★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208 > 540.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「混乱は続き、日銀はますます壊れて行くだろう:金子勝氏」
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/540.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 29 日 00:02:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「混乱は続き、日銀はますます壊れて行くだろう:金子勝氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/20276.html
2016/6/29 晴耕雨読


https://twitter.com/masaru_kaneko

【極右の扇動】英国独立党のファラージ党首は、ジョーコックス議員の殺害された当日朝、移民の長蛇の列がイギリスにやってくるという「反移民」を煽る差別ポスターを掲げていた。

アベ内閣と在日へのヘイトスピーチ団体との深い関係は周知の事実。https://t.co/Rh4JMA0ldV

元ロンドン市長だった離脱派のボリス・ジョンソンは、テレグラフ紙のブリュッセル特派員として反EUのリバタリアンを自称してのし上がってきた。

デマゴキストはロンドン五輪に続き、EU離脱=「プロジェクト嘘」を煽り、世界を壊す。https://t.co/1aX1bKVb9H

【産業衰退の英国病と日本病】日本は40年過ぎの老朽原発まで再稼働ありきだけで進める「規制委員会」。

イギリスはもっと深刻で、EU離脱の中、中国の原発に資金も技術も頼る産業衰退を歩み続けている。

EU離脱でさらに経済の縮小が続くだろう。http://goo.gl/mA1Q0P

【壊れた日銀】アベはアベノミクス300兆円の金融緩和のもたらす危機に何も語らず、政府・日銀会合で英国危機だから5兆円から10兆円と金融緩和をさらにじゃぶじゃぶし、円高にふれた場合の補正予算といいだす。

中央銀行が壊れる日もそう遠くない。https://t.co/6a51a1dOzo

昨日の日経平均株価はやや戻したが、昨晩のNYダウは先週末に続いて260ドル大幅下落。

次期英首相がEU離脱の交渉をするが、独仏伊の首脳は正式な通知があるまで英国と交渉しない。

混乱は続き、日銀はますます壊れて行くだろう。http://goo.gl/tdk2ep

【危機の本丸】ドイツ銀行が持つ金融デリバティブの残高が55兆6000万ユーロ(約6805兆円)に上り、ドイツのGDPの約20倍に相当する。

2008年に破綻したリーマンが保有したデリバティブ残高35兆米ドル(約3762兆円)の倍近い。https://t.co/wceGtFhgfy

シティバンクやモルガン・スタンレー、ゴールドマンなど世界大手6金融機関のレバレッジ比率は平均24倍に対し、ドイツ銀は47倍になる。

大手6行の投資商品の損失が4%以上になると破綻に陥り、ドイツ銀の場合、3%に近づくと破綻すると試算される。

世界金融危機の火種が眠る。

ドイツ銀行はすでに6月23日、188の支店を閉じて、3000人もの首切りが行われている。

英国のEU離脱がもたらす危機の最も奥底にあるのは、欧州金融機関の経営内容の悪さに対する懸念です。

EU離脱ドミノが起きれば発現する。https://t.co/Cm0rosRioA

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 佐助[3616] jbKPlQ 2016年6月29日 09:20:27 : 9zzRTyeBxk : 4eYUJw@wYHY[58]
第二次世界信用収縮恐慌が2008年にスタートしたのに誰も認識しないし指導者は対策もしない。

ニクソンが1972年キンドル交換を停止させ、基軸通貨が、キン離れすると、為替は固定制からフロート制に移行します。そして、世界の信用を膨張させ、バブル景気を発生させのです。そのバブルが基軸通貨の多極化と風船のように膨れたドルが破裂し崩壊したのです。

ポンドに替わり、ドルは世界の基軸通貨として機能しました。ドルを新基軸通貨として公認されるのは第2次大戦後でしたが、40年もかかっています。そして、キンの束縛から解放されたドルは、世界の信用を膨張させ、数度の為替と石油危機を共存させながら、未曾有の繁栄を現出させました。

世界信用恐慌の足音が迫りつつある兆候をサブプライムやリーマンやアベノミクスや英国のEU離脱などで消してしまったのです。世界信用恐慌では政府や中央銀行がジャブジャブに、公的資金を投入しても、資金は円滑に流れません。そこえ消費税増税すると消費は節約モードに入り,1%の富裕層を優遇すると世界恐慌の底が先送りされるのです。その反動で底が下に加算されていきます。

まだ世界信用恐慌になっていない、と反論する人がいます。しかも根因である多極化の姿をもえなくさせてしまう。指導者はまさかと認識できなくなる。だから対策を遅延させ拒絶するので,パニックは突然やってくるのです。

第二次世界信用恐慌は、2008年に世界のバブルが炸裂する19年も前に、その前兆として、日本でバブルを破裂させました。その原因は、日本がドルの信用膨張の最大の恩恵を受け、おとぎ話のカエルのお腹のように膨れ上がっていたからです。

バブルの頂点であると同時に、その崩壊点である1989年頃、日本のマスコミは、東京の地価合計で米国の土地全体を買占められると有頂天でした。ニューヨークの株式市場の暴落を救ったと自慢し、外国学者たちも、「ニホンアズナンバーワン」と褒めました。だが今回の世界バブルの崩壊では、輸出の神風は吹いてくれません。

政府と企業が、信用恐慌から早期脱出するためのマニフェストは、次期産業革命へ大胆にシフトすることです。次期産業革命とは「放射能・CO2を発生させない動力」への転換革命です。すでに実用化されていますが、政府と大企業は既得権益(設備・技術)を失うため、国家から補助金をもらいながら、ゆっくりと進行させたいと考え抵抗し無視しています。

次期産業革命に早期シフトした国家は、CO2の発生を75%減らすことに成功すると同時に、世界の技術革新をリードし、全産業を活性化させることができます。又、次期産業革命に早期シフト企業は、大不況下でビジネスを飛躍できます。今回は貿易の縮小はさけられないので、輸出依存では大倒産と人員整理が避けられません。政府日銀は知らんぷりしているので日本の大企業の消失を我々は体現することになる。たっぷり体現することである。

多分今回は日本国民は寛容なので一時閉鎖まで行くはずです
国民レベルでの信用恐慌脱出のマニフェストは、暴落を停止させる即効薬には、株式市場や銀行のモラトリアム(一斉閉鎖)、売買価格の固定、負債の凍結&借金棒引きしかなくなります。覚悟していた方がよい。


2. 2016年6月29日 10:42:38 : Pk2dB8Sj4U : VxCGcifLY0s[2]
アベノミクスとは国債を市中から日銀が買い取り資金をだぶつかせただけ。日銀がとんでもない金額の国債を抱えてしまっただけです。

3. 2016年6月29日 10:50:05 : WuEAqLhXIv : 2dCCimxBF5M[3]
キャメロンはEUから離脱したら、イギリス自体瓦解(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの独立)しかねないから待ちなさいと言いたかったんだろうけど、ボリス・ジョンソンの話術にしてやられたな。

イギリスの離脱には巷間言われているようにいろんな側面があると思うけれども、EUに留まるメリットは大国よりむしろ小国のほうが大きいので、イギリスに属すよりEUに属すほうが独立も経済的自立も一挙両得だとスコットランドがイギリスから独立したいと言うのは当たり前。

気付いたときには遅すぎた、ということだが、EUは言わんこっちゃないとキャメロンに冷淡だ。
ギリシャから端を発したEUの危機は、高いリスクを払ってまで欧州人である必要があるのか?我々は先ず英国人だというアイデンティティーを揺さぶったが、英国人のアイデンティティーさえも瓦解する動きになっていく皮肉を見るとき、日本人はよくやった英国と言っていれば気が済むのであろうか?

沖縄が日本とはもうやってられんよ、中国や東南アジアと経済圏組んで独自にやっていくと昔に戻りたいと言い出したらそれを尊重できるのかということでもある。
ちなみに俺は沖縄独立(そうなってほしくはないが、もうそれしかないと決断した時)に賛成だが、イギリスのEU離脱には反対だ。

==================================


EU離脱引き金に「イギリス解体」の危機 ウェールズでも独立の動き

「EU離脱」を決めた国民投票後、イギリスを構成する各地域では、EUへの残留を図るため独立を目指す動きが相次いでいる。

イギリス、正式名称「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、 北アイルランドの各地域から成る。

残留票が62%を占めたスコットランドでは、自治政府のニコラ・スタージョン首相が「EU内での地位を保証するため」に、EUとの協議を早急に始めたい意向を示している。スコットランドの内閣は、住民投票の実施を目指す方針だ。スタージョン首相は「スコットランドの将来がEU内にある」と明言した。

56%が残留を支持した北アイルランドでも、マクギネス副首相が、アイルランド民族主義政党シン・フェイン党が要求するアイルランド統一の是非を問う国民投票の実施を訴えた。独立後にはアイルランドとの統合を求める声もあがっている。

離脱派が国民投票で過半数を占めたウェールズでも、地域政党「プライド・カムリ(ウェールズ党)」を率いるリアーン・ウッド氏が6月27日、「EUに残るためにウェールズも独立を目指す」とイギリスのテレビ局ITVとのインタビューで述べた。

こうした事態を予測していたのが、イギリス政界の重鎮2人だった。国民投票前の9日、保守党のメージャー元首相と労働党のブレア元首相が北アイルランドの大学で揃って講演。メージャー氏は「世界史上、最も成功した国家連合が解体してしまう恐れがある」と述べた。またブレア氏も「北アイルランドの将来や連合王国を危機にさらす」と発言し、国民投票のせいで北アイルランドの独立や、ひいては連合王国(イギリス)が分裂する可能性があると警鐘を鳴らしていた。

■次期イギリス首相は誰に?

週が明け、イギリスではEU離脱に向けた具体的な動きが始まった。ロイターによると、与党・保守党はキャメロン首相の辞任表明を受け、9月上旬までに新たな首相を選出する見通しだという。

次期首相の有力候補には、保守党の下院議員で「EU離脱」の旗振り役だったボリス・ジョンソン前ロンドン市長の名前が取り沙汰されている。2012年のロンドンオリンピックを成功に導き、カリスマ的な人気を誇る。その一方、過激な言動でも知られ、時に「イギリスのトランプ」とも呼ばれる。

ただ、国論を二分した国民投票の影響は甚だしく、投票やり直しを求める署名は350万人を超えた。「Brexit(英国のEU離脱)を後悔する」という意味の「Regrexit」(Regretとexitの造語)も生まれた。保守党内でも、首相の座を狙って離脱派のになったとしてジョンソン氏を批判する声も強まっており、情勢は不透明だ。

■EU側「事前交渉は不可能」

EU側は、イギリスに対し厳しい態度で臨んでいる。キャメロン首相は27日に議会で、離脱意思をEU側に正式通知する時期について、「その前に我々が望むEUとの関係を決める必要がある」と発言。通知前の事前交渉を求める姿勢を明らかにした。

これに対し、ドイツ・フランス・イタリアは27日に緊急首脳会談を開き、イギリスが離脱を通知するまで交渉に応じない方針で一致した。ドイツのメルケル首相は「(離脱交渉を開始する)EU基本条約(リスボン条約)50条の発動が必要で、それまでは一段の対応は不可能との考えで一致した」と明言。交渉開始条件となる離脱通知の時期をめぐって、「駆け引きに発展しないことを祈る」と、イギリスをけん制した。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/28/brexit-ireland-wales-scotland_n_10709550.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK208掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK208掲示板  
次へ