★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 285.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
党首討論の司会で露骨な安倍首相贔屓をした古市憲寿と読売・橋本五郎に非難殺到! 小沢、岡田攻撃もヒドすぎ(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/285.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 22 日 02:20:21: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   左・「Amazon.co.jp」の古市憲寿:著者略歴ページよりより/右・『ズームイン!!SUPER』橋本五郎プロフィールより


党首討論の司会で露骨な安倍首相贔屓をした古市憲寿と読売・橋本五郎に非難殺到! 小沢、岡田攻撃もヒドすぎ
http://lite-ra.com/2016/06/post-2358.html
2016.06.21. 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会 リテラ


<中継>参院選あす公示「党首討論会」@日本記者クラブ


 本日、日本記者クラブが主催で行われた9党党首討論がSNS 上で“炎上”している。原因は、記者クラブの代表質問者である橋本五郎・読売新聞特別編集委員の“自民・安倍広報官”ぶりだ。


 本日の党首討論では、第二部で記者クラブの代表質問者の4人が各党首に質問を行うという形式だったのだが、橋本氏は開口一番、「まあ、性格上、自民党の安倍総裁に質問が集中するかと思います。参院選挙が中間選挙で、政府が一体これまで何をしたのかっていうことをですね、これは問いただす場ですから、えー、そこはほかのご党首にも了解していただきたいと思います」と説明した。


 さすがは安倍首相と会食を繰り返す“御用ジャーナリスト”“寿司友”である橋本氏。もっともらしい理由をつけて最初から安倍びいきを正当化したが、その後、つづけて橋本氏から飛び出した質問もすごかった。


「安倍政権は2018年が総裁の任期。マラソンで言えば折り返し地点を越えたが、これから経済以外で何をしようとしているのか。憲法改正なのか、拉致問題、領土問題なのか、東京オリンピックの開催主席なのか。正直な気持ちを吐露してほしい」


 ……選挙を控えての党首討論で、喫緊の経済政策の失敗を問いただすでもなく、安倍首相が答えやすい拉致や領土問題、あるいは害のない東京五輪に誘導する。こんなわかりやすい“思いやり質問”があるか?と思うが、案の定、安倍首相はご機嫌な様子で「私はよく母親からですね、『正直すぎるぞ』と言われております(笑)」などと話しはじめた。


 だが、もっと露骨だったのは、民進党・岡田克也代表への質問だ。


「(ずっと安倍政権を批判してきているが)ただ、その安倍政権は、内閣支持率が不支持よりも、いまもう10ポイント以上は(支持が)高いんですねえ。ヘンですね、これ。そんなに悪い政権ならば、もっと不支持が増えていいじゃないですか? なぜそうなってると思いますか?」


 まったくふざけるな、とはこのことだ。経済問題はもっとも支持率に直結しやすいが、その経済政策ひとつとっても、海外のメディアが次々に指摘しているようにアベノミクスが失敗しているのはあきらかだ。だが、その事実を、橋本氏が所属する読売新聞をはじめとする大手新聞やテレビは伝えていない。つまり“メディアによって現実を知らされていない”ことが支持率の裏側にあるのに、あろうことか検証を怠っている新聞社の特別編集委員自らが支持率を野党の糾弾材料に使うとは、ジャーナリストとして言語道断だろう。


 実際、橋本氏に攻撃を受けた岡田代表は、「(政権の政治実態が)十分伝わっていないということはありますね。橋本さんだから申し上げますけど、メディアはどうですか? 私は相当メディアは自粛していると思いますよ、いま」と反論。すると橋本氏は「まったく自粛してませんよ……! 私なんか」と宣ったが、岡田代表は選挙までの2週間、党首討論が開かれないことの理由を逆に橋本氏に問いただした。


「それは自民党から、そういう要望が出たらテレビ局各社が全部飲み込んでしまったからじゃないですか? そういうやり方をしていて、ほんとうに国民のみなさんに伝わるのかと、もっとみなさんも危機感もつべきだと思いますよ」


 そうぶつけられると、橋本氏は「それは主題ではありませんから、次の質問に移りたいと思います」と議論から“逃亡”。だが、橋本氏はその後も、生活の党と山本太郎と仲間たちの小沢一郎代表に「(小沢氏は)本来ならば真ん中に座っていないとおかしい人なのではないかと。それがいま、端っこのほうにいなければいけない。一体なぜそうなってしまったのか。小沢さんご自身から、なぜ自分がいま零落した状況にあるのか、ということをですね、ここはきちんと説明していただく責任が、小沢さんにはあるのではないかと」などと、またしてもどうでもいい質問で野党攻撃を繰り出した。


 党首討論という公の場で、橋本氏のような御用ジャーナリストが安倍総裁に代わって野党を政策とはまったく関係のない話題で口撃し、肝心の政権の失策には目をつむる……。こんな状態でまともな議論が行われるわけがない。


 それは今週日曜日にニコニコ生放送で行われた党首討論も同じだ。この党首討論では司会を社会学者の古市憲寿氏が務めたが、そこでも古市氏は橋本氏と同様、くだらない野党攻撃を行っていた。


 討論の真っ最中、古市氏は口を開くや否や、小沢代表にこんなことを言い出したのだ。


「僕、できれば小沢さんが再婚相手が見つかったかどうかちょっと訊いてみたいんですけど」


 唐突なこの質問に、小沢氏も「え?」と絶句してフリーズ。「それはきょうのテーマですか?」と冷静に古市氏に問うと、古市氏は「興味があって。小沢さんが最近どうしているのかなあと思って」と返答した。


 政策を問うでもなく、俎上に載せたのが再婚。さすがにこれには批判が殺到したのか、討論の最中に古市氏はスタッフに手渡されたお詫びの文面を「これ俺、読んだほうがいいんですか? この通りに読んだほうがいいの?」などと言って渋々読み上げた。


 しかし、古市氏は小沢代表にだけ無用な攻撃を行ったわけではない。たとえば古市氏は、おおさか維新の会の松井一郎代表や新党改革の荒井広幸代表が民進党批判を行うと、岡田代表に対して「自民党が攻められるかと思ったら、岡田さんがさっきからずっと攻められていますよねえ」と発言。共産党も社民党も同じように与党の政策の問題点を追及していたにもかかわらず、まるで“与党よりも野党のほうが問題が多い”とミスリードするかのようだった。


 その一方で、“質問・回答は30秒で行う”というルールのもとで行われているのに、安倍首相が「おふたりから質問があったので30秒30秒に」と言い出すと、古市氏は「じゃあ40秒くらいで」と甘い返答。


 だいたい、街頭演説では一切、憲法改正に一言もふれていない安倍首相が、自分の応援部隊であるネトサポ(自民党ネットサポーターズクラブ)をバックにつけたニコニコ生放送であるため大船に乗った気分だったのか、この日は改憲についても言及。「どの条文が(改正すべきか)っていうことが決まってないんですから、この選挙においてはどの条文を変えていこうということは議論できないと申し上げている」などと選挙戦での争点隠しを開き直ったが、こうしたせっかくの議論も、前述した「小沢再婚発言」のお詫びのせいで腰を折られてしまった。


 だが、こうした事態になることは、最初からわかっていたようなものだ。本サイトでは指摘しつづけているが、古市氏は2014年4月に「第2期クールジャパン推進会議」の委員に選ばれたことを機に、当時担当大臣の稲田朋美と急接近、昨年秋には稲田政調会長が仕切る自民党の勉強会「歴史を学び未来を考える本部」にもオブザーバーとして起用されるなど、自民党と距離を縮めているのだ。


 さらには、安倍政権と接近して以降、古市氏は著作『だから日本はズレている』(新潮社)で、初出時にあった稲田氏を皮肉った記述を褒め言葉に改ざんしたり、『誰も戦争を教えてくれなかった』(講談社)という著作の文庫化に際して、タイトルを変更した上、歴史修正主義に寛容な言葉を付け加えたりと、明らかに政権に気を使って自分の言論を後退させている。


 そのような政権寄りの人物が党首討論の司会を務める。政権に忖度するNHKが仕切る『日曜討論』も同様だが、その時点でまったくフェアではないのだ。


 しかも嘆かわしいことに、橋本氏のような御用ジャーナリスト、古市氏のような御用学者はごまんといる。こうした人物がコメンテーターと称して政権を“補佐”し、安倍政権の欺瞞に満ちた政策の問題点がメディアに取り上げられないまま、参院選に突入しようとしているのだ。
(水井多賀子)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月22日 05:41:17 : UTXkB2iv02 : sriHzjGlOuQ[3]


         マスゴミから餌をあさる 品性もない貧困な人達



2. 佐助[3573] jbKPlQ 2016年6月22日 08:08:55 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[15]
日本の隷米主義者や既得権益護持者が「アカ」や「共産」排除をまくし立てるのは,第一次世界恐慌でのルーズベルトに浴びせた言葉と同じ,つくづく歴史は繰り返すものだと感じた。そして「帰れコール」「暴動」「テロ」や「一党独裁支配制の自壊」は平和的革新的なカリスマが登場するまで何時までも発生する,

一党独裁支配制を採用したため、社会主義国家,中国は、革命から80 年目に自壊します。ナゼ中ソ社会主義国家は80 年目に自壊するのか?それは、三世代目になると、革命を直接経験しない世代が多数派となるためだ。彼らは、低生活水準での平等より、自由を求めるため自壊する。中国経済のバブルの崩壊は2015 年には認識されたが、その十年後には一党独裁政治体制の自壊は避けられない。

石油輸出国も、40 年目に政治的自由の要求に譲歩し、政治体制を維持するが、戦後80 年目の節目には、民衆蜂起によって指導者層は分裂し、自壊することを避けるのは難しい。

日本のような三百年以上の長期政権も、隷米主義者の行き過ぎで,後は停滞し自己崩壊する。しかも、日本はライバル中国など社会主義国家が自壊すると改革を停滞させてしまう。

そして自由経済システムそのものも腐敗堕落が避けられない。そのために世界の二大政党制は2030年まで機能不全となる。米国の大統領選でその姿が見えてくる。しかも一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできなくなる。もし低い平等より自由を求めると、国家は自壊し民族ごとに分割し、連邦制度は崩壊する。この前兆期に東欧とソ連が自壊したのです。
い。

今日2000〜2020 年代の「ルールを否定破壊する少数派に寛容な時代」は、

右翼原理主義は「移民」と「領土」問題で排外的思考と行動を台頭させる
それと平行して宗教の原理主義が、暗殺やテロリズムの思考と行動を台頭させ、戦争の瀬戸際に押し進める。

左翼原理主義は、1%の金持ちが99%の富をもつ「不平等の是正」の思考と行動を台頭させる

そして、近代技術をとりいれ核武装することができる。だが、独裁国家は40 年目に自壊し、一党独裁の社会主義国家は、80 年目に自壊するために、核武装は国体の変革を防止することはできない。

民主主義ルール破壊安倍総理は,日本固有の保守自民党とは全く路線が違います。歴史から見ると宗教家です。そのために平和憲法を反故または改変させ世界の憲兵入りをして核武装化させたい宗教政治家です。これを支持する自民党議員と有権者は騙されているにスギナイ。


3. 2016年6月22日 09:06:01 : Ue9dvNPvSU : UU4QcTwMpTk[70]

  政権の太鼓持ちに、進行やコメントさせては


      あきらかに偏った内容になる。


4. 日高見連邦共和国[2277] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月22日 09:36:42 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[244]

アデラン菅と並んで“秋田の恥晒し”の橋本ゴロー、まだそんな“愚にもつかない質問”で恥の上塗りしてるんだ。(笑)

以前も確か、同じく記者クラブの討論会で、『政治活動の反省はないのか』とか『貴方が嫌いです』とか言ってたな、オイ!

よぉ〜し、抗議の電話だ。(笑)


5. 2016年6月22日 09:46:18 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[281]
「零落」とは驚いた。
面と向かって「あんたは零落した」とはふつうはほぼ絶対に言わない。
インテリジェンスを疑う。

6. 2016年6月22日 10:25:46 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[926]
橋本に答えてやったらいい。それはあなたが政府の太鼓持ちだからでしょうとか読売新聞の調査だからでしょうとか首相とあなたが寿司や天婦羅同伴しているからでしょうとか。どう答えるかな?

7. 2016年6月22日 10:26:06 : VcZcyVCPnQ : Kp4lOPcR490[80]
橋本五郎は愚者の称讃と賢者の侮蔑を受ける御仁です。己ら(自身の口害、三売新聞の暗躍)のスピンコントロールの効果を隠して岡田に内閣支持率で嫌味を言うあの陰険なこと。

8. 2016年6月22日 11:16:21 : 1jxRWn6wEg : HjEfNtZ02G8[4]
 党首討論というのは看板だけで、「自民党総裁に聞く」みたいな内容だった。

そして、NHKは、実況と称して、ただ垂れ流した。


あまりに、ひどすぎる。

子供でもわかる程の、トンデモな内容だった。



9. 2016年6月22日 13:30:41 : mIDaazQ8D6 : 35bJ@FHDf@Y[31]

だってコイツラ

知れ渡ったアヘチャン一派じゃね。

古市って気持ち悪いよ。

テレビなんかに出すのやめてよ!!


10. 2016年6月22日 14:28:09 : ODxLKGDtwc : Gd_uAFQeJGk[3]
古市憲寿 略歴より
2012年(平成24年)、野田内閣の内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員
2013年(平成25年)、安倍内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員[5]
2013年(平成25年) 内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー
2014年(平成26年) 内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー
2015年(平成27年)伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員

これ、自民党政権ズブズブじゃないか、よくこんなのを司会に入れたな。


11. 2016年6月22日 15:36:45 : C02Zk5kNYo : shYodP5pspM[4]
共産党には赤旗あるからな
ごローも 同業者のよしみで
あまりおちょくらないのかな

12. 2016年6月22日 15:50:25 : Hxrcp3RsaI : NCo3TX2Cs5I[209]
残念ながら日本の大手マスメディアは安倍晋三等の勢力に握られておりジャーナリズムの使命を果たしていない。国民が徐々に目覚めるだろうが保守陣営が安倍晋三に牛耳られているうちはダメだ。自民党をまともにする有力政治家が出て来てほしい。甘いけどね。

13. 2016年6月22日 15:51:45 : mxiIBwuSPA : 15iaQZLG@N4[1]
日本記者クラブ主催 党首討論会 2016年6月21日
https://www.youtube.com/watch?v=4A6d5NpG9OA
1:03:15ころからの公明党山口代表の問題発言
「公明党はそうした中で連立政権必然のこの時代に日本の政治を安定させて国民生活を混乱させない
そして国の勢いを向上させる。そこに大きな力点を置いて政権選択をしてまいりました。
これまでの地方政治も含めて 〜略〜
自民党との協力関係というのはいろいろな経験、知恵をともに育んでまいりました。
東京都政などはその代表であります。」だとさ
自公が東京都政を大混乱させているこのときに、このブラックジョーク。
弁舌さわやかに大失言をした山口代表にだれも突っ込まない記者クラブ。
終わっている!

14. 2016年6月22日 16:15:18 : RpgUB1WlfQ : 7sHqRbhflC4[165]

く・だ・ら・な・い。

こんな党首討論、何の意味もない。


15. 2016年6月22日 17:22:27 : gemJWSmc2s : SIpf6JNFnbg[3]
新聞もテレビも『1%』に属する。

庶民の敵だ。

国民はバカではない。

騙される訳がないではないか。

99%の為の政治をしてくれる政党は。

何処に投票すればいいのか。

野党連合以外ないではないか!


16. 2016年6月22日 18:44:53 : EXjdsfFRUA : 8GHeMqrhBxg[2]
メディアコントロールそのもの。支持率にせよ、投票率はおろか、ムサシによる不正選挙も、直に明らかになる。ヒトラー政権は断固糾弾!
阿部チャンネルの犬NHK、ゴミ売り新聞、不二の三系も。。。

17. 2016年6月22日 21:23:59 : w0BePBKKEU : 98V9IzzIN9A[44]

政権交代したら 日本記者クラブの追いだしだ。

18. 2016年6月22日 21:54:22 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[43]
思っている以上に、テレビ、新聞の凋落は凄まじいのだろう。

橋本五郎、後藤謙次、星浩、岸井、田崎、島田、

現在の政権が続く限り、大学教授他、天下り先があり、安泰なのだろう、寿司も!

何かに怯えているような、アメリカの公開文書で、重大な奴がカウントダウンかな

舛添で、煙幕張って、パナマも五輪裏金も追求しないマスゴミ

不公平だね


19. 至誠通天[21] joqQvZLKk1Y 2016年6月22日 22:43:49 : 47kYJnwtuI : IlQrpKNS6u8[2]
これからの日本のためをそれぞれなりに、各党党首が激論を交わした場面でのあの質問と態度、古市・馬場・橋本、今でもなんとも思っていないだろう。近頃はこのようなすべてが面白ければよい、人が傷つこうが自分さえ良ければよい、価値観の多様化などと言うのだろう。しかし私は価値観の喪失としか思えない。あとは日本人がどう判断するかだ。

20. 2016年6月22日 22:50:06 : qG55AptSMA : H8PyMN28nds[13]
18さん、岸井さんはもう政権寄りではないのでは。

21. 2016年6月22日 22:54:36 : KI7mPQDsCu : bs6mNVz28AI[7]

性懲りもなくまだ橋本ゴロツキが党首討論の仕切りをやってるのか。

まあ、この男も日本メディアの低劣さを示すリトマス試験紙みたいな
もんだから、この男が出てきたら嗤ってやればいいんじゃないの。

またこの爺さんが出てきたのかと嗤える日本人が以前よりは増えてるんじゃ
ないかね。


22. めんたいこ[113] gt@C8YK9gqKCsQ 2016年6月23日 04:30:02 : SmJyjeRxCm : AY1sPuW07vA[16]

読売・橋本五郎や古市憲寿などはアヘのケツ舐めるゴミ・カスだが

日本奇者クラブなんて御用奇者のツマランものは原発と同じで不要だな。

100害以上あって利無しの無用の何とかだ。

どこから不浄のカネが出ているのかな? ここ5年以上はTVは

見ないが黄泉売りの橋本ゴロツキ、コイツまだ日本に棲息してたんだね。

ヤローは日本のガン細胞だわ。


23. 2016年6月23日 07:48:03 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[612]
古市、顔が悪すぎる。

生まれた設計図から来ているのもあるが、精神面の状態が顔に出ている。

悪相だ。

舛添化している。こいつは、使えない。


24. 2016年6月23日 10:14:07 : Ba5clCNVME : vHMW5Qo_i1w[509]
元々日本記者クラブの会見何て安倍総理をよいしょしかできない人達の集まり、嘘ばかりの安倍総理の話と同じで聞きたくもない。ジャーナリストでなく安倍応援団、安倍が真面に突っ込まれたら的外れの答えしかできない、こんな阿呆人間を総理にしておいて自分達もそのおこぼれに肖っているさもしい人間が橋本五郎ほか安倍の寿司友連中。安倍総理は舛添以上に公私混同の税金を使っている。それを叩けない屑マスコミ。

25. 2016年6月23日 10:45:16 : o4qAQYe0h6 : iNW6gVWNFCQ[-98]
「言論抑圧は地方公務員の職務専念義務違反である」

MRIC by 医療ガバナンス学会medg.jp/mt/?p=6810

医療ガバナンス学会 (2016年6月23日 06:00)

医師 小松秀樹

2016年6月23日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

日本国憲法の下、言論抑圧は地方公務員の本来の職務たりえない。ましてや、自らの利益のための言論抑圧は、明らかな職務専念義務違反である。2016年6月19日、筆者は、森田健作千葉県知事に対し、厚生労働省から千葉県庁に健康福祉部医療整備課課長として出向中である高岡志帆氏の懲戒処分を求める申立書を送付した。高岡志帆氏の下記行為が、職務専念義務を規定する地方公務員法第35条違反に相当することから、同法第29条第1項各号に基づく処分を求めた。
職務専念義務違反は、逸脱行為をする地方公務員に対する対抗手段として汎用性があると思われるので申立書の内容を紹介する。
第1  高岡志帆氏の職務上の行為に非ざる行為−私人の言論の抑圧
高岡志帆氏は、千葉県健康福祉部医療整備課課長として、千葉県下の地域医療再生計画に基づく事業の推進等の職務を担当してきた。
筆者は、2013年度より地域医療再生計画の一環として、安房医療圏の医療人材確保のために、亀田総合病院地域医療学講座の事業を実施していたが、本事業の予算措置に関連して、高岡氏を含む千葉県職員の違法な対応を批判する文書をメールマガジンに投稿したところ、亀田総合病院院長亀田信介氏より、「厚生労働省職員から批判を止めさせるよう圧力がかかった。民間病院は抵抗できない。ついては、批判を止めてほしい」旨、要請された。

筆者は2015年7月、言論抑圧を図った厚生労働省職員が、健康局結核感染症課課長井上肇氏(当時)であるとの情報を得たため、同年、8月17日、内部調査及び厳正な対処を求める塩崎恭久厚生労働大臣あての文書の非公式な原案(本件書面)を作成し、一般に知られないよう、厚生労働省高官に送付し、提出方法ならびに窓口について相談した。
高岡氏は本件書面を遅くとも同年9月2日までに入手し、同日、これを正当な理由なく医療法人鉄蕉会理事長亀田隆明氏に送付した。これを受け、亀田隆明氏は、高岡氏を含む千葉県職員の対応を批判する言論活動を行ったこと、本件書面を厚生労働省に提出したことを懲戒処分原因事実として、筆者を2015年9月25日に懲戒解雇した。
高岡氏のかかる行為は、私人の言論活動を規制するものであり、千葉県職員としての職務上の行為とは言えないことから、地方公務員の職務専念義務を規定する地方公務員法第35条に違反するものである。

第2  上記行為が高岡志帆氏の個人的な利害・動機に基づくものであること
亀田総合病院は、国の地域医療再生臨時特例交付金の補助事業として、2013年度より3年間の計画で、安房医療圏の医療人材確保を図るため、「亀田総合病院地域医療学講座」事業を実施していた。筆者は、本講座のプログラムディレクターとして、その実施の責任者たる地位にあった。そして、筆者は本講座において、地域包括ケアについての映像と書籍、規格作成に心血をそそいできた。ところが、2015年5月1日、高岡氏が部下の医師・看護師確保対策室長を伴って亀田総合病院に来院し、当日、医師・看護師確保対策室長から、地域医療学講座の2014年度の補助金を1800万円から1500万円に削減する、2015年度の補助金を打ち切りにすると通告された。理由として、10分の5補助だったこと、予算がなくなったことが告げられた。しかし、地域医療学講座には、すでに、2015年3月30日付けの1800万円の交付決定通知(千葉県医指令2082号)が送付されてきていた。この決定を覆すのに必要な手続きがなされたという説明はなかった。

補助金の交付を受けることができなければ、出版と映像作成が頓挫し、規格作成は不可能になる。撮影はすでに進んでおり、それに対応する費用が発生していた。地域医療学講座は、外部の名だたる学者と現場の実務家が関与する公費が投入された公益目的の学術活動である。公費が投入されている以上、プログラムディレクターである筆者には、医療法人鉄蕉会のみならず社会に対する責任がすでに生じていた。そこで、筆者はプログラムディレクターとしての職責を担う者として、一方的な補助金の打ち切りに対し、高岡氏及び医師・看護師確保対策室長に猛抗議するとともに、高岡氏に対し、基金の使い道と残金を明らかにするよう求めた。この日、筆者の抗議に、亀田隆明、省吾両氏も同調した。

医師・看護師確保対策室長の通告は、虚偽によって予算削減を受け入れさせ、予算要求を阻止しようとしたものである。そもそも、地域医療再生基金管理運用要領によれば、基金事業が不適切だと認められる場合を除いて、県庁担当者の恣意で、助成金の交付を拒むことはできないし、事業を中止することもできない。筆者は、事業内容について、事前に千葉県の担当者に説明して同意を得つつ、事業を進めてきたものであり、不適切だといわれる理由はない。
筆者は、経緯を「亀田総合病院地域医療学講座の苦難と千葉県の医療行政」http://medg.jp/mt/?p=3953 http://medg.jp/mt/?p=3955 http://medg.jp/mt/?p=3957と題する文章にまとめて、メールマガジンMRICに投稿した。

筆者の言論による批判を受けて、2015年5月27日、高岡氏は医師・看護師確保対策室長の前記通告が虚偽だったこと、すなわち、10分の10補助だったこと、交付金が残っており、出納局が管理していることを明らかにした。2014年度予算については、決定通り1800万円が交付されることになったが、2015年度予算について、態度をあいまいにした。これでは事業を実施できない。国で決まった基金の扱いとしては普通ではない。そこで、県を押し込むために「千葉県行政における虚偽の役割」http://medg.jp/mt/?p=5898をMRICに投稿し、出来事をできるだけ正確に再現し、千葉県の対応を批判した。

これに対し、2015年6月22日、亀田総合病院院長亀田信介氏から、「厚生労働省関係から連絡があった。千葉県ではなく厚生労働省の関係者である。厚生労働省全体が前回のメールマガジンの記事に対して怒っており、感情的になっていると言われた。記事を書くのを止めさせるように言われた。亀田総合病院にガバナンスがないと言われた。行政の批判を今後も書かせるようなことがあると、亀田の責任とみなす、そうなれば補助金が配分されなくなると言われた」と告げられ、「以後、千葉県の批判を止めてもらえないだろうか」と要請された。苦しい経営が続く亀田総合病院の経営者としては仕方のない反応である。

一方で、筆者は、亀田総合病院に入職する以前も以後も、言論人として活動してきた。これを亀田総合病院の経営者も認めてきた。経営者が、筆者の言論を利用してきた側面もあった。言論人としては、理不尽な言論抑圧に屈するわけにはいかなかった。そこで「言論を抑えるというのはひどく危険なことである。権限を持っていて、それを不適切に行使すれば非難されるのは当たり前だ」と主張し、いずれ社会に発信すると告げた。
2015年7月15日、筆者は、不当な圧力をかけた厚生労働省職員が、健康局結核感染症課課長の井上肇氏であるとの情報を入手したため、本件書面を作成して厚生労働省高官に送付し、正式に提出する方法と窓口について相談した。

その後、本件書面は、厚生労働省内部から高岡氏のもとにわたり、高岡氏は、2015年9月2日午前11時34分、医療法人鉄蕉会理事長亀田隆明氏に対し、「すでにお耳に入っているかもしれませんが、別添情報提供させていただきます。補足のご説明でお電話いたします」として本件書面をメールに添付して送付した。
筆者は、亀田総合病院で同日あわただしい動きがあったこと、亀田隆明氏が、筆者を9月中に懲戒解雇すると語っていたとの情報を得た。高岡志帆氏の電話は懲戒解雇を促すものだった蓋然性が高い。
時を置かず、亀田隆明氏は、高岡氏を含む千葉県職員の対応を批判する内容の言論活動を行ったこと、厚生労働省職員による言論抑圧について調査と厳正対処を求める厚生労働大臣あての本件書面を提出したことを懲戒処分原因事実とする懲戒処分手続を開始した。亀田隆明氏は、懲戒委員会が開かれた平成27年9月25日、解雇予告の正当な手続も踏まずに、筆者を即日懲戒解雇した。
以上の経緯からすれば、高岡氏が本件書面を亀田隆明氏に送付した動機は、自身の不適切な行為に対して批判を続ける筆者の懲戒処分を求め、筆者の言論を封じるという私利を図ろうとする点にあったというべきであり、当該行為が千葉県職員としてなすべき職務上の行為として行われたものでないことは明らかである。

第3 高岡志帆氏と井上肇氏との共謀の蓋然性
高岡氏と共謀する人物でなければ、本件書面を高岡氏に送付するというリスクの高い行為をとることは考えにくい。筆者は、厚生労働省高官に、本件書面を、ワード(文書作成ソフト)の電子情報として送付したが、高岡氏から亀田隆明氏に送られたものは画質がかなり劣化したPDFであり、ワードのデータをプリントアウトし、さらに、それをコピーしたものをPDF化したものと思われた。高岡氏が送られてきた本件書面をわざわざプリントアウトすることは考えにくい。本件書面が厚生労働省内部で問題になり、事情聴取が行われたのは想像に難くない。当然、コピーが関係者に配布されたはずである。本件書面には、井上肇氏のみならず、高岡氏の違法行為についても記載されていた。本件書面の内容は井上肇、高岡両氏にとって不利益をもたらすものだった。

井上肇氏と高岡氏はそれぞれ、鳥取大学、大阪市立大学という医系技官としては少数派の大学出身であり、千葉県の医療行政に深く関わってきた。共に、ハーバード大学公衆衛生大学院に留学した経験を有しており、以前より、接触が多かったと推測される。筆者は千葉県の医療行政について、多くの論文を書き、体系的に批判してきたが、中でも、二次医療圏まで変更して強引に設立した東千葉メディカルセンターの赤字問題は、井上肇氏や高岡氏の責任問題に発展する可能性があり、筆者の言論活動に危機感を持っていたと想像される。東千葉メディカルセンター問題については、「病床規制の問題3 誘発された看護師引き抜き合戦」http://medg.jp/mt/?p=1769、「東千葉メディカルセンター問題における千葉県の責任」http://medg.jp/mt/?p=6643 http://medg.jp/mt/?p=6641を参照されたい。事件全体の動きから、二人は共に、自身の違法行為を告発する筆者に対し害意をもって行動していたものと思われる。厚生労働省内部にあって、本件書面のような、扱うのにリスクを伴う情報を、高岡氏に送付する動機と利害関係を持った個人は井上肇氏以外には想像しにくい。

結語
本件では、官僚が自身の違法行為を隠蔽するために言論を抑圧し、さらに、私人である筆者の職を奪うに至った。民主主義社会ではあってはならない事件である。

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまってない長文が多いので全部処理

26. 2016年6月23日 13:32:39 : fkhptZEPlY : fn8iXBjfdEk[19]
橋本・辛坊・古市 こういう奴らが出世するんだよ。 嘆かわしい

27. 2016年6月23日 15:40:58 : SiveazvZu2 : jYfzf8pUyo8[1]
野党統一候補の○○○○ですと、選挙カーが通りすぎたな
野党統一候補というネーミングは意外とインパクトがあるな


28. 2016年6月23日 16:04:46 : F1hOrB9IOg : D_lQRNcti_M[1]
古市氏が関与している内閣関連団体

【1】今後の経済財政動向等についての集中点検会合のメンバー
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/tenken/

【ご連絡先】
内閣府
〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)

【2】国・行政のあり方に関する懇談会
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kataro_miraiJPN/member/huruichi.html

【ご連絡先】
内閣官房行政改革推進本部事務局
〒100-8970 東京都千代田区霞ヶ関3丁目1番1号
TEL: 03-3581-1283 FAX: 03-3581-4612

【3】クールジャパン戦略推進会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/cool_japan/cj/about.html

【ご連絡先】
内閣府知的財産戦略推進事務局
 〒100-8914
 東京都千代田区永田町1-6-1
 内閣府本府庁舎3階
 TEL.03-3581-0324

【4】「伊勢志摩サミット・ロゴマーク選考会」審査委員
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/iseshima_summit2016_logo_shinsa.html

【ご連絡先】
内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1


29. 2016年6月23日 19:49:52 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[44]
>20さん 18です

後藤謙次の次に出てくるのは、誰でしょう?


30. 2016年6月23日 20:40:17 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[1001]
共闘各党首同士が共闘各党首各々に向けた質問を送り合ってやれば
申し合わせしてやったりと思って居たアベや司会やコーディネータを大パニックに陥れられたに違いない。
下手に野党を刺激すれば、(4党*30秒)+安倍の自爆分30秒の反撃が*4倍返って来る勘定だ。
各党がアベにぶつける質問類も、「これは首相に対する質問ではありませんので」と後置きで釘を刺しながら、
瞬間湯沸器のアベの脊椎に直接訴える様な「所感」を 内輪同士投げ合う答え合う形にしとけば、
ワイドショー大好きの日本の国民性が、このミソッカス叩きの構図を娯楽として歓迎する筈だ。
自分達が普段他人様にやってる傍若無人を衆人の目の前でそっくり同じ手管を使う事で貶められる事に
多分あの男は耐えられない。
だからこれをやれば今迄の其れ等に劣るとも勝らない前代未聞の失態が期待出来た筈だと想像する

(野党よ。攻撃の部分の足並みだけでも揃える気なら、せめて統合参謀本部ぐらい作れ。
 電通が無いなら自ら電通の役割を果たす何かを 作って共有すべきじゃあないのか)



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ