★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 302.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本は「アベノミクス」を放棄するべきだ―IMF
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/302.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 6 月 22 日 13:10:19: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


 アベノミクスはいわゆる経済政策ではなく、膨らんだ政府債務を円滑に管理するための「国債サイクル維持」政策である。

 アベノミクスは既発債償還(借り換え)・新発債消化・低金利維持が目的であり、それにより、1千兆円レベルまで肥大化した政府債務が財政政策(30兆円レベルの新規国債発行)や金融動向に悪影響を与えることを避けるものである。

 12年秋から円安に反転した円レートの動きは、13年春から始まったアベノミクス(黒田日銀による異次元量的金融緩和)とは無関係(せいぜい円安傾向判断の心理的支え)で、欧州ユーロ圏の銀行危機(南欧政府債務危機)の終焉によってもたらされたものである。

欧州中央銀行が南欧諸国の国債無制限買い上げを表明した後の野田政権時代12年10月にはすでに円安傾向に転換しており、アベノミクスが円安をもたらしたわけではなく、“期せず”して円安がくっついてきたのである。(野田政権は13年8月までは粘ることができたが、そういう経過であっても、円安=株高は実現されていたのである)

 円安への転換が12年春などともっと早ければ、二段階の消費税増税政策も浮上しなかっただろう。(消費税(付加価値税)は、円安に替わって、グローバル企業の経営基盤や国際競争力を強化するものであり、社会保障政策の維持や財政健全化とは無関係)


 IMFのエコノミストたちが、「日本経済の現状のもとで、日本の指導部がポジティブな変化を達成することはできないだろう」と結論し、「4年目を迎える安倍政権の経済政策「アベノミクス」について、効果的ではないことが分かった」とし「当局の行動は国が掲げたインフレ率と経済成長に関する目標達成の助けにはならない」と総括しているのは正しい。

しかし、上述のように、アベノミクスは、大量に国債を発行しながらも財政を維持し、金利も低めに抑え込み金融に支障を来さないようにする政策なのだから、IMFのエコノミストたち挙げている理由を根拠に放棄する必要はない。

 IMFのエコノミストたちは、「現在の経済路線が変わらなかった場合、日本銀行の政策が、日本経済の強い円安依存へ導く」と確信しているようだが、理論的誤りというか誤解である。

 貸し出し(マネーサプライ)が増加しないベースマネー(日銀券残高)の増加だけで円安が実現できるわけではない。

日銀当座預金の残高を膨らませることで円安ないしインフレ率上昇が達成できるなら、日本経済は20年以上も苦しんでいないし、消費税増税に依存する必要もない。

 現実としても、資源価格の低迷、欧米及び新興国の経済動向という国際条件のなか、マイナス金利政策(これは対銀行ペナルティ政策)まで導入した異次元金融緩和政策状況でも、円レートはややだが円高に振れていることからも、IMFという理屈は適合性がないとわかる。


=======================================================================================================
日本は「アベノミクス」を放棄するべきだ―IMF[スプートニク日本語]
2016年06月22日 07:01(アップデート 2016年06月22日 08:46)

国際通貨基金(IMF)の専門家たちは、日本経済の現状のもとで、日本の指導部がポジティブな変化を達成することはできないだろうとの見方を示している。

IMFは、4年目を迎える安倍政権の経済政策「アベノミクス」について、効果的ではないことが分かった、と考えている。当局の行動は国が掲げたインフレ率と経済成長に関する目標達成の助けにはならないという。

IMFの専門家たちは、現在の経済路線が変わらなかった場合、日本銀行の政策が、日本経済の強い円安依存へ導くとの確信を示している。

IMFは、現在の状況のもとでは、日本が掲げる経済成長率やインフレ率上昇、財政黒字の目標を達成することはできないとの見方を示している。

http://jp.sputniknews.com/business/20160622/2347958.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[3024] koaQ7Jey 2016年6月22日 13:16:11 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3357]
>12年秋から円安に反転した円レートの動きは、13年春から始まったアベノミクス(黒田日銀による異次元量的金融緩和)とは無関係


元々円安になるのが普通だったのに小沢・鳩山が意図的に超円高政策を取って中国を助けていたんだよ。

2009年から2012年まで小沢・鳩山と民主党が仕掛けていた異常なまでの円高によって日本の株価は低迷を余儀なくされていたが、これは安倍政権になってから是正されてやっと株価も上昇するようになり、日本は最悪期を脱した。
民主党政権が存在していなかったら異常な円高はなかったわけで、リーマン・ショックによる株価の落ち込みも早期に回復し、日本の景気も早い段階で立ち直っていたはずだ。

しかし、この小沢・鳩山と民主党政権の地獄の3年間で日本の雇用は大幅に失われ、活力も失われ、株価も回復せず、景気も落ち込んだままだった。

小沢・鳩山と民主党のせいで、中国や韓国に技術も国富も毟り取られ、国内の重要機関も乗っ取られ、日本という国の対外的な信頼も地位も失われ、日本は崩壊寸前となってしまっていた。

小沢・鳩山と民主党の「円高放置政策」が日本経済を駄目にした元凶だったのだが、売国政党である民主党がこの失策を日本国民に謝罪したことは一切ない。


日本の本来の国力以上に、円は強くなりすぎていた

ところで、円高については本来であれば1990年代のバブル崩壊時に是正されて然るべきだったが、そうならなかった。日本はバブル崩壊して国の実力が落ちたのだから、本来は円安になるべきだったのである。

にも関わらず、円だけはずっと円高を志向しており、日本の本来の国力以上に円は強くなりすぎていた。

だから、日本の輸出企業は海外で価格競争力を喪失し、中国や韓国に工場を作るしかなくなり、そのせいで雇用ばかりか技術も盗まれて、日本企業が一気に衰退するきっかけとなった。

中国・韓国の台頭は、日本企業の技術が盗み放題だった1990年代から2000年代に起きていた。

当時の日本企業は、国内に設備投資すれば円高で価格競争力に負け、国外に設備投資すれば技術を盗まれて価格競争力に負けるという状況に陥っていたのだ。

そのせいで日本の衰退は止まらなかったが、にも関わらず円高は加速していった。

円高で日本が苦しんでいると知った小沢と民主党政権は、日本破壊を成し遂げようとでも思ったのか、アクセルを踏んで円高に向かわせたのだった。

小沢・鳩山と民主党はマスコミでも円高誘導を行い、お抱えのジャーナリストには「円は50円になる」「円は10円になる」「円高で日本は復活する」と叫ばせて、日本の経営者を絶望させることさえもしていた。

日本の銀行や保険会社や郵政が、馬鹿のひとつ覚えのように日本国債を買い支えたので、それも円の下落を防いで円高を促す原因にもなった。

安倍政権によってやっと金融緩和が行われて円安になっていったが、これがなければ日本企業は完全に息の根を止められていたことになる。日本は間一髪で助かった。


2. 2016年6月22日 14:21:32 : ODxLKGDtwc : Gd_uAFQeJGk[2]
「日本は安倍を放棄すべきだーIMF」という意味だからねこれ。

3. 2016年6月22日 14:26:14 : rf0auXhEEA : 1YCf_gsXTdo[1]
あっしらと、中川隆、

自民党ネトサポ2匹が、

アベクロの責任回避のため、

意味不明な与太話を創作しています。

実に醜悪だ。


4. 佐助[3576] jbKPlQ 2016年6月22日 17:37:18 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[18]
無責任に人のセイにする輩がいる,アベノミクスの成果と総括しなければならない。
中間報告もしないで「道半ば」とはよく言えるな

人は誰でも失敗する,アベノミクスは天下国家の国づくりではないことが証明されている,しかもルール破壊政権の実験は失敗した,

1%の富と99%の不幸で格差が拡大したことを認め,失敗だつたことを正直に認め,責任を取り,新たな国づくりのビジョンを提案することである。失敗して「代案を出せ」とか「道半ば」などの言い訳は,政治家として恥ずかしい。アベノミクスは国家の金融ドロボー詐欺であり,一度でも天下国家の国づくりの計画,企画は聞いたことがない。

問題は世界経済が同期波及して混乱させているのは多極化を容認しないからだ,
1929〜32年に姿を現した第一次世界金融大恐慌は世界通貨のポンドからドルへの移行が根因。 2007〜10年にスタートしている第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因。この対策をすればすべて収束し繁栄する。

日本政府は,アベノミクスなる妖怪で,すべて放置しながら、消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転すれば、どうなるか? その答えは、国内市場が縮小するため、消費者物価のインフレは発生することができない。世界経済は関税と通貨切下げ競争で、10年間も悪夢にうなされたことを忘れてはならない。そしてルール破壊政府は金持ちのかまどの煙しか気にする様子がない。

消費者の購買力を縮小させたまま、人為的にインフレ発生させ、国家と企業の悩みを解消したいという1%の富裕層と既得権益護持者と権力者の妄想にスギナイ。

信頼感などが永遠につづいたためしはない。バブルは、信頼感を崩壊させる事件を連続させる。そのため、世界で膨張する巨大なドルのマグマは、地震や火山の爆発のように、出口を求めて徘徊する。土地や株価が上がればトリクルダウン式に99%の不幸が解消するわけがない。

第二次世界金融大恐慌のスタートが、2007〜10年に不可避だっのは、人間がバブルに巻き込まれ財産を失うのも、ムズムズ(機会損失)の心理法則に支配されるためだ。

アベノミクスという妖怪のばら撒きは人類がはじめて体験する金利ゼロを我慢してきた日本人を、先祖の遺言で固く拒絶してきた投機に巻き込むのも無理はない。かくて、国家予算の二倍もの150兆円の個人資産は、山頂から崩落する溶岩のように、一気に流出する。

すべての経済現象は、その結果を、需要と供給の均衡/不均衡で必ず説明することができる。だが、金融取引の実態は、プライバシーで保護されているため、需要と供給の均衡/不均衡を決定する要因は、翌日以降にならないと、知ることができない。おまけに、上場企業の粉飾の実態は、監査会社でさえもわからない。

日本政府は,、取り付け騒ぎの経験から一万円以下の預金を払い戻すルールを採用すれば、取付け騒ぎは発生しないと錯覚してしまった。だが、銀行や証券会社が倒産すれば、短期間でも、死に金(引き出せない預金)を発生させる。死に金はビジネスを破産させる。そして、150兆円の国民資産は、投信に傾斜すると、投信の解約は、早い者勝ちとなるため、取り付け騒ぎの発生は不可避となる。従ってアベノミクスのばら撒きは,マイナス金利で買えなくなった国債により,地方銀行の倒産防止になったかもしれないが,貸し出す相手がいなければ,地方銀行の一時閉鎖は避けられない。しかし今度はユートピアは発生しない。

日本はアベノミクスで,再び年金を株価で食べつくした,使え使えと使いまくり,足りないから社会保障,介護,子育ては削減し,1%の富のため99%の不幸を構築し,派遣化によって失業率は下げ賃金も下げた,なんのことはない中流社会以下が貧困化させ格差が拡大させたにスギナイ。

アベノミクスは三途の川の沈没船なんだ。気が付かない有権者は,騙されて内閣支持率は下がらない寛容な国民性。まもなく聞こえる地獄の悲鳴に驚くことだろう。


5. 2016年6月22日 17:45:20 : mhbkKKxx5k : Qla3hdWmLTQ[2]
中川隆は、感情的に”嫌悪”されてる方が多いが、”的”は得ていると思います

”小沢さん”?最期に”櫂より始めよ!”

”最期のご奉公”なんだけど?
”善良”な人々への‥

あまり、”期待”はしてません
”古市”如きに”コケに”される”オーラ”では?

年よりに頼るな!”日高殿”?


6. 2016年6月22日 18:22:45 : fp0pHsSckI : OfeDU9rKlUE[1]
IMFはアホノミクス失敗といってるだけじゃない。

失敗に懲りずに突撃するのは、旧日本軍特有の悪い癖だ。安倍はその無意味な玉砕を続けてきた。しかし、今度は金だけじゃなくて、命を狙われる。


7. 2016年6月22日 20:52:08 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[167]
肥らせて 用が済んだら 使い捨て

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ