★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 525.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
英国のEU離脱批判の大合唱を、眉に唾をつけて眺めるー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/525.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 28 日 19:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

英国のEU離脱批判の大合唱を、眉に唾をつけて眺めるー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sorai3
27th Jun 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


 英国のEU離脱選択の余波はその後も鳴り止みそうもない。

 そして、果たしてこの選択は大きな誤りをおかした、そんな非難の大合唱だ。

 私はもちろんわからない。

 しかし、日本のメディアに登場する識者の言葉は批判一色だ。

 安倍政権側はその影響を封じ込めるために必死であり、

打倒安倍政権は、アベノミクスの失敗にとどめを刺した、

アベノミクスのせいで日本が受ける被害は甚大だ、と非難するばかりだ。

 なぜ英国民はこのような選択をしたのか、そしてそれに理解できる余地はまったくないのか、

悪い事ばかりで良い事は一つもないのか、それらを説明してくれる論評は皆無だ。

 EU離脱を評価しようものなら袋叩きにされそうな一億総批判だ。

 そんな中でネット上に次のような意見を見つけた。

 見事に私が思っている事を代弁してくれている。

 「・・・私は、英国民の判断というのは、それほど非理性的だったとは思わない。

マスコミの論評の中で、誰も一言も触れず違和感を感じるのは、

あの投票が、41歳の女性議員ジョー・ コックスが殺害されて一週間後に行われたものだったという事実だ。

コックスの殺害事件を受けて、当然、誰もが残留派が勝利するだろうと予想した。

私もその一人だ。世論調査ではずっと両派が拮抗していたが、

この悲劇とそれへの大衆の同情によって間違いなく世論は残留に旋回し、

一票でコックスを追悼し鎮魂するものと思われた。

ところが、結果はその予想を大きく裏切るものとなった。もし、EU残留の結果に出ていれば、

マスコミ論者たちはコックスの名前を挙げ、その尊い犠牲が英国民の理性を覚醒させたと

述べたことだろう。気の毒なことに、コックスの存在は忘れられ、

あの事件はなかったことのように消し去られている。

コックス殺害の衝撃が尾を引き、沈痛な空気が支配する中で、

それでも離脱に票を投じた人々の判断がどれほど重いものだったか、

日本のマスコミ論者の中でそこに内在している意味を論じる者は一人もいない。

英国民のEU離脱の選択に否定的な視線を送る者は、

あまりに英国と欧州の移民問題を過小評価しすぎている・・・」

 そして、私に寄せられた読者からの次の言葉だ。


 「イギリスのEU離脱国民投票は、歴史的な大事件です。

というのは、この動きは、世界の民主主義の再構築のはじまりになるだろうということです。

こんどのイギリスの政治地図でも、労働党(左派)は 残留、保守党(右派)は完全に分裂、

そして、スコットランドは、ねじれていますが、中央と地方の対立などなど、

日本のマスコミが報道するお決まりの 「左右対立」の議会制度の枠ぐみは完全に壊れています。

あえて、いえば、グローバルVSローカルの構造です。

これは、アメリカでもフランスでも、実は日本でもそうなのです。

そして、もうひとつ、経済が主導する民主主義ではなくて、

民主主義が主導する経済に転換するかの分岐点です。

モンテスキューやルソーは「民主主義は小国においてのみなりたつ」と述べています。

この古典的思想家たちの民主主義の定義が今回、あてはまったということです。

本来、民主主義は「ローカルなもの」だと思います。

日本のポンコツ政治家は、こんななかで、 はるかに化石化した欲ボケ集団です・・・」

 この読者の意見を、私は、既存の政党・政治家のをすべて否定して

あらたな政治をつくらなければいけないという私の直感に通じるものがあるという思いで読んだ。

 既存の政治、政治家の否定。

 それはいま世界中で日本に先行して起きている。

 こう考えた時、ひとり、遅れたままの政治の下で与党も野党も天下分け目の戦いだと言って

自分たちの保身の選挙に明け暮れているのが今の日本だ。

 そんな日本が英国のUE離脱に総批判的であるのも頷ける。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年6月28日 19:11:06 : iJ2WMKVhaI : EH3mNtesNds[24]
それにしても人間、一瞬にして保守になる。若い者でも例外ではない。生まれた時からEUに入っていた若年層は慣れた体制の変化を望まず75%が残留を選択。EU以前を知っている年寄り世代は過半数が離脱を選択。この場合、変化を望まなかった、つまり保守派は若者だ。そんなにワンコイン・チープレーバーを呼び入れて誰よりも安く長時間働く競争をしたい者がいるとは思えないのだが。俺はただ、若いほどバカ、つまり騙されやすいだけだと思っている。


2. 2016年6月28日 19:12:03 : uMJpAaZi2c : eMvsf9kOpSI[1]
今回の天木チェンチェー

珍しくまとも。


3. 日高見連邦共和国[2386] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月28日 19:14:35 : Ihir5pcR5A : _8AvK2G84Zw[286]

なんやかんや言ってますが、“金融政策(のみ)の投機的市場”に堕してしまった兜町と、
“たかだか英国のEU離脱”ごときで『株価総崩れ』の日本経済にしてしまった安倍の“罪悪”は巨大すぎるでしょう!

>自分たちの保身の選挙に明け暮れているのが今の日本だ。

“与党の責任”も“野党の責任”も、ミソクソ一緒、ごっちゃ混ぜにしたって、
安倍が犯した罪の重さが、いくばくかでも“軽減”されるのですか、天木さん!

>既存の政治、政治家の否定。

その中に貴方自身、天木さんも含まれること、気付いてますか?


4. 真相の道[1089] kF6RioLMk7k 2016年6月28日 19:37:51 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[1]

> 自分たちの保身の選挙に明け暮れているのが今の日本だ。

それは、国家の根本政策が真逆にもかかわらず、連携する共産・民進の野合のことを言っているのでしょう。

正に選挙のためだけの保身の野合であって、野党のレベルの低さが露呈しています。


>既存の政治、政治家の否定。

その結果出てきたのが、有言実行型の安倍総理だったわけです。
選挙で掲げた政策を強いリーダーシップで実現させていく。

既存のなあなあ形の政治とは異なるわけです。

小沢なんぞは選挙で消費税を3%に戻すと宣言していましたが、政権につくやその公約を蹴っ飛ばして、何のこと?

こういう既存の詐欺型政治を安倍総理は有言実行で吹き飛ばしたわけです。
   
   

[32初期非表示理由]:担当:小沢氏関連コメントはこちらhttp://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/914.html

5. 2016年6月28日 19:48:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9605]
明確な論理がなく米英に絶対的にコミットすべきというような考えを持つ人間にとっては中立的な立場からイギリスのEU離脱を論評するというのはやりたくない。江戸時代までは中国にコミットしていたのを薩英・下関戦争を経て対象が英米に変わった。そして支配層も変わった。その時の判断は間違っていなかったか?そこをつつかれたくない。そんな思いばかりが前のめりになって英国人の判断について論評する余裕がない。そんなところだろう。

6. 2016年6月28日 20:23:57 : VYkWRQSsIo : oh1Yio8Q2cc[71]
04>小沢なんぞは選挙で消費税を3%に戻すと宣言していましたが>珍壮は小沢さんを

異常なまでに恐れてるねえ 笑 野党共闘の真の威力をおまら売国奴が思い知る

がいい。自公はこれから粉みじんに粉砕されるだろう。

統一や草加なんてカルトが政治を牛耳るのがだいたい異常なんだ。

ところでおまえ北朝鮮の金日成と統一教会の文鮮明が義兄弟なんだがどう思う?

説明してくれないか?

[32初期非表示理由]:担当:小沢氏関連コメントはこちらhttp://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/914.html

7. 2016年6月28日 20:28:19 : fYFwWRKFs6 : WFpWUwkWqco[1]
天木さん。書いてあるとおりあなたにはわからんよ。言うことがそこらじゅうで変わり矛盾しているのが天木直人さん。

イギリスがEU離脱を選択したことについてはヘイト感情に訴える政策は×だが、市場原理主義にノーを突きつけたことは評価するべき。


8. 2016年6月28日 20:38:42 : hkH2oFZHns : sdLX7N4clbA[275]
>>こういう既存の詐欺型政治を安倍総理は有言実行で吹き飛ばしたわけです。
晋三の道くんさすがだね
詐欺でなく強弁だものね
アベがいってるのは
詭弁にもなっていない
自分の妄想を人に押し付ける
これを世間ではスターリン型政治というんだよ
大変だねシンゾウの道君も
バイト料がガリガリ君では
鳩ポッポは相続税を喜んで払ったが
アベシンゾウは政治資金にして税逃れ
あげくはバイト料のがりがりくんまで
政治資金という税金まで使う
ゲスだものね

9. 2016年6月28日 20:42:40 : 46au376vfM : ZYM7DDGC_rw[645]
グロ-バル化を推進している支配者が、金で反対運動してるのだろう。

もう、遅いわ。

次の国にユ-ロ園離脱拡大するのを恐れているのだな。

イギリスは村八分にされる、と予想されるが負けるなよ!英国国民。

正しいのは、英国国民だからね。


10. 2016年6月28日 20:57:04 : qq3rmmxZSk : v9Op9P5LztE[1]
EUを離脱して良いことを教えてくれる評論家が何故いないと天木のおっさんはEU離脱を選択したUKの決断を批判気味に報じるマスコミと評論家の物言いに懐疑を挟むわけだが、そんなことよりマグナカルタ発祥の国の国民投票が実はあまり深い考慮もなしに、むしろ面白半分とか気分に乗じて投票行動に応じた思慮の浅い連中によって後々に残留したいと反省を呼び起こした残留投票行動が起きている事実こそ注目すべきだ。

偉大なる大英帝国の残滓を記憶に持つ高齢者たちのEUなにするものぞ!の反発も、スコットランドやウェールズのEU残留のためにイギリスから離脱したい、あるいはロンドン市としてEU残留のためにイギリスから独立したいとの動きを予測していたとは言い難い。
むしろ、軽々に考えていたわけだ。
案の定、EU側は考え直したいと声を上げ始めたイギリス側の動きに対して冷淡だ。
経済活動でいうなら小国はEUに属していたほうが恩恵に浴せる。
EUをグローバリズムに例えて批判する風潮があるが、国民投票後の現在においてEUに留まることが独立のアイデンティティーになるとして、離脱派に冷や水を浴びせていることをどう見るか。

天木にメールをしてきた人物はモンテスキューやルソーを引き合いに出すが、EUの理想はサン・ピエールやカントが提唱していた理想を実現したという声もあることを紹介して終わりとする。


EUとは

1.EUの生い立ち

1993年11月1日のマーストリヒト条約発効によって、EUが誕生しました。

(1)ヨーロッパ統一思想の萌芽
 欧州統合の構想を提起した思想家には、サン・ピエール、カント等が挙げられますが、中でもクーデンホフ・カレルギー伯は1923年に「汎・ヨーロッパ」と題する書物において平和的世界統一の第一段階としてのヨーロッパ統一を呼びかけ、第一次大戦の傷跡の残るヨーロッパに一つの希望を投げかけました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/yojin/arc_96/eu/eu_intro.html


11. 真相の道[1092] kF6RioLMk7k 2016年6月28日 20:59:38 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[4]
   
>>06さん
> 小沢さんを異常なまでに恐れてるねえ
    
    
恐れてはいませんよ。

小沢が代表の党、山本太郎となんちゃらの支持率はわずか0.1%。

泡沫政党の代表にすぎない小沢を恐れる人はいないでしょう。

後期高齢者のお年寄りだし‥。


ただ、公約を実行しない悪徳政治屋の実例として引き合いに出しただけです。

小沢の「消費税を3%に戻す」詐欺は酷かったですよね。
  
   

[32初期非表示理由]:担当:小沢氏関連コメントはこちらhttp://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/914.html

12. 2016年6月28日 21:08:50 : qq3rmmxZSk : v9Op9P5LztE[2]
安倍の10パーセント詐欺のイイワケはそれ以上に酷かったがねw

まあ、EU離脱騒動も安倍のリーマンショック発言を念頭に置いていたと妄言を吐く誰かさんのことだから屁とも思っちゃいまいが。


13. 2016年6月28日 21:10:24 : VYkWRQSsIo : oh1Yio8Q2cc[72]
11>恐れてる恐れてる 笑小沢を見ると恐怖で震えるようだ。安倍は何せ

前の参院選で小澤に惨敗して便もらして退陣させたからねえ 大笑 今度も繰り返すよ

笑 ところで私の疑問になぜ答えようとしないんだね

もう一度質問する。ところで北朝鮮の金日成と統一教会の文鮮明が義兄弟なんだがどう思う?

説明してくれないか?都合の悪いことをスルーするのはいかにも国賊安倍の手下だ。

答えよ!

[32初期非表示理由]:担当:小沢氏関連コメントはこちらhttp://www.asyura2.com/15/senkyo185/msg/914.html

14. 2016年6月28日 21:30:48 : QkvFSBPuoc : 4l4sPZ4Ux8A[8]
「民主主義は小国においてのみ成り立つ」。モンテスキューやルソーがそんなことを言ったのか、うかつにも私は知らなかったが、確かにそれは言えるだろう。

今、テレビを点ければコメンテーターたちが、英国の民主主義に疑問符をつけるような言い回しばかりをしている。つまり、離脱は「衆愚政治」の結果であって、英国民は今後も自分達が選挙で選んだわけでもないテクノラートたちの言うことを聞いていればよいのだというような口ぶりばかり。

かつてリビアやシリアを「民主主義がない」ことで非難、攻撃してきたことはさておくとしても、中国において「民主主義」がないがしろにされ、「民主派」が弾圧されていると同じ人々がどれだけ非難してきたか?

しかし、共産主義であろうがなかろうが、広大な領土と膨大な人口を持つ中国で民主主義を実現するのは難しいのではないかと常々私は思ってきた。民主国家になるためには幾つかの中規模国家にでも分割するほかないのではと。しかしEUのような、あるいはTPPのような各参加国の国家主権を著しく制限した、広大な地域を含む「経済共同体」においては、中国と同じように「民主主義の実現」は極めて困難になってゆくだろう。そのことに触れないで「離脱に投票した英国民の愚かさ」ばかりを言うのは片手落ちもいいところである。


15. 2016年6月28日 21:52:25 : Tt1RKMfyQ2 : DKoy@fpRyYg[10]

英国民はクレバーだった。
英国の歴史、文化、アイデンテイテイをずたずたにしても、
おのれのために飽くなき利益を追求する支配層の1%と、
彼らに追従しておこぼれを預かるいわゆる勝ち組と錯覚している人々。
経済至上主義の醜悪な人々。

一時的な経済的な後退など些細なこと。
英国民はあらゆるプロパガンダや誘導にもかかわらず賢明なる選択をした。

日本のマスコミ、識者の批判の大合唱。
彼らの言は、「今回の英国民投票の選択は、理性、知性を、一時の感情やポピュリズムが勝った」ということで見事に統一されている。
醜悪。


16. 2016年6月28日 21:58:44 : EErUMkZ48M : swydB0oDULs[1]
14さんコメントに拍手

17. 2016年6月29日 02:54:53 : cdbcGkQvdc : d5anAZxbEu0[1]
また幸福の道がいつものコピペ繰り返しているねえ
最近記事を登校しないのは
上から「低投票率にするために選挙に関する話題を一切出すな」と指示があったからなのかい?

18. 日高見連邦共和国[2392] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年6月29日 12:24:45 : mFuG9qQlTk : haqrMEPyuI4[48]

私が断言しよう、『チン相の道』は小沢一郎を恐れている!(笑)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ