますけど、どういうタイプだと思いますか。

岸田:政治の世界というのは古賀先生のおっしゃるとおり、ケンカすべきときはケンカすべきなのでしょう。ただ、ケンカばかりしていても、なかなか政治の世界で生きていくことができない。

大下:古賀先生は今も宏池会をバックアップされていますか?

岸田:はい。昨年の総裁選挙の対応をめぐって、立場、考え方が違ったということはありました。でも、その後、月に何べんかは古賀事務所にお邪魔してご指導は受けております。

大下:酒豪の岸田さんは外遊先で買ったワインなどをお土産で持っていかれるそうですね。5月31日の宏池会の勉強会のとき、古賀さんが「首相をめざす覚悟をしたらどうだ」と、みなさんの前で岸田さんにおっしゃった。なんと返答されたんですか。

岸田:別に返答はしておりませんが、ありがたいことだと思っています。若手も宏池会の系譜につながっていることを誇りに思うと口々に言っていますので、ぜひ政治の中で存在感を示したい。しっかりとした政治勢力になりたいと思っています。

大下:存在感ということは次のポスト安倍の総裁選のときには、当然、手を挙げられますよね。

岸田:今の段階で、挙げるとか言うとまた独り歩きするので、それはまだ控えてはおります……。

大下:それは控えめですね。オバマ大統領の広島訪問でも大きな成果がありましたし、そろそろ名乗りを上げてもいいのでは?

岸田:来年の宏池会60周年に向けて盛り上げたいと思ってますし、その結果が、ポストにもつながっていくのではないでしょうか。

大下:その意味じゃ、ご自分がもう少し発言を多くして、PRされたほうがいいのでは。

岸田:はい、私もそうした指摘はぜひ参考にさせていただき、努力したいと思います。(構成 本誌・上田耕司)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月17日 13:00:23 : RzhnqQhdbw : PJP2ZW11IE8[1]
昨年の安保法制を巡るやりとりを見るにつけ、あれが宏池会の流れを正統に汲む人物のものとは思えなかったが。

2. 2016年6月17日 15:08:57 : NyV5MVFS4I : @yy5zvyXJYI[4]
第一次安部内閣は閣僚の問題やらなにやら噴出して、野党ともろくに渡り合えず1年でマスコミの大批判に押されて辞職して終わった。
第2次政権ではマスコミはピタッと批判を止めている、同じ男なのにだ。
第一次で政策に掲げた「行政改革」だ、これが役人のお気に召さなかったのだ。第二次政権でぴたっと言わなくなった「行政改革」
これによって役人の御しやすい首相になったのだろう、つまり安部は自分の政治的な理想をいとも簡単に捨て去ることができるんだよ。「改憲」すらいつポイっと捨てるかどうかわからんよ。

3. 2016年6月17日 19:49:14 : j9E1GKMSRQ : auGFQrqOVRA[113]
週刊朝日お金貰ってるの?

岸田の言動は、安保法案の答弁を聞いたらよく分かる。

誠実さのかけらもない。

同じ答弁を繰り返す。

アベとキシダとナカタニは人間失格。

安保法案の審議見ていた人ならわかるやん。


4. 2016年6月17日 22:26:17 : FWDvUwoOYo : 4DlFaKj18v0[8]
国立大学の卒業式に日の丸を掲げて君が代を合唱させるべきだ。言外にいうことを
聞かないと裁量で補助金を減らすという意味をこめて。

靖国神社に対するアメリカのコメントにけちをつけるおっさん。それがこの岸田とかいう男。はっきりいえば単なるアホ右翼。


5. 2016年6月19日 20:05:58 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[130]
外相は 安倍が兼ねてる 岸田Who?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK207掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK207掲示板  
次へ